先生の精液を口で受け止めながら

先生の精液を口で受け止めながら
画像はイメージです
先生が逮捕された日のことは、今でもはっきり覚えています。
警察の人から家に電話があって、母がそれに出たんですけど、一緒の部屋にいた私のほうを向いて、母が言葉を失って呆然としていました。
私は、その母の姿を見て、先生と私のことがバレたんだと直感しました。
母は受話器を持ったままぼーっとしながら、急に涙を流し始めました。
それを見た私は、ものすごい罪悪感でその場にいられなくなりました。


初めて先生に変なことをされたのは、クラス替えして一週間くらいのときです。
6年生の間では先生のうわさは前から色々あったので、私はすごく嫌いでした。
卒業生の子がパンツを脱がされてそのまま家に帰らされた話とか、プールの授業で更衣室に3人の女の子を呼び出して、水着のままお尻触られた話とか、色々な話を聞いていたので、先生が担任になったときはすごく不安でした。
5年生のときから先生のクラスだった瑠奈ちゃんとは家が近所だったので、低学年の頃よく遊んでいたんですけど、6年生になって同じクラスになったとき、前と全然ちがう印象になっていたんです。
あんまり笑わなくなってたのと、後ろから瑠奈ちゃんって呼ぶとびくってするのが、気になってたんです。

新しいクラスになって一週間くらいで、私は先生に明日からの宿題のことで呼び止められました。
5年生のときの成績を見てよくない子供には個別に指導すると言われたんです。
私は算数が少し苦手だったのはあるけど、別に成績が悪いというほどでもなかったので、何かいやな気持ちがしましたが、他に男子も数人呼ばれていたので、一応居残りをしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

居残りをさせられたのは女子5人と男子3人でした。

まず、男子には漢字の書き取りの宿題をこれから一日10ページやること、毎朝提出しなかった場合には親を呼び出して指導すると言われていました。
えーっと声を上げた男子に向かって先生は床を思いっきり足で踏みつけて脅しました。
とりあえず男子はその宿題を命令されて、帰っていいと言われて教室を出ました。

残った5人の女の子は、一人ずつ指導するからといって4人は教室を出るように言われました。
最初に教室で指導されたのは瑠奈ちゃんだったのですが、瑠奈ちゃんは泣きそうでした。
私たち4人は、みんなが帰った後の学校の廊下で10分くらい待ってました。
そしたら瑠奈ちゃんが教室の扉をあけて顔だけ出して、次の子を呼びに来ました。

次に呼ばれたのは遥ちゃんでした。
瑠奈ちゃんはもう帰るのかと思ったんですが、なぜかまた教室に入ってしまいました。
私たちはまた3人で廊下で待つことになりました。
今度は20分くらい経ってから、また瑠奈ちゃんが顔を出して、私を呼びました。
私は不安になりながら教室に入ると、瑠奈ちゃんは裸でした。
びっくりして、「瑠奈ちゃん、どうしたの?」って小声で訊ねると、先生はすごく大きな声で私を怒鳴りました。

瑠奈ちゃんと私はびくっとなって先生のほうを見ました。
すると、先に呼ばれて教室に入っていた遥ちゃんの姿が見えませんでした。
先生は教師用の机のところに座りながら私に手招きをしました。
裸の瑠奈ちゃんがおどおどしながら先生に近づいていくので、私もおそるおそる先生の方に歩いていきました。

「◯◯、先生がいいというまで私語は駄目だと言ってるだろ!」

先生はものすごく恐い顔で私をにらんで、机を手のひらでバーンと叩きました。
私はそれだけで恐くなって、もう何も言えなくなってしまいました。
先生は私の顔を見てにやにやしながら、私の全身を上下に見回していました。

「◯◯、お前も算数と音楽が苦手だったな」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私は音楽は好きだったんですが、通知表には大きな声で歌いましょうと書かれていました。

「遥も今、歌をうまく歌えるように練習を教えてあげていたところなんだ」

先生はそう言うと机の下のほうを向きました。

私は、姿が見えなくなった遥ちゃんが隠れているのかな?と思い、机のほうをのぞいてみました。
すると、先生はズボンをはいていませんでした。
その先生の前で遥ちゃんは先生の股間に顔をくっつけていました。
一体何をしているのかとびっくりしていると、先生は瑠奈ちゃんに言いました。

