【熟女体験談】怪我をして一人ではお風呂に入れないときに隣の家のオバちゃんに手伝ってもらい、童貞卒業セックスへと発展した

【熟女体験談】怪我をして一人ではお風呂に入れないときに隣の家のオバちゃんに手伝ってもらい、童貞卒業セックスへと発展した
大学生の夏休みの時でした。

その日は家族全員が海水浴に出る予定だったのですが、私は腕にケガをしてしまい留守番でした。

そこに、顔見知りだった隣の家のオバちゃん(40代後半ぐらい)がおすそ分けを持ってきてくれました。

私があまりに汗ダラダラだった様子を見て、オバちゃんが

「お風呂入ったら?」

と笑いながらいいました

が、私は怪我をして一人ではお風呂に入れません。

そこで、オバちゃんが手伝ってくれることになりました。

オバちゃんは濡れるから、と言ってTシャツ1枚+短パンという濡れても大丈夫な格好に着替えて戻ってきました。

私を抱えて一緒に我が家の風呂に入り、体を洗ってくれました。

Tシャツといっても濡れて下着が透けていますし、腕であっても女の人の細やかな肌の感触と化粧の香りで、オチンチンはすでに直立不動です。

オバちゃんがオチンチンを洗ってくれたときはかなりヤバいくらいになりました。

オバちゃんはそれを見て

「今まで女の人の肌に触ってやったことあるの?」

と言われ、思わずうなずいてしまいました。

するとオチンチンを手で触り、口にも含んでくれました。

オバちゃんは私のケガしていない方の腕を、胸へ誘導し揉ませるくれると、その興奮で敏感になっていたオチンチンがすぐに暴発してしまいました。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】怪我をして一人ではお風呂に入れないときに隣の家のオバちゃんに手伝ってもらい、童貞卒業セックスへと発展した