想い続けていた彼女にギャップ萌え
画像はイメージです
俺の童貞喪失は大学一年のとき。
相手は高校生の頃、ずっと想い続けてた女だったからすげー燃えたな。

まずは一人暮らしの俺んちに彼女が泊まりにきた。
夜、テレビを見てたら我慢できなくなって抱きつく。

すると彼女は「電気消して・・・」と。
このとき、俺は童貞であると告げるが、気にしないと言われる。

そして電気を消し、また抱きつくと、彼女からキスをしてきた。

随分と長い時間キスをしていた。
キスをしながら俺は彼女の上着を脱がし、ブラを外す。
暗闇に目が慣れてきて、露わになった胸に興奮する。
小ぶりでなんとも可愛いおっぱいだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

はじめは軽く揉んでいると彼女の息遣いが少しだけ荒くなる。

そして、「おっぱい舐めて・・・」と言われたので、乳首に吸い付く。
すると彼女は「うぅんんん・・」と軽く喘ぐ。

その声がまた可愛くて、俺はもうどうしようもない気持ちになり、パンツと下着を脱がす。
彼女のアソコは意外と毛深かった。
が、今までの彼女のイメージは“処理をきちんとしている”というものだったので、その処理をしていないアソコを見て、逆に興奮した。

どう触っていいか判らなかったので、ソフトタッチで大体の場所を触る。
すでにグチョグチョになっていた。

「もっと強く触っていいよ」と言うので、俺は予備知識をフル活用し、彼女の愛液を指に馴染ませ、クリトリスであろう所を触る。

「あぁぁぁんんんん・・」と彼女は喘ぐ。

さらに俺の手は下にさがり、穴を見つけ指を入れる。
指でアソコの中を、手のひらでクリを擦るような動きで愛撫する。

「あぁ!!んんんんん!!!!」と喘ぎ声はどんどん大きくなり、アソコはますます濡れてくる。

次の瞬間、彼女は「あぁ!!いいぃぃ!!!!」と短く声を発し、股を凄い力で閉じた。
俺は手を抜くことが出来ず、指の骨が折れるのではないかというほど、凄い力だった。

どうやら彼女はイッてしまったようであった。

すごく苦しそうにしているので、「大丈夫か」と声を掛けると「すごくきもちよかったよぉ・・・」とギュッと抱きついてきた。
その時点で俺はもう発射してしまいそうなくらいギンギン。

それに気づいた彼女は、「ここに入れて」とアソコを指す。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「初めてだから着けなくていいよ」とも言われ、俺はそのまま彼女のアソコに宛てがった。

・・・が、噂に聞いていた通り、入れる場所が分からない。

それも察した彼女は、自身の手で俺のモノを導いた。
この行動も今まで知っていた彼女のイメージとは真逆で、激しく俺は燃えた。
徐々に彼女の中に侵入していく。

彼女の中は何とも言い表すことのできない暖かさで、彼女も気持ちよく、感動もしているらしく、

「あぁぁ、気持ちいい・・・大好き・・・」

少しずつ腰を動かす。
もうオナニーは何だったのかというくらい気持ちいい。

徐々に腰を動かすスピードを速くする。
クチュクチュと鳴る音がすごくイヤラシイ。

彼女の「あ、あ、あ、ん、ん・・」という声に増々興奮し、アソコの締まりがキツくなってきてもう限界は近かった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


必死に我慢していると、それに気づかれ「我慢しないで出していいよ」と言われ、その瞬間・・・。

ドクッ!ドクッ!!!っと出した。

オナニーの時の発射とは天と地の差もある気持ちよさの発射感で、しばらく出し続けた。

この後、俺はエッチの味をしめ、彼女も今までにないくらい気持ちよかったということでウトウト寝てはエッチを繰り返し、1日中ヤリまくったのは言うまでもない。

やはり初エッチの相手は今でも忘れられないし、あれ以上気持ちよかった相手は今のところ居ない。
・・・と言うか、憧れ続けた女ということもあると思う。
今でも思い出してしまうことも、たまにある。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 想い続けていた彼女にギャップ萌え

会社の同僚に妻の不倫調査を頼んでみた
画像はイメージです
最近嫁がやけに化粧などをしだし、かなりファッションにもこだわるようになってきた。

前の嫁の服装といえば、短パンに、キャラクターの顔の絵が乗っているTシャツ一枚・・・。

それが今は、女性に人気のブランドの服に、生足の見えるスカートなど、とにかくエロさがハンパじゃない事は男の僕が保障できる。
その格好で「出掛けてくる」と言うのである。

これは怪しいと思って同僚に相談したところ、「確実に不倫をしている」と言われた。
僕もすぐに納得した。

それから僕は同僚にお願いして、嫁の行動を見張ってもらう事にした。
僕は嫁が次に出掛ける日を知っていたから、その日に同僚に準備してもらって早速作戦開始。

その日の嫁は、胸元は開き目で、付けマツゲも今まで見た事の無いような長さ。
そして、足元はヒールにショーパン・・・。
一応嫁は32歳で、結構若作りしているように見えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そして友人にそのまま嫁の行動を監視してもらった。
僕は依頼料として友人に、少しばかりお金をあげたら張り切って行動してくれた。

そして僕はその日は友人に任せて家にいる事した。
そして夜になり、嫁が帰ってきたから「何をしてきたのか」と聞くと、嫁は「久しぶりに会う事になった同級生と、色々とお話をしていた」と言う。

早速僕は、友人の所に行ってくると嫁に伝えて、同僚から全てを明かされる事になる。

それは、嫁の不倫現場をバッチリと写した写真。
しかも相手の男性は高級車のベンツに乗っている、お金持ちそうな年上っぽい男性。
友人は人の不幸なので楽しんでいるのか、ホテルに二人が入って、部屋を選んでいる様子まで携帯の動画撮影で撮影してくれてた・・・。

ショックだった・・・。
あんな派手な格好をして、お金持ちの男に抱かれている嫁の姿がとてもリアルに想像できた・・・。

そして僕は、同僚と共に、数日かけて、その不倫相手である男を突き止めた。
同僚抜きで、一人、その日は会社を休み、その男と直接対決。

僕は同僚と調べた、その男が通っているエステで待ち伏せすると、エステを終えたその男が現れた。
身なりも僕より勝っている部分ばかり。
嫁はこの男にどんな喘ぎ声をきかせているのだろうか・・・。

僕は問い詰めた。

「◯◯という女性を知っていますよね、それは僕の嫁です」と。

男は僕をしかめた。

目で見つめて「何の用ですか」と一言。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


僕は興奮して何も言わずに写真を見せた。

男は冷静に「申し訳ない事をしたと思っている、大人同士金面で納得のいく形で解決したい」と一言。

お金持ちめ!!!

僕は「今は判断できないから、全てを教えろ、嫁とどうやって出会い、どんな事をしたか教えろ、それで決める、それとウソをつくとすぐにバレるぞ」と言ってやった。

それから男は冷静に喋り出した。
愛人紹介掲示板という掲示板サイトがあり、そこに僕の嫁がいたとの事。
そして職業とかを書いてメールしたら返事が来たからそれが出会いの始まりと・・・。
しかもホテルでは、男性に縛られる行為も行なっていたとの事・・・。

殴りたかった・・・。
でも殴ったら全てがダメになる我慢した。

今までずっと嫁や家庭のために働いてきたのに・・・。

そして今は、その男と嫁を告訴するために、弁護士に依頼をかけている最中だ。
僕は嫁と別れる決意をしている・・・。

これまでの楽しかった生活は、もう戻らないんだと嫁に現実を見せ付けてやりたいので、これから頑張りたいと思う!!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 会社の同僚に妻の不倫調査を頼んでみた

やっぱり最初に覚えた角オナニーが一番気持ちいい
画像はイメージです
こんにちは、初めまして。
友美と言います。
私の小さい頃のオナニーについて投稿します。


私がオナニーを覚え始めたのは幼稚園の頃でした。
ちゃぶ台のちょうど角の所に座ってテレビを見ていた時に、だんだんとお股の辺りが気持ちよくなってきたのが、きっかけだったと思います。

それからは事あるごとに机やちゃぶ台の角に股間を押し当ててグリグリと擦っていました。
まだ幼なかった頃ですので、それがオナニーだということは当然知りませんでしたし、それゆえに人目も気にせず、家族のいる前でも平気で、そんな事をしていたと記憶しています。

ところがある日、いつものように股間を角に押しつけていると、母親が突然私を叱りつけたのです。
確か、「そんな恥ずかしい事をするのは止めなさい」というような意味のことを言っていたように思います。
母親としては、変な行為を頻繁にやっている私を見るに見兼ねての事だったんだと思いますが、私はその時に初めて、(自分は悪い事をしていたんだ、もうやってはいけないんだ)という気持ちが生じてきて、かなりショックを受けていました。

しかし、角に股間を当てることの気持ちよさを知ってしまっていた私は、どうしても身体に感じる気怠く甘いような気分が忘れられなかったので、それからというものは、やってはいけない事だと知りつつも両親に隠れてこっそりとオナニーをするようになりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

幼いながらに、いつも罪悪感を感じながら。

小学校に入っても私のその癖は直りませんでした。
うちの両親は共働きで帰宅するのはいつも夕方の6時頃でしたので、毎日3時に家に帰っていた私は、同じく下校してきた兄が外に遊びに行くのを見計らって、いつもオナニーに耽っていました。

その頃、兄は小学6年生でしたが、マセていたのでしょう、どこから手に入れてきたのか、いやらしい雑誌を何冊か持っていました。
私はちょっとした事からその雑誌の隠し場所を知っていたので、いやらしい雑誌をちゃぶ台の上に広げて、男の人と女の人がいやらしい事をしているページを見ながら、ちゃぶ台の角に股間を擦りつけては、いつも気持ちよくなっていました。

自分のしていた事がオナニーであると知ったのは小学校4年生の時でした。
きっかけは学校での性教育の授業でした。
授業でオナニーの事については何も教わりませんでしたが、以前からそのような事に興味を持っていた私はもっと調べてみたくなって、家に置いてあった医学事典や百科事典などを色々と引っ張り出してきては読んでいたんです。

そうすると、ある箇所にオナニーについての事が結構詳しく載っていました。
オナニーは一般に小学校高学年の頃から覚え始めて云々といった内容が書かれていたので、(私は覚えるのが少し早過ぎたのかな?)と少し不安にもなりましたが、(事典にも載っているぐらいだから、みんながしている事なのかも・・・)と逆に安心した気分にもなっていました。
私だけがみんなと違う特別な事をしていたと思っていたけど、そうでもなさそう、何も悪い事をしている訳ではなかったんだと思うようになったのです。
まぁそうは言っても、その後もオナニーをする時は多少の罪悪感はありましたが。

また、その本にはオナニーの仕方までが詳しく載っていました。
手や柔らかい物を使ってやる方法とか、クリトリスを指で刺激する仕方とかが色々と書いてあったので、当時の私にはちょっと刺激が強すぎて、机の上でものすごく興奮していたのを憶えています。

私がやっている方法の他にも色々な仕方があるんだと分かったら、急にそれらを試してみたくなって、早速その夜から本に書いてあった色々なやり方でオナニーをしてました。
ベッドの上に布団を丸めて、その布団を下半身すっぽんぽんの股間に挟み込んでうつ伏せになって腰を振ったり、あるいは両手をまだツルツルだった股間に挟みこんで、そのままうつ伏せになって股間を擦つけるように腰を振ってみたり、お風呂に入った時に分からないながらも鏡でクリトリスの位置を確認して、それを指で優しく擦ってみたりもしていました。

しかし、どの方法も小さい頃に覚えた角オナニーの気持ちよさに勝るものはなく、結局は、いつの間にか元のやり方に戻ってしまってました。

次は中学生の頃のお話になるんですけど、お話が長くなるので、今回はこれで終わりにします。
それでは、また。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか やっぱり最初に覚えた角オナニーが一番気持ちいい

女子大生の従姉と何度も何度も
画像はイメージです
この夏休み、4つ年上の女子大生の従姉が、僕(高校3年の受験生)の家に泊まりに来ました。

一応就職活動と言っていましたが、夏休みの間中、僕の家にずっと居てくれました。
そのときのことです。

従姉は僕の部屋で寝泊りしたんですが、なんとノーブラTシャツ、パンティで寝たのです。
初日はその大胆な格好にクラクラして、従姉が寝てから、ペンライトでおっぱいやパンティの股間を見たり、触ったりして、全然眠れませんでした。

次の日、共働きの両親は朝の6時には出掛けていきました。
当然次の日からは二人っきりでしたが、寝たときの格好のまま起きてきて、一緒に食事をしました。

あくびをする僕に「昨日、眠れなかったの?」と微笑みながら、従姉は聞きました。

「そうよね、夜中に私の体触ったり、見てたりしてたでしょ?童貞?」と畳み掛けてきました。

恥ずかしくて、黙っている僕に「見たいの?」と、さらに聞いてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「うん」と、やっと答えると、
「なんだー、そう言えばいいのに」と言って、Tシャツを脱いでくれました。

Dカップはあろうかという胸に見惚れていると、「触りたいんでしょ?」と言って、両手を導いてくれました。
触っただけで、僕はもうビンビンに勃起して、吸わせてもらった途端、興奮がマックスとなり、自分のパンツの中に発射してしまいました。

「出ちゃったの?」
「うん」

「じゃあ、服と体洗わなきゃ暑いし、洗濯してあげるから、一緒に水風呂入ろう」と、そのまま手を繋がれ、お風呂場に行きました。

服を全部脱がされ、全裸になると、洗濯機で洗濯、従姉も全裸で入ってきました。
ぽっちゃりした白い肌に、黒々としたあそこの毛に目は釘付けでした。

風呂場に水を張りながら、すでに勃起している僕のあそこをボディソープで洗ってくれました。

「一回出したのに、こんなになって」と笑いながら、従姉はあそこを口に咥えてくれました。

信じられない快感が頭を突きぬけ、二度目の射精でした。

「早い、でもいっぱい出たね」

そのまま、飲み込んでくれ、一緒に水風呂に入りました。

ちょっと冷たかったので、気がつくとお互いに抱き合ってました。
水風呂でそのままキスをすると、ファーストキスがいきなりのディープキスで、抱き合いながら、お互いの唾液を交換するくらいのキスで、舌と舌を絡め合い、歯茎を舐め合うといった体験したことのないディープキスでした。
初めてだったので、延々キスを続けました。

