後輩に何度も中にだされて…

後輩に何度も中にだされて…

「結衣先輩、大丈夫ですか?」

「平気よ、へーき! でも久し振りにいっぱい飲んじゃったなぁ」

ふらふらと足元のおぼつかない結衣を、後輩の男が支えてマンションの部屋の前まで送る。
今夜は会社の飲み会だった。
周りに勧められるまま呑み、結衣はすっかり酔っていた。

「じゃあ先輩、俺はこれで失礼しますね。危ないですからちゃんと鍵閉めて下さいよ?」

「ええ? なによ、帰っちゃうの? 一緒に飲み直しなさいよ」

「いえ…あの、こんな時間に一人暮らしの部屋にお邪魔するわけにはいかないんで…」

期待していなかったと言えば嘘になるが、その誘いに彼は頬を染めて首を振る。

(あら…?)

先程までは頼もしい姿だったのに、途端にオドオドしてしまった後輩に結衣は首を傾げた。

「やだ、何? 変に気をつかっちゃって」

「…その…先輩、俺も男なんで…」

明るく美人な結衣は、会社の男達にとって憧れの的だ。
セックスシンボルでもある。
結衣で抜くこともあるだけに、部屋に招かれて我慢など出来るはずがない。

(図体が無駄に大きいくせに、何だか凄くかわいいじゃない)

キュンと跳ねるように胸が疼く。

「私とエッチしたいの?」

さらに真っ赤になった後輩が、馬鹿正直に視線を泳がせた。

送ってくれてる間は下心なんて然感じなかった。でもやっぱり男の人なんだ。
スケベなこと考えちゃって。けれどそんなところも可愛いと思える。

「―いいよ、エッチ…シよ?」

気付けば結衣はそう口にしていた。

初めは戸惑っていた後輩も、結衣が本気と分かると獣に変わった。

むっちりと揺れる豊満な胸。
掴んでみたかった細い腰のくびれ。
色っぽい白いうなじ。
美味しそうな唇。

本当は犯したくて犯したくて、毎日がどうにかなりそうだったのだ。
魅力的なその体を今から好きに出来る。
後輩の欲望は直ぐに熱く勃起した。

「っはぁ…、…あぁ…先輩…ッ」

「ん、ん、ヂュル…チュパッ…ぁふ」

大きく育った肉棒に吸い付き、結衣は丁寧に舌と唇で愛撫した。
裏筋や睾丸をねっとりと舐め上げ、皮の間にも舌を入れて後輩の雄を味わう。
想像していたよりも逞しい質量に、唾液が顎を垂れて落ちていった。

結衣にしゃぶらせたまま、後輩は彼女の下肢へと手を伸ばした。
男の節くれだった指をグチュリと包んだ膣は、準備もいらないほど濡れそぼっている。

「先輩、俺のおしゃぶりして、こんなに濡らしちゃったんですか? エッチな汁でびしょびしょですよ…」

「ぁふっ…ん、んッ」

与えられた刺激に結衣は腰を揺らした。
咥えていた肉棒をキツく吸い上げる。
頭上で後輩が息を飲み、堪らずといった様子で喉を突き上げられた。

結衣の頭を両手で鷲掴み、後輩は肉棒を引き抜いた。
唾液で濡れた凶悪な男根が、赤い唇から離れた途端に、ぶるんっと跳ねて天を向く。

「先輩ッ、結衣先輩、いれたい、ね、入れるよ?」

「あ、あ…っ、待って…ゴム…ッ」

酔ってはいてもまだ理性はある。
結衣は慌てて制止を口にしたが、それを聞き流した後輩は結衣を四つん這いにさせた。
形の良い尻たぶを両手で掴み、親指で結衣の恥部を広げる。
赤く色付く濡れた膣にゴクリと喉をならし、後輩は荒々しく背後から串刺した。

「やっ…待っ…あっ…あァーーッ!」

「っ、く……! …ああ…先輩のナカ…スゲーぬるぬるして…、ヤバい…ッ」

濡れて熱い内壁が、肉棒を柔らかく迎えて包み込む。
キュゥキュゥと咥えてくる甘い締め付けに、吐息が喘ぎとともに後輩の口からこぼれた。
ねっとりと絡みついてくる狭い膣。
ギラギラと欲望が光る瞳で結衣を熱く見下ろし…。

―ズッ! ズチュ、ズプッ!!

「ひゃあぁっ?!」

結衣の腰のくびれを掴むと、後輩は叩きつけるようにピストンを始めた。
愛液を掻き分け何度も何度も膣内を往復する。突き上げるたびに、肉棒は更に硬くびくびくと成長した。

グブッズプッ!
ゴリュッ!ゴリュンッ!!

