笑顔がチャーミングな部下、マリとの不倫
画像はイメージです
私は57歳の男性、相手は今32歳独身。
以前、私の部下だった女の子でした。
関係はすでに7年も前になります。

その娘の名前は「マリ」と言います。

大人しい子で、笑顔の時は真っ白な歯がチャーミングで、身長153センチのスラリとした可愛い娘です。
昼休みの時なども一人で大人しく昼食をとっているような娘でした。
そんなマリが孤立しないように、時々一緒に昼食もとり、皆と一緒に冗談を言うように気を遣っていました。

どうして不倫の関係になったかと言うと、私が退社をするときに、同じ課の者で送別会をしてくれたのです。
その晩、酒の酔いもあり、今になっています。

送別会当夜は、男性は私と他に1名、女性は全員で7名、正直その晩もう一人の女性とも関係を持ってしまったのです。
そのもう一人は送っていくときに、「好きでした」と告白され、そのまま車を(飲酒運転)人気のまったく無い所に行き、そこで関係を持ちました。
その娘は他に彼がいた為、以後半年ほど10回ほど関係を持ち、自然解消しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

マリとはその帰りにお休みの携帯を入れたら、1時ごろですが「まだ起きている」との事だったので「お腹が空いたからラーメンでもどうか」と誘ったら、「いいよ」という返事。
早速ラーメンを食べ、帰りにペッティングまでしてしまいました。

あくる日、また誘ったのです。
断わられると思っていたのが、その晩最後まで行ってしまったのです。
当時25歳の女性の体、妊娠もしていない、男性経験は一人しか知らず、まだ数回しか経験が無かったとのこと。
それから今まで、アナルも覚えさせました。
勿論揉ませてもいます。

不倫を始めて半年ほどから今まで、パイパンのままで維持させています。
最初は私が剃っていましたが、今は私に会う前は綺麗に手入れをしてやってきます。
剃るとなんだか太くなってきているようなので、2年ほど前からは少しずつ抜かせて、今ではオマンコの上の方に少しだけ残っているので、もう少しで完全に無くなるのも時間の問題だろうが。

このマリの締まりが凄くいい。
自分の意思でも締めることも出来るようになってきているし、アナルをいじめた後では狂いまくる。
なかなかいい体をしている。
恥ずかしがり屋だが、裸にすると一変するのがいい。
最初は月4回から5回のセックス。
今でも最低月2回は堪能している。
マリもそのときを楽しみに呼び出したら、残業などがあっても理由をつけ、必ず合わせて来る。

明日は久しぶりに泊りがけです。
私は中出ししかしません。
中に出たのが判るそうで、その時が一番気持ちがよいようだ。
私はパイプカットしているから妊娠の心配がないので・・・悪しからず。

この関係、まだまだお互いの体を求め楽しみ続けたいと言ってくれているので、楽しみます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 笑顔がチャーミングな部下、マリとの不倫

羞恥体験談
画像はイメージです
夜、妻が風邪をひき急な高熱を出し夜間診察をしてくれる病院へ連れて行った。



受付を済ませしばらく待っていると夜勤のまだ若い先生がきた。



高熱の為1人で歩けない妻を支えながら自分も一緒に診察室へ入り診察イスに座らせた。



若い先生が「旦那さんはどうされますか?」と聞いてきたので「心配なのでいっしょにいます」と答え、私は妻の着てきた上着を持ち妻の少し斜め後ろで立って診察を見ることになった。



看護士さんが妻の後にきて「服を上げますね」と言い、妻の服を捲り上げるとピンクのブラジャーが先生の目の前で露になった。



そして看護士さんが、すぐ「下着も外しますね」と言い、ブラジャーのホックを外しブラジャーも上に上げ、ピンク色の乳首の胸を先生の目の前で出した。



私からももちろん妻の胸は斜めからの角度で見えている。



自分の妻の胸を自分より若い男が私の目の前で見ているという嫉妬と変な興奮を覚えた。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

先生は妻の胸等に聴診器をあて、次は背中、そして口を開けさせ喉を見て、私はもう診察は終わりかと思っていた。



「熱が少し高いので熱冷ましの座薬をしましょうか?」と妻に言った。

私は思わぬ展開に心臓の鼓動が高まった。



「辛いのでお願いします。」と妻…。



先生は私の方をチラッと見たが私は平常心を装いお願いしますと軽く会釈をした。



横の簡単なベットに妻は行かされ、さらなる耳を疑うような先生からの一言。



「それでは座薬を刺しますのでズボンと下着を膝まで下げ、四つん這いになってください」と。



高熱でたぶん思考回路が無くなってしまっている妻は、先生の言いなりにズボンを下げ、ブラジャーとお揃いのピンクのパンティー丸出しの格好になり、四つん這いになった。



そして看護士さんにパンティーを下げられ毛の薄いアソコとお尻の穴を後ろから先生と看護士さんと私にモロ丸見えの格好になり、高熱で辛いせいもあるのか上半身を診察台にピッタリにくっつけているので、お尻を高々と突き上げる1番恥ずかしい格好になった。



元々ワレメが普段から開き気味の妻のアソコは中身まで少し見えている始末。



先生は妻の突き出しているお尻の真正面に行きお尻の穴を軽く広げなんの躊躇もなく、座薬を刺ししばらく刺した座薬を指で押さえていた。



もちろんその間中、黙ったまま先生の目線は妻のアソコとアナルを直視。



私はいつも見慣れている妻のアソコとアナルだが、先生とは言え全く知らない若い男に私の目の前で妻の全てを見られた嫉妬となんとも言えない興奮で下半身が固くなってしまった。



しばらくして「もう座薬も出てこないでしょう」と言われ妻はピンクのパンティーを上げる際、更に先生にアソコと陰毛も丸見えの状態でパンティーとスボンを履いた。



私は妻の胸もアソコもアナルも全てを見た先生に複雑な気持ちでお礼を告げ、診察室を後にした。



数日後、妻も完全に回復し、病院で先生にさせられた格好をさせ、生でアソコを突きまくり、思いっきりアナルに向けて私のムラムラした性欲を発散させたのは言うまでもありません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 羞恥体験談

同じ病院に入院していた17歳の女の子と
画像はイメージです
高校2年の時、1年前に腕の骨折で入れたプレートを抜く手術のため、とある病院に入院した。
俺が入院していた当時、ある噂がその病院に流れていた。
見た目どこも悪い所がないのに、なぜか退院せずに2年も入院し続けている女がいるらしい。

彼女の年齢は17歳。
身寄りがないため、児童保護かなんかで療養として入院している。
スタイルが良く、胸も大きい。
伸びきった髪をかき上げる姿は、病院の浴衣のせいもあってか妙に色っぽかった。

俺は手術後、傷の治りが悪く2週間入院した。
術後は傷の治りが悪いだけで、比較的自由な入院生活を送っていた。
そんなある日、談話室の自販機でジュースを買っていると、後ろから噂の彼女に話しかけられた。

「学校はどこ」とか「彼女はいる?」とか、他愛のない話。

今も覚えてるのは、彼女の浴衣の襟辺りから見えた乳首ぐらい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

綺麗な胸をしてた・・・やらしい丸みを帯びててね。

そんな彼女は夜眠れない事が多いようで、1階にある病院の外来の待合室でテレビを観てたりしているらしい。

「夜、一緒に話したいから23時に降りて来て」

その夜、約束していた通り1階の待合室に行くと、彼女は薄暗い中で雑誌を読んでいた。
声をかけると、彼女は「シーッ」と人差し指で口を押さえた。

次の瞬間、首を傾げる俺の手を掴んで女子トイレへと連れて込まれた。

「ずっと入院してるとおかしくなっちゃう。今日、お風呂の日だったし、大丈夫だからしよう」

強引に唇を重ね、俺の口に舌を滑り込ませてくる。
うねるように動く舌に俺も興奮して彼女の胸を揉みしだいていた。
彼女はブラジャーをしていなかった。
凄く弾力があり、手に吸い付いてくる。

「・・・んんっ」

絡む舌に彼女の吐息と声が混じった。
俺は彼女のパンツの中に手を入れて指で中を弄くり回した。
始めはネチッこく、徐々に激しく。

彼女は口を離し、「もうダメ・・・我慢出来ない」と・・・。

彼女の片足を洋式便所の便座に上げさせ、立ったまま正面からいきり立ったモノを入れた。
彼女は壁を背に、突き上げた快感に浸った顔をしていた。
彼女の膣内はグチョグチョで、その濡れた感触は下腹部や腿でも感じられた。
彼女の足を便座に下ろし、完全に立ったままの状態にした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

対面立位だ。
彼女は俺の腰に手を回し、俺は胸を掴み弄んだ。
激しく腰を動かすと、声を殺しているのに、「んっんっ・・・」と声が漏れた。
彼女の膣内はウネウネと躍動し、俺のモノをしっかり咥え、強く、時に優しく包んだ。
その気持ち良い具合に腰を振る速度が増していく。

「・・・出そう」

俺は彼女の耳元でそう囁くと、「中に出して・・・」と荒い息のまま彼女が呟いた。

俺は中出しするのに対してちょっと不安になり、1度昇りつめた快楽をやり過ごそうと腰の動きを止めた。
すると彼女は「うーんっんっ」と声を出すと、アソコをグッと締めてきた。

