性欲が強い30代後半の独身OLな私のエッチ体験
性欲が強い私の羞恥体験なんです 30代後半の独身OLです。 年齢とともに男性に相手にされなくなり、 今ではオナニーばかりしています。 職場で女性は私だけなので、 よくトイレでローターを使ってオナニーしてます。 女性が入っ […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 性欲が強い30代後半の独身OLな私のエッチ体験

ナースをしてる頃クリトリスを触られて跳ね上がる程気持ちよくて…
結婚するまで私はナースをしていたんですが 友A♂と同じ夜勤で、休憩時間が重なったので、 普段なら仮眠するのだけれど、 別れた彼氏についての相談でこっそり同じ仮眠室へ。 気が付くと、スカートの裾からAの大きな手が忍び込んで […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ ナースをしてる頃クリトリスを触られて跳ね上がる程気持ちよくて…

エッチな王様ゲームを旅行で企画して実行してみた結果
当時、僕には彼女がいました。 付き合って1年半くらいで背は低めで体型は細過ぎず、 太り過ぎずで、性格は優しい感じで、胸はCカップです。 旅行は僕と彼女と、女子(B)と、 Bが気になっている男子(C)で行きました。 BとC […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ エッチな王様ゲームを旅行で企画して実行してみた結果

友達のお母さんの不倫現場を目撃
自分の親じゃないんだけども、 まだ俺が幼稚園位のガキの頃に 家族ぐるみでお付き合いのあった近所のおばさんと、 同じく近所のおじさんの不倫現場を目撃した。 物凄くそれは鮮明に覚えてて、 その後の俺のオカズネタのNo.1だね […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 友達のお母さんの不倫現場を目撃

ザーメンを欲しがる妻は凄く淫乱ですwww
妻と二人で喫茶店を営んでいます。 ある日、定休日に店へ行き奥の事務所で仕事をしていると、 裏口の鍵を開ける音と妻の声がした。 声を掛けようとした瞬間、男の声が・・・。 「わざわざ来てやったんだから、たっぷりサービスしろよ […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ ザーメンを欲しがる妻は凄く淫乱ですwww

私の彼氏が娘を無理矢理襲っていました…
35才のシングルマザーです。 13才の娘もいます。 今、再婚を意識できる年下の32才の男性とお付き合いしてます。 以前に、私一人だと生活が苦しくて相談した所、 色々とお金の面で助けてもらいました。 とても優しくて男らしく […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 私の彼氏が娘を無理矢理襲っていました…

派遣先の会社にいる爆乳お姉さんと中出しセックス
僕は28歳の派遣社員です。 半年ほど前から勤務している派遣先の会社には、 凄い爆乳の女性がいます。 彼女は僕のいる部署の社員さんで、 歳は38歳、顔は演歌の天童よしみ似。 体型は結構太めなのでお尻も大きく、 お腹も少し出 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 派遣先の会社にいる爆乳お姉さんと中出しセックス

もう少し上手く対応出来たら童貞を卒業出来たのに・・・
10年くらい昔だけど、何でだか忘れたけど、 二人姉弟の姉(当時女子大生)とオレ(大学入ったばかり)で、 二人で飲みに行って、 お互いベロベロに酔っ払っての会話。 ちなみに当時の姉は、 安っぽいというか庶民的な瀬戸朝香って […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ もう少し上手く対応出来たら童貞を卒業出来たのに・・・

セックスレスでDVを受ける美人な人妻とセックス出来た話
子供の同級生の美人な母親、美紀。 運動クラブ合宿の時に沈んだ顔をしていたので、 「子供の前では笑顔で」という会話から関係が始まった。 バーベキューや親同士の飲み会で美紀のことがだんだん分かってきた。 旦那の評判や、仮面夫 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ セックスレスでDVを受ける美人な人妻とセックス出来た話

ご主人は疑ってやきもちを妬かないの・・・
夜買い物に行っていると、女性が声をかけてきた誰かと思ったら、かつての同僚(夏子)だった夏子さんは細身のかわいい女性です歳は45歳だけど、男好きのするタイプです
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) ご主人は疑ってやきもちを妬かないの・・・

男たちは卑猥な言葉を言いながら母の体を・・・
私は学校が春休みで家にいました。風邪気味もあって自分の部屋のベッドで寝ていると、いや、やめて、という声が聞こえて下に降りて、廊下からこっそり、リビングの中を見ていると
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 男たちは卑猥な言葉を言いながら母の体を・・・

あるスポーツチームに集団で犯された
画像はイメージです
18歳の時なんですが、当時あるスポーツのファンでした。
メジャーでは無いのですが一般的には程々に知名度はあるっていう程度。

私はそのチームの中で、やっぱりイケメン系の選手のファンになりました。

他にもファンは多数いて、覚えて欲しいから色々プレゼントしたり、練習も応援しに行ったりしていました。
それが良かったのか、程なくその選手に顔と名前を覚えてもらい、打ち上げに呼んでくれたりして。
その流れで「俺と付き合いたい?」と聞かれ、「うん」って返したら、それをきっかけに初めてエッチをしました。

私は初めての経験だったので、痛かったけれど物語の王子様が私を選んでくれた!という幸福感に包まれて、とても幸せに感じてうれし泣きしてしまいました。
泣いている私を見て、「そんな泣くほどの事か」と笑いながら頭を撫でてくれて、抱き締めてくれた彼の優しさ。
それが忘れられなかったばかりにあんな目に遭ってしまって・・・と今は思います。

その後、私は彼女なのかそうでないのか、とても中途半端な立場でした。
でもそれを聞くとウザがられてしまうかも?という不安から確認も出来ず、非常にモヤモヤしたものが残りながらも相変わらず応援したり、呼ばれれば彼のところに大喜びで駆けつける、そんな日々を過ごしていました。
それでもどんどん悲しくなって・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私「私は◯◯の彼女って言っていいの?」

意を決して聞くと・・・。

彼「お前が俺を好きなんだろ。俺もお前を気に入ってる。それでいいじゃん」

彼を好き、だけれどとても苦しい思いをし続けていて、当時の私の判断力はかなり低下していたと思います。
何度も同じ質問をしてしまったり、他のファンの女の子に囲まれている彼を見ているのが辛くて涙が出てしまったり。
そんな私を疎ましくなったのか、彼は私を遠ざけるようになりました。
そうなると必死に追いかけてしまうもので、彼からの連絡をずっと待って携帯を24時間手放せなくなったり、呼ばれればどんな時間でもすぐ会いに行ったり・・・。

そんな感じで、ある年の春です。
彼にいつも通り呼び出され、いそいそと向かいました。
場所はそのチームの部室。
到着してみると彼は居なくて、部長さんが居ました。
当たり障りの無い挨拶と世間話をしていると、隣の用具室から物音がします。
部長さんに促され、一緒に隣のドアを開けてみると、彼が女の子とエッチしてました。

古くてクッションのへたったソファーの上で、彼が女の子を四つん這いにして後ろから腰を動かしていました。
体位を変えて今度は抱き合う形で彼が下になって、女の子が上で動くたびに彼のお尻がずり落ちて結合部分が丸見え状態。
私はショックで、心と体が急速に冷えていくのが判りました。

気がつくと部室のソファーに座っていました。
まだ指先が震えていて、涙は出ていませんでした。
部長さんが何か言っていて、頭の中でキーンって音が響いていて、喉が苦しいくらい引き絞られていて何も言えず、現実感が無いまま呆然としていました。
部長さんに肩を抱かれて背中を撫でられると、涙が溢れてきて嗚咽を漏らして泣きじゃくりました。
どれ位そうしていたか判らないのですが、落ち着いてくると部長さんがティッシュをくれて、それで目と鼻を拭いていると、いきなり部長さんがキスしてきました。
最初は抵抗したのですが、抱きすくめられると満足に抵抗出来ず、諦めて受け入れると今度は胸を弄ってきて、気がつくと私の両手を大きな左手で上に押さえられ身動き出来ないようになっていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

部長「ずっと好きだったんだ。本当に。ずっとお前の事見ていたんだよ」

私「本当に?」

部長「本当だよ。ずっとあいつしか見ていなくて苦しかった」

私、その言葉にすがってしまったのかもしれません。
抵抗をやめて、部長さんの首に手を回して抱きついて、受け入れてしまいました。
それまで荒々しく抑えていた部長さんの手が優しくなって、体重をかけないように腕を支えて胸を吸ってきたり、あそこを優しく撫でて摘んできたりします。
彼とのエッチよりも優しくとても上手くて、快感の波があそこから全身に広がって、鳥肌が一斉に沸き立ったり、気持ちよすぎて苦しくなったり夢中になってしまいました。

部長さんは自分のパンツを下ろしました。
今まで彼のしか見た事無かったのですが、彼のを大きいと思っていたら部長さんのは更に大きく、驚きました。
手で握ると指がつかない、熱くて硬くて玉も重くて色も全体的に黒っぽい。

「舐めてくれる?」と促されて、恐る恐る舌を付けると「はぁ」と声を出します。

今度は部長さんがソファーに座って、私が跪くようにしゃがんで舐め続けます。
頭を撫でられ、「あー。凄い。ずっとこうしたいって考えてた。あー、もう感激だ」と部長さんは繰り返して、彼からそんな求められるような言葉を聴いたことが無かった私は嬉しくなり、もっと喜ばせてあげたいと思って頑張って、なるべく喉の奥に入れるように舐めました。
でも全部入りきらず、何度も“おぇっ”ときてしまい、その度に部長さんは優しく「あー。凄い、気持ちいい、無理しなくていいよ。すごく気持ちいいから」と言ってくれます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

部長さんのは全体大きいのですがカリの部分がとても太く、口に含むとその部分だけでもいっぱいに感じてしまうほどでした。

部長「もうイッちゃうから。だめだよ」

お姫様抱っこされました。
そしてソファーに優しく下ろしてくれて、服を全部脱がされ私の足を開くと部長さんのモノをあてがってきました。
とても熱くて、それがちゃんと入るのかドキドキしていると、その先っちょで私のあそこをぐりぐりと入れないで押し付けてきます。
指と違う感触で、クリを重点的に押し付けられ、気持ちよさともどかしさで声が出てしまいました。
私の腰が動いた時、ごりゅっと音がして部長さんの物の先が入ってきました。

「あー、入っちゃった」

部長さんがそう言って、ぐぐーっと入ってくると、とにかく大きい。

部長「きつ、すっごいきつい、だめだよそんな締めちゃ、イッちゃうよ」

私は大きくて苦しいような気持ち良いような、そんなのでしがみついて叫ぶように声を出していました。
部長さんが口を塞いで舌を吸い、腰を動かしてきて、息が苦しいので鼻息が凄くなり、わけがわからなくなってしまいました。

「だめだ。ちょっと移動。動き辛いw」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


部長さんが起き上がって抜くと、内臓ごと持っていかれるようなすごい感覚。
部室に置いてある長テーブルの上に仰向けに寝かされ、足は下に下ろされました。
また少しあそこを舐められ、体がビクビクして軽くイクと、また入れられました。
しかし先程よりも入ってくる感触が大きくて「うぁぁ」と声を出してしまうと「さっきの、密着は凄いんだけれど全部入らなかったからさ」と笑います。

私「無理、怖い」

部長「優しくするから」

徐々に動きに馴染んでくると、ゆっくりからだんだん奥を突いて、そして動きも早くなっていきます。
苦しいのと中が痛い感じはするのですが、快感も強くて夢中になっていると、「あ!すいません!!」と声がします。
部員の一人が入ってきたのです。
私は夢中になりすぎていて、扉の音が聞こえなかったのです。