その後、湯船から出て、お互いバスタオルで体を拭きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

また、チンチンが勃起してると「元気ねー」と言いました。
そのまま、敷いたままの布団に行くと、僕が下、従姉が上になり、69をしてくれました。
僕はあそこにむしゃぶりつきました。
とにかく、初めて見るあそこを舐め回しました。
間もなく3度目の発射でした。

またまたディープキスをして、勃起してくると、今度は僕が上、従姉が下でキスをしながら、導いてくれて、挿入できました。

「これで童貞卒業だね、気持ちいい?」と聞いてくれて、思い切り腰を動かしました。

3回イッているので、長持ちし、「出そうになったら、言ってね」と言うので、「出そう!!!」と言うと、従姉はコンドームを僕のチンチンに被せ、正常位に戻り、発射まで腰を動かし続けました。
わずか40分で4回も射精してしまいました。

従姉は「元気ねー、すごい!!!」と驚いていました。

イッた後も、キスしたり、おっぱい触ったり、あそこを舐めたりし続けました。

その後、急にお腹が空いてきて、お互い全裸のまま、一緒に朝飯を食べました。
そしたら、またしたくなって、勃起してきました。
お願いすると、今度は何も被せずにやらせてくれて、騎乗位やバックなど教えてもらいました。
午前中に合計7回くらいイッたと思います。

最後のほうは空撃ちだったので、生でやらせてくれました。
昼寝をしたら、またしたくなり、午後もずっとお互い裸でエッチしてました。
もう何回入れたか覚えていません。

夕方には両親が帰ってくるので、お互いに服を着ましたが、またまたキスはしちゃいました。

結局、次の日からは、従姉が就職面接の日以外は毎日毎日エッチしてました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 女子大生の従姉と何度も何度も

私のマリッジブルーを癒してくれた上司のAさん
画像はイメージです
私は、旧家に嫁いだ新婚の若妻です。
決して誰にも言えない体験を聞いてください。

私は親の反対で大好きだった彼と別れてしまい、お見合いで嫁ぐことになりました。

色々ありましたが、相手の男性は、ごく普通の方で、仕方なく承諾したのです。

私は式が近づくにつれ、極度のマリッジブルーに陥ってしまいました。
何度か上司のAさんに相談するうち、ある夜、遂にホテルに連れて行かれたのです。
私もそれを望んでいたのかもしれません。

Aさんは学生の頃、レスリングの選手で体格がよく、まるで丸太ん棒のような腕、グローブみたいな手の平、そして厚い胸板で、前の彼や婚約者とは明らかに違いました。

ホテルの部屋で私の細い体は太い腕に抱き寄せられ、唇を吸われ、彼の舌が絡んできました。
喉まで届きそうな長さで驚いていると、大きな手で自慢の乳房を揉まれました。
優しい愛撫です・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


やがて背後から胸全部が隠れるほどの手の平で私の両乳房が揉みしだかれ、その得も言えぬ快感に大きな声で喘いでしまった。

(今夜私はいったい何度イカされてしまうのだろう・・・。)

そんなことが悶える私の脳裏をかすめていたのです。

ベッドで裸になった私の股間にあの長い舌が差し込まれ、頭の中が真っ白になり、イカされました。
舌が膣の中に届き、私の愛液が舐め取られ、代わりに彼の唾液が注ぎ込まれて、私は叫び続けていました。
延々と太い指と長い舌で愛撫を受ける私のクリトリス、アクメが何度も押し寄せました。
意識朦朧の私は何度も挿入を哀願していました。

そしてやっと入れてくれたのです。
一杯です、今まで経験したことのない固く太いペニスを打ち込まれ、失神しました。
Aさんは私の体など軽がると持ち上げ、色々な恥ずかしい体位で貫いてくれたのです。
彼のペニスを夢中で咥え、精一杯奉仕もしました。
私は何もかも忘れ、一匹のメスになり、彼の厚い胸の中で何度も昇天したのです。
夢のような一夜でした・・・。

翌日、私は会社を辞め、結婚の準備に入りました。
Aさんは何もなかったように、笑顔で送り出してくれました。

Aさんは半年のち、癌で急死されました。
あの夜の事は私以外、誰も知る事はないでしょう。

でもあのAさんの巨根は、私のあそこが、しっかりと覚えています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 私のマリッジブルーを癒してくれた上司のAさん

なぜかその子はノーパンだった
画像はイメージです
中学生のとき、アホみたいにスカート捲りをしてた。
なんていうか女の子がキャーと言うのが楽しかったので。

勝手に喜んでると思ってた。

オレのおかげで可愛い子のパンツが毎日拝めるという事もありオレは皆に名人と呼ばれちょっとしたヒーロー気分だった。

ある日の休み時間。
オレはとある女の子に狙いを定めた。


背が150cmぐらいの子で目がくりっとしてそれなりに可愛くただ、そんなに目立つグループにいたわけじゃないからどちらかといえば隠れファンが多かった感じだ。

オレは廊下ですれ違い様にすっと目の前に回り込みスカートの端をひっぱり思いっきりあげた。
名人はただ捲るだけじゃない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

あげられるところまでめいいっぱい捲り上げて5秒程度は静止をする。
なぜならオーディエンスにもしっかり見せたいし俺自身もしっかり目に焼き付けたいからだ。

途端に、信じられないほどの大きな悲鳴がその子だけではなく周りの子からも上がった。

そう、なぜかその子はノーパンだった。

初めて見る生割れ目にオレは一瞬固まった。
その子はまだちゃんと毛が生え揃ってなく濃い毛が2~3本あるくらい。

オレが手を放すとその子はしゃがみこみ泣き出した。
周りに人だかりができる。

オレは焦ってそこから走って逃げだした。
学校に逃げ場なんてないのに。

後々に聞いた話だがその子がなぜノーパンだったかというと1限目が水泳だった為に水着で着たが着替えの下着を忘れてしまったという。
仕方ないからノーパンで過ごしていたがやっぱり恥ずかしいと思い保健室に相談に行こうとしたところだったらしい。

その後、先生にはめちゃくちゃ怒られ放課後までは廊下で正座。
当然、女子からは全員にシカトされ、学年が違う子にまで噂は広まった。

男子は割と同情はしてくれたが、表だって俺と話すと無視されるからと学校ではあまり絡むことはなかった。

卒業くらいには少しずつ話せる様になったがはっきり言って生きた感じは全然しなかった。

高校に入る前の夏休みに相手の実家に電話して謝ったらもう気にしてないよと言ってもらえた事が唯一の救い。
そこから精神的に解放されてオナネタにも出来る様になったわけだけど。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか なぜかその子はノーパンだった

先生ではなく、女になってしまった・・・
画像はイメージです
私は30歳で専門学校の教員をしています。
綺麗でもスタイルがよい訳でもなく・・・。
いつも、男子学生にちょっかいを出されたり、意地悪されてます。
小柄だから、先生っぽくないみたいです。

でも、恥ずかしいことに胸とお尻が大きくって、いつもからかわれることが多いんです。
女子学生は静観してたり、とっても他人事で無関心。

昨日のことなんだけど・・・とうとう・・・あってはいけない出来事が起こってしまいました。

実技系の科目の補習をするために、成績不良者8名を対象に実技室で練習をしていました。
90分の補習を終えたところで、更に練習をしたい人が残り、他の学生はアルバイトとかで次第に帰って行きました。
こんなことが起こるとは思わないから・・・。
何も考えずに、最後まで頑張る男子学生に熱心に教えてました。
体が大きい割におっとりしている感じで、理解力はあるんだけど、不器用な子でいい子なんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その分、手を貸して体を近づけて教えなければいけないことも多く、それがいけなかったのか、先生と生徒が・・・なんて思ってないから。
なのに・・・なのに・・・。

背中を向けて手を洗っている私は、彼に後ろから抱きしめられ・・・。
何が起こったのか判らずに抵抗できずにいる私のブラウスを捲り上げ、口を塞いで、スカートの中に手を入れ、おまんこの盛りあがっているところを揉み・・・。

耳元で・・・。

「俺、先生のこと大好きなんだよぉ、毎日、先生のおっぱいとまんこのことばっかりだ。今日だって先生、俺におっぱい擦りつけながら教えてくれてたじゃんさ。あぁぁ~っ、ちんぽが痛い・・・先生の汗の臭いとスケベな臭いが混ざってさぁ、してぇ~ぇぇ」

30cm近くも身長差があって、腕の力も強くって・・・。
鼻息も呼吸も荒くって、腰のあたりには固くって熱い塊があたってる。
体を持ち上げられ、作業台に上半身をうつ伏せに乗せられて頭を押さえつけられ、スカートを全て捲り上げられました。

「止めて、放してよ!吉田くん!!お願いだから!」

一生懸命お願いしたし、立場についても説明もしたんだけどダメ。
全然抵抗できないし、声を出しても最上階の教室に別棟の教務室では・・・。

彼は携帯を出し、私の憐れな姿を撮影してます。
その間も、はぁはぁと・・・。

「まんこ見てぇ、まんこ舐めてぇ」と。

お尻の臭いを嗅がれたり、耳や首、体中を舐めたれたり・・・。
揉まれ続けたおまんこは穴からはネットリとしたお汁を出して、彼の手で刺激されたクリトリスは、もっと触ってって言ってるみたいに大きく固く尖ってきて・・・。
あまりにも無防備な下半身になってました。

私の体も力が抜けてきて、声が吐息に変わって来ちゃって・・・。
それが判ったのか、パンストとショーツを一気に足首まで下ろされました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私の薄いおまんこの毛からショーツまで、お汁が垂れて糸になってて、それが太ももに生暖かくヌルッとくっついたのが自分でも判りました。

彼は異様な声で興奮して「すげぇ、ぉおお~ぉ、すげえよ!」と、お尻のお肉を鷲掴みにして大きく拡げ、アナルを舐めながらおまんこの色形濡れ具合を見てるようです。

「先生、毛剃ってんの?薄いね~、はぁはぁ・・・ビラビラなげ~なぁ、中まで真っ赤っかだ、クリは小指の爪くれ~あるし、やらし~ぃ」

親指と人差し指でクリトリスをこねくり回され、中指と薬指でおまんこの中をぐちゅっぐっちゅ出し入れしてます。

「せんせ~っ!これってやっちゃっていいっまんこでしょ?」
「ダメよ!ダメ!!待って!!!・・・いやぁ~っん!」

ズブッッ・・・。

有無を言わさず、無理矢理挿入されてしまいました。
10代の子のものは初めてだったので、あまりの固さに驚きました。
私ももう気持ちよくって腰を動かしてしまったのです。

「きもちい~ぃ!きもちい~!中に出すのと外、どっちがいい?」と余裕ぶって聞いてきたんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

当たり前のように「中はだめ!」と叫んだのですが、「せんせ~に聞いたんじゃね~よ、スケベまんこに聞いたんだよ!」と逆に私に対して怒鳴ってきたんですよ。

「このベチョベチョまんこ、汁垂らして泣いて喜んでるしさぁ・・・?絡みついて来て、チンポ離したくないくらい好きみたいよ!どうして欲しい?」

10代の子が良くこんな表現を・・・と思うくらい言葉責めが上手いの。

と、思ったら・・・中に思いっきり出されてしまったんです・・・。

抜いたおちんちんには白い物が絡み付いていて、太ももの間からは白い液体がポタポタと床に落ちてきていました。

(あぁ・・・終わった)と思ったら、汚れたままのものをフェラさせられ、「手、万歳~ってして」と言うので、何のことかと思ってあげたら、ベルトで手首を固定されてしまいました。

作業台から下ろされ、床に仰向けにされ、もう身動きがとれない私を撮影したり、舐め回したり、キスを求めてきたり・・・。
ホワイトボードで使うペンをおまんこやアナルに入れられ、実技で使用する用具の殆どに私のおまんこの汁を付けていました。
すごく恥ずかしくって屈辱的なことをわざわざしなくってもいいのに。

10分もしないうちに、彼のものはまた大きくなり、今度は正常位で入れてきたんです。
後ろからされたのは、とっても獣っぽくってSな感じだったんだけど・・・今度は優しく抱きしめられたり、キスをいっぱいされたり、恋人っぽくされました。
でも、また思いっきり中出しされてしましました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私のぱっくり開いたおまんこからドロドロと精液が流れてました。
服を整え、髪を直し、メイクを気にしてたら・・・彼の携帯の電話がなり、何か友達と話しているようでした。
そこには私の名を出し、持ち帰るといって奪われたショーツのことも相手は知っているような話し方をしています。

「・・・!!」
「ばっちし???」
「ドレイ??」

どういうことなのか、彼は説明してくれませんし誤魔化しました。

彼にはこのことは内緒にしておくように説得しましたし、お互いにどんなリスクがあるかも詳しく説明しました。

でも・・・なにか・・・怖い。
先生ではなく、女になってしまった・・・。
あんなに濡らして自分から腰を・・・。

私はこれから、どうなってしまうのでしょうか???