「瑠奈、お前ちょっと◯◯にやり方教えてやりなさい」

私はわけが分からなくなって、泣きそうになっていました。
裸のままの瑠奈ちゃんが、私の耳元でそっと声を掛けてきました。

「お願い、先生の言う通りにして。今から私が教えるから」

私は瑠奈ちゃんの目をじっと見つめました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

瑠奈ちゃんはすごく悲しそうな目をしていて、逆らえない雰囲気でした。

「今から教えるのは、合唱でよく歌えるようになる方法だからな」

先生は遥ちゃんの頭をなでながら言いました。
遥ちゃんの頭はほとんど見えなかったのですが、ゆっくりと動いていました。
瑠奈ちゃんがそっと私に、ここで全部服を脱いでと言いました。

私は恥ずかしいしすごくいやだったけど、瑠奈ちゃんも裸で可哀想なので、仕方なく脱ぐことにしました。
私が服を脱いでる間、先生はずっとにやにやしながら私のことを見ていました。
シャツとパンツを脱ぐときはやっぱり抵抗があったんですが、「瑠奈も遥も脱いでるんだから、恥ずかしいことはないんだぞ」って先生が変に優しく言ったのが気持ち悪かったです。
決心してパンツとシャツを脱いで机の下にたたみました。

「◯◯ちゃん、今から先生のおちんちんを口に入れる練習をするよ」

瑠奈ちゃんが私に小声で言いました。
私は意味が分かりませんでした。
5年生のとき性教育は受けたことがありますが、そんなことは聞いたことがありませんでした。
男の人のおちんちんは大人になると大きくなって、女の人の膣に入れることは知ってました。
でも、それを口に入れるのは性教育とは違うような?と思いました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

瑠奈ちゃんは私に人差し指を向けてきました。

「◯◯、瑠奈の人差し指を優しく舐めてみろ」

先生が座ったままそう言いました。
瑠奈ちゃんは悲しそうな目でお願いっていう感じで私を見つめていました。
私はその場の雰囲気がもうそういうことになっているなと思って、指を舐めました。

「絶対歯が当たらないように気をつけてね」

瑠奈ちゃんが小声で私にアドバイスしてきました。
でも口に入れたら歯が当たるのは当たり前なのにな、と思いました。
2~3分くらい指を舐めていたら瑠奈ちゃんが指を前後に動かしました。
私は口の中で歯を当てないように形を色々変えて試してみました。

「よし、そろそろいいな」

先生はそう言うと、私を手招きしました。
私はいやでしたが先生の机の横に行きました。
さっきからずっとしゃがんだままの遥ちゃんの姿がようやく見えました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は遥ちゃんの口の中に先生の黒っぽいおちんちんがすっぽり入っているのを見て、本当に驚きました。

先生のおちんちんは毛が一杯生えていて、ものすごく太くなっていました。
遥ちゃんはそれを、目を瞑って一生懸命しゃぶっていました。
先生は遥ちゃんの頭を右手でなでながら、左手でおっぱいを撫でていました。
私に比べて遥ちゃんも瑠奈ちゃんもおっぱいはふくらんでいました。
先生は私にあごで合図して、そこに座るようにうながしました。
遥ちゃんの口を先生は外しました。
ちゅぽんと変な音がして、遥ちゃんはおちんちんを口から離しました。
遥ちゃんは少し苦しそうにしていました。
先生のおちんちんは透明な糸をひいて、遥ちゃんの口に伸びていました。

「よし、◯◯、さっき瑠奈の指にやったように、舐めてごらん」

私は目の前が真っ暗になるほどショックでしたが、先生の前に座りました。
瑠奈ちゃんも遥ちゃんも先生の言うことをちゃんときいているので、私だけ逆らえない雰囲気がありました。
でも目の前にあるおちんちんは、瑠奈ちゃんの人差し指とは全然違いました。
私は恐がりながら口を近づけていきました。
唇にその先っぽが触れた瞬間、先生はうっと少し声を出しました。
私はそのまま先生の大きく丸いおちんちんの先端を口に入れました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私の口が大きく広がるようになって、こんなものしゃぶれるのかな?と思いました。
遥ちゃんもさっきからずっとしゃぶっていたんだから、私にもできると思って、できるだけ口の奥まで入れるようにしてみました。

「上手いぞ◯◯、そうやって喉の奥を広げると歌がうまく歌えるんだ」

私の頭の上からそんなことを言いながら、先生は私のおっぱいを撫でてきました。
全然大きくないし、乳首も小さいんですけど、私はおっぱいがくすぐったくて、触られるたびに鼻から息が出てしまいました。
先生はその息がかかるたびに気持ちよさそうにしていました。
なぜかその息に合わせて先生のおちんちんが口の中でびくんびくんと動きました。
私は口の中におちんちんを含みながら、ずっと目を閉じていました。
すると先生は私の頭を掴んでゆっくり動かしてきました。