慌てて部長さんを押し返そうとすると、部長さんが「あ、いいからいいから」と言います。

えーっと思っていると、「まぁいいから見てろって」と私の腰を掴みます。

部員の人は「えー」と笑いながら近付いてくると、丁度結合部分を横から見ます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は恥ずかしくてその部分を手で隠そうとすると、その手をどかされてその部員の人に抑えられます。

部員「やっぱ部長のデカいっすね。抜く時引っ張られてクリがむき出しになってますよw」

部長「ちょっと触ってあげて。中がまだきつくて苦しそうで可哀想だからw」

部員「えー」(ちょっと抵抗気味)

部長「おら、先輩命令だ。クリ撫でろ」

部員の人がクリを撫でて、部長さんは体を起こして腰を動かします。
足を上げて抵抗しようとすると足を抱えられ、起き上がろうとすると部員の人に乳首を吸われながらクリを摘んだり撫でられたりして、物凄い快感と困惑と恥ずかしさで夢中になり、イッてしまっても止めてくれず気が狂いそうになりました。

何度イッたか判らないですが、部長さんが「あーだめだ、イク」と言うと内臓の奥を突くような激しさでお腹の中で暴れるように動いて、私もまただんだん更に膨らんでいく部長の亀頭の刺激と精子が出るドクンドクン、という律動にイッてしまいました。

部員の人が何か言ってて、もう頭の中、ぼーって音で呆然としていると、今度はその部員の人が入ってきます。

「うあ。すご・・・。にゅるにゅるで」とかなんか言っていたかも。

机のガコガコいう音と、部員の人の激しい腰使い、部長さんのより大きくはないですが獣じみたような激しい速度で動かされて、また私は程なくイッてしまいます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

気がついたら部長さんのを舐めて、部長さんはさっきの部員さんのように手を伸ばして私のクリを摘んで擦り合わせます。
もうお漏らしをしているようにあそこがドロドロなのがわかります。

「お前らも順番だぞ順番」という言葉。

どっちが言ったんだか今でもわかりませんが、頭を上の方に向けると、ぞろぞろと何人かが入ってきたのが見えました。
差し出されるペニスを力なく頬張ると、頭を抑えて動かしてくるので舌だけ動かします。
精子を出されても飲み込めなくて、そのまま口から垂らすと次々にまた差し入れられます。
そして私の手をペニスに握らせて外側からその人の手で包んで動かされたり。
勿論両手です。
あそこからは精子がドロドロと流れて、私は物になったように口も手もあそこも使われていました。

少なくとも10人は居たと思います。
終わらない快感に、無感覚になって無反応になっても構わずに私を貪るように動く人達。
どこに手を伸ばしてもペニスがあり、顔を背けてもその方向に別のペニスがやはりあり、私の腰は順番待ちで誰かしらが抱えるように抑えて動けません。
自分が動かなくても、彼らに抱えられて動かされ、また突き動かされます。
体もテーブルも動くほど腰を叩きつけるように激しく動かされ、壊れそうになっていました。

何人の人が私の中でイッたかわからない位された後、「やっぱ最後はコレで締めだろ」と言っているのが聞こえて、長テーブルの上に部長が横たわり、私が上に乗せられて下から突かれると、その私の後ろに誰か立っていてお尻に入ってきます。
その異様な感触に「ふぅあああああ」と声を出すと、私の反応が良かったのか後ろの人は激しく動き、私は声を上げ続けます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その人がイクと、また同じように何度も入れ替わって他の人が入ってきて、後ろの感覚は声がどうしても出てきてしまいます。
その間、前に入れている部長さんは動きを止めていたり、微かに動かしてきたりします。

もうお尻にも入れる人が居なくなると、部長さんが前から抜いて私を後ろ向きにしてお尻に宛てがいます。

「やっぱ最後じゃないと俺ので裂けちゃうだろ」とか言っていました。

色んな人が中で出していて、でもやはり部長のは大きくてミシミシと音がしてくるようでした。
そして体をくるっと入れ替えて、部長がお尻に入れて私が仰向けになるようにしてみんなに見えるようにします。

「うわ、ぽっかり口開けてるよ」
「すげぇ、まだ垂れてきてる」

・・・とか言われてました。

部長が「ちょ、前入れてやれよ、俺も2本刺ししてぇ」と言っていて、見ている人達がニヤニヤしていました。

一人が覆いかぶさってきて、焦点が合わないのかクラクラした視点でその人を見ると彼でした。
幻覚?と思ったのですが、やはり彼なのです。
もう色んな感情が噴出して無茶苦茶になった私は、とにかく快感に神経を集中してまた絶頂を向かえ、気を失いました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

後から聞いたのですが、その時の狂いぶりに興奮した何人かが、気絶した私に入れたりしていたそうです。
目が覚めると、部長さんが私を抱き締めて座っていて、知らない部屋にいました。
そこは部長さんの部屋だったらしく、私はまた深い眠りにつきました。

目が覚めると真っ暗で、先ほどの部屋。
時間の感覚が無くて、まだ傍にいてくれた部長さんに聞くと丸一日眠っていたそう。
ゆっくり落ち着いてから話を聞くと、彼は気に入った女の子に飽きてくると、ああやって皆に輪姦させて別れる、というのをよくやっているそうです。
私が泣き出すと、また優しく抱き締めてくれて、「俺が好きだって言ったのは嘘じゃないから」と。

そして「気持ちの整理がついて、嫌じゃなかったら付き合って欲しい」と。

帰って病院に行くと、膣の中は傷だらけ、肛門も何箇所か裂けてしまっていたようです。
告訴するとかなんか聞かれたけれど、とにかく断ってアフターピルを処方してもらい、後は傷のための抗生物質を貰い、血液検査も受けました。
半年後の検査でも陰性でほっとしましたが、しばらく苦しみました。

携帯はそれがあった月の最後に解約して、家に引きこもりました。
勿論、試合も練習も見に行く気にはなれません。

そうして半年が過ぎる頃、部長さんがうちを探し出して話をしました。
そしてやはり辛い気持ちが強過ぎる為、「もう放っておいて欲しい」とお願いして、それ以来お会いしていません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか あるスポーツチームに集団で犯された

僕をロリコンにさせたTの割れ目
画像はイメージです
あれは、忘れもしない小学4年の夏、水泳の授業があった日の事です。

当時、僕の隣の席だったTは学年中でも一番の美少女でした。
数十年経った今でも、卒業アルバムを見ると断トツで可愛いと思いました。

そんなTの、あんな姿を見たのが原因で、僕の様なロリコンが生まれたのだと思います。

その日、僕は風邪気味で楽しみにしていた水泳の授業を休みなさいと母親に言われ、若干不機嫌でした。
そして、水泳の授業後が給食だったので、班毎に別れて席を向かい合わせて準備をした後に皆は着替え始めました。

(今では考えられないでしょうが、当時は男子も女子も同じ部屋で、ゴムをボタンが付いたバスタオルみたいな物で体を隠して着替えていました)

僕は見学なので、皆が着替え終わるのをぼーっと待っていました。
その時、ふと前屈みになったTに視線を向けると、起き上がる時に、たった今脱いだ真っ白なパンツを自分の机に起き、スクール水着を袋から取り出そうとした瞬間でした。
前で閉じるタイプのボタン付きタオルが引っ掛かって捲れ、Tの綺麗な割れ目がチラリと目に入りました。
母親の位しか見た事がなかった僕はビックリ!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


しかも、Tはボタンも煩わしかったのか、首の下のボタンを1つだけ残し全部外してしまってました。
当然、僕にはスクール水着を着るまでずっと丸見えだった。
しかも肩まで掛ける時にはタオルは外していたので、少し膨らみ始めた胸もしっかり拝めました。

そして着替え終わり、ずっと見ていた僕の視線に気付いたTは、キョトンとした表情で小首を傾げていて、滅茶苦茶可愛く感じました。
慌てて目を反らしましたが、多分僕の顔は茹でダコの様に真っ赤だったと思います。

こんな事があったからか、Tの事を好きになっていたのですが、子供な僕にはそれを気持ちとして伝える事は出来ず、からかったりいじめたり(最近の子供がやる陰湿なものではなく、もう少し可愛いものでしたが)を繰り返しているうちに、意地悪な人と思われたみたいで、いつの間にかまともに相手にして貰えなくなってしまいました。

Tとは卒業以来会う事はなかったのですが、その後、肉体関係になった女性のアソコを見ても、あの時のTの割れ目と頭の中で比べてしまって、グロテスクで気持ち悪いとしか思えません。

(今のTのを見ても同じように思うでしょうが・・・)

自分で処理する時も、Tを思い出したり、ジュニアアイドルのDVDや、ロリ漫画を見ながらが一番でした。

結局、あの事が、僕の初恋と一生モノの性癖が同時に生まれた瞬間だったのだと思います。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 僕をロリコンにさせたTの割れ目

兄妹、二人きりの生活の中で・・・
画像はイメージです
僕の家庭は、父は交通事故で僕が高2の時死んだ。
母も翌年、持病で死んだ。

妹の沙織が居たため、死亡保険で下りたお金で養った。

ちなみその頃は中2の14歳、俺は17歳、三つ離れてたため、仲は良かった。
妹は俺と違い頭が良かったし、容姿も良かった。
運動も出来た。バスケだっけ・・・。
料理は普通の子より得意だった。
まさに才女ってやつか。

俺は彼女はいたが、沙織のためにバイト三昧だった。
そのため家に帰ると沙織の手料理が並んでいる。
旨かった。

恩返しとして、ケータイとお小遣い月2000円をやる事にした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そしたら急に沙織がモテ始めた。
無論、使用料とやらでお金が逃げていった。
だが沙織は違っていた、家事をほぼ全部やってくれた。
だから許した。

シスコンって奴か?それが続いた。

沙織が中3になった、俺は高3か。
気づいたら沙織は結構身体付きが良かった。
カップもDぐらいだから俺の好みだったし、やりたい位だった。
だから彼女と別れた。

「生活とバイトで忙しい」

すんなり理解してくれた。
ありがとう!

そんな中、その時が訪れた。

夕方頃、沙織が帰宅。
服を脱ぎブラとパンツにエプロンで台所に立った。
新妻か!って俺の息子はビンビンになって沙織に気づかれた。
ついに沙織に。

「おにぃ、立ってるよー変態」と言われる始末。

しょうがなく・・・。

「お前のせいで立ったんだよぉー!」と泣き泣き言った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まぁそのまま夜飯になった。
今日もウマイぜ沙織!とか思いつつ、喋っていた。

そしたら沙織が「今日は一緒にお風呂入ろー!」って抱きついてきたから、一緒に入る事に。

何年ぶりだろうと思いつつ風呂に行った。

俺は先に入った。
次にノーガードの沙織が入った。
思わず、また立ってしまった。
沙織はモデルのようなプロポーションだった。

沙織は俺の立った姿を生で見て、「うふふっ」と笑った後、洗ってくれてたけど、沙織の乳首が当たって両者我慢の限界だった。

俺は沙織を押し倒したのち、優しくキスした。
沙織は明らか感じていた。

「沙織、やっていいか??」

沙織は頷き、嬉しそうに言った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「おにぃのために、処女守ったんだから大事に貰ってねっ」

そう言い、俺の息子を頬張った。
俺は沙織のお口を楽しんだら、俺は寝てその上から沙織のマンコをペロペロし、沙織もフェラをした。
69か・・・。

沙織が漏れたため入れる事にした。
まず、騎乗位からした沙織が上から俺の息子を持ち、自分のマンコに差し込んでいった。
沙織の中はキツキツだったが、慣れてくると沙織から腰を振り「はぁっあぁんんっ」っ言ってた。

俺「あぁっ!イクかも・・」

沙織「はぁん!ぁんイクぅっっ!」

一緒にいって、ヘナヘナなった息子に付いた混合液を沙織が舐め取ってくれたおかげで、俺の息子も元気になってリビングでバックから突いたり、座位したりと色々プレイしました。
寝る時フェラだけだったんですが、沙織が足りないと言うから3回戦まで持ち越し、オナニー対決でどっちが早くイクかやりました。