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 先生ではなく、女になってしまった・・・

彼女が浮気してるとたれ込みがあった
画像はイメージです
大学3年の夏に経験したトラウマ的な出来事です。



大学1年の時、バイト先(個別塾)で担当してた生徒(当時高1、16歳)にやたらアドレスを聞かれ、それから3ヶ月後には塾に内緒で付き合うようになってました。



都内三大バカ高(って自ら言ってました…)の生徒だった彼女は、ロリ顔で小柄(150弱)・細身体型の割に胸はそこそこあってC~Dありました。



最初は外見のかわいさで付き合ったようなものでしたが、半年過ぎた頃には大切な存在に思え、それなりに真面目に付き合っていました。



といっても、アホキャラのせいか、はたまたガードが甘いせいか、高校の友達や彼女のバイト先の男から言い寄られることが多く、「告白されちゃった♪」と笑顔で話す彼女を見ては、イラっとして口論になることがしばしばありました。



そんなことを何度か繰り返し、大学3年の夏は倦怠期真っ最中でした。

そんなある日の深夜、見知らぬアドレスから一通のメールが届きました。



メールには「あなたの彼女、浮気してますよ」とだけ書いてあり、いたずらかと思いましたが少し気になり、「あなたは誰ですか?」という旨の返信すると、「○○(彼女の名前)と同じクラスの者です」との返事。



その日は高校のクラス会とやらで八王子の貸しコテージ?に泊まりで行っていた日の夜ということもあり、「コレは何かありそうだな…」と嫌な予感を覚えた僕は、「どういうことなのか?僕のアドレスをどうやって知ったのか?」と詳しい内容を聞き出しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


すると、「今、泥酔した状態である男と外に出ていってて、アドレスはコテージに放置していった彼女の携帯を見た」と、リアルな内容でした…。



泥酔状態で男と外にいる…。



倦怠期とはいえ、その状況を想像すると冷静ではいられず、「浮気ってどういうことですか?」と聞くと、「隠れて動画撮ったんですけど見ますか?良ければ送りますけど…」という返事が来ました。



浮気現場の動画…できれば見たくないし、彼女を信じたい気持ちもある…。



しかし、そんな気持ちを抱えつつも「真相を知りたい」という気持ちが勝り、「送って下さい」と打ってました。



そして届いた動画(約20分)には想像以上の彼女の醜態がありました…。



動画には、一見悪そうな金坊主の男がコンクリの地面(駐車場らしき所)に両足を伸ばした状態で座っており、その足の上に騎乗位的に跨っている彼女の姿がありました…。



彼女は完全に泥酔しているようで自らの身体を支えられず、男が手で支えて何とか体勢をキープしているといった感じ。



「コレは騎乗位でエッチしてるってことか…」と思って見ていたのですが、それはまだだったようで、男の足から一旦離れ、男は座った体勢のまま足を軽く開き、その間に彼女が入って男のパンツを脱がし始めました…。



そして、そのまま男の股間に顔を埋め、顔が上下に揺れるように…。



その様子を見て言い様のない憤りを感じつつも、あり得ないその光景から目を離せずにいました…。



彼女は、普段自分にしてるようなまったりフェラではなく、最初から抜きにかかってるかのような激しいフェラをしており、男は彼女の長い髪を邪魔にならないように片手で抑え、ふんぞり返って気持ち良さそうにしていました…。



そしてわずか2~3分後、男は彼女の頭を掴んで深めに咥えるように誘導し始め、そのまま彼女の口の中で果てていました…。



ここまででも十分衝撃的な映像でしたが、その後更にあり得ない光景が…。



男が果てた後、彼女は道に吐き捨てるや甘えるように自ら上に覆いかぶさり、男は「困った奴だなー」といった風に髪の毛を撫でていました…。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そして数分後、彼女は男のものに涎を垂らして扱き始め、勃った頃合に攻守逆転で彼女を地面に寝かせてパンツを脱がし、男はゴムもつけずにそのまま彼女の中に覆いかぶさり、腰を振り始めました…。



音声はほとんど聞こえないものの、彼女は「もっと身体を密着させて」といわんばかりに両手を男の背中に回して抱きついており、積極的に男を受け入れてました…。



そして…正常位で必死に腰を振ってる映像の途中で動画は切れてました…。



動画を一通り見終わり、言いようのない気持ちを抱えていると、「どうでしたか?」とのメールが来ました。



そのメールを受け取った時、動画を送ってきた人と自分の彼女と行為をしていた男は組んでいて、遊びでやってるのでは…と感じました…。



その後、彼女に会って話を聞くと、「悪いとは思うけど、(泥酔していて)ほとんど何も覚えていない…」「金坊主に少し気があった…」「部活ばかりでかまってくれない僕も悪かったんじゃないか…」ということを言ってきました…。



倦怠期とはいえ好きな気持ちはあるし、「泥酔状態による一夜の過ち」ということで許そうかとも思っていたんですが、言い訳じみた言葉を聞いて呆れ、その場で別れることにしました。



今は過去に起こった出来事として話せる位になりましたが、最近の高校生は大丈夫かと不安になる今日この頃です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 彼女が浮気してるとたれ込みがあった

驚くほど気持ちよくて長い射精
画像はイメージです
俺たち子作り中なんで、いつも一発目は早田氏の仲田氏なんだけど、俺、嫁さんに言ってみた。

「一発目でローター使って、仲田氏してみたい」

嫁さん「いいけど、失神してもしらないよ?」って笑われたorz

気を取り直して、さっそくプレイ開始したさ。
いつも、お互いに敏感なところを触り合いながら、文字どおり乳繰り合いながら脱がせ合いするんだが、俺ってば、その時点で乳首もチンポも勃起しちゃってさ。
嫁さん、俺の乳首吸いながらチンポさすって「何期待してんの?乳首もチンチンも、いつもより大きくて硬いじゃん」って軽く言葉責め。


俺も負けずに、嫁さんのティクビとマンコを同時にこねくり回して「そっちも、熱くてドロドロだろ、いやらしいな」って返してやった。
そしたら嫁さんってば、「はあ?そんなこと言っていいの?これやってあげないよ?」って、ローターちらつかせてさ。
俺のこと煽ってんの。

「すみません、して、欲しいです」って屈服する俺。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


嫁さん、妖しく笑って「じゃあ、やってあげるね」って俺のアナルにローションを塗布する指の感触に、早くも我慢汁がタラタラ出てる。
そして、ローターがスポンって入ってきた。
この異物感、たまんないな。

俺、正常位でマンコにチンポを押し付けて「入れるよ」

嫁さん「うん、ローターは?」

俺「その時になったら言うから」

で、嫁さんの中におじゃまする俺。
嫁さんの中、いつもより熱くてぬめってて、あんまり気持ちよくってさ。
数回のピストンで射精感が高まってきたけど、どうにかこらえたよ。
ここらがタイミングかと思ったんで、

俺「ス、スイッチ、入れて、おねがい」

嫁さん、落ち着いてorzローターのスイッチオン、即最強にセット。
ヴビビビビイー

「うわっ、ちょ、なんだこれ!出る出る出る」

嫁さんの膣内で、思い切り射精した。
自分でも驚くほど気持ちよくて長い射精だったな。
出し切ったら、脱力しちゃってさ。
動けなくなったよ。
チンポ抜いたら、マンコから大量に溢れてさ。

嫁さん「ちょっと、何これ、こぼれてるよ?勿体無い」orz

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


それから少し休んで、例によって手コキしてもらったさ。
まあ、アナルローターは抜きにしてだけどな。
嫁さん、俺のチンポを優しくねっとりと触ってくれたよ。
じんわり気持ちよくなって、飛ぶほどじゃなかったけど嫁さんの手の中に出したよ。

三発目はお互いの体じゅう舐めて吸って、俺はいつもよりしつこくマンコを舐めて味わった後、ゆっくり挿入。
嫁さんと繋がったまま、横になって向かい合ってさ。
じっくり抱きあって肌の感触を楽しんでたら、二人とも寝てしまってた。
次の朝、目が覚めたら、二人とも裸でさ。
下半身がお互いの汁が乾いてカピカピになってた。

「これ、あなたのでしょ?」って嫁が笑うから、俺も「はあ?マン汁じゃねえの?」ってマンコ弄ってるうちに勃起。

こともあろうに、朝っぱらから、裸の嫁さんに欲情してそのまま性交開始。
嫁さんも、既に濡れてたから前戯無しでスムーズにできたけど、一晩寝たらダメだな。
俺ってば、性感が戻ってて、すぐに気持ちよくなって、いつものように早田氏の仲田氏。
その後、二人並んで二度寝したよ。
休日でよかったな。

まあ、アホみたいな話だけど、せっかくだから楽しんでやってるよ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 驚くほど気持ちよくて長い射精

中学の時に流行ってたエッチなゲームで中出し
画像はイメージです
中学の時、クラスの男子(俺を含め4人)で、あるゲームが流行っていた。
気に入った女子を図書準備室に連れ込み一対一でエロいことをするという内容のもので、今思うとかなり恥ずかしいものだ。

図書準備室は俺達のクラスの隣にあった。
うちの教室は他の同学年のクラスから離れた廊下の奥にあるので人もあまり来ない。
それに図書準備室は曇りガラスだったので外から見えず、入り口は図書室からだけで鍵まで付いていた。
おまけに使う人間が俺達以外ほとんどなくて、そういうことをするにはうってつけだった。

俺達は親しい女子を自然に連れ込んでエロいことをしては、それを報告しあって楽しんでいた。
まあ大概は胸を少し揉んだぐらいだったが、それでもかなり興奮していたし、一度だけすごいことがあった。

俺はもともと余り大胆ではなく、好きな子以外の女子に強い興味はなかった。
俺が当時好きだったのは、髪の短いボーイッシュな子で、クラスでは『男女』とからかわれる子だった。
正直、その子にエッチなことをする度胸はなかった。
でも逆に、誰よりもしてみたくもあった。
そして俺はその彼女(理奈)を部屋に連れ込むことした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「理奈、ちょっと一緒に来て」

理奈「なに?」

俺「ちょっと話あんの」

理奈「分かった、今行くー」

俺は理奈を連れ図書準備室に入るとすぐ鍵を閉めた。

俺「なあ理奈、ちょっと勝負しない?」

理奈「勝負?」

俺「そう、勝ったら何でも好きなもん奢るから」

理奈「マジかっ、よっし!!何で勝負?」

俺「簡単なゲームよ、目隠しして15分間何があっても動かない事、痛いのは無しで」

理奈は怪しむことなく目隠しをした。

俺「じゃあスタート」

俺は開始を宣言すると、最初は彼女の手のひらをくすぐった。
次に手の甲、腕、肩、そしてわき腹にまで手を伸ばした。
そして少しずつゆっくりと胸に近づけていった。
最初は笑っていた理奈も少しぎごちなくなってきた。
俺はくすぐりをやめると、手を胸の前に持っていき、いきなり鷲掴みにした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


理奈「ひゃあっ!」

悲鳴を上げる理奈だが抵抗はしない。
体をもじもじさせるだけだ。
俺はそのまま胸を揉みしだく。

理奈「んっんっんっんっ・・・」

自分の乳房が揉まれるたび声を出す理奈に俺はとても興奮していた。
あんなに勝気で男勝りな彼女がこんなになるのを見るのはとてもいい気分だったので、そのまましばらく胸を揉み続けた。

理奈「・・・ねぇ時間は?」

俺「まだまだあるよ」

俺は彼女が着ていた制服のボタンを外して、ワイシャツの上から胸を揉んでいた。
微かに透けたブラジャーは彼女のイメージに合わない可愛い水色で、同い年の女子の下着を初めて見た俺は冷静さを失っていた。

揉み方にもバリエーションを付けてみる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

手のひらで包み込むように全体を掴んだり、指で擦ったり、急に強く揉み上げその後優しく撫で回す。

理奈「あっあっあんっ!」

悶える声を出し始めると、胸に出っ張りがあるのを見つけた。
それが乳首と分かるとそこを中心に擦り摘んだりして刺激し、ワイシャツのボタンを少しずつ外していく。

理奈「やだ・・・あっ!!あんっ!あんっ!!」

手を服の中に突っ込み、ブラジャー越しに理奈の胸を揉みしだく。
そしてそのブラジャーもたくし上げる。
ついに理奈の生胸だ・・・。

理奈は色白ではないが胸は白い。
乳首は茶色で、今までの愛撫で勃起している。
俺は乳首を摘みクリクリしたり、オナニーするようにシゴいたりして、彼女の乳首に直接刺激を与える。

理奈「あああっ!!いやあっ!いやだぁ!もうやめろ!!!」

彼女もう恥ずかしさに耐えられなくなったらしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

顔を真っ赤にして俺の腕を胸から引き剥がそうとする。
でも俺は力が強かった。
図書室用の長い机に彼女を押し倒して胸をさらに揉みしだく。

理奈「んあっ!やだっ」

必死で抵抗する理奈の両手を抑え、はだけた服の中に顔を突っ込み乳首にしゃぶりついた。

理奈「あっ!いや、そんな事しないで」

口の中で乳首を転がし先っぽをつつく。

理奈「あっ・・ダメダメ」

さらに思い切り吸い付く。

理奈「んっ!あんっ!あんっ!んぅ!あっ!あああっ!!」

その後も散々乳房をしゃぶり続けて数十分後、ようやく俺は弄るのをやめ、泣いている理奈を家に帰した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その後、しばらく俺は理奈から口をきいてもらえなかった。
まあ当然と言えば当然なんだけど、好きな子に無視されるのは辛い。
それになにより俺自身も罪悪感でいっぱいだった。
無理やりしてしまった事もそうだが、彼女が嫌がっているのに続けてしまった事と、泣かしてしまった事だ。
最低百回くらいは謝り続けたと思う。

そしたら一週間ぐらいして少し話をしてくれるようになった。
俺があいつに本気で悪かったと思っているのが伝わったのだろう。
それに俺が積極的に話し掛けるようになったせいで、理奈も話し掛けてくれるようになった。
もちろん俺のしたことに触れることはなかったけど、ただ良い事があった。
俺達は前以上に仲良くなれた。
彼氏彼女って関係はないけど、クラスでは一番の友達になっていた。