「ねぇっ、早く・・・」

その言葉に完全に理性がなくなり、彼女の腰を抑えつけ、ガンガンと激しく腰を振った。
完全に声が漏れてる。
そんな事すら忘れてひたすら腰を振る。

「あっん、イク・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その彼女の声を耳元にで聞きながら、一番深い所で精を放った。
入院前日からオナ禁してたので、大量の精液が彼女の中に出て、腿に伝って流れて出てきていた。
彼女は引き抜いた俺のモノを口に含み、丹念に掃除してくれた。
するとまた俺のモノは彼女の口の中で大きくなり、そのまま口ピストンを続ける。
スピードを増すピストンに耐えられず、彼女の口の中で2度目の射精をした。

「またたくさん出た・・・」

ビックリした彼女は、また口に含んで綺麗にしてくれた。

「今日は気持ち良かった、また明日ねっ」

そう言って巡回員や看護士にバレないように時間差でトイレを出て、部屋に帰った。
こうして入院中毎夜、彼女との秘密の関係が始まった。

彼女と関係を続けてから5日後くらいに、談話室で新しい話を耳にした。
どうやら、2日前から入院してきた12才の女の子に保健体育の講義をしてるらしい。
確かにその子も彼女に懐いて仲良くしてるのを昼間に見かけた。

そんなある夜の事、彼女はその子を連れてきた。
なんでも、してる所を見せたいらしい。
その子も興味津々という感じてドキドキしてるようだった。
彼女はその子の前で俺のモノを取り出し、しごきながら説明してる。
またフェラやしごき方まで教えてる。
そして、便座に座った俺に向かい跨がって挿入。
浴衣を捲し上げ、挿入部位を見せてる。
しばらくピストン運動をした後、彼女は俺のモノを抜き、俺から降りた。

そしてその子に「やってみる?」と聞き、勧め始めた。

その子は少し不安そうだったが、浴衣を脱いでパンツを脱ぎ始めた。
まだ胸も毛もない裸が目の前に・・・。
当時、高校2年の俺には“イケナイ事”という考えが浮かばなかった。
というよりも、目の前の現実に好奇心と本能だけが剥き出しになっていた。

その子は彼女に指でアソコを弄られていた。
指を舐め、唾液のたくさん付いた指で。
彼女はその子を俺に跨がらせ、俺のモノを掴みアソコにあてがい、ゆっくりと中に押し込んでいく。
痛みや違和感に耐え、ちょっと歪んだ表情の子に戸惑いつつも愛おしく感じ、抱き締めた。


彼女は「もう少し」と言うと、その子の両肩を掴みグッと下へ押し込んだ。

「あ゛あ゛っ」

ちょっと悲鳴に近い声が出た。
次の瞬間、1番深い部分まで俺のモノは埋まっていた。

痛みが治まってきた頃になって、彼女はその子に「ゆっくり動いてもらいな」と話し掛ける。

俺もゆっくりと腰を動かし始めた。
しばらくゆっくり腰を動かすと、濡れた声が聞こえてきた。
気持ち良いようだ。
聞いても答えはしなかったが、何かに耐えるような、また気持ち良さそうな何とも言えない表情で頷いていた。
甘い吐息も漏れる。
中はさすがにキツく締め付ける感じ。
しかし蠢くような生暖かく心地よいウネリが感じられ、俺はすぐにでも射精しそうな切羽詰まった状態になった。

「出そうだから、抜くよ」

そう言ってその子を降ろそうとしたが、その子の両腕はガッチリ俺を抱き締めてて離れない。

「このままだと中に出ちゃうから・・・」

そう言うと、その子は「大丈夫・・・」なんて言う始末。

とりあえず、必死に耐えつつも腰を動かす情けない俺。
そして俺の上に乗っかって腰をぎこちなく動かす子・・・。
そんな俺たちを見て、彼女は指で自分のアソコを弄って気持ち良さそうに恍惚の表情を浮かべていた。
そんな姿がさらに俺の興奮を煽り、結局俺はその子の中で果ててしまった。
その子は一瞬何があったのか分からず、キョトンとしていた。

俺のモノを抜くと、破瓜の出血も見られず、ちょっと感動しつつも罪悪感に襲われた。

まだ俺のモノは治まっておらず、次に彼女にも挿入。
自分で弄ってたせいか、いつも以上にグチャグチャなアソコ。
対面座位で胸を舐めたり、指で弄ったり・・・とにかく激しく絡んだ。

「出るっ」

そう呟き彼女の腰を掴んで激しく突き上げた。
リズミカルに喘ぎ声がトイレに響く。
彼女は先に絶頂を迎えたらしく、失神したように口をだらんと開け、焦点の定まらない目をしていた。
脱力からか身体が後ろに倒れそうになる。
慌てて受け止めると彼女は意識を戻した。

「最高・・・今までで一番好き」

そう言った。

しかし、それ以来、夜にその子を連れて来る事はなかった。
彼女曰く、俺を独占したいとの事。
結局、退院するまでの間の約2週間。
正確には11日間の関係だった。

もう10年経つが、それ以来、彼女やその子とも会う事はなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 同じ病院に入院していた17歳の女の子と

高1の娘に夫婦の営みを見られて・・・。
画像はイメージです
私44歳、妻41歳、結婚18年の頃の話です。
高校1年生の娘の奈緒子に夫婦の営みを見られたことで、とんでもないことに・・・。

ある夜、全裸の妻と正常位で性交を楽しんでいる最中でした。


カタカタと揺れ始めたと思ったら、家が激しく揺れました。

妻「怖い・・・」

妻を抱き締めて地震の揺れが収まるのを待っていました。
揺れは収まったけれど、私の肉棒は収まらなかったので、再び挿入して律動を続けていました。
もう少しで妻も絶頂を迎え、私も射精に向かおうとしていた、その時でした。
突然ドアが開き、ビックリして振り向くと、そこに娘が立っているではありませんか。
あまりに突然のことで、もう隠すことも、どうすることも出来ませんでした。
全裸で性器が繋がり合い、抱き合ったままの姿態を娘に見られました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

娘も予期せぬ両親の光景を目の当たりにして、「わぁ・・・」と言ったきり、顔を両手で覆って立っていました。

(マズい・・・何とかこの場を収めなければ)

私「ど、どうしたの?」

奈緒子「地震・・・怖かった・・・」

私「そうか・・・もう大丈夫だから、お母さんの横に来なさい・・・」

奈緒子は気まずそうにチラチラこちらを見ながら妻の横に座りました。
まだ妻に挿入したままでした。
妻も、あられもない姿態を見られて何とも言いようがないようで、黙って私を押し退けようとしました。
私も気まずい思いでしたが、変な理屈で逃げるより、正直に言う方がいいと思いました。

私「なあ、奈緒子・・・今、お父さんとお母さんは、愛し合っているんだ。お父さんとお母さんが愛し合う時は、裸になってセックスするんだよ。もう高校生だからわかるよね?」

娘はコクンと頷きました。

私「仲のいい夫婦は、幾つになってもこうして愛し合って寝るんだよ。それが当たり前のことなんだだよ。恥ずかしいことではないんだよ・・・」

娘はウンウンと相槌を打っていました。

私「夫婦というのは定期的にセックスすることが世間から認められているんだよ。わかるね・・・」

妻が嫌がって私から離れようとしましたが・・・。

私「お母さんは恥ずかしがっているけれど、これから父さんと母さんがどうするか、そこで見ていなさい」

娘は両手で顔を覆いながらも指先の隙間から眺めているようでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妻は恥ずかしがって拒否しますが、この場を切り抜けるには、学校での性教育もさることながら、実際の性行為を見せて性教育するほかないと思いました。
嫌がる妻を抱き締めて、妻の弱点を突き上げていきました。
その律動に妻も耐えられなくなったようで、顔を左右に振り、髪を乱して喘いでいました。
妻が次第に乱れる様子を、奈緒子は指の合間から見ているようでした。

私は奈緒子に見えるように、妻の愛液で白濁した肉棒を抜いて見せ、またゆっくり挿入してはを繰り返しました。
私の肉棒が妻の肉穴に出入りする様子を奈緒子は凝視していました。
いよいよフィニッシュに入りました。

妻「あ、あなた、安全日よ、中に頂戴・・・あ、あ、あああーーー・・・」

私「うっ、ううっ・・・」

私は妻の肉穴に射精しました。
肉棒を抜くと、ドロッとした精液が妻の使い込んだ肉穴から流れ出ました。
私はそこにティッシュを宛てがい、肉棒を綺麗に拭きました。

私「今、お父さんの体から、男の精液がお母さんの中に注ぎ込まれたんだよ。この時、母さんの子宮に卵子という卵が出ていたら、父さんの精液の中にある精子と合体して受精し、そして赤ちゃんができるんだよ。知ってるよね。お父さん達は夫婦だし、ちゃんと排卵日を管理しているから生のまましてるけど、お前が男の子とセックスする時には、赤ちゃんが出来ないようにコンドームを付けてするんだよ。わかったね」

沈黙を守っていた妻が、「奈緒子、お父さんの言うこと、分かるわね」と、奈緒子の手を握り締めながら助け船を出してくれました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その翌日、安全日のうちに中出しを楽しもうと連日の営みをしていたら、また娘がドアを開けました。

奈緒子「今日も見ていい?お父さんとお母さんが愛し合うところ・・・」

拒否できませんでした。
娘の目の前で妻を抱いて、中出ししました。
その翌日もまた、娘がやってきて見学していきました。
4日目、妻に生理が来て、しばらく禁欲になるなと思った夜、また娘が来ました。