今でも近親プレイのみやっています。

読んでくれた方ありがとうございました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 兄妹、二人きりの生活の中で・・・

ヤンキー・はるか
画像はイメージです
よく行ってたスナックに、客のオッサンとアフターに来た近くのラウンジのホステスと仲良くなって酷い目にあった。

最近は良く知らないけど、当時の大阪ではホステスは一見みんなヤンキーだったけど、そいつの親は有名な組織の元組員で、かあちゃんはホステスっていう本物のDQNだった。

本人は17で子供を生んで当時19才、顔は綾瀬はるかをだらしなくした感じで結構可愛かった。

俺は当時23でそんなに女性経験が無く、水商売とかヤンキー女と付き合った事も無かったけど、当のスナック従業員の女の子目当てで通ってた。
だけど、上手く行くはずもなく、もう誰でも良いからって感じになってた。

ヤンキーはるかと初めて会った日は、アフター中でおっさんもいたんで、直ぐ別れたが、2度目に二人で飲みに行った時、いきなり「付き合って欲しい、彼氏になって」って告白された。
スナックの娘達が俺を薦めてくれたらしいし、単純に見た目や雰囲気がタイプだったそうだ。

はるかは近くで見るとまつ毛が長くおめめもぱっちりで可愛かった。
早速、近くの俺のワンルームマンションに場所を移したが、ヤリチンどころか、恋愛経験の少ない俺は、いきなりじゃ嫌われると思って朝まで一人ノリツッコミとかしてた。

次のデートの時に、「そういう所も好きになった」って言われて嬉しかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

また何もしなかった。

デートは彼女の出勤前の19時頃に食事するとか、仕事終わって深夜1時からカラオケに行く感じで、スナックだかラウンジで働いてるって話だけど、店の名前も教えてくれないし、「行ってあげる」って言っても「来なくていい」って断られた。
これは俺を客とかじゃなくて本当に彼氏と思ってるんだって思って、嬉しかった。
デートも割り勘だった。

二週間位経って、さすがにもうキスくらい良いだろって考える様になった頃に、二人でミナミまで遊びに行った。
プライベートのデートなのに、はるかの服装がちょっとアレで、なんか同伴みたいで恥ずかしかったけど、まあ楽しかった。
食事、ゲーセン、バー、カラオケ、何だかんだで深夜になってコンビニに入った。
なんかホステスとか風俗とかそんな感じの客だらけのコンビニでレジも込んでたんだが、ヤクザのおっさん二人組みがレジのお兄ちゃんに大声で絡み始めた。

はっきり覚えてるのは、手で拳銃の真似して・・・。

A「ワレ、撃ち殺すどオオー」

B「兄弟、まあ、許したらんかい、お兄ちゃんびびっとるやんけ」

AB「ケタケタケタケタwww」

他の客と俺、全員避難。
が、はるかは・・・レジ空いたラッキーって感じでヤクザの真後ろに移動。

ヤクザと一緒に「ケタケタケタケタwww」

ヤクザとはるかは精算済ませて店の外でにこやか談笑してる。
俺は雑誌コーナーでドン引きしてた。

キス、いや今日はこのままラブホでもって期待もあったけど、へタレな自分がチョット恥ずかしくなったのでタクシーで帰った。
はるかは普通にヤクザのやり取りが面白かったらしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そんな事もあったけど、やっぱ可愛いし早くセックスしたいと思ってた。

やっとその日が来た。
突然だった。
深夜にはるかから電話、泣いてた。
実家に連れ戻されて出られない。
親が彼氏を呼べと言ってる。
なんかそんな感じ。

凄く迷ったがここで行かなかったら今後は無いし、実家っていってもタクで2K位だし、何か言われても俺何も悪い事してないし行った。
両親と妹と、なんか赤ちゃんがいたよ。
はるかそっくりでカワイイの。

話はもうメチャクチャだった。
はるかがバツ一で子持ちだった事。
俺とは一年くらい付き合ってて、婚約したとか皆に嘘ついてた。
はるかも色々悩んでたんだろうが馬鹿だから・・・。
お父さんは酔っ払って武勇伝。
昔の写真とか持ってきてさ、ヤクザ時代の。
俺、もうはるかとは終わった、と思った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


帰ろうと思ったけど、執拗に「泊まっていけ」ってはるかが言う。
泣き顔見てたら、可哀想だって気もしたし、朝電車で帰る事にして泊まった。

実家は下町の長屋みたいな2階建て。
古いし狭い。
お母さんが2階に布団敷いてくれた。

「あんたら、布団1枚やで」って、一年も付き合ってたらそんなもんか。

実際は一ヶ月も経って無いしプラトニックだったけど、襖一枚挟んでお父さん寝てるし・・・。

俺はそんな状況に何も考えられなくて、布団に入ってじっとしてた。
一応、下着だけになって。
はるかが部屋着のスエット脱いで入って来た、まだ泣いている。

「今日はごめん、もうアタシの事キライやろ、ホンマごめん、アカンと思っててんけど・・・ねっ、じっとしてて」

はるかはそう言うとキスしてきた。
そして舌を入れてきた、ディープキスって気持ち良い。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

キスしながらはるかの手はTシャツの下の乳首を触ってくる。
キスは段々と首筋に移動。
ぺチャぺチャ音がする、Tシャツを脱がされる俺。
はるかは今度は乳首にキス、上半身を舐め回す、超気持ち良い。
はるかもシャツを自分で脱ぐ、ノーブラだったからいきなり目の前におっぱいだ。
触る前に、しゃぶった。
じっと仰向けの俺がやりやすい様にはるかは上下左右に動いてくれた。
キスとおっぱいを十分堪能したら、またはるかが俺の胸を舐め始めた。
段々と下の方に、へそよりも下まで、パンツのウエスト部分が邪魔になってきた。

すでに、俺は超勃起状態で我慢汁でパンツも濡れ濡れだった。
はるかがパンツを脱がしてくれた。
フェラかと思ったら、何故かそこはスルーして脚を舐めてる。
膝あたりからだんだん上に戻って来て、内ももから脚の付け根、そしてうつ伏せにされて膝の裏からまた上に上がってくる。
そしてアナルを舐め始めた、シャワーも浴びてないのに。
また仰向けになって、やっとタマタマ裏筋を舐め上げて、亀頭にキスそしてパクっと咥えた。
ゆっくりと上下に動きながら片手でタマを触ったり、乳首を触ったり・・・。
俺ははるかを触る訳でもなくじっとしていた。

もう限界だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

上下運動が激しくなってくる。
片手でタマやアナルを絶妙に愛撫してくるテクニック。
もっと味わっていたいと思った時、すでにはるかの口の中に放出していた。
何度も脈打ってたのをはっきり覚えている。

それでも俺はギンギンなままだった。
はるかを見る、口元を押さえてる。
俺は、ティッシュはどこかなーってキョロキョロするけど分からない。

はるかが俺に顔を寄せて来た、小さな声で・・・。

「ティッシュとか無いねん、この部屋」

はるか喋ってる・・・。
ごっくんしてた、なんか感動。
てかスゲーって思ったのが本音。

それから、またペッティングが始まった。
超興奮状態なので、自分の精液臭い口など全く気にしない。
ディープキスしながらおっぱいを弄る。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

はるかはまだ濡れてるペニスを優しく、軽いタッチでしごいてくる。
俺は、まだパンティーを穿いたままのはるかの尻を揉みまくった。
柔らかい、次にパンティーの上からオメコの辺りを軽く触ってみた。
びっしょり濡れていた。

我慢できずに、片手で脱がしはじめる。
はるかも自分の足を上手く使って協力してくれる。
抱き合ったまま、キスし合ったまま、二人とも全裸になった。

キスしたままアソコに触ってみる。
はるかの愛液を指に絡ませクリトリスを撫ぜてみると、「アッ、アカン声出る、アッ、アッ」って必死に我慢してる。
ふすま1枚、おそらく距離にして2メートル位のとこでお父さんが寝てる。
俺もはるかも、声を出さない様に、物音を立てない様に注意しながら互いの体を愛撫しまくった。

次に中指を入れてみた、ヌルッといやスルッと入った。
やはり出産もしてるしセックスの経験も多いだろうからガバガバなのかな?
一瞬冷静に思ったりしたが、人差し指と中指の二本にして挿入すると、はるかの反応が良くなった。
指の腹でGスポットの辺りを擦ったり、クリトリスを触ったり・・・。
はるかが声を出さない様に必死で耐えてる様子が凄く興奮した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「入れて」

はるかが言った。

「でもティッシュもゴムも無いやん、布団汚したらあかんし」

はるかがまたちょっと泣き顔、泣き声になって、「ええやん、ええやん、そんなんアタシが綺麗にするやん、口で綺麗にしたるやん、な、ええやろ、じっとしてて、な」って言うなり俺に跨って来た。
そして慣れた手つきでペニスを握り自分のオメコに誘導していった。
2、3回オメコの入り口に亀頭を擦りつけ愛液を馴染ませる、そしてゆっくりと腰を落としてきた。
ニュルニュルっと根元まで入った。
そしてゆっくりと上下運動を始め、ペニスを抜き差しする。
俺は両手で尻を揉んだり、胸を撫で回したりした。
そしてはるかの体を抱き寄せ、またキスをした。
さっき射精したばかりなのにもうイキそうになってた。

「音がヤバいからちょっとこのままで」

そう言ってはるかの腰を掴み動きを止めた。
しばらくして、また動き始めた。
今度は根元まで挿入したままグリグリとクリトリスが擦れる様に、そして上下左右、円を書くように動かした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺も時々下から突き上げる様に動かしてみた。
下にいると、はるかのオメコからの愛液が俺のペニスを伝って睾丸や尻の方まで垂れてくるのがわかる。

それにしてもはるかの肌は白くツルツルでまさにもち肌だった、吸い付く様だ。
胸も授乳しなかったらしく垂れてもないし、乳首も乳輪も大きくも黒くも無かった。

ヌチャ、ぺチャ、ヌチャ・・・卑猥な音がしてる。

「アン、ッハァーァーン」

ヤバい、はるかが我慢出来ず喘いでる。
はるかの上半身を抱き寄せキスで唇を塞いだ。

俺は下でじっとしている事に満足出来なくなった。
自分で激しく突き刺したい。
はるかのオメコに自分の思う様に思いっきり強く。

「交代しよう」と言って上下逆になった。

正常位だ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

だけどギシアンがヤバい。
激しく動くと俺もイッてしまいそうでなので、ゆっくり静かにピストン運動を繰り返した。
その間もずっとディープキスをしてた。
それがちょうどはるかの喘ぎ声を止める事にもなっていた。
イキそうになると動くのをやめて胸を揉んだり舐めたりした。
クリトリスを触ったりもした。
敷き布団はもうべっとり濡れていたがそんな事はもうどうでも良かった。

絶頂に近づいていた。
はるかも声が我慢出来ずに漏れ始めていた。
俺は手のひらではるかの口を押さえて少し強くピストンし始めた。
はるかのオメコの感じが少し変わってきた。
広めのオメコだと思っていたのに、急にキツクなった。
入り口から奥まで全体でペニスを締め付ける。
それと同時にはるかが下から腰を突き上げる。
そして俺の手の平の中で喘ぎまくってる。
俺も限界だ。

はるかの耳元で・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「なあ、イキそうや、ええか、出してええか」

はるか「うん、ええで、出して、そのまま出して、ええから、大丈夫やから」

俺はそれを聞きながら激しく腰を動かした。
思いっきり。

2回目の射精は思いっきりはるかの膣の中に出した。
2回目なのにペニスはドクドクと脈打って沢山出たと思う。
同時にオメコの締め付けが強まって、精液を搾り出されてる。