それから数ヶ月は何事もなく、俺達は三年に進級して別クラス。
でも仲は良いままだったし、学校で話せる時間が減った分、連絡をよく取るようになった。
当時俺は携帯電話を持っていなかったので、家電が唯一の連絡方法だった。
よく一緒に遊ぶようにもなった。

周りからは「付き合っているのか?」ってたくさん聞かれたけど、ずっと友達のままだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そして俺達は高校受験を間近にしていた。
一緒に遊んでいたことが、勉強することに変わった。

理奈「進学するとこ決めた?」

こう聞かれて俺はいくつか志望しているところを言った。
出来れば理奈と同じ高校に行きたいと思っていたけど、口には出さなかった。
俺は理奈より8個くらい偏差値が高かったので、無理に勉強しろなんて言えなかった。
そもそも言えるような関係じゃなかったけれど・・・。

理奈「私さ、ずっと考えてたんだけどKと一緒のとこ受けたい」

ものすごく驚いた。
だって理奈にはちゃんと夢があって、それを実現するための学校に行くって聞いていたから、俺と一緒なんてありえないと思っていた。
理奈が俺と同じ高校に行きたいと言ってから、俺達は一緒に受けられるレベルでなおかつ理奈の夢に進める学校を探した。
見つけたところは俺ならギリギリA判定。
理奈はC判定で確実に受かるには勉強する必要があった。
俺達は休みの日も遊ばず努力した。
おかげで何とか二人揃って合格する事が出来た。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

それから受験が終わってすぐ俺は理奈に告白し、ちゃんとした意味で付き合うことになった。
でも今までもよく遊んでいたりしていたので、俺は理奈との関係が以前とそんなに変わらないなと思っていた。
しかし理奈は違ったようで、前はよく入っていた俺の部屋にも来なくなり、彼女の部屋にも入れてくれなくなった。
俺はそれを疑問に思い「何でだ?」と聞いたら「前科があるから」と言われてしまった。

だが、理奈が警戒していることが起こったのは、結局どちらの部屋でもなかった。
それは俺達がなんかの委員の仕事で放課後の学校に残された時に起きてしまった。

俺は理奈の仕事が終わるのを誰も居ない教室でただ待っていた。
うちの学校は校舎が4つに別れており、少なくとも今いる教室のある階には誰も居ない状態だったのだ。
そのことに気づいた俺は、今まであまり意識していなかった理奈の女らしさを意識し始めた。
彼女は前に俺がイタズラした時に比べて格段に成長していた。
胸は大きく膨らみ衣服の上でも形が分かるし、背中からお尻のラインはとても綺麗で、丸みを帯びた尻はジーンズを穿くと鷲掴みにしたいような衝動を覚えた。

今の理奈は椅子に座り作業に没頭していて少しの動きには気づかないだろう。
俺はさりげなく理奈の後ろに回り、後ろからゆっくりと彼女の細い肩を抱き締めた。
理奈は体をビクッとさせたが、こちらを振り向かず作業を止めてじっとしていた。
俺は彼女が抵抗しないので、手をずらし力を入れないような感じで胸に触れた。
服の上からでも大きさは段違いになっていた。
揉むとその柔らかさを実感できる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

夢中になって揉み続けると理奈は少し声を出していた。

理奈「あっ・・はぁ、んっ・・」

胸を揉みながらセータを脱がして、ワイシャツのボタンを外して行く。
さらにその下のシャツも脱がすと理奈の上半身に残るのはブラジャーだけだった。
途中までは特に抵抗をしなかったが、最後のシャツを脱がせた途端、隠すように双乳を両手で覆った。
耳は真っ赤になっている。
恥ずかしくて我慢出来なくなったのだろう。

脱がしているこっちも結構恥ずかしかったのだから、彼女がそうなるのは当然だ。
でもこっちも我慢が出来なくなっていた。
両腕で覆った理奈の乳房を無理やり鷲掴みにする。
そのままさっきより力を込め揉みしだきながら耳を舐める。

理奈「ひゃんっ!!」

どうやら耳は敏感らしいと思い、執拗に側面や耳の穴の中を舐め回す。

理奈「ああっ!あんっ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


耳たぶを甘噛みすると体が震える。
超可愛いんですけど・・・。
顔を覗き込むと、ほんのり赤くてヤバいくらいだった。
興奮した俺はブラジャー外しに四苦八苦しながらもなんとか取り上げる。

理奈「あっ!」

目の前に現れたのは、昔と変わらないくらい白く大きく膨らんだ胸だった。

理奈「恥ずかしいよぉ・・・」

体を丸める理奈は少し震えていた。
俺は理奈に構わず胸を揉む。

理奈「あっ・・あんっあんっ」

乳房を揉むたび体をビクつかせる。
胸の先端にある乳首を摘みあげ、そこも揉む。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

理奈「あっ!あっ!あっ!あっ!」

クリクリしてシゴく。
先端を指で擦るとその度に声を出す。
片手で乳首を弄り回しながら下半身にも手を伸ばす。
スカートに手を突っ込み、パンツの上から理奈の股間を撫で上げる。

理奈「だめっ!!」

さっきまで乳首を刺激されるのを止めさせようとしていた両腕で股間を弄る手を抑えようとする。
しかしもう遅い。
理奈のマンコはびしょびしょで感じてるのは明らかだったし、力も弱い。

椅子から彼女を下ろし、床に押し倒す。
スカートを取りあげると理奈の体にはもうパンツ一枚しか残っていなかった。
俺はズボンとパンツを脱ぎ、彼女の体にのしかかる。
男性器を見たこともないはずの理奈は、足や股間に当たるチンポに動揺していた。
胸を隠して、目が合うと恥ずかしそうに逸らす。
俺は顔を下げ、正面から理奈の胸を眺める。
そして間髪入れずに乳首にしゃぶりついた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


理奈「・・・!」

息を漏らし、俺の顔を胸から引き剥がそうとするが、そんな事お構いなしに乳首を吸い舐め上げる。

理奈「あっ!あんっ!んっあんっ!!」

右手と口で両胸を愛撫して左手を股間に持っていく。
あえてパンツを脱がさずに揉んだり撫でたりする。
乳首をしゃぶるのを止めて理奈の顔を見る。
耳まで赤くして涙目になりながら股間を弄る手を止めようとする。
その姿はもうとてつもなく可愛くなっていた。

俺はそれをしばらく続けてからパンツの中に手を突っ込んだ。
マンコの濡れ方は驚くほどでローションでも垂らしたようだった。
俺はもう十分濡れているのでパンツを脱がした。

実際に見たのは初めてだったけどなかなか複雑になっている。
何かの膜のようなものがあり、クリトリスは皮で包まれているみたいだった。
ひだの奥に穴がある。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

色々触るとすごくビクついて理奈も声を上げる。
俺は彼女の太腿にがっちりと腕を巻きつけて離れないようにすると足を思い切り開いた。

理奈「ああっ!」

そして顔を近づけて理奈のマンコを舐めた。

理奈「ひゃっ!やだやめてっ!そんなこと・・・」

割れ目にそって舌を這わせる。
マンコを下から上に舐め上げられると腰がビクつき愛液が溢れる。

理奈「あんっ!ああっ!!!やぁっ!!」

しゃぶりつき夢中で舐める。
舐めて舐めて舐めまくる。

理奈「ダメダメダメダメッ!!」

思い切り割れ目に吸い付きクリトリス舌先でつつく。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


理奈「あああっ!!!だめっ!!あっあんっ!!!」

理奈の体が跳ねた。
太腿で俺の顔を挟み、手で髪を掴んで震え続けた。
これでイッたんだろう。
でもこんなにすごいモンなのかと驚いた。
AVで見たのはもっと静かだった気がする。
俺は震えている状態の理奈の股を開いた。
そして股間にチンポをあてがい挿入した。

理奈「あっ!!!」

なるべくゆっくり入れたつもりだったけど、すごく痛かったんだろう。
大きな声を出して俺にしがみついてきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

理奈が辛そうなのでしばらくこのままでいたかったけど、興奮していた僕のチンポは女の子の中の気持ちよさに耐えられなくなっていた。
あったかくてぬるってしているのが気持ち良い。
気付くと腰が動いていた。

理奈「ああっ!!」

前後に動くともう気持ち良すぎて頭にもやがかかっているような感じだった。

理奈「んっ!んっ!んんっ!!」

だんだん射精感が押し寄せてくる。
このまま抜かないとまずいのに、どうしても中で出したい快感に負け俺は動きを早めた。

俺「理奈ぁ、悪いお前の中に出したい」

理奈「あっ!だめっ!あっ!あっ!」

チンポが出入り続ける。

理奈「あっあっあっあっ・・・」

俺は最後に理奈の乳首にしゃぶりついて思い切り突き、奥深くに入り射精した。

理奈「あんっ!ああああっ!!!!」

理奈は俺の体を抱き締め、俺のチンポから放たれた精液を膣の中で受け止めた。

その後俺達はしばらく抱き合っていたが、人が廊下を歩いている気配を感じて急いで後始末をした。
理奈は中で出した事を許してくれたが、しばらくはエロいことは出来なかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 中学の時に流行ってたエッチなゲームで中出し

娘の問題をセックスで解決する人妻
画像はイメージです
会社を早期退職し(サセラレタ?)、現在は大型ショッピングセンターの警備員をしています。

警備員を始めて概1年なんですが、驚くほど万引きが多いんですね。
年齢層も子供から爺婆、多岐に亘っています。

昨日も中学生の女の子を調べていると、3ヶ月前にも同じ内容で取り調べそして母親に引き取って貰ったのです。
今回も母親を呼んで、お金の支払いと「今度やったら警察に連絡する」旨を伝え、始末書を書いて貰いました。

母親が帰る時、メモ用紙を渡され暫くたって読んでみると、なんと「今晩逢ってお詫びしたいので、8時に直ぐ近くのレストランまで来て欲しい」との内容でした。
行って見るとなんと男の性欲を誘うようないでたちで待っているではないか。
声を掛けると何度も頭を下げ、またメモをくれました。
読んで見ると「今晩お付き合いをするので是非、先程書いた始末書を処分して欲しい」とのことです。
前職は教育委員会の仕事をやっていましたので、この手の事は十分理解出来ますのでうなずきました。

この母親のテクニックは大変な物で、理由が直ぐに判りました。
娘が問題を起こす度に男にセックスのサービスを提供してるんですね。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

したがって男が歓ぶ様に生中だしでやらせるんです。
何時も安全の為、ピルを使って避妊をしているとか。

若い事もあってあそこの絞まりは良いわ、そのうえ男を歓ばせるテクニックは最高なんです。
あ~~っと言う間に射精なんです・・・。
射精後、萎えたチンチンを元気にさせてくれて2回戦に入りました。
ところが、あ~~っと言う間にイッてしまいました。

別れる時に「こんな事をもう2度としないで済むよう、娘の教育をしなさい」と言って叱咤激励をした。

警備員って本当に大変な仕事ですね。
50歳過ぎてから2回ですよ・・・。
相手が若く綺麗だったから出来たような物ですね。

またも奥さんの車で5分位離れたモーテルに直行です。
車の中で奥さんは「今晩は生中出しで良いから先程の件、是非是非よろしくお願いします」と・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 娘の問題をセックスで解決する人妻

毎日のように透けブラが楽しめた
画像はイメージです
今から十年以上前の話。
当時の俺は30歳童貞・彼女ナシ・友達ナシとサイテーの生活を送っていた。
一応、仕事はゲームセンターのアルバイトをしていたが時給も安くやりがいのない仕事だった。

そんな俺の勤めているゲーセンによく来る常連の女の子がいた。
黒髪のロングヘアー、なんとなく顔つきは仲間由紀恵に似ている。
(もちろんあれほど美人ではないが)


服装はタンクトップにジーパン、もしくはビジュアル系バンドのコスプレのような服をいつも着ていた。
いつも1人で来ては咥えタバコでカプコンやSNKの格闘ゲームばっかりやっていたので、店員の間ではチョットした有名人だった。

ある夏の日、何気なくゲームをしている彼女の後ろに立ってギャラリー(ゲームプレイを観戦すること)をしていると彼女の胸元から乳首が見えていることに気がついた。
襟元が大きく開いたシャツからは紺色のブラが見えていたがサイズが合っていないせいか完全な“浮きブラ状態”!

「昇竜拳っ!」とか言って技コマンドを入れるたびに白いオッパイの上で小粒な乳首がプルプルと揺れていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


それを見た俺はチョー興奮していたが、平静を装い思い切って彼女に話し掛けてみることにした。
彼女は専門学校生で18歳、現在バイトを探しているというのでこのゲーセンをオススメしてみた。
(初対面なのに相手も気さくに話をしてきたので驚いた)

その他の話の内容は「ゲームの連続技について」などの下らない内容だったが、話している間中彼女の胸チラを真後ろから堪能した。

その日からは“生まれて初めて見た女の生乳首”が俺のオナネタNO.1になった。
(俺は40歳近くまで風俗に行ったこともなかった)

その数日後、バイトの面接に来た彼女は俺と一緒に仕事をすることになった。

彼女の名はカオリ(仮名)、他の社員やアルバイトとはシフトが合わなかったので俺が彼女の教育係をすることになった。
バイトの制服は白いシャツに黒のキュロットスカート、黒いロングヘアーの彼女に良く似合っていた。

カオリはいつも黒や紺など透けやすい色の下着を着けてきたので透けブラしまくっていた!
カオリは仕事覚えも良く、オマケに毎日のように透けブラが楽しめたので俺は毎日のバイトが楽しくてしかたなかった。
ある日、高校生のクソガキどもが彼女の透けブラをニヤニヤしながら見ているのをみつけた。

立場上仕方なく俺は「仕事中はあまり目立たない下着をつけてください」とカオリを注意、おかげで次の日からは透けブラを楽しめなくなってしまった!
(内容が内容だけに注意したときはさすがに俺もテレれた!)