「ここで歯をあてないように気をつけるんだぞ?歯が当たったら帰らすからな」

先生はそう言いながら、おちんちんを突き出してきました。
私は逆に帰りたいと思いましたが、先生がものすごく怒りそうで恐かったので、頑張って歯が当たらないように口の形に気をつけました。

しばらく頭を動かされていましたが、先生は頭から手を離しました。
そして瑠奈ちゃんと遥ちゃんを自分の両脇に立たせました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「◯◯、先生がやったみたいに、今度は自分で顔を動かしてごらん」

そう言いながら先生は瑠奈ちゃんと遥ちゃんのお尻を触り始めました。
私はそれを見て、すごく可哀想に思ったのでまた目を閉じました。

「◯◯、目を閉じるな。俺をずっと見ていなさい」

先生がまた恐い声でそう言ったので、私は負けたくない気持ちになって、先生をずっと見ながらおちんちんを舐めました。
だんだんやり方がわかってきました。

先生は瑠奈ちゃんと遥ちゃんのお尻をすごくいやらしい手つきで触っていました。
しかも、二人のお尻を触りながら、交互にふたりのおっぱいを舐めました。
乳首の先を舌をだしてぺろぺろしたり、大きな口で全体を吸っていました。
それを見ながらなぜか私もおっぱいがじんじんしてきました。
先生のおちんちんは段々固くなってきたような気がしました。

「あーそろそろいきそうだ、瑠奈、手伝ってあげなさい」

先生がそう言うと、瑠奈ちゃんは私のところにしゃがんで、先生のおちんちんを握りました。
私は先のほうをそのまま咥えたまま、瑠奈ちゃんを見ました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

瑠奈ちゃんは先生のほうを向きながら、私が咥えているおちんちんを握り、なれた手つきで動かし始めました。

先生は遥ちゃんのお尻を右手でもみまくりながら、左手で私の頭を掴みました。
瑠奈ちゃんの手はかなり強く先生のおちんちんを握っていました。
おちんちんの先っぽがかなり大きくなってきたと思ったら、先生は言いました。

「◯◯、いくぞ!」

私は何が起こるか大体わかりました。
その瞬間、私の口の中にものすごく濃いものが入ってきました。
瑠奈ちゃんはすごく速くおちんちんを動かしていました。
私はそのどろっとした濃い先生の精液を口で受け止めながら、頭の中で色々考えていました。
この精液は口に入れても大丈夫なのかな?とか。

でも考える間もなく先生が、全部飲み込みなさいと言ったので、飲みました。
飲む瞬間は息を止めていたからよかったのですが、息を吐いたらものすごく臭くて、私は咳き込みました。
吐くかと思ったくらいです。

先生は疲れきった表情で、私たち3人の頭をなでました。
それから自分だけズボンをはき、私たちを黒板の前に立たせました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

デジカメで私たち3人の裸の写真を何枚も撮りました。
正面を向いたものや、お尻を向けたものを何枚も撮りました。

それからようやく服を着ることを許されて、帰りました。
廊下で待っていた二人は、明日また居残るように言われていました。
私は瑠奈ちゃんと遥ちゃんの3人で、帰り道で約束をしました。
このことは絶対親には言わないこと、クラスの子にも言わないこと。
そして先生に呼び出されたら絶対にお互い裏切らずに行くこと。
それから何度も何度も呼ばれて私たちは先生にエッチなことをさせられました。

私はもともと体が大きくなかったので、先生は入れることは諦めてくれました。
でも瑠奈ちゃんは5年生のときから何度も入れられていたので、慣れていました。
遥ちゃんも初めて入れられたときは泣き叫びそうになっていましたが、先生に脅されてしまって、黙って我慢して入れられました。
私は指だけ入れられて死ぬかと思うくらい痛かったので、それだけで済みました。
でも入れられない分、口の中に精液を出すことはたくさんされましたし、二人が入れられているときに写真を撮る係にさせられました。
そんなことが半年くらい続いた後、家に警察の人から電話があったのです。

私は先生を絶対に許せません。
でも、だからといって仕返しになにができるのかと思っても、わかりません。
ただ、瑠奈ちゃんと遥ちゃんと約束したように、誰にも言わずにおこうと思います。
それで大きくなってシアワセになることが、先生への仕返しだと思っています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 先生の精液を口で受け止めながら