何とも言えない気持ち良さだ。
相変わらずペニスは勃起したままだった。
そのままの状態でしばらく過ごした。
そしてその正常位のまま、もう一回射精した。
今度は最後もゆっくりピストンして。

敷布団はもう大変な事になってた。
はるかはまず俺のペニスを口で綺麗にしてくれた。
オメコはパンティーで拭いていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

幸いドロドロの精液は布団にはそれ程こぼれては無かった。
はるかがスウェットで布団を拭いていた。

俺は満足感と疲労で寝た。
だけどさすがに熟睡など出来ず、明け方には目が覚めていた。
はるかも同じだった。
さっきまでのギシアンがバレてないか心配だった。
布団を敷いてくれたお母さんは良いとしても、隣のお父さんが恐かった。

朝、お父さんが起きた気配がした。
俺達は寝たふりをした。
お父さんが襖を開ける。
俺達がいる部屋を通らないと一階に行けないのだ。

オトン「んあぁ、誰や、おおぉ、はるかちゃんか、んと彼氏か」

気を使ったのか小さな声で喋りながら降りていった。
良かった。
俺は仕事の始業時間が遅いので、9時位にはるかと一階に行った。
お母さんと、赤ちゃんだけだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

簡単な朝食が用意されてあった。
それを頂いて、とりあえず一緒に帰る事を許された。

別に一緒じゃなくても俺は良かったんだけど、それに一緒に住んでる訳でもないんだけど。
実家から駅まで徒歩10分。
電車で15分。
それから徒歩10分で帰り着いた。

はるかは店の寮に同僚と二人で住んでいて、俺のマンションからも徒歩2分だった。
途中、なんかヤリまくっちゃったのが恥ずかしく、何を話して良いか分からず無口だった。
帰り着くまで、はるかはずっとノーパンだった。
パンティーとスウェットはどうしたんだろう。
布団見てお母さんどうしたろう。
そんな事を考えてた。

はるかは明るい時間に一緒に歩くには結構恥ずかしいファッションセンスをしていた。
ちんこの根元が痛かった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか ヤンキー・はるか

私の身体の中に放出されました
画像はイメージです
スポーツクラブでインストラクターをしていました。
当時、毎週水曜日は地域振興の一環で、午後2時から6時までの比較的暇な時間帯を中高生に無料で開放していました。
6時も過ぎ、会員様が来る時間の前に一通り点検をしていました。
中高生が使った後は、物が散らかっていたり、忘れ物などが多いのです。

女子更衣室を見回りに来ると、一番奥の個室の扉が閉まったままでした。
まだ生徒が残っているのかなと思い、声を掛けようと近づいてみると、2人くらいが入っている気配を感じました。
はっきりと聞き取れませんでしたが、女性が小声で何か話している声と、うん、うん、と返事をする少年っぽい声が聞こえてきました。


私は息を殺して扉に近づき聞き耳を立てていました。
相変わらず、話ははっきりと聞き取れませんでしたが、男の子の照れ笑いのような声や、女性のボソボソという声しか聞こえません。

私は直感的に何をしているのかがわかりました。
スポーツクラブではこういう事はよくあるんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ただ、女性と少年というケースは初めてでした。
私は更衣室の入り口を振り返って確認し、そっと扉の下の隙間から覗いてみました。
まず見えたのは女性が跪いている脚というか下半身。
少し身体を前のめりにして奥を見ると少年の脚が見えました。

私は胸の心拍数が高まりました。
後ずさりするように更衣室の入り口に戻り、一度深呼吸をしてから中に向かって声をかけました。

「もう、終了の時間ですよ。早く支度してくださいね」と、言う感じに。

すると中から女性の声で「はーい、わかりましたー」という返事が。

私はちょっと笑ってしまいました。

私は更衣室の出入り口が見える、ちょっと離れたところで、どんな女性や少年が出てくるんだろうと隠れて見ていました。

しばらく待っていると女性が出てきました。
初めて見る、一見、30代半ばくらいの女性でした。
でもなかなか綺麗な女性で、何事もなかったような表情で玄関から出て行きました。

そして少しして今度は男の子が出てきました。
あ、あの子だったんだ?
彼は中学3年生で毎週熱心にここへ通って来る子でした。
ちょっと戸惑うような感じで、辺を確認するように出てきました。
私はちょっと笑っちゃいました。

私は男の子の後ろに近づき声をかけました。

「こんな時間に何しているの?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男の子は、一瞬驚き戸惑いながら後ろを振り向きました。

男の子は「遅くなってすみません」と謝ります。

「キミ、女子更衣室から出て来たよね?何してたの」

私の問いかけにかなり焦っている様子で、ちょっと可哀想に感じましたが、その困惑した表情に何とも言えない可愛さを感じました。

「最近、盗難が多いの。女性の水着や下着がよく被害にあってるの。もしかして、あなた?」

私はありもしない嘘をでっちあげて、男の子に問いかけてみました。

「違います!帰ろうと思たら出口を間違えて・・・」

「うそでしょ、私はずっとここに居たけどキミを見るのは今が初めてよ?」

男の子はどう言ったら見逃してくれるんだろうと、考えているようで沈黙しているようでした。

「じゃ、そのバッグの中見せてくれる?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ええっ、何も盗ってないです」

「これもね仕事なの。そうしないと私が怒られちゃうの」

自分でも良く言うよ!と内心思っていました。

「いいっすよ、見てください」

実際、盗んでいないからなのか、私の言動が少し弱気に感じたのか、男の子は開き直った感じでバッグを開いて見せました。
当然ですが、盗んだものはあるはずがありません。
中を確認しながら、さて、これからどういう展開にしよう。
私はそんな事を考えていました。

「無いですよね。もう帰っていいですか」

そのちょっと強気な態度の男の子にムッと来た私は、

「ねえ、さっき更衣室の一番奥の部屋で、女の人と何か変な事してなかった?」

私は、すばりと反撃してやりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男の子の顔色が変わりました。

「ずっと聞いてたし、見てたのよ、ここはそういう事するところじゃないんだけど」

「そんなことに使われるくらいなら学校に言って中止にしてもらうかもね」

もう、完璧に脅していました。
今の子はマセているから、「うるせぇクソババァ」なんて反撃されるかもと思いましたが、学校という言葉と、一応、生徒手帳の提示をしてもらっているからなのか、ジッと俯いたままでした。

この子、すごく真面目な子で、挨拶もするし態度もいい子なので、日頃から感心はしていたんです。

「ねえ、教えて?もし、自分がこれは良いことじゃない、と思っていたら誰にも言わないから話してみて?」

私はカウンセラー気取りで彼に問いかけていました。
そして場所を変えて話を聞くことになりました。

話を聞くと、さっきの女性とは今日知り合ったばかりで、プールで泳いでいる時に声を掛けれ、お小遣いを餌に誘われる。
そして5時半に女子更衣室前で待ち合わせて、気持ちよくしてもらっているところに、私の邪魔が入り中断。
フェラの真っ最中でイク寸前だったそうです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ちょっと、可哀想な事をしてしまったようです笑彼も欲求不満、ましてや彼女はもっと欲求不満。
で、改めてやり直しという事で、今、その女性が駐車場のクルマの中で彼を待っているとのことでした。

私は話を聞いているうちに、この素直な男の子が愛しく感じ、何よりさっきの彼のあえぎ声が頭に甦り、嫉妬というか、あんな女に渡してなるものか、という感情が芽生えてきました。

「ねえ、キミはあの女の人のところに行きたいの?」

男の子はちょっと迷っているようでした。

「いくらくれるって約束してたの?」

1万円貰える約束で、まだ貰っていないようでした。

「お金なんて貰ったら大変だよ。お金で買われるんだよ。何されても文句は言えないんだよ」

私はちょっと脅すような事をべらべらと喋っていました。
早い話が行かせたくなかったんですけどね。

「今、出て行ったらあの女の人に見つかっちゃうから、暫く私の部屋で待ってから、それから裏口を教えてあげるからそこから帰りなさい」と、私は男の子に問いかけてみました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男の子は私の顔をチラッと見ると頷いてくれました。

「やった!」

私は心の中で叫びました。

私は専用の個室を貰っていました。
事務作業や仮眠が取れる程度の小さな部屋ですが、完全なプライベート空間です。
丁度、私には1時間の休憩時間がありました。
私は男の子を部屋に入れ、自販機でジュースを買って来て渡しました。

「キミはもう経験してるの?」

「まだ無いんです。今日が初めてです」

「へぇー、初めてなのに大胆ねぇ」

私は感心してしまいました。
度胸があるというのか、子供特有の恐いもの知らずなのか。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「どうしてそんな事しようと思ったの?」

どうやら、周りの友達がどんどん女の子と経験していて焦っていたみたいです。

「ところでさ、さっきイク寸前だったって言ってたよね」

「え、え~、うん」

照れくさそうに返事をします。

「じゃ、続きをしてあげよっか?スッキリして帰った方がいいんじゃない?」

私は男の子の反応を見ました。

心の中では、「あの女よりはちょっと若いし、身体も日頃から鍛えているので多少は自信があるので、どうせなら私の方のがいいんじゃない?」と思っていました。

男の子は、「じゃ、仕方ないからそうするか」とでも言いたげな、照れくささを隠すような仕草で首を縦に振りました。

実は私はこれまでに感じた事の無いくらいに興奮してしまいました。
もしかしたら、彼より私の方が興奮していたかもしれません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私はドアの鍵を閉め、男の子に仮眠用のベッドに座ってもらいました。

「ねえ、さっきはどういうことまでされたの?」

「えっと、キスされて・・・で、ずーっとこの辺から舐められて・・・」

男の子は首から胸、おヘソの下あたりを指でなぞるようにして教えてくれました。

「じゃあ、もう1度復習してみようか」

私は先生気取りでした。
笑キスをしながらシャツを脱がせ、ゆっくりと舌を教えてくれた通りに這わせていきました。
そうしながらベルトを外しズボンを脱がしていきました。

「あれ?」

てっきりトランクスかと思っていたら、超ビキニの競泳パンツが現れたのです。

「キミ、いつもこんなの履いてるの?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ううん、さっきのおばさんにこれを履いて来なさいって、渡されたんです」

いやー、ちょっとやられたって感じでした。
計画的だったんですね。
しかし、どこで手に入れたんでしょう?
私も男性のモッコリにはつい目がいってしまいますが。

中学生でも小さなパンツなのに、カチカチのおちんちんが横に折れるような状態で収納されていました。

「痛かったんじゃない?」

男の子は、「もうそんな事聞かないでよ」と言いたげに照れ笑いの表情をしていました。
私はグッグッと引っ張るようにパンツを脱がしました。

初めて見る中学生のおちんちん。
すごく綺麗だと思いました。
お腹や脚の肌と同じ色。
先端だけが痛々しいほどのピンクで凄く卑猥でした。

「毛、薄いね」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「濃くなりますよね」

どうやら、気にしていたみたいです。

「人それぞれ。でもキミはあまり濃くならないタイプかもね。気にする程じゃないと思うよ」

まずはじっくりと観察させてもらいました。
すると玉袋のあたりが、ほんのりと赤いのです。
口紅でした。
さっきの女の。
もう、ムードぶち壊しです。
私はタオルを濡らして拭きました。
なかなか取れないんですけどね。
ま、これは気分の問題です。
あの時はムッとしたのですが、今考えてみると、性器を知らないおばさんに口で弄ばれて、口紅を付けたまま歩いている中学生・・・凄く卑猥な感じです。