そのかわり俺には新しい楽しみができた、カオリは更衣室のロッカーに着替え用のキャミソールを置くようになったのだ。
胸の部分に乳パットがついたキャミで、出勤した彼女はソレに着替えてお店に出た。
それ以来、俺は毎日他のスタッフが出勤してくる前にお店に行き“カオリの置きキャミ”でオナニーをした。
(彼女のロッカーに鍵はかけてなかった)

匂いを嗅いでチンコを包んでシゴく、ときどき乳パットや肩紐にザーメンを塗りつけたりしたが地味で汚れが目立たないような色のキャミだったので気づかれたことはなかった。
慣れてくると今度は“ブラジャー”でオナりたいと思うようになった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そこで俺はカオリの出勤後「お店の事務処理をする」という名目で事務所に行き彼女のロッカーを漁った。
カオリのバイトシフトが入る時には店員は俺たち2人だけだったので好都合だった!
(俺がバイトのシフト表を作っていたので意図的に2人きりの出勤を増やした)

カオリのロッカーを開けるとほんのりと香水のような匂いがした、脱いだ洋服の上にハンドバッグが置いてありその中に目当ての品が二つ折りになって入っていた。
黒い小花柄レースがついた白いブラジャー、B65と書かれたそれはかなり使い込んであってレースやリボンがとれかけるくらいヨレていた。
(汗の黄ばみもついていた)

匂いを嗅ぐとキャミとは比べモノにならないくらい強い汗の匂い、舐めると舌先が痺れるくらいしょっぱい味がした。
(ちょっとミルクっぽい味を想像していたのでビックリした)

乳首が当たる裏地中心部分の味が一番濃く、俺は生地から味がしなくなるまでチュウチュウベロベロと彼女の生ブラを楽しんだ。
オナっているあいだ、あの日偶然見てしまったカオリの乳首を何度も想像していた。

「自分より10歳以上年下の女の子の乳首を間接的に舐めている!」と思うとスゲー興奮して一瞬でイッてしまった。
最後はテイッシュでブラについたツバの水分をとりそっと元の位置に戻しておいた。

カオリが出勤するたび俺は毎回のように生下着で楽しませてもらった。
数分前まで着けていた下着はほんのり暖かく匂いや味の濃さも毎日違った。
(暑い日はサイコーに濃い味だった!)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


スポーツブラやフロントホックを着けてくることもあったし、水玉や迷彩柄など模様つきのモノも多かった。

AVやエロ漫画で見るような下着はなく、「これがリアル10代女子の下着なんだ」と思い興奮した!

段々と調子に乗ってきた俺は「自分が楽しんだ証」としてブラに自分のザーメンを塗りつけるようになった。
(カップ内側の縫い目に少しだけ)

仕事帰りにカオリの後姿を見ると、さっきまで俺が楽しんだブラジャーが透けて見える。

「さっき塗った俺のザーメンが彼女の生乳首にくっついている」と思うとスゲー興奮した。

そうやって俺はバイトのたびに最低2回は彼女の生下着で楽しませてもらっていた。

カオリは女の子に珍しく“車の運転か好き”とゆーことで5速マニュアルの車に乗っていた。
正直なところ彼女は運転が上手いとは言えなかった、ハッキリ言って乗り方は乱暴だった。
(たぶん、本人は走り屋のように攻めているつもりだったんだろうけど・・・)
少し仲良くなった俺たちはバイト帰りによそのゲーセンやカラオケボックスに2人でよく行ったんだけど、カオリの車で出かけることがが多かった。

カオリは目がかなり悪かったので運転中はほとんどよそ見をしない、コンタクトをするように勧めたこともあったが「何となく怖い」という理由でほとんど裸眼のままだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(たまに眼鏡をすることもあった)

運転がエキサイトしてくると自然と彼女のスカートが捲れ上がってしまうことがよくあった。
最初はチラチラとパンティの布地が足の間から見えるくらいだが、すぐに「おヘソあたりのリボンが何色わかる」くらい露骨にスカートが捲れた。

もちろん気がついたときは急いで直していたが、ミニスカの時は気がつかずに運転をしていることが多かった。
俺は運転席と助手席のあいだにあったケースからCDを選ぶフリをしてカオリのパンティをチラ見した。
黒や紺、白などのシンプルなヤツが多かったが時々フリルがついたピンク色の女の子らしいパンティを履いていることもあった。
(ブラほどのバリエーションはなかった)

俺はバイト中に“本日のブラジャー”をチェックしていたので「今日のカオリが上下でどんな組み合わせの下着を着ているのか」がわかってスゲー興奮した。
(上下別々のときが多かった)

ちなみにジーパンのときは腰の辺りからパンティのフリルがハミ出していることがあった。

カラオケに行くと、カオリは“歌手になりきって熱唱するタイプ”だった!
当時、流行っていたLUNASEAなんかを髪を振り乱して歌っていた。
(アニソンを歌うことも多かった)

彼女はノリノリになってくると席を立ち上がって歌にのめり込んだ、振りつけも交えて激しく動きまくる!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

前屈みになってバラードを歌ったりするときなどは絶好のチャンス!かなりの高確率で胸元の浮きブラから乳首が見えた。
(コレが見たくて一緒にカラオケに行っていたようなもんだった)

室内は薄暗かったのでハッキリと鮮明に見えたわけじゃない。
(最初にゲーセンで見たときもそうだったケド)

だけど、ブラの隙間からは明らかに影とは違う“黒いポッチ”が胸の先でプルッと揺れているのが見えた。
(この後、明るい所で生乳首を見るまでは“カオリの乳首は黒い”と思っていた)
ドリンク注文の電話をするときは彼女を見下ろす格好になりブラチラがよく見えた!
サイコーだったのは酒を飲ませたとき、酔って暑くなったカオリが着ていたシャツを脱いで歌ったときだった。
(一度しかなかったが・・・)

シャツの下には白いタンクトップを着ていたのだが、なんとその下はノーブラ!(その日はバイトがなく、直接カラオケボックスで待ち合わせだったのでブラを着けていないのがその時まで判らなかった)
酔っ払ったカオリがお立ち台(昔のカラオケボックスにはあったんだよ)で動くたびに、最初は緩かったタンクトップが汗でピッタリと肌にはりつき胸がプルプルと揺れているのが見えた。

テレビ画面の光がクッキリと彼女の乳輪の大きさを浮かび上がらせ、俺はそれを見てチョー興奮していた!
(モチロン、乳首のポッチも見えた!)

乳首チラなどで部分的に彼女のオッパイを見たことはあっても“胸全体(乳房+乳頭+乳輪)”を見たことはなかったのでとても貴重な瞬間だった!
真っ白なタンクトップを持ち上げる小振りな乳房、その中心部には100円玉を少し大きくしたくらいの黒っぽい影。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

興奮した俺は自分でもわかるくらいカウパーが出ていた、急いでトイレに行ってチンコをトイレットペーパー拭いた。
(本当はすぐにでもオナりたかったのだが・・・)

それから2時間くらいのあいだ、俺はほとんど何も歌わずに彼女の透けパイをガン見していた。
(初めて透け乳輪が見えたことに感動していた)

その日以降、彼女のキャミやブラで楽しむときは乳首チラだけではなく透け乳輪も思い出すようになった。

バイトを始めて数ヶ月経つと、カオリは俺の家に遊びに来るようになった。
まぁ、毎日のようにバイトで会っていたので“自然と仲が良くなった”ってヤツだ。
(ゲーム以外でも漫画やアニメの話で気があった)

彼女はあまり友達がいないらしく、俺たちは急速に仲良くなっていった。
(最初は1人でゲーセンに来ていたくらいだったし・・・)

その日もバイトが終わったあと、俺の部屋でプレステを2人でやっていた。
(俺の部屋は実家から離れたプレハブにあった)

そのうち俺が1人でRPGゲームのレベル上げを始めると、カオリはウトウトとテーブルに突っ伏したような格好で眠ってしまった。
そのうち起きるかと思ったが、彼女はイビキをかきだして本格的に熟睡し始めた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(女のイビキを初めて聞いた!)

俺はカオリが起きそうにないのを確認してから思い切って彼女のスカートの中を覗き込んだ。
(その日はタンクトップにデニムのミニスカートだった)

テーブルの下に潜り込んで手に持ったマグライトで彼女のスカートの中を照らす!捲れ上がったスカート奥に白いパンティが見えた。
興奮した俺は間近で“カオリのナマ乳”を見る気になっていた!
(その日もバイト先で2回楽しんだ後だったケド)

その日のブラは“肩紐がついていないタイプ”だったので「上手くいけば捲ってナマ乳を拝めるかもしれない」と思っていた。
うつ伏せになった彼女の脇にそっと近づいてタンクトップの奥を照らす、数時間前に見たばかりの紺色のブラが隙間から見えた。
(すでに俺のザーメンつき・・・)

すでにカップ部分が半分くらいズレたような格好になっていたのでギリギリ先っちょが見えないくらいのカンジ。
俺はいざという時のためにゲームのコントローラーを片手(急に起きたときはゲームをしていたとゴマかすつもりだった)にタンクトップの脇から手を入れブラをそっと捲った。
思いのほか簡単にブラは捲れその中から赤っぽい色をした小さな乳首がピョコンと出てきた、俺は「うぉーーーっ!」と心の中で叫んだ!
(カオリは色白だったので乳首の色がスゴク目立ってみえた)

ビビッた俺はスグに手を離したが、乳首の膨らみがブラのカップの縁に引っかかり“完全ハミ乳状態”になった!
(ブラのレース隠されて乳輪は見えなかった)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


隣で彼女が寝ているのも忘れて俺はズボンに手を突っ込んでオナった、寝息に合わせて上下する乳頭部の膨らみがチョーいやらしい!
乳首の色まで見えたのはこの時が初めて!ほんの一瞬で俺はイッてしまった。
その日はそれ以上の事は何もできなかった。
(彼女もそのあと普通に起きて何事もなかったように帰って行った)

この頃になると俺はかなりホンキで「カオリは俺に気があって誘ってる!」と思っていた。
実際、そんなことは全然なく“ただの男慣れをしていないガードの甘いオタク女”だった。

俺はカオリの前で“人生経験豊富な大人の男”を演じていたのだが、まさか「10歳以上年上の大人の男が自分のオッパイをガン見している」とは思っていなかっただろう。
(実際は“冴えない三十路童貞”だったんだケド・・・)

この頃、彼女には少し前まで付き合っていた男がいたのを聞いた。
(かなりショックを受けた、絶対処女だと思っていたのに・・・)

その後、なんやかんやで俺たちは“彼氏彼女として”つき合うことになった。
告白したのは俺だが「特別に大好き!」とゆー感じではなく「友達の延長線上」のようなつき合い方だった。
カオリも“俺を好きだった”というより「特に嫌いな相手じゃないし、彼氏もいないからOKした」という感じ。
その後も変わらず彼女は俺の部屋でゲームをしたり漫画を読んで帰る日が続いた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は早く【セックス】がしたくてしょうがなかったが「初めて出来た彼女・相手は年下・自分は童貞」という引け目もあってなかなかキス以上に進展できずにいた。

つき合い始めて一ヶ月くらい経った、“ただのトモダチ”だった頃に比べると親密な感じにはなっていたが、特に“ラブラブな関係”にはなっていなかった。
なんとかキスはしたもののそれ以上にはなかなか進展せず俺は悶々としていた。
(相変わらず楽しみはロッカー漁りと胸チラ観賞だった)

ただ、バイトが終わったあとの閉店処理を手伝ってくれるようになったのは嬉しかった。
(それまでは俺が1人で残ってやっていた)

その日は俺がレジの金を数え、カオリは向かいに座ってメダルゲーム用のメダル整理をしていた。
バイト先のゲーセンは閉店と同時にエアコンが止まってしまうので、閉店後の店内はスゴク暑くなった。
(なぜかゲーセン館内は一年中暑い!)

メチャ暑いので俺は制服のシャツを脱いでTシャツ一枚になった、一緒に閉店作業を始めた彼女も制服のシャツを脱いでキャミ姿でメダルを拭いていた。

「恋人としてつき合いだしたので警戒心が緩くなったのか?」

俺はかなりドギマギしながら金を数えていた。

今日もシッカリ楽しませてもらった“ザーメンつきキャミ”を着たカオリ、全然色っぽい感じがしなかったグレーのキャミもいつもと違って見える。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

こちらの仕事が終わったので、メダルの汚れをチェックするための強いスポットライトで彼女の手元を照らしてやりながら真っ白い肌と薄グレーのキャミ姿を盗み見る。
すると屈んでメダルを拭くカオリの胸元が今までにないくらいハッキリと“丸見え”になっていることに気がついた。
キャミにはブラのようなちゃんとしたカップがついていないので“浮きブラ”どころではない!キャミの裏地についた肌色の乳パットに乗っかるような格好で真っ白な乳房と薄ピンクの乳輪、そして赤っぽい小粒な乳首が完全に見えていた!