奈緒子「今日はしないの?」

私「お母さん、生理中だから、しばらくは、ね」

奈緒子「そっかー・・・じゃあ、お父さん、私と愛し合うのはだめ?私、経験してみたいけど、お父さんより素敵な男の人、まだ居ないんだ」

私「親子では、だめなんだよ」

奈緒子「中学の3年間は、なんだかお父さんはあんまり好きじゃなかったんだけど、今は凄く好きなの。子供作らなければいいでしょ。コンドーム、あるんでしょ」

妻「奈緒子・・・お前も16歳。もう女になっているし、お父さんにして貰いなさい・・・」

妻が、今度は娘に助け船を出しました。
私は奈緒子の横に移動し、奈緒子の体にパジャマの上からそっと手を這わせました。
優しく胸からお腹、太腿へと撫で回していきましたが、奈緒子は感じているようでした。
もう16歳、処女ですが、すでにオナニーは経験していると思われました。

もうそろそろいいだろうと、奈緒子のパジャマのボタンをひとつずつ外し、胸元を拡げました。
露わになった、弾むようにスベスベの、まさしく少女の乳房。
優しく揉んだ後、可愛いパンティをずり下げていった。
生え揃ったばかりの柔らかな陰毛の下にある割れ目を指で撫でてみると、そこはもうすっかりビショビショに濡れていました。
ワレメに舌を這わせ、肉芽を口に含んで舌先で円を描くようにすると次第に硬くなり、皮から飛び出てきたのがわかりました。

奈緒子「ああ・・・はああ・・・あん・・・」

愛娘の喘ぎ声・・・。
愛しい妻と私の分身が、父によって性の扉を開こうとしていました。
もう、いつでも男を迎入れられる準備が整ったことを感じて・・・。

私「ここに、男のモノが入るんだよ、奈緒子・・・」


溢れる我が子の蜜を啜りながらながら言いました。
脚をゆっくりと拡げさせて、肉棒にコンドームを装着しながら、妻に言いました。

私「母さん、いよいよ入れるから、奈緒子の手をしっかりと握り締めてやって。奈緒子、これからお父さんがここに入るよ。大丈夫だから、お母さんの手をしっかり握って、体の力を抜きなさい」

奈緒子「・・・」

亀頭部分がめり込み、少しずつ、ゆっくりと押し込んでいきました。

奈緒子「!・・・んあっ!」

破瓜の瞬間を感じながら、奈緒子の狭い肉穴をメリメリと硬い肉でゆっくりと突貫しました。

私「奈緒子、お父さんのモノが奥まで全部入ったよ。これが男だよ。いいかい、少し、ゆっくりと動くからね」

ゆっくり前後運動を始めると、奈緒子の顔が苦しそうに歪んで見えました。
16歳の高校生との性交。
実の娘との性交。
この興奮が、あっという間に射精へ導こうとしました。

初めての性交ですから早めに終わらせようと思い、強く突いて射精しました。

私「奈緒子、終わったよ」

奈緒子「・・・」

私は娘から離れ、コンドームを外して、「奈緒子、これがお父さんの精液だよ」と、コンドームに溜まった精液を見せました。
父と娘の性交を一部始終見ていた妻が、口を開きました。

妻「奈緒子・・・お父さんが最初に入れてくれたから・・・ね・・・。昔は、結婚するまではセックスはしてはならない時代があったのよ。今は多くの女の子が結婚前に体験しているもんね」

奈緒子「・・・」

妻「奈緒子は、これまで守り通した処女を大好きなお父さんに捧げたのね・・・」

優しい妻の声でした。
この後、奈緒子が大学進学で家を離れるまで、妻に生理が来た時に限り、奈緒子を抱くようになりました。
月に3回、父と娘が愛し合いました。
フェラも上手になり、昨年3月、高校を卒業した奈緒子との最後の父娘セックスでは、「あ、ああ、パパ、あん、ああーーパ、パパァ・・・」と完全にセックスの快感を覚えていました。

今、奈緒子は春休みで帰省中です。

奈緒子「ねえ、ママの生理来たら、またパパ貸してね」

妻「もう、仕方ないわね」

風呂から上がってリビングへ入ろうとしたら、キッチンで話す母娘の会話が聞こえてしまいました。
パパは頑張らなければなりません・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 高1の娘に夫婦の営みを見られて・・・。

なんと!彼女達スマートホンをお風呂の中に持ち込んで操作してるじゃないですか!それってありなのでしょうか?まったく常識が無い!
画像はイメージです
たまの休みにリラックスしようと鬼怒川まで行ったのですが、、、、ホテルに着くと、そこそこ混んでいてチェックインする人達でフロントが混んでいたため少し時間を潰そうと売店などをブラブラすることにしました。



温泉饅頭などのお土産を物色していると、なんとなく視線を感じるので顔を上げると20代前半くらい男性二人が私の方を見ていて、私と目が合うと慌てて視線を逸らしました。



彼らの顔を新宿駅の待合室(スぺーシアのホームにある)でも見かけたことを思い出して、薄気味悪い感じがしましたが、女性二人も一緒で4人のグループだったのでその時は、あまり深く考えませんでした。



チェックインしてお茶とお茶菓子を食べてからお風呂に行くと、先程の男達の連れの女性二人が既に湯船に浸かっていました。



それだけなら、良かったのですが、なんと!彼女達スマートホンをお風呂の中に持ち込んで操作してるじゃないですか!それってありなのでしょうか?まったく常識が無い!お馬鹿な方達と一緒になって運がないと思いながらも



せっかく来たのだから、楽しもうと考えて



ゆっくりお風呂に浸かり、ストレッチをしたりしながら、のんびり過ごしました。



静かに露天風呂に浸かっていると、ふと売店で会った男達の貧相な顔が思いだされました。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

急に不安にあんり変な汗が出てきました。



彼女達、まさか連れの男達に頼まれて、私の裸を撮ったりしてないだろうか?恐ろしくなってすぐにお風呂から出ましたがそれからは、もう変な気分でまったく寛ぐことができません。



スケベそうな男達に全裸を見られてると思うと朝食時やロビーなどでも顔を合わせるのも嫌で、早々にチェックアウトしました。



結局、リラックスするために行ったのに、、嫌な気分になって東京に帰ってくることに。



公共の風呂にスマホを持ち込むのは有りなのでしょうか?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 なんと!彼女達スマートホンをお風呂の中に持ち込んで操作してるじゃないですか!それってありなのでしょうか?まったく常識が無い!

何も残せなかった夫婦生活
画像はイメージです
俺が34歳、彼女が22歳の時、俺たちは知り合った。
というより交際を始めた。

当時、彼女には俺の友人のKと交際をしていた。
Kに会うといつも彼女のおのろけを聞かされていた。

そんなとき俺はKから友人として紹介された。
Kとの交際はほぼ1年近くだったと思う。

そんなKが他に彼女を作り、彼女はそのことで俺に相談に来ていた。
不幸にもKは彼女のところには戻ってこなかった。
その傷心を慰めているうちにお互い好意を持つようになり、その時から4ヶ月後に俺たちは一緒になった。

ひと回り歳の違う彼女は献身的に尽くしてくれた。
彼女のいなかった俺は、昼夜を問わず彼女の身体に魅了された。
平日の夜もそうだったが、休みの日などは午前中はお互い全裸のまま、お互いの身体を貪り合った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

今から思えばまさにオスとメスであった。
Kに教えられたのかフェラも上手いし、彼女が俺の身体の上になって腰を振るのもなかなかのものであり、俺は射精をしない日などなかった。
俺は彼女の頭の先から足の指先まで隅々まで彼女の身体を舐めまくった。
女に飢えた男として。
エロ本などで仕入れた情報を実行しようと、そのすべてを彼女に当たった。
剃毛、アナル舐め、カーセックス、野外露出、ノーパン、ノーブラでの外出、全裸撮影など、どんなことも彼女は従ってくれた。
一時、俺のPCの壁紙は彼女の全裸写真だった。

ある日仕事から帰ると、一枚の置手紙が・・・。

「私のこと探さないでください。
申し訳ないけど、離婚届けに印鑑を押して提出してください。
今まで短い間だったけど、男と女の交わりをいろいろ教えてくれてありがとう。
一生懸命頑張ったつもりです。
でも貴方と生活した日々を思い起こすと、男女の営み以外なにをしたんだろうと思い出すことが出来ません。
貴方に貫かれて恥ずかしくも喘ぎ声を出し、汗を流しながら交わっていた日々、女としてのあの時の喜びも教えていただきました。
でもそれだけだったんです。
もうこれ以上、貴方にそのことだけで一緒に暮らすことは出来ません。
私が悪かったんですね。
貴方を愛していると思っていたのは、実は女として男である貴方からその喜びを味わいたかっただけだったんですね。
これから先どんな男性と巡り合うか分りませんが、心を満たしてくれる、満たしてあげられる男性が現れることを夢見て、しばらく一人で自分を見直してみようと思っています。
貴方のことだからきっと素敵な女性が現れることでしょう?幸せにしてあげて下さいね。
最後に、貴方と交わっていた時の喜びは決して演技などではありません。
・・・貴方とのセックスは最高でした」と。

失ったものはとてつもなく大きく、立ち上がることさえ出来ませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 何も残せなかった夫婦生活