私は改めて男の子の脚を拡げて、おちんちんに顔を近づけていきました。

お腹に張り付くように反り返って痛々しいほどでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は膝の辺から舐めていきました。
嫉妬してしまう程のきめ細かな肌で舐めていても気持ちがいい。
玉袋もコロコロとして可愛かった。

その時の私には、あの女よりももっと気持ちよくしてやろうと、妙なライバル心。

根元の方から丁寧に舐めていき、先端に来たところで、男の子が「あ、いっちゃいそう」と声を上げました。

私は慌てておちんちんを掴んでくわえました。
男の子の腰がグッグッと痙攣するように動くと同時に噴射してきました。
5、6回その噴射が続きました。
私は口の中で最後の噴射まで受け止めていました。
最初は無味無臭に感じましたが、ジワっと後で苦みが増してきました。

男の子はジッと私の顔を見ながら、「飲んじゃったんですか?大丈夫ですか?」と心配そうに聞いてきます。

私はおちんちんをくわえたまま指でOKサインを出しました。

時計を見るとあと20分もありません。
私は慌てました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男の子のモノはさすがにさっきほどの元気はありません。
私は彼を回復させようと色々試してみました。

脚を持ち上げお尻の穴を舐めて見たのですが、くすぐったがるだけで駄目でした。
体勢を替えて下半身のものを全部脱ぎ、彼の顔に跨がって本格フェラで攻めました。
彼の顔に局部を密着させたり、よく見えるように離したり。
彼の鼻や口に私の局部が触れると、逆に私の方がのけ反ってしまいそうでした。
完全な勃起ではなかったのですが、私は再び体勢を入れ替えました。

自分でも笑ってしまうようなガニ股姿で、彼のモノをナマで受け入れました。
男の子は自分のモノがどうなっているのか気になるように顔を上げて見つめています。
慌てて、色気もムードも全くありませんでしたが、私が腰を上下に動かしていると、一気に硬度を増してきました。
私もさらに激しく体全体で上下運動でそれに応えました。

男の子は私の腕を掴むと、「ダメ、ダメ」と真剣な表情で見つめます。

私はかまわず腰を振り続けました。

「ゥ~」と男の子が唸ると同時に私の身体の中に放出されました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私の膣壁ビシッと当たるような感触でした。
あの鮮烈な感触は今でも忘れられません。
放心状態の彼。
私も汗びっしょりで2時間くらい全力でストレッチしたような気分。

私は時計を見て我に返りました。
シャワー室でお互いの身体を洗いっこして、裏口へ案内して帰しました。
あえて、何も言わずに帰しました。

内心はまた来てくれるかな、と思っていたんですが、それ以来、彼は来なくなってしまいました。
やっぱり二周り以上の彼から見ればオバサンじゃ嫌だったかな、とか、彼女が出来たのかな、とか最初は色々気にしていました。
それと、親に話して怒鳴り込んでくるんじゃないかとか、色々恐い事も考えたりしていました。

それ以来、未成年の男の子とは関係を持たないようにしていますが、もし、ひょんな切っ掛けがあればまた暴走してしまうかもしれません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 私の身体の中に放出されました

メイド服でコスプレセックスしたら彼が異常に萌えた
画像はイメージです
先月、彼とエッチしたときのことを書きたいと思います。
以前、ラブホでセーラー服借りてコスプレして、なんだかはまっちゃって、今度はメイド服借りたんです。
そしたら彼が異様に萌えちゃったんですよ・・・。


メイド服が気に入ってちょっとはしゃいでたら、彼がベッドに私を押し倒して髪をくしゃくしゃに撫でながら、すっごくエッチなキスしてきて・・・。
ドキドキしながら「似合う?」って聞いたら、彼が「うん、すっごい可愛い^^」って言いながら私のパンツを脱がして、私の濡れ具合を確かめてきました。

「まな、もうトロトロじゃんここ・・・」

ゆっくりと指を入れて動かされると、我慢できなくて声が出ちゃいます。

「ざらざらしてるとこ、まなの気持ちいいとこなんだよね?」

指の動きがだんだん速くなってきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あ・・・はぁ・・・ん・・・く・・ぅ・・・」

「まなが潮吹いてるとこ見たくなっちゃった^^」

そう言うともう一本指を入れてさらに動きが速くなりました・・・。

「ああああああーーーーーーーー」

すっごく恥ずかしいはずなのに自分でも驚くほど喘いじゃって・・・。
ちゅぷちゅぷたぷたぷって卑猥な音が部屋に響いていました。
やがておしっこがしたくなるような感じが込み上げてきました。

「いやーーーーもうダメ!出ちゃうぅぅぅーーーーーーーー」

喘ぎながらガクガク体を震わせて溢れだした後、ちょっとぐったりしながら余韻に浸っていたのですが、彼が私の腰を持ち上げて挿入ようとするんです。

「待って!あれだけ出たあとじゃ濡れてないよ」

でも彼のおちんちんはカチカチでした・・・。

「まなのあんなエッチなとこ見てたら元気になるの当たり前じゃん」

かまわず入ってきました・・・。

「ん・・・キツいよ・・・」

「でも全部入っちゃったよ、大丈夫すぐに動かないから」

「ひど~い・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼は私の中をじっくりと確かめているようでした。
ゆっくりと腰を動かして、私の中の壁に先を擦りつけてくるのです。

「まなちゃんのざらざら気持ちいい・・・」

私もだんだん気持ちよくなってきて自然と腰が動いてきました。

「まなちゃんのここと、僕のおちんちんの隙間から溢れてきたよ」

恥ずかしいからあんまりそういうこと言わないで欲しいんだけどな・・・。

「もう動いていいね^^」

「・・・うん」

途端に彼のおちんちんが一層硬く、熱くなった気がしました。

「ん・・くぅ・・・はあ・・・あぁ・・・あぁ・・・」

再び私の息遣いが荒くなると、体位をバックに変えて囁いてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「なんか、まなをイジメたくなってきちゃった・・・」

「・・・え?・・・はぁ・・・はぁ」

彼の腰の動きが急に激しくなって、私の髪を掴んできました・・・。

「いぃ・・・ひぃ・・・あ・・・ああああああああああああ」

まるで犯されてるようでドキドキしながら、喘ぎとも悲鳴ともつかない声を出してしまいました。

「いい、イクぅイッちゃうーーーーーーー」

私が叫ぶと、彼はこのまま出してくれると思ったのに、抜いて私のお尻に出してかけたのでした。
どうして?と思いながらぐったりしていると、彼は私のお尻をティッシュで拭いたあと、私の向きを仰向けに変えて、「まな、舐めて綺麗にしてよ」と半ば強引に私の口に入れてきました。

「ん・・・ぐ・・・んふ・・・」

仰向けのまま口に含んでいたら、やがて彼は離れ、私を起こして唇をなぞっていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「まな、ごめんね痛かった?」

「・・・痛くはなかったけど・・・」

「まなごめんな、中で出すつもりだったんだけど、まなの白いお尻見てたらなんか汚したくなっちゃって・・・」

ミネラルウォーターを飲んで一息ついた後、「今度はまなが俺を気持ちよくして^^」と言ってきたので、全身を丹念に舐め上げていたら、「まな、後ろ向いて」と言うので、69で私のほうが気持ちよくなっちゃって、集中出来なくなっちゃいました。

「まな、ちゃんとしてよ」

そう言いながらも彼のおちんちんはまた元気になってきました。

「よしきさん・・・欲しい」
「まな、メイドっぽく、ちゃんと奉仕してくださいよ^^」

「お願い・・・欲しいの・・・」
「もう~しょうがないなぁ、いいよおいで^^」

完全に彼の思惑にはまっちゃいました。
ゆっくりと腰を沈めていくと、すんなり入っていきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


(入ってく・・・)

私は腰を動かしました。

「まな、中ぐしょぐしょじゃん!いつの間にこんなにエッチになっちゃったの?」

自分でも恥ずかしいほど感じていました。

「まな、ボタン外して・・・おっぱい触りたい^^」

彼はときどき下から突き上げながら、私の大きくない胸を揉みながら、「まな、すっごい可愛いよ」って言ってくれたので、嬉しくて彼の唇を夢中で吸っていました。
でも感じるたびに腰の動きが鈍くなっちゃうせいで、「まな、ちゃんと動いてよ、ちゃんと僕も気持ちよくしてよ」って怒られちゃうんです。

「だって・・・あ・・・ああ・・・」

「もう、ちゃんとしないと、またまなをイジメたくなってきちゃうよ^^」

「・・・はぁ・・・はぁ・・・え?・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

今度は私を寝かせ、傍にあったホテルのタオルで私の両腕を縛った後、もう一本のタオルで目隠しをしてきたんです。

「え?え?」

「これも刺激があって気持ちいいよ^^」

そう言いながら正常位でまた私の中で激しく暴れだしたのです。

「いぃやぁあぁああああああああ」

目隠しで見えない上に両手を縛られてるという状態がなおのこと敏感にさせてドキドキしました。
あくまでもドキドキしているだけで、私にMっ気はないはずですが(汗)
つい腰が動いちゃいます。

「まな、ほんとエッチぃよね^^」

何を言われても仕方がありませんでした・・・。

「今度こそ・・・中で出して・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は両手を縛られて彼にしがみつけないもどかしさから、せめて彼を締め付けて思いっきり感じたくて息を荒くしながら懇願しました。

「まな、出すよ・・・」

恥ずかしいほど喘ぎながら、「出して出してぇーーー」って叫んだのに、彼はまた抜いてしまいました・・・。
(なかなか中出しの話にならなくて本当にごめんなさい)

なんで・・・。
そう思ったとき、私の顔に温かいものを感じました。
私の顔にかけたのです。
かなりの量でした。
目隠しをしていなかったら、目に入っていたかも・・・。
彼は目隠しだけをまず外して、垂れそうに滴っていた精液を、指で拭って私の口に入れてきました。
私は舐めながらも半泣きでした。

「イク時によしきさんが居ないの寂しいのに、なんで抜いちゃうの?ぎゅってしたいのに、居なかったらちゃんと気持ちよくなれないよ・・・」

彼はティッシュで私の顔を拭きながら、申し訳無さそうに言いました。

「まながあんまり淫らだからそそっちゃってさ・・・顔にかけたくなっちゃって・・・ごめんな・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「・・・今まで付き合ってた人達にもこういうことしてたの?」

「してないよ!別にSっ気なんかないのに、まなが可愛いからつい、なんかイジメたくなっちゃうんだもん」
「・・・イジメたくなるって・・・」

「可愛い子見るとイジメたくなるガキの衝動とおんなじなの!」
「・・・」

「最後はちゃんとメイドじゃないまなとエッチするからごめんな」
「・・・ほんと?」

彼は優しくキスしながらメイド服を脱がせてきました。
じっくり愛撫してくれて、敏感なところに舌を這わせてくれて・・・。
さっきまであれだけ感じていたのに、なんだかとても新鮮で・・・。

「してくれる?」

「今度はちゃんと居るから」

「うん」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


とにかく彼にしがみつきたくて、離れたくなくて、正常位で、座位で、騎乗位でも彼に抱きついて足を絡めて全身で彼を締めていました。

「まなあんまり締めるなよ・・・出ちゃう・・・」

「やだ!ぎゅってするの!」

「まなは本当エッチなんだから・・・^^僕、おじさんなんだからそんなにできないよ」

あれだけ暴れておいてそれはないと思う・・・。

「ああ・・・よしきさん気持ちいぃーーーーイッちゃうぅ~~」

「もういいの?出しちゃうよ?」

「出して!今度こそまなの中にいっぱい出してーーーー」

パンパンと当たる音がどんどん大きくなって最高潮に高まってきました。

「あああああぁああああぁあああぁ~~~~~~」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ガクガク震わせて、ぎゅっと抱きついて、自分でも思いっきり締めているのがわかりました。