メダル拭きに集中しているカオリはまったく気づいていない、強いライトの光は手元だけではなくオッパイも照らしその色も形もクッキリと俺の目に晒しだしていた。
カオリが手を動かすたびに白い乳房はプリプリと揺れ、その先端についた乳首は乳パットやキャミに擦れクニクニと形を変えた。
屈んでいたので乳房は垂れ下がるようなカタチになり“ブラのサイズ以上”に大きく見えた。
強い光がクッキリと胸の谷間や乳頭の突起の影をつくる、俺は瞬きもせずにジッとカオリの胸を見ていた。
結局作業が終わるまで、カオリは俺の視線に気づかないままだった。
そのまま帰り支度のためにロッカーの方へ行く彼女、俺は爆発寸前だった!(とゆーより射精寸前だった)
「俺が同じ部屋の中にいるのに着替える気か?」と思うと“自分が誘われている”ような気になってきた。
(単にカオリのガードが甘いだけだったんだケド・・・)

ロッカーは事務所の奥にあって特にドアや仕切りがあるわけではない、着替えるときなどは内側から事務所のドアにカギをかけていた。
俺はロッカーの陰で着替えているカオリのほうにコッソリと近づいた。
そっと覗き込むと彼女はこちらに背中を向けてブラを着けているところだった。
今日は縁取りのレースが可愛いツヤツヤ生地の水色ブラ!(俺のお気に入りだった)すでに俺のツバやザーメンが乳パットにタップリと染み込んでいた。

カオリはまるで子供のようにお腹の前でホックをつけてからクルッと回しブラジャーを着けていた。
肩紐に腕を通しカップの中へオッパイを納める、その瞬間「今、目の前で俺のツバやザーメンがカオリのナマ乳首につく!」と思った俺はそのままその場でイッてしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(情けない・・・)

俺は急いでトイレに駆け込みパンツを脱いだ、その日はそのまま何もできずに彼女と別れた。
(彼女も普通に帰っていった)

初体験は突然、5月の暑い日の午後だった。
いつも通り遊びに来た彼女が漫画を読むうちに俺の布団の上で眠ってしまった。

俺が「何かかけようか?」と聞くと寝ぼけながら頷いたので彼女の体にタオルケットをかけてやった。

少しすると熱くなったのか?布団から抜け出すように体を捻った拍子にスカートが捲れパンティが丸見えになった。
紺色のシンプルなデザインでリボンも何もついていない、足やお腹周りの部分にだけ白のストライプが入っていた。
顔を近づけてよく見るとチョロチョロとアソコの毛がパンティの生地からハミ出ていた。
ふと、視線を感じて上を向くと目を覚ました彼女が俺の顔をジーッと見ていた。
(かなり焦った!!)

俺はなにがなんだかわからなくなってそのまま彼女に覆いかぶさってキスをしまくった。
彼女がイヤがっていない様子なので思い切って着ていたワンピースを脱がせた。
着けていたスポーツブラの脱がし方がよく判らなかったのでとりあえず捲り上げる、ブラの下から搾り出されたようなかたちでオッパイが出てきた。
スポブラに引っ張られた薄いピンクの乳輪ごと上を向いた乳首は小さめながらシッカリと勃起していた!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

初めて見てから数ヶ月、夢にまで見た“カオリのナマ乳”が俺の目の前数センチのトコロにある!
少し小振りな白い乳房、チョット大きめの薄ピンク色の乳輪、赤味の強い小粒乳首。
(乳頭の先端部だけ薄いピンクだった)

すでに勃っている乳首を指で摘まむ、俺の指の中でさらに硬く大きく尖っていくのがわかった!
乳首や乳輪のシワが見えるくらい顔を近づけてガン見する、自然と口の中にツバが溢れてきた。
チュバチュバ吸いついてやると彼女は「アフッ、アッフッ・・・」と声を出した、俺は指と口を使ってタップリと乳首を弄ってやった。
(吸い上げると驚くほどよく伸びた)

舐め始めの乳首はブラと同じ汗の味がしたがすぐに味がしなくなった。
(かわりに俺のツバの乾いた匂いがした)
起き上がって彼女を見たが腕を顔の前でクロスしていて表情が判らなかった、オッパイの先端だけが俺のツバでテカテカに光っていた。
片手で乳首をシゴきながら、もう片手でアソコを触ってみる。
濡れているかどうかよく判らなかったので思い切って顔をアソコに近づける。
まるでAVのようにパンティの縦スジの上には丸いシミができていた、俺は彼女のパンティに手をかけて脱がせた。
彼女のアソコは思った以上にヘアが濃かった、ヘアの中から見える割れ目からはなんとも言えない匂いがしている。
(正直、いい匂いではなかった)

手でワレメを開いてクンニした、まるで内臓のようなアソコからはヌルヌルした愛液が垂れてきて顔中ベトベトになった。
アソコを舐めながら両手でオッパイを揉んでやる、彼女は「アン、アン、アン」と感じた声を出すようになった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ガマン出来なくなった俺はゴムをつけて彼女の膣内にチンコを入れた。
彼女は“処女”ではなかったがスゲー締りが良くて入れた瞬間にイキそうになった、俺はガマンしながらガンガン腰を振ってやった!
その後は彼女を上に乗せて突き上げた、胸がキツそうだったのでブラを脱がしてやると乳輪の上あたりにクッキリと赤い痕が線になって残っていた。
(スポブラを脱がすのは面倒だった)

自由になった彼女のオッパイは腰を動かすたびにメチャクチャ揺れた!俺は下から見上げながらピンピンに尖った乳首を両手で摘まんで腰を動かし続けた。
そして俺はそのままイッてしまった。
チンコを抜いたときに彼女のアソコの中でゴムが取れてしまい焦ったが妊娠はしなかった。

その日から俺はサルのようにセックスをしまくった!
(俺から一方的にだったんだケド)

生理のとき以外、大体は「誘えばOK」という感じ。
(先日までの童貞が一挙に「ヤリチンの仲間入り」をした気分だった)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

セックスを始めるときは“なりゆき”みたいな感じで始めることがほとんどだったのでお互いに風呂に入ってないことが多かった、彼女の乳首やアソコは毎回汗の匂いや味がした。
ほとんど、ゴムはつけずに外出しで済ませた。
(今、考えるとヤバイ)

カオリのヘソの下あたりに射精したザーメンは唇や乳首に指で塗りつけてやった。

カオリの胸チラでオナってた時間が長かったせいか、俺は完全に“乳首フェチ”になっていた。
(勿論、アソコも好きだったが)

セックスをしない日でも一日一度は彼女の乳首を弄った、生理中のカオリの乳首は普段よりも大きくプリプリしていた。
(月に一度の御馳走だった!)

あまりにしつこく触りすぎたため“オッパイ触り禁止令”を出されたこともあった。
(触られすぎでヒリヒリ痛かったらしい)

バイト先でのセックスはさすがにさせてはもらえなかったが、よく“着替えゴッコ”をした。
仕事が終わった後、カオリをロッカーに連れて行き制服のシャツとキュロットスカートを俺が脱がす。
バンザイをさせてキャミを脱がすと真っ白な乳房と小粒乳首が出てくる、ソレをしゃぶり弄びながら俺がブラを着けてやった。
スカートやジーンズも俺が履かせる、パンティに顔を埋めて匂いを嗅ぐと汗とションベンの混じった匂いがした。

カオリが遊びに来るとすぐ部屋に敷きっぱなしの布団にカオリを押し倒す、最初は少し抵抗してもタップリとキスをするとスグに大人しくなった。
漫画を読んだりゲームをしていてもお構いなし!コントローラーを持ったカオリのシャツを捲ってから体の前に俺の頭を入れてブラをズリ下げ乳首を甘噛みしてやる。
最初は無視していても弄られた乳首がプックリと膨らむ頃にはトロンとした目つきで俺に体を預けた。
セックスが終わってもカオリは帰るまで下着姿のままで部屋の中をうろついていた、しょっちゅう乳首がブラからハミ出ているのに気づかないままゲームをしていた。

彼女が忙しくて俺の家にこれないときはバイト帰りに人気のない自販機コーナーに連れて行き車の中でフェラをさせた。
仕事明けで風呂にも入っていない俺のションベン臭いチンコを彼女は何も言わずに咥えた、俺は乳首を吸ったり摘まんでやりながら口にチンコが出入りするのを見ていた。
ときどき乳首を乱暴に触ってやるとなぜか急にフェラのスピードが速くなる、イキたくなると強く乳首をこね回し素早くしゃぶる彼女の口内にザーメンをぶちまけた!
(スゲー便利機能だった)

口内射精したあと、大抵はティッシュに吐き出すがそのまま飲み込んでしまうときもあった。
狭く汚い軽自動車の中で10代の若い女が半裸で奉仕してくれるのはサイコーだった!

“職場のロッカー漁り”はその後も秘密の楽しみとして続けた。
俺とつき合うようになってからはスポーツブラを着けることは少なくなり、かわりにレースがタップリついた大人っぽいブラが増えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(歳が離れた俺になんとか合わせようとしていたのかもしれない)

だけど、どんな大人っぽい下着を着けても彼女の中身は地味なオタク少女のままだった。
(自分のことを一人称「ボク」って呼んでたくらい!)

乳輪からは長いパイ毛が生えていたし、ワキ毛の処理も適当、アンダーヘアは一度も手入れしたことがないだろう。
アニメや漫画、ゲームなど、自分の知っていること以外にはあまり関心を示さない無愛想な一面もあった。
口数も少なく、セックスの時もほとんど無言。

そんな彼女だったが俺にはサイコーに可愛い【初めてのオンナ】だった。

そんなカオリとの別れはつき合い始めて2年後・・・。
専門学校卒業と同時にバイトを辞めて就職した彼女、すぐにお互いのリズムは狂い始めた。

「なんとなく始まった」俺たちの関係は「なんとなく終わって」しまった。

あの、ゲームセンターも今では潰れなくなってしまった。
三十路童貞男が2年間、10代女子の体をタップリと楽しめた【夢のような思い出】だ・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 毎日のように透けブラが楽しめた

やりたい盛りな私の泥酔男お持ち帰り体験
画像はイメージです
今から4年前で私が20歳の頃の話です。

当時付き合い始めた彼に、実は二股かけられてたことを知り、友人と居酒屋に飲みに出掛けた。
私は当時ザルだったので、ジョッキ5杯・日本酒・カクテルをチャンポン状態。

友人も失恋直後だったこともあり、2人で愚痴りながらガンガン飲みました。

金曜だったので店内は混み合ってて、カウンターに座っていたのですが、隣には20代後半くらいの男性二人が座っていました。

「男なんて性懲りもないよね、やはり浮気するような構造になってるんだよ・・・」
「そうだよね、あたしなんてさ・・・」

ってな具合で愚痴っていると、突然隣の席の男性が「そんなことないよ、女だって同じだって」と口を挟んできました。

なんだこの兄さん方は?と思いながら、よくよく話を聞くと、男性二人も最近女の浮気が原因で別れたばかりという事が判明。
本酔いではないにせよ、酒が入ってハイテンションな私達は負け組同士、何故か一緒に飲むことに。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


男性陣は私達より1時間ほど前から店にいたらしく、どうやらかなりの量を飲んでる模様。
1人は酔ってはいますが、まだ正気。
もう1人はひたすら爆笑してトイレに行くのもまさに千鳥足。

酒の勢いも手伝って、互いの彼・彼女の愚痴り合いから、次第に試して良かった体位や性感帯について盛りあがってしまい、友人と男性二人の正気な方とすっかり二人の世界に・・・。

おいおい、この爆笑男をどうしろと言うのか。
箸が転がってもおかしい年頃というのは聞いたことがあるが、あんた男だし、いい年だろう。
しかし爆笑しながらも、話は結構面白い。
泥酔してこれだけ饒舌ということは普段は相当頭がキレる人なのかもしれない。
後からわかった事なのだが、家裁の主事なのだそうだ。

多分四人の中で一番シラフであろう私は、この男性をじっくり観察。
高すぎるテンションに惑わされ引き気味だったが、やや薄めの顔の造形とやや低めの声質、何といっても指が綺麗。
体型も細過ぎず、いい具合の筋肉が付いてそう。

(いいんじゃないか?)

当時セックスにハマりだし、やりたい盛りの私は、この男のカラダに興味津々。
しかし、いくらセックス初心者でも、男が泥酔すると勃起しないことくらいは知っていた。

友人達二人はすでに怪しいムードである。

もう1人の男性はニヤニヤしながら、

「俺、この子(友人)送ってくるわ。そいつタクシーに乗せてあげてもらえる?」

うわーお持ち帰りですかw

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

何故か私の闘争心に火がつく。
私も持って帰りたい!(ような気がする)

支払いはもう1人の男性が済ませてくれたので、残った日本酒を一息で飲み、

「もうどうにもならなそうだから、帰ったほうがいいんじゃない?タクシー呼ぶから」
「うわーごめんね~、俺酒弱いのに勢いで飲んじゃって・・・情けなし」
「いやぁ、いいよーwこうなったら致し方ないし」

すでに立つのもままならない男を支えながらタクシーに。
男に住所を聞いて告げ、15分ほど走ったところで到着。

「着いたよー、降りよう、ね」

男熟睡。
揺すっても叩いても起きない。

んー困った。

流石に175cmはあるであろう男は背負えない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

優しいタクシーのおじさんと悶絶しながら、1Fにある男の部屋まで引きずるように運んだ。

「姉ちゃん、この子置いて帰るかい?」
「いえ、ちょっと心配なので残ります」

「そうか、しかし女より酒弱いとは情けないねぇw」

弱くないと始まらないじゃんw

部屋に着いたところで熟睡してるこの男をどうしたもんかと考えた。
自らの経験値はまだ少ない。
とりあえず廊下から居間まで引きずり、頭の下にクッションを敷く。
私いい人?

「部屋着いたよー」

男をガンガン揺するとうっすら目が開いた。

「んあーー、うわーーーーごめん・・・やばいな俺」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

トロンとした目がなんかそそる。

やばい、したい。
自分、実はSなのだろうか。

「シャツとネクタイきついでしょー、緩めてあげる」

言い訳のように言いながら、ネクタイとボタンを外した。

やはり予想通り、筋肉質。胸固いぞ・・・。

たまらず軽くキスしてみる。
男の唇は元彼と違って柔らかかった。
男の唇は固いものだと思ってた私は多少驚く。

「ん・・・ん?◯◯さん、んあに?」

少し怯んだがもう後には戻れない、そのまま舌を押し込んだ。
アルコールのせいか生暖かいを通り越して熱い。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「う・・・え?うわー、なに?」

「◯◯さんとしたいんだけど・・・だめ?」
「いや・・・いいも悪いも・・・悪くないけど・・・しかし・・・」

ここで畳み掛けたほうがいいんだよな、きっと。

「じゃあやめる?」

パンツの上から軽くチンチンを触ってみる。

「でも・・・飲んだら立たないかも・・・」

それは同意と見なしますが?