親父の後妻を略奪した
画像はイメージです
親父の後妻と関係しています。

親父の後妻に来た女は、当時25歳で親父の会社で部下だったそうだ。
俺の母親が死んで1年経った頃の事。
おそらく、前からずっと親父と不倫してたんだろうな。

俺は当時18歳の高校生。
7歳上の『母』。

ところが、来て半年も経たないうちに親父が倒れて入院してしまった。
親父が入院して2ヶ月くらい経った頃だろうか、学校で腹が痛くなって早退して家に帰ったら、居間から変な声がする。

そっとドアの隙間から覗くと、Tシャツを着ただけの義母が下半身真っ裸でソファに寝て、バイブをアソコに突っ込んでアンアン言ってる最中だった。

本物の熟女が下半身を晒し、マンコをおっぴろげてバイブを突っ込んでいるなんて、高校生には刺激が強すぎた。
思わず、自分のチンポをズボンから出してシコった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


もうすぐ出るってところで、仰け反った義母と目が合った。
下半身を露出させてバイブを突っ込んでいる義母と、チンポをチャックから出している俺。
冗談のような組み合わせ。

気がつけば、ソファでフェラされていた。
初めてのフェラで義母の口内に大量に発射した。

そのあと、ベッドで2発。
食事後に一緒に風呂へ入り、風呂で1発。
その夜は両親の寝室で寝て、朝までに3発やった。
最後はもうヘロヘロ。

その後は、毎日やりまくり。
一緒に風呂へ入り、一緒に寝て朝を迎える毎日。
そうしているうちにも親父の容体は悪化し、とうとう治療の甲斐なく逝ってしまった。

しかし、その時には義母のお腹には俺の子供がいた。
幸いというか、義母と親父はまだ籍を入れてなかった。

ちょうど、俺も高校を卒業する直前だったので、俺は急いで既に受かっていた大学へ行くべく上京し、2DKのアパートを借りた。
義母は、葬儀の後の資産の整理、保険金の受け取りなどを済ませてから合流。
あのまま家に居ては、義理とはいえ母子間の不倫に気付かれる恐れがあったからだ。

そのまま、親戚を含めた周囲と関係を断ち、俺と義母は子供が生まれる前に結婚した。
親父が正式に籍を入れてなかったのが幸いしたことになる。

もう、故郷に帰るつもりもなかった。
大学卒業までに2人目も生まれ、今は在学中に始めたビジネスがうまく行き、何とか食っている。

今思えば、普通の会社に就職できない(義母との関係を調べられるとマズイ)のが理由で起業したが、それが良かったかもしれないと思う。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 親父の後妻を略奪した

洗濯バサミとハプニング
画像はイメージです
昔会社にいた同僚の女性(Iさん)とは、彼女が会社を辞めて5年経った今でもみんなで交流がある。
Iさんは23歳。顔は辺見エミリ似で巨乳、さらに性格も姉御肌でサバサバしていて入社当時会社でも結構人気があった。
現在はすでに結婚していて一児(男の子Y)の母になっている。

その日俺は同じ会社の友人(F)と彼女の家に遊びに行った。
着いたのは昼過ぎで、日中はIさんの1歳の息子Yと遊んでいた。
夜は旦那さんの帰りを待ってIさんの手料理を御馳走になる予定だったのだが、夕方Fが家庭の事情で急遽帰らなければならなくなってしまった。
俺も一緒に帰るべきか迷っていると・・・

「Aさん(俺)、ゆっくりしてきなよ。もう食事の準備も始めちゃってるし。」

と、Iさんが言ってくれた。
というわけで俺はその言葉に甘えることにした。
しかし数時間後、彼女はその自分の言葉を後悔することになる・・・。

19時過ぎ、Yがぐずりだした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あぁもう眠くなっちゃたね。今日はお兄ちゃん達とたくさん遊んだから疲れたんだねぇ。」

Iさんがあやす。

「じゃあ寝かしてあげた方がいいんじゃない。」と俺。

「でも昨日この子お風呂入れてないから、今日は入れないとまずいんだよね。」

参ったね。
俺、赤ちゃん風呂入れてあげること出来ないしなぁ。
旦那さんの帰宅は21時頃。
さすがにそれまで待つわけにもいかないようだ。

「ごめん!悪いんだけど私入れてきちゃうわ。なるべく早く出てくるからさぁ。」

「ああ、全然いいよ。料理の方は?何かやることあれば、俺やっとくけど。」

「とりあえず、もうあとは暖めるだけだから大丈夫。じゃあホント悪いんだけど、ちょっとTVでも見て待っててね。」

かくして彼女は息子を連れ風呂に入った。
始めのうちはTVを見ていた俺だったが、聞こえてくるシャワー音にだんだんムラムラしてきてしまった。
今あのIさんがシャワー浴びてんのかぁ~。
“覗いちゃおうかなぁ”と思った時には、もうすでに二人が風呂に入ってからだいぶ時間が経っていたので、出てくる恐れがあるため、そのスケベ心もあっさり姿を消した。

数分後、風呂場のドアが開く音がした。
そして・・・

「こぉらーY!ちゃんと拭かなきゃダメだってぇ!あぁちょっとぉー・・・ねぇAさぁーん!Yつかまえて。」
「えつ!なになに!?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


慌てて俺は居間を出た。
居間の向かいが廊下を隔てて風呂場だ。
廊下ではYが濡れた体で走り回っている。
すると、風呂場のカーテンから濡れた髪の毛のIさんが顔だけを出して、

「そこの洗濯機の横にバスタオルあるから、それでY拭いてくんない?」

「うん分かった。」

まさにその時、Yが洗濯バサミの入っているカゴにつまずいた・・・。

「あっ!」

異口同音に叫んだIさんと俺。
幸いYはすぐに立ち上がったが、洗濯バサミが床いっぱいに散らかってしまった。
俺が拾おうとすると、Iさんが「ごめんねぇー。」と言いながら、なんとバスタオルを巻いた状態で廊下に出て来た!
「いや大丈夫だよ。」などと言いながらも、俺はこっちに歩いてくるIさんのその姿に釘付けになっていた。

まだ濡れて乾いていない茶色い髪、細い肩と腕、歩くたびにグリーンのバスタオルの下で揺れる胸、思っていたより全然細くて白い脚。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まさか、あのタオルの下は素っ裸?んなわけないよなぁー。
なんとかパンチラ見れねぇかなぁー。
しゃがんで洗濯バサミを集めていた俺の前に、Iさんもしゃがんで来た。
シャンプーの甘い香りがする・・・

洗濯バサミを拾う度に動く胸の谷間もかなりたまらないものがあったが、俺はパンチラを期待して、気付かれないようにしゃがんだIさんの下半身を凝視した。
しかしさすがにバスタオルが短いのは本人も分かっているので、脚はしっかり閉じられている。
ただIさんは慌ててしゃがんだせいか、ふくらはぎとお尻でしっかりバスタオルを挟めていない。
そのためバスタオルの奥に少しお尻が覗いてる。
でも(恐らくかなりギリギリなのだろうが)残念ながらパンティーは見えない。
バスタオルで隠し切れていないお尻から太腿、膝へのラインもかなり色っぽい。
どうやらIさんは急なハプニングで焦ってしまい、今自分がかなり際どい格好を友人にさらしているのを認識出来ていないようだ。

俺は一生懸命洗濯バサミを集める振りをしながら、やはりどうしても諦め切れずにパンチラを狙っていた。
なんとか見えねぇかぁ・・・

とその時、Iさんが少し離れた所にある洗濯バサミを取ろうとして、今までぴったりくっついていたその左右の膝が離れていく・・・。
「見える!」と思ったが、Iさんはそのまま体ごと少し横を向いてしまった。
横を向く時に脚が開いたということは、正面に向きなおす時も開くかもしれない。
あの洗濯バサミをとって体を戻す時がチャンスだ!

Iさんはその洗濯バサミをとり、こっちにあるカゴに入れようと向き直る。

「来たぁーっ、今だ!」

体を動かしてるうちに意識がゆるんだのか、Iさんの脚がさっきより明らかに大きく開かれた。
そして・・・次の瞬間、俺は固まった。

エッ!!!!!!!!!!!!!

はいてない!パンツはいてない!
Iさんパンツはいてな~い!

な、なんとついに開かれた太腿の間には、そこにあるはずのもの、パンティーがなかった。
Iさんはバスタオルを巻いただけで出て来てたのだ。
そしてもちろんそこにあったのは・・・Iさんのオマンコぉーーー!