「・・まな・・・すげぇ・・・」

搾り出すような声でそう言った彼も、私の中で何度もイッたようでした・・・。
私の中で温かさが広がっていったかと思うと、ドクドクと溢れていくのがわかりました。
二人ともそのまましばらく動かなくて、じっくり余韻を味わっていました。
我に返った私は、彼の背中を見てびっくりしました。

「どうしたの?これ」

「さっきお前が付けたんだろ!!」

爪を立てて引っ掻いちゃってました・・・ごめんね(汗)
血こそ滲んでいなかったけど、かなり真っ赤になっていたので何度も謝って、傷を舌でなぞっていました。

「こんな印付けなくたって僕のおちんちんはまな専用ですよ。本当にまなはエッチぃんだから・・・」

そんなことを言いながらも、結局これらも彼の思惑だった気がするのですが・・・。
長くなっちゃって本当にすみませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか メイド服でコスプレセックスしたら彼が異常に萌えた

混浴露天で発情した彼女の痴女ぶりが半端なかった
画像はイメージです
彼女のM子は、身長168cm、すらっとしていて美人顔です。
お尻が日本人離れしててボンッと張っているのです。

そんなM子と僕、M子の友人のEちゃん、その彼氏Tの4人で、温泉に行こうということになりました。

宿は予約したのですが、せっかくなのでチェックイン前に近くの共同浴場に行ってみることに。
そこは混浴でした。
M子もEちゃんもバスタオルを巻けばいっかと思っていたのですが、行ってみたら『バスタオル巻き禁止』の文字が。

(仕方ない、諦めるか・・・)

そう思ったのですが、サバサバしたM子は、「いいよ。温泉なんだもん。大丈夫大丈夫」ということで、尻ごみするEちゃんを残し、僕とTと3人で入ることに。

正直、(自分の彼女が他の男に裸を見られるのはどういう気分なんだろう?)と思いましたが、M子は割りと上手にハンドタオルと使って、胸とアソコを巧みに隠しています。
ただ湯船に入る時とか移動する時は、M子のチャームポイントの大きなプリッとしたお尻は隠しきれず、モロに見えてしまうのです。
マナーのいいお客さんばかりだったのでジロジロ見られたりはしなかったのですが、そのシチュエーションに僕はちょっと興奮しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

Tを見ると、彼はこっそりとM子のお尻を見ていました。
そりゃそうだわな。
俺だって逆の立場なら見るよ。

お風呂から上り、僕ら4人は宿にチェックインしました。
途中EちゃんはTに、「M子ちゃんの裸、見たでしょ?」と問い詰めてましたが、彼は断固否定してました。
僕も口裏をあわせてやりました。
このことで初対面だったTとちょっと仲良くなりました。

宿の夕食は豪華でした。
僕らはテンションがあがり日本酒をたらふく飲みました。
M子は結構できあがってしまい、僕は彼女の肌蹴た浴衣を何度も直すことになりました。
やがてM子が言いました。

「よし!みんなでお風呂入ろう!」

その宿は普段は男女別々なのですが、夜の時間(宿泊者だけ入浴可)だけは混浴になるのです。
今度は酔った勢いもあってかEちゃんもついて来ました。

脱衣場は男女別々なのですが、酔っぱらったM子は男子の方へ入ってきました。
僕は制止しようとしましたが、「どうぜ裸になるんだから一緒一緒」と訳の分からないことを言ってTの目の前で浴衣を脱いでしまいました。
ノーブラでパンティはTバック、しかも後ろが紐になっている、かなりエロい感じのやつでした。
さすがに胸は腕で隠しましたが、紐の食い込んだお尻は丸出しです。
今度はTもガン見しています。

僕は、「おい!」と突っ込みました。

Tは、「はは、ごめんごめん」と言いながら目を逸らしましたが、その後もちょいちょい見ていました。

そして露天風呂へ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕ら3人が湯に浸かっていると、遅れてEちゃんが入ってきました。
服を着ている時には想像つかなかったほど巨乳でした。
細いのに、胸だけがボーンと出ているのです。
タオルで隠していてもわかりました。

「Tちゃん、巨乳!」

M子が声を掛けます。
僕ら4人は、ぬるめのお風呂に1時間ほど浸かりました。
暗かったので、残念ながらEちゃんの胸はよく見えませんでした。
M子は途中、「熱い!のぼせる!」と言ってお湯から出ると、お風呂の淵の岩に腰掛けました。
後ろ向きに、またもやTにお尻が丸見えです。

「M子ちゃんのお尻ってかっこいいよねー」

Eちゃんが言います。
それを聞いて気分を良くしたのか、M子は立ち上がるとお尻をプリプリッと振りました。
後ろ姿ですが、全裸です。
彼氏の僕から見てもグッとくる姿です。
隣でTがゴクッと唾を飲んだような気がしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

お風呂ではその後、エッチなことは起きませんでした。
露天風呂で乱交!みたいなことは所詮AVだけの世界です。

僕らは部屋に戻りました。
部屋は2部屋取っていたのですが、僕らの部屋で飲み直そうということで、みんなで集まりました。
M子は結構飲んでいたはずなのに、まだ日本酒をぐびぐび飲み始めました。
Eちゃんにも強制的に飲ませています。
男っぽい性格のM子は、こういうところがあります。

やがて酔ったM子が、「さっきTクンのアソコ、見ちゃったー」と言い出しました。

「結構いいカタチしてたね」

(おいおい、ぶっちゃけすぎだろ、初対面なのに)

嫉妬もあったのかもしれません。
で、「俺のとどっちがいい?」と聞いてみました。
するとM子は、「・・・んー、どっちもいい!」などと言い出す始末。
これにはTもEちゃんも苦笑い。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕は、「コラー!」とM子を押し倒しました。
お仕置きです。
M子の弱点の首筋と耳元を攻めます。
M子は抵抗してましたが、やがて大人しくなり・・・、「ァアーン・・・アーン!」と、ものすごい声を出して感じ始めました。
EちゃんもTもいますし、普通の頭ならそこでやめてたでしょう。
でもその時、僕は酔ってましたし、温泉に来てテンションが高かった。
というわけで、さらに攻め続けたのです。

M子の声はさらに大きくなりました。
最初は笑っていたEちゃんとTも、いつの間にか黙って僕らを見ています。
やがて興奮したM子が僕の股間を弄りはじめ、パンツの隙間から息子を引っ張り出しました。

(Eちゃんもいるし、これはヤバいだろ)と思ったのですが、もう止まりませんでした。

どんどんおっきくなっていく愚息。
チラっとEちゃんを見ると・・・、僕の硬くなったチンコを見ていました。
それを見て、さらに僕は興奮してしまいました。

やがてE子は体勢を立て直すと、僕のチンコをパクッと咥え、フェラチオを始めました。
M子はフェラの名人です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

音を立てながら、よだれを垂らしながら、激しく吸い、舐めあげます。
僕はM子の浴衣を脱がしました。
嫌がるかなと思ったけど、自分からスルスル脱いでいきます。
そういやさっき、裸はもう他の2人にも見られてました。
でも今は、胸も隠していません。
M子は胸とやらしいTバック姿を、EちゃんとTの前に晒しながら、フェラチオをしています。
相当にやらしい姿です。

EちゃんとTは、もはや少しも笑っていませんでした。
顔を紅潮させながら僕らの様子をじっと見つめています。
たぶんTの股間はギンギンだったことでしょう。

Sっ気に火がついた僕はM子のTバックを脱がすことにしました。
さすがにこれはちょっと抵抗されましたが、でも、成功しました。
M子はみんなの前でついに全裸になったのです。
彼女のアソコはひと目でわかるほど濡れていて、太ももの方まで光っていました。
僕は向きを変え、四つん這いになっている彼女のお尻とアソコがEちゃんとTの方に向くようにしました。
ふたりは、特にTの方は、M子のあそこに釘付けです。
M子は下半身をふたりの前に晒しながらフェラチオを続けます。
人に見られていることで確実に興奮している様子でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

やがて我慢ができなくなったTがEちゃんに言いました。

「俺のも舐めて」

ところがEちゃんは、「えー、ここじゃ無理ー」と言います。

じゃあということで、もうひとつの部屋の方へふたりは移動していきました。
僕とM子のプレーはそのまま続きました。
10分ほどでしようか、フェラされたり、クンニしてあげたりして、さあ挿れるか、という時になって突然、Tが部屋に戻ってきました。
かなりびっくりしました。
訳を聞くと、向こうの部屋に移動した途端、Eちゃんは酔いが完全にまわって潰れてしまったと言うのです。
さすがに寝てしまった彼女を犯すわけにもいかず・・・、可哀想なT。
しかし、だからと言って戻ってこなくてもと思いました。
邪魔しないでくれよ、と。

すると、M子がびっくりすることを言いました。

「じゃ、3人でしよっかー」

(バカなことを言うな!)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そう思いましたが、その一方で別の思いも浮かびました。

(Tと二人がかりでM子を犯してみたい)と。

実はそういう願望は前からあったのです。
なんてことを考えてる間にも、M子はTの股間に手を伸ばしました。
トランクスを脱がせると、彼のイチモツがポロンと出てきました。
するとM子は、なんの躊躇いもなく、パクッとそれを口に含んだのです。
これには僕もTも驚きました。

(なんてエロいんだM子・・・)

僕は嫉妬と興奮の渦の中で頭がおかしくなってしまいそうでした。
M子はTのチンコを喉元まで完全に咥え込み、僕にしたようにフェラをしています。
Tのもビンビンになっています。
こちら側に向けているM子の股からは、また大量の愛液が溢れているのが見えました。
M子は初対面のTのチンコを舐めながら、めちゃめち興奮しているのです。

僕は、旅行カバンから、密かに持ってきていたバイブを取り出しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

M子が前から興味があると言っていたので今回の旅行のために買った極太バイブです。
それをM子の空いている手に持たせました。
M子は一旦フェラをやめ、「ん?」とそれを見ると恥ずかしそうな顔をしました。
(そこかよっ!)と思いました。
他の男のフェラしておきながら、今さらバイブに恥ずかしがるなよと。
僕はM子の手を取り、バイブを彼女のアソコに宛てがわせました。
蠢いていたバイブは、ニュルンと彼女の中に入っていきました。

「ァアアーーッ!」

M子が叫びました。
そして、バイブをさらに奥に奥に、自分で押し込んでいきます。
極太の超ロングなバイブが、完全にM子の中に入りました。
彼女は気が狂ったように声をあげています。
そして目の前のTのチンコに気がつくと、再びそれにしゃぶりつきました。

「ンンーッ!!ングーーーッ!!!」

口いっぱいにTのチンコを含みながら声にならない絶叫をあげるM子。
右手ではTのチンコをしごき、左手ではバイブを激しくグリグリと動かしています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

どっかのAVよりエロい画でした。
自分の彼女、普段はサバサバして男っぽいM子がこんな風になるなんて、本当に驚きです。
やがてM子はTのチンコを口から出すと、振り返って僕に甘えた口調で言いました。

「入れて。本物の入れて」

M子はバイブを抜くと、ベチャベチャに濡れたアソコと尻を僕の方に向けました。
僕はM子の大きな尻を両手で掴むと、一気にチンコを突き刺しました。

「ううぅ」と声を上げるM子。

激しくピストン運動する僕。
M子は感じながらも、またTのモノを咥えます。
口とアソコの両方にチンコを受け入れたM子は、狂ったように感じていました。
僕もそんな彼女の様子を見ながら異常に興奮しました。
たぶんTもそうでしょう。

やがてTが、「イキそう・・・」と言い出しました。
M子がしごく手のスピードを上げると、Tは「ウッ」と小さく言って、M子の口の中でイッてしまいました。
M子は床に精子を吐くわけでもなく、そのままゴクンと飲んでしまったようでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