跨ったままベルトを外し、ズボンを下ろす。
彼のトランクスの上から思わずチンチンを頬張る。
やや硬くなったところで前開きのボタンを外して、フェラ。

元彼に教わった手技で一般の男性に通用するのであろうか・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

裏筋をツツツーと舐め上げて、カリを舌先で弄び、今度は一気に吸いながら根元まで強めに咥え、そのままジュポジュポ。

「あ・・・それいいよ・・・うわー、できるかも・・・」

元彼の指南も少しは役に立つんだ!

やや硬→結構硬へ硬度UP!!
なんか妙な達成感。
興奮したためか私もかなり濡れている。

ハァハァしながら、もういいやと男のチンチンを自らに誘導。
がむしゃらに上下に動いてみる。

「うっ・・・コレ、いいの・・・?大丈夫・・・?」
「うん、したいから・・・」

男も下からズンズン突き上げてくる。
元彼より大きくて太さも長さもある。
うわ、やばいかも。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

以前教えてもらった事を思い出しながら、上半身を反り気味にして、男の左膝に掴まりながら、縦に腰を振ってみる。

「ん・・・出そう・・・いいかな?」

中出しについては元彼の推奨でピルを飲んでいたので問題ない。

「うん、いいよ。ピル飲んでるから大丈夫なの」

更に腰を回しながら縦に振り続ける。
これも有効なのか!

「んっ・・・」

ドクドク中に出され、女として達成感が湧いたような、湧かないような・・・。

そのまま私も男も疲れて寝てしまい、翌朝目覚めると、男はおぼろげながらも覚えているようで、「酔ってるところを襲われたのは初めてだ」と顔を赤くしていた。

シャワー浴びてから、今度は男のほうに攻められました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか やりたい盛りな私の泥酔男お持ち帰り体験

真っ白な巨乳が波打っている
画像はイメージです
昨日の昼3時過ぎくらいだったか、地元で唯一立ち読みができる本屋に行った。
かなり広い店内だが、漫画コーナーは一番奥にあり、さらに棚が複雑になっているので絶好の穴場でもある。
しかも、GW中でかなり込み合っていた。

ちょうどコーナーの角で柱になっているところで15歳位の少女が壁にもたれて立ち読みをしていた。
まわりは少年少女でいっぱいだが、大半の子は棚に向かって立ち読みしている。
その少女の両隣はたぶん姉妹であろう小学低学年の子達が背を向けて立っている。


しかも、その少女は前ボタンのワンピース、胸は確実にDはある位の巨乳だった。
まずは、歩きながらその少女の胸に手を押し当てた、もちろん偶然をよそおってだ。

その柔らかさに驚いた。
ブラの感覚が全くなかった。

まさかノーブラ?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

こんな巨乳の子が?しかも全くの無反応だった。

もう一度その少女の前を通るふりをして手を押し付けてみた。
振り返ると少女は俺の顔を見ていた。
訝しげな顔つきだったが俺がにらみ返すとオドオド気味に視線を漫画に戻した。

その時、少女の隣にいた姉妹が立ち去った。
俺は、少女の隣に半身向かい合わせになるように立ち棚の本を探すふりを始めた。
同時に俺の右手を意図的に少女の胸に押し付けた。
一瞬少女は俺のほうを見たが俺が目を合わせるとそのまま固まったようにまたしても視線を手に持った漫画に落とした。
いけると確信した俺は手のひらを返しその胸を揉んでやった。
間違いなくノーブラだった。

まわりは誰も気がついていない。
しばらくすると乳首がなんとなく硬くなってきているのがわかった。
人が通りかかったので俺は手を離した。
ワンピースの服のお腹あたりを下に引っ張ってみた。
すると胸の形がはっきりと浮き出て、しかも、乳首がピンとしているのがわかる。

すごくHだった。
その時少女は顔を赤くしながら漫画を棚に戻し店外に出ていった。
俺もそのあとをついて行った。
駅に向かっているのかと思ったが構内には入らず駅の反対側に歩いていった。
反対側には大きな公園がある。
少女はその中に入っていった。

このあたりには家がほとんどなく公園を横切ったところにマンションがあるだけだ。
そこに住んでいるのか。
公園には幸い誰もいないようだ。
俺は早足で追いつき声をかけた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「キミ、いくつ?」

「えっ、中2ですけど」

少女は俺の顔を見てさっきの痴漢とわかったみたいで真っ赤になりながらそう答えた。

「キミ、ノーブラでしょ?胸大きいね」

「はあ」

少女は立ち止まって下を向いた。

「さっきは気持ちよかったでしょ。もうちょっと触らせてよ」

「えっ」

俺は少女の肩をそっと押しながら歩きだした。
一番奥にトイレがある。
その身障者用トイレの前で俺は言った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「10分だけでいいから、お願い」

「はあ」

少女はそう言って俺と一緒にトイレの中に入った。
俺はかぎを締め、少女の背後に回り後ろから胸をもみまくった。

前ボタンを外し直接胸をもみだすと軽く抵抗はしたがちょっとだけと言うと大人しく従ってくれた。
乳首を摘むようにもんだ。

「気持ちいい?乳首立ってるよ」

「はあ」

よくわかんない子だった。
だが、次第に息が乱れてきている。

「おっぱい触られたことある?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ないです」

蚊の泣くような小さな声だった。
俺は少し屈み、いきり立った物を少女のおしりに押し付けながら片手でワンピースのボタンを全部外した。
そのままの状態で片手でパンツの上からおまんこを触る。

「そこは」

そう言うだけの少女を無視しパンツの脇から指を侵入させる。
すでに大洪水状態だった。

「すごい濡れてるよ。気持ちいいの?」

「いや、はい」

「そこに横になりな」

俺は少女を身障者用のベッドみたいな上に寝かせた。

おっぱいを舐めながらおまんこの中に指を入れていくと、少女の「はあ、はあ」と言う声が大きくなってきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「もっと気持ちよくなりたい?」

「はあ、はい、はあ、はあ、いや、はい」

俺は少女のパンツを脱がし俺も下半身裸になった。
指でかき混ぜるようにピストンする。
全く痛がらない。
真っ白な巨乳が波打っている。
俺は少女の足を広げさせ身体を割り入れる。
棒の先端が入った。

「痛いです、痛いです」

「すぐによくなるから」

俺はそう言い腰を前に進めた。
途中で押し返されながらもしばらくすると全体が入りきった。
とてもきつかった。
とても暖かかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「痛いです。やめてください。いやですう」

半泣きの少女の顔を見ていると突然射精感がやってき、そのまま中で果てた。
俺はそのまま棒を抜いた。
そして少女のクリを指で刺激を与えていった。

「あっ、あっ」

少女の身体がビクビクしていた。
同時におまんこからは白い液が溢れてきた。

「これでキミは俺の女だからな。わかった?」

「はい」

「ほんとだよ。俺の女だから言うこときかないとだめだよ」

「はい、わかりました」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「家はそこのマンションでしょ?」

「は、はい」

「名前は?」

「◯本ゆかり」

「明日も会えるよね」

「は、はい」

そして、今日になった。
今から待ち合わせだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 真っ白な巨乳が波打っている

私を課長に売った最低の夫
画像はイメージです
私26歳、夫30歳、結婚2年。

半年前、夫が仕事で失敗して悩んでいた時、課長さん(36歳)が失敗をカバーしてくれることになりました。
そんな時、夫と課長さんが近くの居酒屋で食事をしてから、家に来ることになりました。

夫と課長さんが向かい合わせでこたつに入り、夫のお願い事を頼んでいることもあって、私はお摘みを作ってから横に座り、とっておきの焼酎でおもてなししました。

30分くらい経った時、太ももに違和感がありました。
課長さんの膝が押しつけられているような・・・。
そのときは(狭いからかな~?)と、思っていました。

が、夫がトイレに立つと太ももを触られたのです。
チラッと目で怒りました。
でも、無視して焼酎を飲んで相手にされません。
夫がトイレから戻ってからも、そしらぬ顔して触るんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あ~酔った!課長スミマセン、少し横になります」

夫はそう言ってクッションを枕にして寝てしまいました。
それを見た課長さん。
太ももを膝の方から上へ撫でてきました。

夫に「お願い事しているので多少のことは我慢してくれ!」と言われていたので、このくらいならと大目に見ることにしました。

足を閉じてスカートを押さえて、それ以上は許さないようにしました。
なのに触り方がどんどんエスカレート。
膝で夫の足を突っついて起こそうとしたら、私の足が開いた隙にスカートの中に手を入れられてパンティまで触られてしました。
それでも、夫は全然起きる気配がありません。

パンティの上からワレメを触られました。

「困ります」と何度も手を払いのけましたが止めてくれません。

もう限界と思って、膝で夫の足を目一杯突っついた時、パンティの横から指を入れられました。
その瞬間、なぜか力が抜けてしまい、抵抗できなくなって足が開いてしまいました。
課長さん、そんな私の様子を見て指で直接ワレメやクリを弄り、ニヤッと・・・。
私、思わず声が出そうになり、慌てて両手で口を押さえました。

そのうち濡れてしまって、中に指が入るのを許してしまった時は、歯を食いしばって声が出ないようにするのに必死でした。
鼻息を荒くしながら課長さん、こたつの中に頭を入れて太ももを舐めたんです。
両足を伸ばされパンティを脱がされて、スカートはすっかり捲くり上がり、ワレメを舐められながら指も一緒に使われました。
私はクッションを抱いて、端の方を噛んで夫に声を聞かれないように頑張りました。

ズボンとパンツを下ろしながら課長さんが私の横に来て、私の手を掴んで、もう硬くなっているモノを握らせました。
夫より細いのですが、3センチくらい長いんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

セーターの中に手を入れられて胸を揉まれ、乳首を摘まみながら吸うと、私を横にして足を少し開かせ、モノを握って近づき、その先がお尻に触れたのがわかりました。

(ヤバッ!入れられる!)

とっさに手で隠しましたがその手首を掴まれて・・・先が中に入ってきました。
そしてゆっくりと動きながら奥までくると、お尻を掴まれて動きを早くして突かれました。
夫とは違うモノが夫とは違う場所に当たって・・・。
クッションを強く抱いて、力いっぱい噛まないと声が外に聞こえてしまうくらい感じてしまいました。

課長さんが体位を変えようと私から離れた隙に、私はこたつから出てトイレに逃げ込みました。
鍵をかけようとした時、ドアが開けられて、ズボンとパンツを足首まで下げた課長さんがいました。

「せっかく良いところだったのに。ここでして欲しいのか?」

便器に手をつかされ、四つん這いにされてバックから入れられました。
パンパンと音がして、もう声を殺せなくなった私。

「お願い!ドアを閉めてください」

カチャっとドアが閉められ、鍵がかけられると・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あぁ~!気持ちイイ~ヨ!」

思わず声が出てしまいました。

課長さんが便器に座り、私がその上に足を開いて乗って、腰を掴まれて回すように動かされました。
課長さんのモノが奥に突き刺さって頭にジーンと電気が走りました。

「イヤダぁ~!イッちゃう!」

こんなこと言って、課長さんの首に手を回すと。

「ウッ、ウッ。ウウ~ッ!」

唸ると動きが止まって、奥が温ったかくなって出されたのがわかりました。

(エェ~?!マジィ~!どうするのよ!)

頭はパニック。
笑って誤魔化そうとしている課長さんから離れて立つと、ドロッと太ももの内側に白い液体が流れ出てきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

慌てて便器に座ってウォシュレットで洗っていると・・・。

「俺のは口でキレイにしてくれ!」

モノを口に持ってきて、言われた通りに口の中に入れると苦い味がしました。
トイレから出ると、「水くれ!」と課長さん。

一気に飲むと。

「じゃ~、帰る。良かったよ」

見送った後、こたつの周りを片付けているとクッションの下からパンティが出てきて、穿いていると、夫の携帯にメールがきました。
夫は急に目を覚まして確認して。

「アレ~?課長は?」

「さっき帰ったわよ」と返事をすると、ベッドに行って寝てしまいました。

携帯がそのままこたつの上に置かれていて、チョット気になってしまいメールを見てしまいました。

『奥さん、いただきましたよ。ご馳走さん。約束通り、この前のことは任せておけ』

私は思わず、その場でキレて叫びました。

「何よこの男!仕事のためなら自分の女房を売るんだ!」

幸い妊娠はしませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 私を課長に売った最低の夫

【エッチな体験談】フェラチオ大好き熟女に教育した。「こんな体にしたのは、あなただからね」
kimamamh111300371

今から1年前に出会い系に近いサイトで人妻Y子と知り合いました。


メールでやり取りするうち、いつしか体を重ねることで意気投合。


色々話を聞くと旦那とはレスでご無沙汰のようだ。


シティホテルのデイユースを予約し、いざ本番。


恥ずかしながら早漏のため、激しい抜き差しをするとすぐに出てしまう。


なので前後運動は控え、深く挿入してあまり動かさない戦法でいくことにした。


時間をかけて愛撫したため、Y子のあそこはぐちょぐちょの洪水状態。


それでも焦らし、先方で挿入するようなしないような、乳首を舐めながら、チンチンの先はあそのこ入り口を行ったり来たり。


「入れて」とYが言うのでゆっくり挿入してあげた。


熱い吐息。


恍惚の表情。


しばらく軽く抜き差ししていたが、ちょっと変化をつけたいと思い、チンチンを深く挿入、そしてグイグイと圧迫運動。


チンチンの根本とクリが触れ合い、Y子の喘ぎ声は一段と大きくなる。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】フェラチオ大好き熟女に教育した。「こんな体にしたのは、あなただからね」

【エッチな体験談】巨根の友人に貸し出し、ダッチワイフのように扱われる妻
kimamamh111300356

巨根の友人に貸し出した妻の話。

4月3日夜11時・・・。


今現在、私の目の前で起こっている出来事を書きます!