初めて見た(当たり前か!)Iさんのヘアーは直毛で、体勢が体勢なだけに形状は分からなかったが、けっこう濃かった。
まだ濡れていてしずくが今にもこぼれそうだ。

その茂みの奥には・・・。


いつも仲良くしてるIさんのアソコを目の前にして俺の興奮は極限状態に。
茂みの奥に見えるIさんのオマンコは、とても一人子供を産んでるとは思えない程きれいだ。
風呂で体が暖まったせいかピンク色に染まったビラビラは、かなり大きく、やや開き気味になっていた。
しゃぶりつきたい気持ちを抑えるのが大変だ。

本人は全く見えていることに気付いていないらしく、洗濯バサミを拾い終えるまで、そのままの状態を崩すことなく、結局数十秒拝ませてもらった。
そして、Iさんは再び服を着るためにYを連れてカーテンの向こうに戻っていった。
俺も居間に戻った。
すると、あっ!風呂場のほうから何かに驚いたようなIさんの声が聞こえた。

「ねぇ、Aさぁーん!」

「なに?」居間のドアを開けて顔を出し返事をする俺。

Iさんはまたカーテンから顔だけ出していた。

「もしかしてさぁ・・・」切り出したIさん。

「なに?」と、とぼける俺。

どうやらIさんは見られたかもと不安になったようだ。
いつもは何でもズバズバ言うIさんが、言葉に詰まっている。
しかしすぐに苦笑いで「見えた?」と開き直ったように口を開いた。

「何が?」

「さっき、私しゃがんだ時見えてたでしょ?」

「見えた。」

「マジでぇー?もう最悪ぅー!やっぱ・・・見たよね?」

「ばっちし見させて頂きました。当分オカズには困んないね。」

「あ゛ぁーもぉー。すぐ言ってよぉ!やらしいなぁー。」

その後は・・・
すぐにでもトイレで抜きたかったが、さすがにそれは露骨かと思いやめた。
彼女がふるまってくれた夕食は餃子だった。
旦那さんと一緒においしく頂いたあと、俺はすぐおいとまし、家路を急いだ。
彼女がもうひとつふるまってくれたオカズを早くいただくために・・・。

そう、冷めないうちに。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 洗濯バサミとハプニング

従妹に腕相撲で負けた貧弱な僕
画像はイメージです
小学4年の時、近所の伯母の家に届け物をしに行きました。
家には、小学6年の従妹のミキしか居ませんでした。
すぐに帰るつもりでしたが、ミキが「ちょっと上がって」と言うのでお邪魔しました。


ミキの部屋に上がった時、ミキは機嫌が悪そうでした。
ミキは僕の短めの半ズボンから出た脚を見ながら、「半ズボンがムカつくよね、男のくせに細すぎ、毛もないし、私より綺麗なのがムカつく」と言うのです。

「ひがむなよ、デブ」と僕はミキをからかいました。

ミキは自分の脚にコンプレックスがあり、普段も脚を出す事はありません。
その日も長ズボンを履いていましたが、その長ズボンは、はち切れそうで、僕よりかなり太いことは確かでした。

ミキは怒って、「自慢なわけ?私をからかいたくて半ズボン履いてんの?男が脚が綺麗で嬉しい?それより体、貧弱なんじゃないの?そんな脚してるし」と言ってきました。

「確かに僕は細いけど貧弱まではいかないよ」と返したら、「自覚した方がいいよ。させてあげる。私に腕相撲で負けたら貧弱クンだよ」と言われ、勝負する事になりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ミキと僕の身長は同じくらいだったので、男の僕が負けることはないと思っていました。
案の定、勝負したら僕の方が少し押し気味でした。
もう少しで勝てるくらいの所でお互いの腕は止まり、膠着状態になりました。
なかなか勝負がつきません。
僕は疲れてしまい、力が入らなくなりました。
ミキの顔を見ると余裕の表情でした。

「貧弱どころじゃないよ、信じらんない、弱すぎ」

そう言って、じわじわとミキは腕を返して来ました。
僕は為す術なくミキにねじ伏せられてしまいました。
ミキはそれだけでは済まさず、反対の腕でも勝負させられ、戦意を失くした僕はミキに弄ばれて、体力を消耗させられるだけでした。

完全に虫の息の僕に、余裕のミキは「両手使ってみる?」と言い出しました。
結局両手でも負かされてしまい、自分の貧弱を思い知らされました。

僕の腕に力が残っていないことを良いことに、ミキは僕をおもちゃにし始めました。
そのまま押し倒されて、押さえつけられ、半ズボンの裾に手を入れられて、僕のチンコやタマを弄り始めました。

ミキが怖い声で言ってきました。

「お前なんか、女にこんな事されても抵抗できないくらい弱いんだよ、ほら、気持ちいいだろ、ガチガチじゃん」

僕のチンコは完全に勃起していました。
僕に出来る事は、ただ泣きながら哀願するだけでした。

「ああん、やめてよ、やめてよ」

ミキは泣き叫ぶ僕の声を聞いてとても満足そうでした。

「あたしを馬鹿にしたんだよ、許さないよ、我慢しないで出しちゃえば」

結局、そのまま射精してしまい、パンツと半ズボンは精子でグチョグチョになってしまいました。

「いっぱい出たね。洗濯して乾燥機にかけてあげるから、それまで下半身丸出しでいな」

僕はしばらくミキの部屋で下半身裸で居させられました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 従妹に腕相撲で負けた貧弱な僕

でもさ、あんた意外にキスがうまかったよ
画像はイメージです
先週の土曜日、会社の同僚に誘われて合コンに参加した。



相手の女の子達は某建設会社の受付嬢とのこと。



期待に胸を膨らませ、居酒屋へ。



待つこと数分、四人組の女性達が入って来た。



「こっちですよ〜!」



今回の合コンをセッティングした同僚が手を振る。



俺はさりげなく彼女達一人一人を物色し始めた。



と、そこにどう見ても毎日顔を合わせている女が一人…。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

姉だ…。



(でも待てよ?姉は歯科助手で建設会社の受付嬢なんかじゃないぞ!?)その後、男から自己紹介をした。



当然姉も俺に気付いていたが、場の雰囲気を壊さないよう黙っていた。



しかし、やる気満々で参加した合コンに、まさか姉が来るとは思わず、いつもの様にハジケられない俺…。



ところがいつの間にか男女交互の席順に変わった時には、端から見ると、俺と姉とがツーショット状態に…。



みんなに聞こえないように「ゆう姉なんでいるんだよ!お前、歯科助手だろ?」



「あんたこそ!なんでいるの!?」



などと言い合っていた。



あっという間に2時間経ち、二次会でカラオケボックスへ行くことに。



俺はやる気も失せて一人でピンサロへ行こうと思ったのだが、ほとんど強引に連れていかれた。



カラオケボックスではお約束の様に、王様ゲームが始まった。



最悪な事に、ゲーム中で俺(まさと)と姉(ゆうこ)を姉弟と知らない仲間達がいい感じだと勘違いをし、要らぬ気を回して有り得ない展開になり始めたが、今更「姉弟です!」とも言えずに流れに逆らえずにいた。



結局、俺と姉は皆の前で何度もキスをし、時にはディープキスも…。



おたがいに、酒のせいもあり理性が飛びそうになりそうになりながらもなんとかその場を乗り切り…トイレに行く振りをして姉の携帯を鳴らし一見、お持ち帰りの降りをして一緒に帰ることにした。



週末の繁華街では、なかなかタクシーも捕まらず、しばらく歩きながら姉と話をしていた。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「まさかキスすることになるとは思わなかったよ…」



「ホント!なんであんたと!」



「それはお互い様!」



「でもさ、あんた意外にキスがうまかったよ」



「マジで?もう一回してみる!?」



「うん、しよ!」



俺は冗談で言ったつもりだったが、姉は本気のようだ。



俺は繁華街から外れた薄暗い路地に入ると、姉を抱きよせてキスをした。



まるで愛しい恋人にするようなディープキス。



激しく舌を絡めていると、姉の口から時々漏れる甘い声。



姉はキスで感じているようだった。



その声を何度となく聞いているうちに、俺の理性はどこかに飛んでいた。



俺は姉の胸に手を這わせたが、姉は抵抗しない。



それどころか、服の上から乳首の辺りを触れるだけで感じている。



「ゆう姉…ホテル行こうか…」



姉は俺の言葉に少し驚いたようだが、下を向きながら小さく頷いた。



繁華街を抜けた先のラブホへ。



姉は俺の腕にしっかりと腕を絡めて歩いた。



そしてホテルのドアを開けた…。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 でもさ、あんた意外にキスがうまかったよ

【熟女体験談】奥さんの実家で寝てしまったお義母さんと浮気セックスしてしまった
先日、奥さんの実家で浮気をしてしまった。

相手はお母さんです。

居間で話し相手してたらそのうち母さんが寝てしまい、横に居たらもたれて来た。

ブラジャーがチラ見えしてて誰もいないので触ってしまった。

モンペの上触っていったら、凄い事にお母さんが寝ながら感じはじめてる。

さらに安全策をとってお母さんに薬を飲ませた。

もう動き出す欲望を押さえきれなかった。

ふらつく義母を抱き上げて寝室に運んだ。

お義父さんは田んぼいってるし大丈夫。

お母さんにキスしてやったら、ちゃんと舌を絡めてくる。

服を慎重に脱がせて下着だけの姿にした。

パンツは白いレース。ブラジャーもお揃い。

おっぱいを触ってあげると感じてるようだ。

旦那も触らなくなった体を、優しいタッチで弄り回してやる。

我慢できなくなってお義母さんにチンポを握らせてみた。

義母は朦朧となった意識のまま上手にしごいている。

下着を脱がせ脚を開いて、お義母さんに「いいですか?入れますよ」と言って、

ゆっくり中に入れました。

「お義母さん感じてるの? 気持ち良いかい?何年ぶりなん?」

そんなことを囁きながらお義母さんを抱きしめた。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】奥さんの実家で寝てしまったお義母さんと浮気セックスしてしまった