(うわ、彼氏のでもない男の精子飲んじゃったよ・・・)

僕は再び嫉妬と興奮の渦に。
そしてそのまま激しくピストンし、M子が絶叫のような泣き声のような、訳の分からない声をあげる中、思いっきり彼女の中に放出しました。
人生で一番気持ちいい瞬間でした。

僕もグッタリ。
Tもグッタリ。
M子もグッタリ。

しばらく3人でそのまま倒れていましたが、やがてM子は起き上がり、「エヘヘ」と悪戯っぽく小さく笑いました。
僕らも笑いました。
そのまま3人で露天風呂に行きました。
露天風呂で3P・・・とはなりませんでした。
イッた直後というのもあったし、TはTで、口だけならまだしも、M子に挿入するのはマズいと思ったようです。
僕もそれは嫌でした。

僕ら3人は露天風呂で夜空を見上げながらぼんやりと過ごしました。
東の空がちょっとずつ明るくなってきていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

部屋に戻ると、Eちゃんが復活していました。

「またお風呂行ったんだー。好きだねえ」

僕ら3人はエヘヘと笑いました。
旅行から戻ってからも4人で会うことはありますが、あの夜みたいなことはもうありませんし、話に出ることもありません。
3人の内緒です。

でも、もう一度見てみたい気もします。
あの時の超淫乱なM子の姿を。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 混浴露天で発情した彼女の痴女ぶりが半端なかった

派遣社員だった巨乳の女友達に居酒屋でフェラしてもらった
画像はイメージです
俺が前に勤めてた会社で、若菜(当時20歳)が派遣社員で入社してきた。

一緒に働いた期間は三ヶ月だけだったけど、若菜は年齢の割に凄くしっかりしており、仕事を覚えるのも早くてノリがいいので部署にもすぐに馴染んでた。
他にも派遣の女の子は何人かいたんだけど、若菜はダントツで仕事が出来て、周囲からも人気があった。

外見は酒井若菜にちょっと似ていたので、『若菜』としておく。
ちなみに巨乳なのも一緒。

俺(当時25歳・シン)は学生当時に木更津キャッツアイを見てた事もあり、酒井若菜が結構好きだった。
何とかあの巨乳をモミモミできんもんかなーと思いながらも、仕事は激忙しかったし、あっという間に若菜の就業最終日が来てしまった。
その頃には結構フランクに話せる位にはなってたけど、プライベートな付き合いにまでは至ってなかった。

「最終日お疲れ!」って事で、若菜以外のどうでもいい派遣数名を連れて送迎会を開催。

俺は幹事を買って出た。
一次会ではあまり二人きりになりチャンスがなかったが、二次会では隣の席をキープ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

若菜は短大卒業後、海外留学の資金を貯めるために昼は派遣社員、たまにキャバ嬢のアルバイトを掛け持ちでもやっていた。
最近まで彼氏がいたが、ただのヒモ同然だったらしく、愛想を尽かして別れたらしい。
資金もだいぶ貯まったので来週からオーストラリアに行くのが楽しみとの事。
ラブホ経由パイズリ行きのツアーにどうやって持ち込もうかと考えながらも、酒が入っていた俺はいつの間にか仕事論を熱く語り出していた(笑)
酔うと何故か真剣な話したくなるんす・・・。

若菜は明日早いとの事で、結局そのままお開き。
連絡先は交換したが、「デートは帰国したらしましょうね♪」と軽くかわされた。

んで、若菜の事を正直忘れかけてた半年後にメールが来た。
そのとき俺は新しい彼女が出来ていたが、久しぶりに友達と会うような感覚で、エロい事は全然考えてなかった。

新宿で待ち合わせて居酒屋で飲む事に。
若菜は日本にはニヶ月前に帰国していたが、就活なんやらで結構忙しかったらしい。
先週から大手の保険会社で働き始めたとの事。

半年ぶりに会った彼女は幾分大人っぽくなっていた。
茶髪の巻き髪で外見はややギャル系だったのが、黒髪のパンツスーツになっていてたからなのもあるが、こんもり膨れ上がったシャツの下のオッパイにどーしても目がいってしまう。

「もー、シンさん見すぎです(笑)セクハラですよ!」

「いやいや、つい見とれちゃったんだよ。何か大人っぽくなって色気でてきたからさー」

「本当ですか?なんか嬉しいかも♪」

「あ、留学中にオーストラリアで彼氏出来たとか?」

「全然!ずっと勉強忙しかったし恋愛どころじゃなかったの。エッチもだいぶご無沙汰です(笑)」

ここで俺はちょっとスイッチ入ってたね。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「マジかよ(笑)じゃあ半年以上してないの?」

「ですねー。先週合コンで知り合った人とちょっといい感じだったんだけど、彼女いたんですよ!二股とか最悪ですよ~」

「そっかあ。でも彼女がいたとしても、若菜みたいにイイ女だったら男しては狙いたくなるだろうし」

「えー、なんか調子いい事言って浮気肯定してませんか(笑)さすが女泣かせですね!」

「え。何だよそれ(笑)本当の事言っただけなのに心外だ」

「だって、シンさん絶対モテますよね?派遣のコたちもシンさんのこと格好いいって言ってたもん」

「そうなの(笑)言ってくれよー。んで、若菜はどう思ってたのさ?」

「え~、優しいしイイ人だと思ってましたよ。でもヤリチンっぽいかなと(笑)」

「ヤリチンって、コラ(笑)全然普通だぞ。ま、エッチは好きですが(笑)」

「はーい、私も好きデース♪」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


若菜は本当にノリがいい。
ちょっと酔ってきたようなのでチャンスだと思い、こっからエロトークに・・・。

「初キスは?」
「12歳」

「初フェラは?」
「16歳。当時の彼氏。」

「初体験はいつ?」
「16歳」

「誰と?」
「当時の彼氏」

「興奮したエッチは?」
「学校の部室で吹奏楽部の顧問だった先生と。某夢の国の女子トイレでの立ちバック」

「好きなプレイは?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「フェラ。奉仕するのが好き」

「S、Mどっち?」
「Mだと思うけど、攻めるのも好き」

AVのどうでもいいオープニングみたいな質問にもちゃんと答えてくれるのだが、部室で教師とヤッてる若菜を想像して、俺も興奮が高まってきた。
俺はトイレから戻ってきた若菜を横に座るように誘導。
素直に横に座ってきた。
すかさず肩に手を回して顎に手を置いてキス。
舌を入れるとすぐに絡め返してくる。

若菜もスイッチが入ってきたらしく、俺の首に手を回してピッタリと密着、柔らかい巨乳を押し付けてくる。
膝上まで捲れたスカートの裾から白くて柔らかそうなフトモモを撫で回すと「あっ、んっ・・・」とエロエロな息遣い。
シャツの中に手を突っ込み巨乳を鷲掴みにして指先で乳首をコリコリ。
口は半開きになり目つきがトローン。

若菜の空いていた左手を取り、チンポに誘導。
サスサスと擦り形を確かめるみたいにしてく触ってくる。
ジーンズ越しで、もどかしいが焦らされているようでイイ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ねー、シンさんのってもしかしておっきい?」

チンポを弄りながら聞いてくる。

「いや、平均よかちょい大きいくらい?先に太さがある分大きく見えるかも」

「へ~。なんかね、おっきい感じする(笑)出してイイ?」

「いいよ、好きにしな(笑)」

若菜はニコニコしながらジーンズのベルトをカチャカチャ。
ボクサーパンツ越しのチンポは七割充填済み。
パンツの上から指を這わせて爪を立てたり、突っついたり撫でたりと楽しんでる。

「うん。カタイ♪下ろしちゃうから、腰ちょっと上げて」

パンツを下げると、チンポがブルっと勢いよく跳ね上がって登場!
女に見せつける瞬間てなんか興奮するよな。

「わ~♪なんか赤黒いし使い込んでるカンジ・・・。やっぱりヤリチンだ(笑)」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


若菜はニコニコしながら亀頭に滲んでいたカウパー液をチンポ全体に馴染ませ、潤滑を良くしてから逆手で手首を捻ってリズミカルにしごいてくる。
そのストロークに腰が浮いて声が思わず漏れてしまい、それを聞いて嬉しそうに微笑む。

「あは、シンさん気持ちよさそうな顔してる。先っぽもヌルヌル~♪」

若菜の巧みな手コキと言葉責め×居酒屋の個室でしごかれているという状況に早くも高まってきた俺は若菜にフェラチオをリクエスト。

「・・・ねぇ、口でしてよ?」

「えー、さすがにここじゃマズくない?バレたらヤバいよ・・・」

「個室だし大丈夫だって。ホラ早く・・・」

若菜の頭に手を添えて顔をチンポに誘導してやると、小さく頷く。

「え~、ここでするの?大丈夫かなぁ・・・」

「奥の個室だから、店員も呼ばない限りはこっちまで来ないよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

若菜は舌先を尖らせて亀頭だけをチロチロと舐め、玉を優しく揉みしだく。
それから根本から亀頭まで下から上に這うようにして何往復もする。
カリ首にキスしたり、尿道口をちゅーちゅー吸ったりして、俺が何処で感じるのかを観察するようにゆっくりと攻めてくる。
十分な勃起率になったところで、唾液をタップリと口の中に溜めて喉奥まで深く咥えんでくる。

“グチュ、ブチュッブチュ、ズズズズッ・・・”

チンポを奥まで咥えては先まで吐き出し、亀頭からカリ部分の浅い部分だけを咥えて素早いピストンし、根本まで深々と吸い込むバキュームフェラへ移行していく。
時折顔を上げて、上目遣いで俺が気持ちいいと感じるポイントを探るように見つめてしゃぶってくる。

“ズリュ、ジュプジュプ・・・”

「はぁんっ・・・、おっきぃ・・・」

「そんなに大きいかな。苦しかった?」

「おっきいのスキ♪なんか、先の部分が太いから入れたら引っかかって気持ち良さそう(笑)もっと気持ちよくしてあげる・・・」

そう言うと手を放して、口だけでしゃぶるフェラに切り替えると、俺の腰に両手を回して抱き抱えるようにして咥え込んできた。
さらにアナルにまで指を這わせる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺はアナルへの刺激に弱いのでこれはたまらん。
しかし、腰を両手でガッチリ掴まれているので引く事が出来ずフェラの刺激から逃れられない。

「うわっ・・・、それヤバい!」

俺は若菜の頭を両手で掴んで離そうとするが、若菜はより喉奥までチンポを飲み込むように顔を近づけてくる。
陰毛に厚めの唇が触れてチンポはほとんど口の中に収まって見えなくなっている。
チンポ全体が溶かされてるように熱い。
喉奥にチンポの先が動く度にコツンコツンと当たる。
若菜は涙目になりながらも俺の顔をじっと見つめてくる。
イラマチオがしたくなったので、後頭部を荒々しく掴みチンポをさらにねじ込ませて腰を前後させた。

「若菜の口、マジでいいよ。もうイクわ・・・」

「ガボッガボッガボッガボッ・・・、うっ、ふっふっ、ぅ~!!」

若菜の口内をマンコに見たてての高速ピストン。
腰に射精前兆のだるさを感じ、喉奥までチンポを突き込んだところで我慢も限界に。
苦悶と恍惚さの混じった若菜の表情にぞくりとしながらたっぷりとザーメンを放出!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(めちゃくちゃ出てるなー)と分かるくらいに口の中で大量に迸ってる。

ぞわぞわっとした感覚が背筋に伝わる。
射精を感じた若菜は身体をビクッビクッとさせながら俺のザーメンを黙って受け止めている。
射精が完全に収まるまで結構かかったけど、口からチンポを全然抜いてこない。
じっと俺の顔を見つめながら、タマをぎゅぎゃってく揉みしだき最後まで絞り取ろうとする。