「あッ、あ、あぁーっ! ひ、アッあんっ…あぁ、ァんッ!」

「先輩…ああ…っ、結衣先輩ッ」

力強く突かれ子宮ごと押し上げられる。
喘ぎ声しか出せないほど与えられる快楽の波は激しい。

(すごい…奥までいっぱいキてる…!)

「あぁっあん、ん! 良い…気持ちぃ…ーっ!もっと…もっとシて…!」

結衣は堪らず叫んだ。
貪欲に肉棒を喰らおうとする欲望が、結衣の羞恥心を弾き飛ばす。
卑猥なその言葉に性欲は膨れ上がり、後輩は派手な音を立てて強く腰を叩き付けた。
ズン!ズン!と子宮口がぶたれる。

「ああああっ!! だめ…っ、イク、いく、イっちゃう…!」

瞳の奥がチカチカする。
ググッと恥部を押し付けるように腰を反らし、結衣は悲鳴も上げられずあっけなくイってしまった。
絶頂を迎えた膣が肉塊を締め付ける。

「うっ、ぁ…っ…先輩…そんなに締め付けたら…ーーッ」

後輩が息を呑み、歯を食いしばる。
ねっとりと吸いつくように絡んでくる内壁に、ぶわり、と肉棒が膨らんだ。

「うあ…ぁ…? や…っ、そとッ、外に出し…っ、ぁ、あっ!」

感じ取った変化に、結衣は慌てた。
後輩はその制止すらも聞き流す。
結衣の中へと吐き出すために、限界に育った肉棒をゴリゴリと擦り付けた。

「ああ…っ、結衣先輩…!先輩! いく、出る!」

「やッ、やらぁっ、な…中はだめ、だ…めぇー!」

「あ、あ、あ、あぁ…っ!」

「中だめ!中だめっ!い…やっ…中やめて!やめてーっ!!だめーっ!!」

後輩の勢いは止まらない。
結衣の子宮口へとねじ込むように亀頭を叩きつけると、溜まった欲望をたっぷりと吐き出した。
押し付けた腰が射精に何度も跳ねる。
ドクドクと注がれる大量の精液に、膣を痙攣させながら結衣は首を振った。

「出しちゃ…ダメって言ったのに…っ、いやぁ…ばかぁ……っ」

「はぁ、ハァ…ッ、すみません、ごめんなさい…ああっ、結衣先輩…っ!」

「ひっ?! ーーあっ、あん! あ、あ、アぁあッ!!まって…う、動かないで!あうっ、今だめっ!やめてっ!!あがっ!いいうぅー…」

出したばかりだというのに、さほど硬度を失わなかった肉棒が動き出した。
精液が膣の中で擦られ、ゴチュゴチュと音をたてながら泡立てられていく。

「やめ…まっ…か、掻き出さなきゃ…あっ、あっ、に…妊娠しちゃ…」

「責任とります! だから、先輩…っ、俺のザーメン、全部受け止めて下さい…っ」

「アンッ!! あ、あっ、あぁっ!!ああああぁぁーっ!!いやあああぁぁーっ!!」

ズブッズチュッズチュッ
ゴリ、ゴリッ!ゴリュッ!

敏感になっている膣を擦られ、何度も子宮口を押し上げられ、結衣は直ぐに何も考えられなくなった。
開きっぱなしの口から出るのは、いやらしい、とろけきった喘ぎ声。

擦られ続けている膣が熱い。
粗相をしてしまったかのようにびしょびしょに濡れ、それが愛液なのか潮なのか、それとも本当に粗相をしてしまったのかも分からない。

「あッ、あっ、あんっ! ひぁっ…あーっ、ァアアーーッ!」

嬌声は悲鳴になる。
ボロボロと零れる涙に表情を歪ませ戦慄く結衣を、羽交い絞めにし、汗を滲ませながら後輩が激しく腰を打ち付けた。

―ビュルルルッ!

「あひいいいいぃぃぃぃーっ!!」

二度目の中出しに結衣の内壁はひくつき、全て搾り取ろうと肉棒に絡みつく。
精液を掛けられた子宮が嬉しそうに疼くのを感じて、シーツを強く握り締めて結衣は体をビクビクと震わせた。

「はぁ、あ…あぁ……スゲー出た……」

「あ…ぁふ…、ん…ん…」

「あれ、気を失っちゃいました? …でもダメですからね、結衣先輩が孕むまで、犯して中出しするんですから…」

後輩がゆっくりと腰を引いて肉棒を抜く。
トロトロに濡れた赤い襞から、ゴプッ、と精液がシーツにこぼれ落ちていった…。

[紹介元] エロ体験談 後輩に何度も中にだされて…