【熟女体験談】独身の叔母にオナニーを見られ、そのままフェラからのセックス
俺は二十歳の浪人生だ。

昨夜9時ごろ自分の部屋で勉強していたらチンポが勃ってしょうがないので、

エロ本を取り出しオナニーをすることにした。

気持ちよくコスっているとき、「ガチャ」という音とともにドアが開いた。

そこには、叔母の麻理子さんが立っていた。

彼女はうちの母ちゃんの年の離れた妹で、まだ30才くらいで独身だ。

俺はチンポを露出している姿を見られてすごく恥ずかしかったが、

叔母さんはさほど驚きもせず、部屋の中に入ってきた。

「オナニーしてたの、若いんだからしょうがないわよね」

妖しい笑みを浮かべた彼女は、いきなり俺のチンポに手を伸ばすと優しくコスりたててきた。

そして、チンポがビンビンに勃起したのを見ると

「すごく大きいのね…すごいわ…」

と言ってフェラチオを始めた。その口技は最高だった。

カリ首を下から舐め上げたかと思うと、尿道口に舌をあててレロレロと小刻みに動かす。

メチャクチャ快感で、俺はすぐにでもいきそうになった。

さらにチンポをしゃぶりたてる彼女のいやらしい表情を見てると、

大人の色気を感じてさらに興奮が加速し、

俺は我慢できず叔母さんの口の中で出してしまった。

しかしそれで終わりではなかった。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】独身の叔母にオナニーを見られ、そのままフェラからのセックス

【熟女体験談】正月に美熟女な義母と中出しセックスしてしまった
正月に妻の実家に泊まったとき、妻の母親とやってしまった。

義母は今年で50歳。竹内まりや似でバリバリいけます。

泊まった翌朝、二日酔いの体を引きずって居間にいくと

義父と妻はホームセンターに買い物に行ったとかで、義母だけがお茶を飲んでいた。

お茶を飲んで話しているうちに、初孫はまだかという話題から夜の生活へと移っていき、

下ネタトークになってしまった。

そうこうしているうちに、「最近溜まってる」と言って既に半勃ちのチンコをみせると、

義母は俺のものを手でしごき始めた。

手コキされながら「かわいいわね~」と言われたのが照れくさかった。

それから俺も義母の体を愛撫して、お互い下半身だけ裸になってそそくさと結合。

嫁たちが帰ってきたらまずいのであせっていたのだ。

義母のちょっと垂れぎみのおっぱいは、すげえいやらしくて大興奮だった。

出産経験ありでも、最近エッチしてないからマンコの締まりが素晴らしく、

ちょっとピストンしただけで絶頂を迎えそうになる。

さすがにもう妊娠の心配はないから、そのまま中出し。

終わったあとは「今度夏にきたらまたやりましょう」なーんて話していた、

妻には悪いが今から夏が楽しみである。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】正月に美熟女な義母と中出しセックスしてしまった

【熟女体験談】父の単身赴任中に父の再婚相手のオナニーに興奮し、中出しセックスしてしまった
義母は俺が8歳のときに親父の再婚相手として我が家にやってきた。

義母は子供の俺から見ても魅力的な女性だったので、

新しい母親ができることに不満はなかった。

俺はいま大学1年で、義母は38歳。

今年の春から親父は単身赴任で東京に行っており、義母と2人きりの生活が始まった。

ある夜、寝る前に歯磨きしようとして洗面所に行くと、義母が風呂に入っているところだった。

義母の入浴中に洗面所にいることが知られるのがなんとなく嫌で、

音を立てずに歯磨きをしてすぐに部屋に戻ろうと思ったが、

浴室の中から義母のうめくような声が聞こえてきた。

最初は不審に思い、やがてそれが義母がオナニーをしている音だと気がついた。

親父と離れてくらして約半年、淋しさもあったのだろう。

義母さんがオナニーをしているなんて…ある種の衝撃を受けた俺はしばらくその場に佇んでいた。

そのとき突然浴室のドアがあき、全裸の義母の姿が見えた。

義母は「きゃ、ごめん」と言って慌ててドアを閉めた。

「義母さん、ちょっといい?」

「な、なに?話があるならパジャマを着てからきくけど」

「ちがうんだよ、義母さんのオナニーで興奮しちゃったよ。ちょっとこれみてよ」

「………」

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】父の単身赴任中に父の再婚相手のオナニーに興奮し、中出しセックスしてしまった

【熟女体験談】叔母さんと内緒で付き合うことになり、ラブホで中出しセックス
昨日、伯母さんとラブホテルに行きました。

俺の想いに応えてくれて内緒でつき合うことをOKしてくれた伯母。

グレーのワンピースを着ていて原田知世似の伯母さんにはとてもよく似合ってました。

部屋に入って少しくつろいでから、ベッドに座って熱いキスを交わします。

唾液の交換をしながら背中のファスナーを下げてベッドに横たえました。

ブラを外すと、弾力を失っていないおっぱいに褐色の乳首があらわになりました。

乳首を甘噛みしつつでパンツの中に手を…そこはすでにビショビショです。

伯母さんのクリや淫唇を舐め、

「幸子さん、すごく濡れてるね」

と言うと、

「ちょうだい、挿れて」

の声。

脚を大きく広げて挿入すると柔らかな襞が吸い付くようにペニスを包み込みます。

10代の少女のような締め付け感です。

「ああ、いいわ、いい!」

「好きだ!ずっと前から大好きだった!」

これまでの思いがこみ上げてきて、我を忘れて激しくピストンしました。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】叔母さんと内緒で付き合うことになり、ラブホで中出しセックス

【人妻体験談】成績が上がれば報酬としてセックスすることで、成績を上げることに必死になる生徒たち
31歳子なしの主婦です。

在宅でPC使って経理事務のお手伝いでお小遣い程度は稼いでいます。

主人は朝はゆっくりと出掛けますが、帰宅は毎晩9時過ぎでセッスは淡白、しても30分で終わりです。

私の同級の友人(悪友)は塾講師です。

独身女ですが高校生で気に入った子のみ、自分の体を与えることで成績を伸ばし、いい大学に進学させて塾内でもいい地位にいます。

その友人から凄い相談をされて、優秀な生徒二人の相手をしてほしいと依頼されました。

もちろんバイト料は払うということです。

詳しくは知りませんが、どうやら塾の正規の報酬以外にも個人指導などでも報酬があり、志望大学にストレート合格させると親から成功報酬?のような謝礼もあるそうです。

私は正直悩みましたが、この二人(高校3年)が志望大学に合格したら、私に一人30万払うと約束しました。

私は絶対に騙されていると思いましたが、お金よりも若い男を味わってみたくて秘密厳守を条件に受けました。

期間は半年くらいでした。

私が生徒達に報酬として体を与えるのは、塾内の試験や全国模試で成績が前回よりも上がったときです。

学校帰りに一人ずつですが、私のマンションに招いて夕方から報酬が始まります。

セックスのテクは下手ですが野獣のように求めて、イッてもイッてもすぐに回復して何回も求めてくるのは新鮮で体が熱くなりました。

夕飯をご馳走して、また何回かしたら彼らを自宅の近くまで送ります。

私が受け持った二人の生徒さんも報酬のたびに少しずつ女を学習して上手くなっていきます。

私も青い男を育てるようで楽しかったです。

二人の生徒さんはうちに来るのは、経理の勉強と言って周囲には嘘をついてます。

今年の春に二人は見事志望大学に合格しました。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】成績が上がれば報酬としてセックスすることで、成績を上げることに必死になる生徒たち

【人妻体験談】後輩の奥さんは清楚でかわいらしく、理性が飛んで無理やりセックス
俺は某独立系ソフト会社のSEです。

現在32歳、独身。

問題の後輩H雄は、専門学校卒で3年前に入社してきました。

入社から同じプロジェクトに部下として配属され、去年の春それも一段落しました。

ずっと一緒に仕事をしてきたこともあり、年齢は8歳も離れていますが、H雄は大変俺を慕ってくれ、よく飲みに行って愚痴を言ったり、一緒に遊びに行ったりする仲間でした。

そんなH雄が結婚する、と打ち明けてくれたのが去年の春。

プロジェクトが終わっての打ち上げ会の時でした。

「おまえいつのまに〜。

俺も結婚してないのに。

ゆるせん〜」

などどからかいながら、それでも純粋によかったな〜という気持ちでいっぱいでした。

なほこちゃんを見るまでは。。。

H雄となほこちゃんは高校時代からの付き合いだと聞きました。

先輩の是非紹介したい、というので、1ヶ月後くらいの休日に当時の俺の彼女と4人で、TDLに遊びにいったのです。

はじめてなほこちゃんに会った時の衝撃は忘れられません。

清楚でかわいらしく、しかもスタイルは抜群、仲根かすみを更に女らしくしたような素晴らしい女だったのです。

H雄を冷やかす余裕も無く、挨拶する自分の顔がひきつったのをハッキリ覚えています。

どうしてH雄にこんないい女が!と思いました。

TDLで一緒に行動しましたが、なほこちゃんのスタイルの良さ、かわいさ、そして本当に今時めずらしいくらいに純情でH雄を愛してるという一途さ、に俺は完全にノックアウトされてしまったんです。

なほこちゃんはH雄の高校の同級生で、高校卒業後地元の優良企業に受付として勤務。

H雄との結婚を機に退職して東京で一緒に住む予定、とのことでした。

身長161センチ。

スリーサイズは90ー60−90との印象。

とにかく、ほっそりしてるけど出てるところはムチムチなんです。

その後、2回ほど4人で遊びにいきましたが、俺の気持ちは単なる嫉妬から、強い羨望に変わっていったのも事実です。

これが元で、自分の彼女と付き合っているのがバカらしくなり、夏過ぎには別れました。

俺の思いは日に日に強まりました。

でももちろん会うこともできないし、連絡先も知らない。

H雄の顔を職場で見るたびに、今までかわいい後輩だったのが、単なる憎たらしい男にしか見えなくなってきました。

それでもそれはそれ、と割り切りいつも通り接するように心がけました。

俺の思いもむなしく、10月に二人は無事予定通り結婚。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】後輩の奥さんは清楚でかわいらしく、理性が飛んで無理やりセックス