私は愛する妻の美幸を酔った勢いもありまして、友人に貸し出してしまいました。


今、妻の美幸が・・・私の目の前で友人に下から激しく巨大なイチモツで突き上げられています。


私の物よりも遥かに大きい肉棒が胎内に侵入を繰り返して美幸を狂わせています。


友人の突き上げ高速ピストンは秒間5回以上の早さで・・・。


もう既に美幸の女性器は2千回以上掻き回されています。


肉棒が抜けたアソコは赤く充血して、白濁液がメレンゲ状態ですし、膣穴が拡張されて、中の肉が伸ばされ捲れて切れてガバガバのグロマン状態です。


今も美幸は大股を開かされ背面騎乗位状態で私の目の前でメチャクチャにされています。


そして、玩具(ダッチワイフ)のように扱われています。


美幸は、「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あが・・・あが・・・」とピクピク痙攣しながら逝き狂っていました。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】巨根の友人に貸し出し、ダッチワイフのように扱われる妻

【エッチな体験談】たった2時間の空白が・・・とんでも無い事になっていた
kimamamh111300335

巨根の友人に貸し出した妻の話。

情けないですが、これから始まる2人の行為を見る前から私は別の部屋で休憩して、そのまま2時間程寝てしまいました。


・・・そのたった2時間の空白が・・・とんでも無い事になっていたのでした。


寝室に戻ってみると既に平井さんは美幸の体を自分の物の様に・・・言い変えれば、まるで手懐けた愛人、いや・・ダッチワイフのように扱っていました。


美幸も平井さんの要求に嫌がらず、無言ながら応えていました。


私が寝室に戻った時はちょうど2回目(?)の挿入前でした。


平井さんがベッドの上に仰向けに寝ている状態でした。


何度見ても自分の物とは違い過ぎる立派な平井さんの陰茎が天井を向いて“ビンビンッ”と、そそり勃っていました。


それは天狗のお面の鼻のような、男なら誰もが憧れる様な男性器です。


しかも、その立派な陰茎には、なんとゴムは付いていませんでした。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】たった2時間の空白が・・・とんでも無い事になっていた

【エッチな体験談】昨日までの妻の女性器と、この場の妻の女性器との違いの凄さに私は言葉を失った
kimamamh111300310

巨根の友人に貸し出した妻の話。

追記ですが、ボイスレコーダーで確認した2人きりでのSEX中の会話の内容は、美幸が私にした告白とは全然違いました。


それではオナニーの告白をした後から書きます。


平井「奥さん普段どんなオナニーしてるの」

美幸「細い茄子とかキュウリで・・・子宮のコリコリ・・・突いたりしてる・・・」

平井「旦那の12cmチンポじゃ余り奥さんの好きな所・・・届かないし逝けないから野菜で逝くまでオナニーしてるんだ?」

美幸「そうなの・・・最近・・・毎日してるの・・・」と、これも馬鹿正直に答えているのが確認できました。


平井さんに「本当に淫乱なんだね?俺と付き合ったらオナニーなんかしなくても済む様に何回でも逝かせて上げれるのに?」と言われた美幸は、平井さんに変な事を告白した恥ずかしさと、私に対する罪悪感と快感が入り乱れて訳が分かんなくなり、肝心な時にこの場に居なかった私に美幸の怒りの鉾先が私に向いたのでしょう。


美幸はもうその時は私の事はもうどうでも良くなったみたいですね・・・。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】昨日までの妻の女性器と、この場の妻の女性器との違いの凄さに私は言葉を失った

【エッチな体験談】妻はしょうもない下ネタが発端でサードバージンを奪われただけではなく・・・
kimamamh111300294

巨根の友人に貸し出した妻の話。

私が青ざめながら、ガバガバに拡げられ、少し出血している膣口を見て唖然としていると・・・。


平井「・・・ごめんな~、激し過ぎて奥さん大丈夫?アソコ壊れてないか?」

私は平井さんに見たままを伝えます。


「・・・美幸は逝ってる・・・アソコ・・・前より・・・穴が・・・なんか拡がって・・・グズ・グズになって・・・血が付いてる」

平井さんは「まあ・・・俺の形になっからな・・・まだ続きしてええか?」と聞くので、諦めた私は「平井さんの好きにして~」と言ってしまいました。


バックで平井さんが挿入しようと案外乱暴に美幸の体をベッドに押倒してから、美幸の脚を持って開けて乱暴に挿入しました。


平井さんが「挿れにくい・・・ほら雌犬・・・チンポ・・・欲しかったら・・・お尻もっと上げて~」と言うと、“雌犬”とまで言われながらも、なんと美幸は自分からお尻を高く上げています。


“ズニュ~”と挿入音が聞こえました。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】妻はしょうもない下ネタが発端でサードバージンを奪われただけではなく・・・

【エッチな体験談】巨根の友人と愛人契約をした妻
kimamamh111300268

巨根の友人に貸し出した妻の話。

4月3日に私の愛する妻、美幸を友人の平井さんに貸し出してからは私は美幸に求める事が出来なくなりました。


平井さんの肉棒の虜になった妻を自分では満足させてやる自信が無い事や、平井さんに狂わされ汚されている美幸の姿を見て正直興奮した部分もありました。


平井さんと愛人契約をした美幸はあれから数回平井さんと密会していました。


勿論私は愛人契約の事は美幸の前では、知らないフリをしています。


私は平井さんにある“お願い”をしました。


私は「平井さんと妻が密会してるのは既に知っているので・・・」と言いました。


平井さんは「なんや知ってたんか・・・美幸ちゃんから聞いたの?」と言うので、私は盗聴器の事は喋らずに「・・・いえ・・・何と無く・・・」と言いました。


平井さんは既に『美幸ちゃん』と下の名で呼んでいました。


私は少しムッっとしましたが、そこは我慢して・・・。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】巨根の友人と愛人契約をした妻

【エッチな体験談】弟にただ性欲をぶつけられたって感じの行為だったけど私は後悔はしていません
kimamamh111300249

弟は6歳下で今年高校を卒業したものの大学受験に失敗した

予備校に通いながらフリーターしております

ヒッキーでもニートでもないけど、2ちゃんは良く見てる(私も)

姉から見ても、なかなかの男前で将来有望、童貞ではない

しかもちんちんデカいらしい(笑)

弟はサッカー小僧で、中学、高校時代、応援しによく試合を見に行ってたの

インターハイ予選で負けて男泣きする弟を見て、キュンとしてしまった…

のは姉の私ではなく一緒に見に行ってた友人

それからなぜか私が愛のキューピット役になり弟と友人が付き合うことに

嫉妬とかは全然なくて、

年下の恋人ってのも良いなぁなんて思ってました

でも熱しやすく冷めやすい友人に振り回される形で3ヶ月くらいで弟はフラれた

熱しやすく冷めにくい私が姉として抗議しまくって、さらに事態を悪化させ

弟の傷口を広げたw


 

続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】弟にただ性欲をぶつけられたって感じの行為だったけど私は後悔はしていません

【エッチな体験談】私の人生を大きく変える出来事。悪い夢の始まり
kimamamh111300227

関西に住んでいる41歳の主婦です。


稚拙な文書で申し訳ありませんが、私の人生を大きく変える出来事のことを読んで下さい。


昨年の夏、志望校に無事合格し初めて親元を離れての学生生活をしていた一人息子のたけしが、夏休みで自宅に戻ってきました。


それが、悪い夢のような事件のすべての始まりでした。


私は短大を出てすぐに、近くのまちの貿易関係の会社に祖父の紹介で入社。


従業員が300名ほどの会社で、同期入社の女子社員は8名。


その中でも飛びきり輝いていた(と言われてた)私は、総務部秘書課に配属され小うるさい2名の先輩に虐められながら、一生懸命に仕事を覚えていきました。


「頑張っているね!」と、当時企画部長だった主人に声を掛けられたのは、入社してまだわずか半年くらいの時。


最初は相手が御曹司だったこともあり、できるだけ個人的なお付き合いはしないでおこうと距離を置いていたのですが、断れない状況でお食事に誘われてから、親密なお付き合いが始まりました。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】私の人生を大きく変える出来事。悪い夢の始まり

【エッチな体験談】息子の目の前で・・・私の膣は淫乱な獣のそれと化した
kimamamh111300213

悪い夢の始まり。

「いゃあぁぁ!」


猿轡がなかったら、絶叫がこだましていたところでしょう。


(だめぇ!あなたたちなんてことするの!!あっちに連れてってぇ!!!)

声にならない声をあげ、私は残った体力と気力を振り絞って精一杯抵抗しました。


しかし、私を縛りつけている椅子は、BとCによってしっかりと押さえつけられていて、縛られ自由を失った私がいくら騒いでも、もうどうなるものでもありませんでした。


「なに嫌がってんねん。

こいつはお前のオマンコから出てきたんやで。

19年ぶり、久々の対面やないか。

じっくり拝ましてやらんかい!」


薄ら笑いを浮かべて嘲笑するAは、もう悪魔そのものに見えました。


(たけし、見ちゃダメ!)

でも息子は無理やり私の方に顔を向けられて、悲しそうな目をしてただ見つめるだけです。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】息子の目の前で・・・私の膣は淫乱な獣のそれと化した

エロ教祖から巨根で従妹を救った話・・・・・・・

投稿者:デカマラちび助 さん(男性・30代) タイトル:エロ教祖から従姉妹を救う 三年前、叔母の花江から相談されました。 叔母は旦那の浮気で離婚一人娘の紗希を苦労して大学院まで出してやっとほっとした時、娘の紗希がどうやら […]

The post エロ教祖から巨根で従妹を救った話・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 エロ教祖から巨根で従妹を救った話・・・・・・・

【エッチな体験談】単身赴任中に開発され尽くしていた妻。どう妻と付き合えばいいのか
kimamamh111300193

2年前、単身赴任の私は妻と幼い娘を残して僻地の出張所へと転勤しました。


表向きは出張所の縮小ですが、事実上の出張所閉鎖業務の為、私の下には現場採用の男女が二人ずつ。


それも妻帯者なので時間になるとかっきりと退社・・・とはいえ、別に残業も無いのですが。


私もプロジェクトの終了と共に1年で復帰できるはずだったのですが、不景気で予定が大幅に変わり、業務の引継ぎをしてくれる先を現地で探す事になり、大幅な赴任延長となってしまいました。


私の宿舎は当初マンションを借りていたのですが、事務所の2階の社員寮が空いていたので、そちらに移り、現在に至ります。


田舎の事とて、夜は何もなく、飲みに出るにも遠すぎてついつい出不精になりがちなのですが、唯一、使い放題のインターネットが社会への窓口になってしまいました。


そんな中、ある写真サイトで、気にかかる写真を見つけました。


体の特徴が妻に似ているのです。


特にどこがどうとは決めつけられないのですが、気になってしまったのです。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】単身赴任中に開発され尽くしていた妻。どう妻と付き合えばいいのか

おっパブで見つけた最高のHカップ嬢に裏バイトをお願いした結果・・・・・・・

投稿者:しみず さん(男性・40代) タイトル:今まで揉んだ中で一番のおっぱいをもつおっぱぶ嬢の裏バイト 俺はおっぱい大好きのおっぱい星人。 とにかくたくさんの女の子のおっぱいを見たいし触りたい! なので風俗で1vs1で […]

The post おっパブで見つけた最高のHカップ嬢に裏バイトをお願いした結果・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 おっパブで見つけた最高のHカップ嬢に裏バイトをお願いした結果・・・・・・・

【エッチな体験談】人妻の妹が従兄弟とSEXしている現場を目撃してオナニーしたった
kimamamh111300172

皆で海にバーベキューをしに、

妹家族、いとこ家族、

わたし(35歳独身)の三組で海に行った。


わたしの従弟の嫁さんS美(30歳位)が可愛くて

別な意味での楽しみがあった。


独身で変態のわたしは今回のバーベキューで

S美の水着姿をじっくりとビデオ撮影や視姦で楽しみ、

S美の使った箸やコップを舐めたり。


いろいろと楽しみがあるのだ。


みんなが泳いでる時にわたしはコテージに戻り、

S美の荷物の中を物色した。


(犯罪者だね)

S美の下着が中にあった。


黒とピンクのブラとショーツと水色のブラ&ショーツがあった。



 

わたしは水色の方を手に取り匂いを嗅いだり舐めまわしたりした。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】人妻の妹が従兄弟とSEXしている現場を目撃してオナニーしたった

二十歳の童貞がマッチングサイトでS女を募集した結果・・・・・・・

タイトル:女王様に体を捧げて幸せを勝ち取った彼女居ない歴23年のボクの体験談 童貞のまま20歳を迎えた時、僕は絶望しました。 でも23歳の今、僕が幸せを噛みしめているのは、他でもない約1年前に運命の出会いを果たした女王様 […]

The post 二十歳の童貞がマッチングサイトでS女を募集した結果・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 二十歳の童貞がマッチングサイトでS女を募集した結果・・・・・・・

【エッチな体験談】まさか13歳の妹とこんな関係になってしまうとは[前編]
kimamamh111300153

私は、25歳になる会社員です。


まさか妹とこんな関係になってしまうとは、夢にも思いませんでした。


妹の瑞穂は、13歳この4月から中学2年生です。


私たち兄妹の両親は3年前に事故で亡くなりました。


身寄りの無い私たち兄妹は2人で暮らしています。


瑞穂は、とても素直でやさしい子で、家事のほとんどをやってくれます。


話は、昨年の秋の出来事です。


日曜日に妹と2人で冬物の衣類やコートを買いに行った時です。


まずは、瑞穂の買い物をしていました。


トレーナーやスカートなどを買い、コートの売り場へ行く途中、後ろを歩いていたはずの瑞穂の姿がいつの間にか見えなくなっていました。


どこかではぐれたのかと思い、今来た方向へ戻ってみました。


すると瑞穂が立ち止まって何かをじっと見ていました。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】まさか13歳の妹とこんな関係になってしまうとは[前編]