【人妻体験談】主婦にカラオケに誘われ、流れでラブホに行き、潮吹きセックス
友人♂と居酒屋で飲んでいた時、

隣のテーブルは幼稚園の謝恩会から流れてきたご一行様、総勢7名。

20代中くらいの先生2名と30代前半くらいのお母さん5名。

友人がきっかけを作り合流。もちろん先生ねらい。

酒も進み先生達もいい感じに酔ってきた。

ただ両隣の主婦がやたら話しかけてくるのがうざい。

時計も0時を回り、お開きに。

先生達に送って行くよと言うと、迎えが来てると言う。

居酒屋の前にはヤンキー車が2台。

…勝ち目はなさそう。

お母さん達もそれぞれ迎えの車で帰っていった。

友人と顔を見合わせ帰ろうとすると、さっきやたら話しかけてきた主婦2名が

「ねえ、カラオケ行かない?」

と誘ってきた。

よく見れば多少年はとっているけど二人ともエロそうな顔をしているし、なにより巨乳。

即、カラオケ屋へ。

個室に入ったらペアになり体を密着させてエロモード。

主婦の一人が歌えば友人が後ろから抱きしめて、尻に硬くなったモノを押し当てる。

こっちは肩を抱き膝から太股をさすってやる。

目を閉じたので友人達に見せつけるようにキスをする。

友人達も負けずにDキス。

「今日は帰りたくないの」の一言でカラオケ屋を出て、タクシーに分乗してラブホへ。

ラブホは友人達と隣の部屋。

部屋に入るとドアを閉めるのももどかしく抱きつきDキス。

そのまま鏡の前に移動し自分の姿を見せつけながら服を脱がしていく。

ブラを外すと片手では余る程の乳房がこぼれだした。

やや垂れ始めてはいるが真っ白な肌と硬くなった乳首に大興奮。

洗面台に両手をつかせ、シミのついたパンティーをずり下げバックから一気に挿入。

酒を飲んでいるのでやや勃ちは悪いけど、その分長持ちする。

膝を震わせ崩れ落ちそうになるのを押さえつけ一気にフィニッシュに。

「中はダメぇ」と言うので髪を掴み振り向かせ愛液まみれのチンポを口につっこみ射精。

ゴクリと喉を鳴らして飲み込むと、「きれいにしてあげる」と言ってチンポをなめ始めた。

チンポは硬いままだ。

バスルームに移りローションプレイ。

主婦をマットに仰向けに寝かせローションを塗りたくり、マッサージしてやる。

クリを愛撫すると大声でよがる。指をマソコに入れるとさらに激しく声をあげる。

ピストンをしてやると潮を吹いて逝ってしまった。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】主婦にカラオケに誘われ、流れでラブホに行き、潮吹きセックス

【人妻体験談】旦那との北海道旅行でのエッチは激しくて気持ちよかった
気持ちのいい体験はいっぱいありすぎて何から書いていいのかわからないけど

一番最近の一番気持ちよかった体験を書きたいと思います

まずは私の紹介

顔は自分では思ったことはありませんが矢田亜希子に似てるといわれたことが

数回あります。目が似てるみたいです。背は低めですが小さいころからバレエやダンスを

習っていたのでスタイルは悪くないと思います。胸はCカップ。痩せちゃったので随分ちいちゃくなりました(ショボン

去年結婚したばかりです

では本題・・

去年、旦那様とクリスマスが終わってから北海道旅行にいきました

久しぶりの旅行だったので二人ともすごくはしゃいでて、美味しいって有名な

ジンギスカン屋さんにいき、たくさん食べてたくさん飲みました

帰り道はぶらぶらとイルミネーションを見ながら寒い札幌の夜をお散歩して

コンビニでまたお酒やおつまみをいっぱい買ってホテルに戻りました

ホテルはすごく綺麗なお部屋でホテル側のご好意でプチスイートに無料アップグレードしてくれていたので

これまた豪華。。。

結婚してからラブホテルなんて行かないし、お家が当たり前だったので

部屋に戻った時点で二人とも大興奮。。。

でもせっかくの夜だから我慢我慢と、とりあえず買ってきたお酒を飲み始めました

お酒もどんどんすすんで酔いも回ってきてもうすることは1つですよね

旦那様が、がばっと襲うように私に覆いかぶさってきて、ソファで激しくキスをはじめました

いつもより激しいキスで、着ていたセーターもたくしあげられて、ブラジャーの上から

激しくおっぱいをもまれて、酔っ払っていたせいもあって私も興奮しっぱなしです。。

強引にブラジャーをしたに引っ張られ、あらわになった乳首を交互になめられて、、

電気もテレビもつきっぱなしだし、ソファの上だし、恥ずかしかったけどいつもと違う

彼の激しさに自分でもわかるくらい濡れてました。。

今日はじっくりいっぱいいやらしいことがしたかったので(自宅じゃないし・・)

まずはお風呂に入ろうと一度彼をとめようとしたのですが、だめっと無理やり抑えられて

ジーンズを脱がされました。

明るい部屋で私はセーターは上にずりあがり、ブラジャーは下でおっぱいだけだして

その日は黒の横で結ぶタイプのリボンパンツに靴下という姿がすごく卑猥でいやらしくて

自分でも興奮しちゃいました

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】旦那との北海道旅行でのエッチは激しくて気持ちよかった

【人妻体験談】引っ越してきた若い夫婦とスワッピングセックス
こんにちは、私は33才(妻32歳)の会社員です。

先日同じマンションに若い夫婦が引っ越してきました。

引っ越しの挨拶に来た時に、とても清々しい夫婦で若奥さんはとても清楚で感じのいい人でした。

そんな若奥さんに家内も共感を持ち、すぐに仲良くなり食事や買い物等で家族ぐるみのつきあいをするようになりました。

家内は若旦那に興味があるようで話しているときはウキウキととても楽しそうで、見ている私が焼き餅を焼きかねない程でした。

ある時、家内とSEXの最中にあの若旦那に抱かれてみたいか?と聞いたところ

「エッ、なにいってんの」

とまんざらでもない様子、私は、夫婦交換した事を想像してみないか?と言い、その夜は、いつになく妻と共に異常に興奮したSEXをしたものでした。

そんなある日、若夫婦を招いて我が家で、家内の誕生日パーティーを、する事になり、楽しいひとときを過ごしていましたが、家内が飲み過ぎてしまい、飲みながら寝てしまいました。

私とご主人で妻を抱き支えて寝室へ連れていきました。

その日の朝の妻は、自分の誕生日パーティーに気をよくし更に、以前の若旦那との夫婦交換の話を思い出し、入念に化粧をしていたので、ご主人ともしかして触れあうこともあるかも。

また、その乗りで終わってからSEXをしようと話していたので、かなりセクシーな下着も付けさせていた。

そんな事をふと思い出し、いたずら心でご主人に

「家内の着替えを持ってくる間に服を脱がせて楽にしてやってくれないか」

とお願いし、着替えを取りに行った後、こっそりと部屋を除いていました、若旦那は家内の服を丁寧に脱がした後、なんと家内にキスをしているじゃ有りませんか。

しかも片手は妻の内股をまさぐり。。。

私はびっくりして、一瞬立ち止り、暫く間を置き、そのまま着替えを持ってなにも見て無かったような振りして部屋へ入りました。

若旦那も、ちょっと焦っていましたが、素知らぬ振りをして居間へ向かいました。

私は興奮したと同時に、さらに良い事を思いつきました。

以前家内とSEXのネタにと買った興奮剤を持って居間へ戻り、若奥さんのワインに混ぜ、そのまま雑談を続けていました。

暫くすると、若奥さんが私も酔ったみたい、と言いだし隣の和室で寝てしまいました。

すかさず私は、ご主人に

「さっき見てましたよ、家内を気にいって貰ったようですがと。

「一度抱いてみないか?」

と(*_*)としながら聞いたところ、

「ギョッ」

としながら

「すいません、でも良いんですか?」

「もちろん交換条件は有るんですけどね」

と言って若奥さん勧めた先ほどのワインに催淫剤が含まれていてこと、更に妻は。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】引っ越してきた若い夫婦とスワッピングセックス

【人妻体験談】ハンサムな男にナンパされ、初めてのカーセックス
4月の桜が満開の頃、主人の留守中に私は浮気をしました。

20時くらいだったか私は買い物を済ませて駅ヘ向かい歩いていた。

すると「暇ですか?」とハンサムな男が声を掛けて来た。

「暇だったら夜桜でも見に行きましょう」と言うので、主人には悪いが暇だったのでドライブくらいならばと同乗した。

男は話も面白くてとても魅力的に見えてしまった。

車を15分ほど走らせ現地に着いた。

その場所は桜と夜景の美しい所でとても感動しました。

その雰囲気に酔っていた私に男がキスをしてきたが、私は無抵抗でいた。

正直この位は予想していた?かもしれない。

現に今までもキスくらいならナンパ君とも1、2回はあったかな。

次第に男のキスは濃厚になり、舌を絡めてエスカレートしてきて男の手が胸にきたので、そろそろ終わりにしないとと思い「もう駄目」と言った。

男の手は私の胸を揉む、私は冷静ではいたが変な興奮が。

知らぬ間にブラウスのボタンが外されていて、ブラの隙間から乳首を刺激された。

段々身体が熱くなって行きブラが外され私のオッパイが露わになり、男は嬉しそうに吸う。

「本当にもう止めて」言った。

しかし、男の手がスカートの中へ入り下半身を刺激した。

男は「止めろって言ったって、もう凄く濡れてるな」と言い、私のパンツを摺り下げた。

パンツを脱がされた私の股間に顔を近付け舐め出した。

私は恥ずかしかったが、上手な舌使いで物凄く濡れていた。

もう抵抗なんて出来ない、我慢出来ない。

私は男のデニムのファスナーを下しアレを握った。

すると、とっても巨根だった。

手で摩るとどんどん大きくなる。

今まで見た事の無い大きさだった。

男に○○を咥えてと要望されたが、自信が無いのでお断りした。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】ハンサムな男にナンパされ、初めてのカーセックス

【人妻体験談】同僚の人妻に親切にしたらW不倫セックスできちゃいました
ウチの会社はちょっと郊外にあって、ほとんどの社員は車で通勤している。

昨日はこの地方にも大雪が降って、遅刻してくる人が多かった。

俺も朝から近所のディーラーに駆け込んで、スタッドレスに履き替えていた。

作業が終わろうとしている頃、見たことがある車が店に入ってきた。

総務のTさんだ。

Tさんは31歳の既婚者で、2年ほど前に中途採用で入ってきた。

俺のいる部署と仕事上密接なつながりがあるわけじゃないが、経費の精算やら何やらで、月に何回かは話をする。

その時俺はディーラーの担当営業と話していたんだが、カウンターではTさんが何やら揉めている。

予約無しで来たから、遠回しに断られているようだ。

担当営業に彼女が同僚であることを話すと、何とかしましょうということになった。

俺自身すでに遅刻していたし、恩を売るつもりも無かったので、Tさんには声を掛けずに店を出た。

幸い、30分ほどの遅刻で済んだ。

ここでスペックを。

俺:35歳既婚者子供1有り。身長175体重60。

Tさん:32歳既婚者子供無し。身長160ぐらいでスレンダー

奥菜恵を地味にしたような感じの人です。

で、昼休みになった。

いつもは誰かが近所のコンビニや弁当屋に買出しに行くのだが、

昨日は昼ぐらいまで雪の影響で混乱していたから、昼食を食べない人が多かった。

仕方ないので、ちょっと離れた定食屋に行こうと思って駐車場に行くと、後ろから声を掛けられた。

Tさん「○○さん、今日は有難うございました」

俺「あぁ、いえいえ。困ってたみたいなんで営業に一声掛けただけですから」

Tさん「午後から課長が使う資料をまとめる必要があったんで、絶対遅刻できなかったんです」

俺「あぁ…でもあの会議、結局延期になったみたいだね」

Tさん「そうなんですよ〜。何かもうガッカリしちゃった」

駐車場でしばらく話していたが、Tさんも今日はお弁当を持ってきてなかったので、一緒に定食屋に行くことになった。

いつもは業務に必要なことしか話さないので、Tさんと長く話すのは初めてのこと。

結構おしゃべりな人なんだなぁ、と思った。

お互い結婚してるので、話題は結婚生活についてが主だった。

Tさんの旦那はかなり束縛がきついらしく、ケンカばっかりしてるらしい。

ケンカするとTさんは実家に帰るらしいが、週の半分は実家にいるような状態だとかw

Tさん「実は今日も実家から来たんですよ」

俺「いつもはどうやって仲直りするの?」

Tさん「週末に旦那が迎えに来るんです。寂しがりやなんで」

俺「平日は会社があるから寂しくないってこと?」

Tさん「そうなんでしょうねぇ。私も家事しなくて済むから楽だし」

子供ができたら変わるんでしょうけどね、とTさんが言ったあたりで会社に戻った。

で、俺はとある工業製品のデザインをやっているんだが、昨日は新製品のラフデザインアップの日だった。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】同僚の人妻に親切にしたらW不倫セックスできちゃいました

【人妻体験談】昔エッチした彼が欲求不満で求めてきたので、そのままW不倫セックス
先週の事ですが、趣味のサークルの展示会を近々行う関係で、作業場と倉庫替わりに借りた

ウイークリーマンションへ準備のため毎日の様に通っていました。

いつもは一人で小道具を作ったりしていたのですが、ある日仲間のRさんが手つだいにきました。

実は彼とは5年前に2回Hをした関係でした。

しかし彼には奥さんがいるし私もそれから結婚しまして、当時の事は二人だけの秘密にしておこうと暗黙の了解をしていました。

と言う訳で何事もなかったかの様に普通の関係に戻り

その日は二人で世間話をしつつ淡々と作業して終りました。

次の日、私はまた作業しにマンションに赴くとすでにRさんが作業中でした。

自分も作業に取り掛かろうとしたら、Rさんが突然私の頭をなで回しました。

「な〜にやってんですか〜。セットが乱れちゃいますよ〜」

と冗談でやられたモノだと思い冗談で返すと、Rさんの様子がおかしい。

Rさんは今度は私の手をにぎるとこういうのです。

「オレ・・たまってんだよね・・」

そういわれても・・もうお互い既婚者だし・・それに私当時よりかなり太っちゃってるから

そういう対象にはなり得ないし・・と言い訳を言い拒もうとするのですが

気持ちとは反比例してアソコがだんだん濡れてくる。

Rさんはズボンを下ろし私にイチモツを見せると「舐めて」と言ってきました。

私は戸惑いながらも、それを口に含みました。

そして自分の主人にしてあげる以上に丁寧に舌でからめ、彼の根本まで吸いつきました。

時折彼がうめき声をあげるのを心地よく耳にし、このまま口でイカせてあげようと前後に動かそうとした時、彼が

「お前のおまんコをなめたい」

と呟くや否や私を床に寝かせ(ベッドの上は荷物でいっぱいだったので)

Gパンとパンツを剥ぎ取ると私のアソコにむしゃぶりついてきました。クリトリスから

膣まで順々に舐められて思わず声が出てきます。するとRさんが私の顔に

イチモツを近づけてきたのでそれをくわえ、しばらく69状態で舐め合っていました。

私はすごい気持ち良くなってきて、あえぎ声でくわえていられなくなると

Rさんは私の口からイチモツを抜き、アソコにあてがうと

「入れるよ。」

といい遂に入れられてしまいました。ああ・・ダンナへの貞操が・・終っちゃったな・・

と思いつつも、今でもまだ密かに好きな人に突かれているという喜びには勝てませんでした。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】昔エッチした彼が欲求不満で求めてきたので、そのままW不倫セックス

携帯を拾ってくれた人妻とエッチ
先々週 おいしい思いをした。ある日、部屋についてカバンを覗くと携帯がない! どうも、どこかで落としたようだ。 急いで公衆電話を探し自分の携帯へ電話すると、30代と思われる女性が電話に出た。 携帯が落ちていて拾ったから交番 […]
[紹介元] 熟女・義母・人妻とのエッチな体験談 携帯を拾ってくれた人妻とエッチ

母と母のレズ相手との3P体験談
うちは、物心ついた時から母子家庭でした。僕と母だけです。 母は小柄で、やせていて、僕が小学6年生のころは、髪をツインテールにしていて、ちょっと少女じみていました。 学校から帰ってくるといつも母はいません。 7時過ぎになれ […]
[紹介元] 熟女・義母・人妻とのエッチな体験談 母と母のレズ相手との3P体験談

私たち夫婦はお互いでかい物を持つ好き物同士
妻はでかいちんぽが好きである。 私はでかい乳が好きである。 お互いでかい物を持つ、好き物同士で結婚をした。 結婚して15年経つが未だに妻は私のでかいちんぽをむさぼる。 私も負けじと巨乳を揉み、舐めまわし乳首を引っ張りなが […]
[紹介元] 熟女・義母・人妻とのエッチな体験談 私たち夫婦はお互いでかい物を持つ好き物同士

友人に頼んで42歳の豊満妻を犯して貰った
真面目で人の良い我が妻に変化を求め、私はものすごいことを実行してしまった。 妻のおまんこに私以外のものが刺さっているのを見たくなり、飲み友達に頼んでいろいろ練った挙句、ついに犯してもらう事になったのである。 内容は、酔っ […]
[紹介元] 熟女・義母・人妻とのエッチな体験談 友人に頼んで42歳の豊満妻を犯して貰った

53歳の薬師丸ひろ子似の熟女との割り切った関係
最近までワクワクメールで知り合った年上の女性(当時53歳)と、一年半のあいだおつきあいをしていました。 旦那さんは亡くなって子供さん三人と暮らしていて、若い頃は薬師丸ひろ子似だったようなすっきりとした顔立ちで話も合いまし […]
[紹介元] 熟女・義母・人妻とのエッチな体験談 53歳の薬師丸ひろ子似の熟女との割り切った関係

職場にいる四十路美熟女のオマンコは生きたアワビその物でした
社会人1年生の22歳の時、職場で年上のオバサンと肉体関係を持ってしまいました。 その会社で知り合ったオバサンは、パート社員さんで、43歳ですが、美人な人妻でした。 僕は美熟女好きな性癖なあったもので、このパートのオバサン […]
[紹介元] 熟女・義母・人妻とのエッチな体験談 職場にいる四十路美熟女のオマンコは生きたアワビその物でした