「あかん。もう出ない(笑)」

腰がガクガクしてきたところで、名残り惜しそうにようやくチンポを解放。

“ゴクンッ!”としっかり精液を飲み込んでくれた。

「量多過ぎるから飲んじゃった(笑)」

「若菜、テクすげーな、マジで!びっくりした」

「えへへ、フェラはちょっと自信あるんだー。気持ちよかった?」

「つーか、今までで一番気持ちよかったわ。クセになる(笑)」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ふふっ、よかったぁ。私もシンさんの飲んでる時、気持ちよくって軽くイッちゃった・・・」

若菜のその言葉にチンポが思わず反応(笑)

すかさずパンツの上からマンコを触るとぐっしょり。
指を入れようとすると「だーめ!」と腕を抑えられた。

「声我慢できないし、シタくなっちゃう。これ以上はだめ・・・」

「じゃあ、ホテル行こうぜ。今すぐ若菜としたいわ」

「・・・うん。いく。あっ!おちんちんまた大きくなってきてるよ(笑)」

「いやいや、若菜のせいでしょ。収まるまで責任とれよな(笑)」

「いいの?じゃあカラカラになるまで絞り取ったげる。私、エッチ久しぶりだから手加減出来ないかも・・・」

「こえーな(笑)頑張りますよ」

「頑張ってね(笑)あっ、まだちょっと残ってるね。ちゅっちゅ・・・」

若菜の丁寧なお掃除フェラにチンポはすぐに復活。
さっさと会計を済ませてホテルへと向かった。

これから、若菜とはセフレとして結構続くんだけど、書くのめんどいからここまで。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 派遣社員だった巨乳の女友達に居酒屋でフェラしてもらった

偶然見ちゃった、ヤンキーと優等生の百合行為
画像はイメージです
高校2年の時、図書委員になった。
図書委員には可愛い女の子が2人いる。
穂先先輩と藤宮さん。

穂先先輩は、いわゆる“ヤンキー”。

ブレザーの胸元はいつもだらしなく開き、極端にスカートを短くしていた。
学校もよくサボっていたので、「援助交際でもして稼いでいるんじゃないか?」って、みんなが陰口を叩いていた。
そんな不真面目な穂先先輩が図書委員をやっているのは、足りない出席日数を稼ぐためだ。

もう1人の藤宮さんはショートカットがよく似合う清楚系女の子で、同学年の生徒にも丁寧な言葉遣いをするいわゆる“優等生”。
図書室の受付は必ず2人1組となっていて、部活やバイトと被らないよう、月一の委員会でみんなで相談してスケジュールを組み、学年男女関係なくペアを組んだ。
男子はみんな藤宮さんと受付を組みたがっていた。

穂先先輩は男子から嫌がられていた。
顔は可愛いのだが、やる気も愛想もまったく無く、不機嫌そうな顔でずっと携帯を触ってばかりで、時折「チッ!」と舌打ちをするような人なのだから勿体無い。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

だが穂先先輩はなぜか女子には愛想が良く、見た目も性格も正反対の藤宮さんとは凄く仲良し。
校内でも楽しそうに会話しているのをよく見かけた。

ある日、俺は図書委員の担当の先生に呼び止められ、「今日の放課後、図書室の受付をしてくれないか」と急に頼まれた。
今日の担当が体調を悪くし早退したのだと。

しぶしぶ承諾し、図書室に向かうと、なんと藤宮さんがいた。
俺は藤宮さんとペアを組んだ事が無かったので、嬉しかった。

(こいつはラッキーだ。体調不良の同志よ、ありがとう)

藤宮さんに事情を話すと、早退したヤツの事を心配そうにしている。

(なんていい人なんだよ。可愛いじゃないか・・・)

受付に座ると藤宮さんはさっそく読書を始めた。
せっかくペアになったのに会話する隙が無くなってしまったなと、残念。
しかし強引に話し掛けて『この人、空気が読めないわね・・・』と思われるのも嫌だったので、宿題をやって真面目さアピールをする事にした。
そんなアホな俺に藤宮さんは、「勉強するなんて偉いですね」と優しく微笑んでくれた。

藤宮さんは読書をしつつ、時々俺に話し掛けてくれた。
こんな幸せを与えてくれた早退の同志に心から感謝した。

あと30分で閉館という時になり、扉を開けて穂先先輩がやって来た。
穂先先輩は俺に向かって、「今日の担当あんただったっけ?」と不機嫌そうに言ってきた。

イラっとしたが、藤宮さんの前なので怒りを抑え、「今日の担当が早退したので代わりで」と丁寧に説明すると、「ふ~ん・・・」と素っ気ない返事。

穂先「終わるまで待ってるから、一緒に帰ろっ♪」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

藤宮さんに話し掛ける穂先先輩の表情は今さっき俺に見せた不機嫌そうな表情とは大違いで、なんだかとても可愛らしい表情だった。
悔しいが、思わず見惚れてしまう程に・・・。

穂先先輩は席に座ると、鞄から取り出したファッション誌を読み始めた。
穂先先輩が来てからしばらくして藤宮さんが、「今日はもう誰も来ないと思うから、先に帰っていいですよ」と言ってきた。

藤宮さんの意外な発言に思わず呆気に取られた。
確かに図書室は俺と藤宮さん、そして穂先先輩だけだった。
しかし途中で帰ったのが先生にバレたら怒られるし、そんな提案を藤宮さんがしてくるなんて・・・。
何より、まだ藤宮さんと一緒の時間を過ごせると思っていたのに。

俺「いいよ、最後まで残るから」

そう食い下がる俺に、藤宮さんは何度も、「遠慮しなくていいですよ。先生にもちゃんと説明しておきますから」と、頑なに1人で居残って受付をすると。

さすがに俺もここまで言われると、『仲の良い穂先先輩と一緒にいる方が楽しいから早く帰って』という空気を何となく感じ取れた。
チラッと穂先先輩を見ると、冷たい目つきで俺を睨んでいた。

俺は何とか平静を装って、「じゃあ、お言葉に甘えて先に帰るよ」と、逃げるように図書室を後にした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

去り際にチラリと穂先先輩を見ると、まるで俺を馬鹿にするかのような表情・・・。

図書室から出ると急にイライラしてきた。
穂先先輩はともかく、藤宮さんにも馬鹿にされているような気がしてきたのだ。
この時はどちらかと言えば藤宮さんへの苛立ちの方が大きかったと思う。

靴を履き替えた時、図書室に携帯を忘れてしまった事に気が付いた。
電池が減っていたので充電していたのだった。

(慌てて出されたせいだ)

イラつきながら図書室に戻ったら、ガラス越しに見える図書室の受付に誰も居ない・・・。
まだ閉館時間になっていなかったので、居るはずなんだが。

(2人でサボっているのか?どこにいるのだ?)

扉を開けようとすると鍵が掛かって入れない。

(まだ終わっていないのに、なんで鍵が掛かってるんだ?)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

学校に携帯を置きっぱなしにするのも嫌なので、2人を探しつつ、図書室へ入れる所がないか探してみた。
しかし、2人も居ないし、窓も全て鍵が掛かっていて入れそうにもない。

学校にはどういう目的なのかわからないが、廊下側の壁の床から60センチほどの高さに引き違いの小扉が設置してある。
クーラーの無かった時代、夏の暑い日に開けて空気でも入れ替えていたのだろうか?

(小扉から中に入れないか?)と思った。

すると一箇所、幸運にも小扉は開いた。
そこを潜って図書室へ入った。

そのとき受付カウンターの後ろにある扉の奥、物置に使っているスペースで、ゴソゴソっと音がしていた。
微かに声も聞こえる。
サボりと思ったのは俺の早合点で、2人は部屋の整理でもしているのかと思った。
でも、わざわざ鍵を掛ける必要があるのか?と疑問にも思った。
物置への扉はガラスが付いて中が見えるが、『図書館だより』のポスターを貼っているせいで中が見えない。
中が見えないのを良いことに、穂先先輩がタバコでも吸ってるのか?

(・・・ん?)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

微かに聞こえる声に違和感を覚えた。
吐息のような声・・・。
それも艶かしい感じが・・・。
俺は屈んで物置に近づいた。
声が大きく聞こえる。
それは間違いなく、喘ぎ声。
しかも2人ともだ。

俺はガラスに貼り付けたポスターを少し剥がし、隙間から部屋を覗いてみた。
穂先先輩と藤宮さんがキスをしていた。
濃厚なキスだった・・・。
穂先先輩は妖しい笑みを浮かべて、藤宮さんはうっとりとした表情でキスに没頭している。

(ヤバい!大変なモノを見てしまった!)

ラッキーと思う前に、なぜか罪悪感が表に出てきていた。
俺がアワアワしていると、穂先先輩が藤宮さんのブレザーのボタンを外し始めた。
藤宮さんのブレザーを脱がし、穂先先輩がシャツのボタンに手をかけている。
シャツを脱がせると、ピンクのブラが見えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(あの清楚で真面目な藤宮さんが、あんなエロい下着をつけているなんて・・・)

藤宮「先輩・・・っ!・・・ああん・・・」

ブラの上から穂先先輩が優しく胸を揉み始めると藤宮さんから悩ましい声が。
到底我慢出来なくなった俺は、勃起したペニスを握り締め、オナニーを始めていた。

穂先先輩がブラをたくし上げると、藤宮さんのおっぱいが見えた。
凄く奇麗な形で、ブレザーに隠れて分からなかったが結構な大きいさのおっぱいだった。
穂先先輩はいきなり藤宮さんのおっぱいを優しく舐め始めた。
藤宮さんは体を仰け反らせ、穂先先輩の頭を抱いて悶える。

藤宮「穂先先輩・・・!穂先先輩ぃっ・・・ああん・・・!!」

愛しげに藤宮さんの体を愛撫する穂先先輩。
穂先先輩その手は藤宮さんのスカートに伸びていって、ゆっくりと焦らすように捲り上げた。
ブラと同じ色のピンクのパンティ。
そのパンティを優しくゆっくりと脱がし始める。
まだ早いだろうとも思ったが、藤宮さんのその先を早く見たい気持ちも強かった。
俺が覗いている場所から藤宮さんのオマンコの形はハッキリ見えなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかし陰毛は丸見えで、綺麗に手入れをしているようであった。

(あんなに清楚で優等生の藤宮さんにも毛が生えているんだな・・・)

当たり前の事に感動していると、穂先先輩は優しく藤宮さんのオマンコを指で弄り始めていた。

藤宮「あっ・・・あううっ!!」

藤宮さんの喘ぎ声が大きくなる。
目はとろんとしていて、快感でうっとりとした表情で穂先先輩を見つめていた。

穂先「んっ・・・ちゅっ・・・んむっ・・・」

そんな色っぽい表情を見せる藤宮さんに、穂先先輩は優しくキスをした。
それに応え、藤宮さんも欲しがるように穂先先輩に舌を絡ませを始めた。

藤宮「穂先先輩・・・ちょうだい。もっと・・・もっとぉ」

藤宮さんがおねだりをしている・・・。
あの清楚な藤宮さんはもうそこには無く、ただ快楽に溺れているだけのオンナにしか見えない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

穂先先輩は藤宮さんに唾を垂らしながら、優しい愛撫から激しく情熱的な手つきで藤宮さんを愛撫している。
藤宮さんが穂先先輩の唾をいっぱい飲んでいる・・・。
初めて見る百合は凄くイヤらしくて、男の妄想なんかでは全く追いつける世界ではなかった。

乳首を摘んだり、舌先で転がしたり・・・。
クリトリスと思われる場所を指で摘んで弄ったり・・・。
穂先先輩の愛撫で藤宮さんからは想像したくない声を上げている。

そして・・・。

藤宮「あああっ・・・ああああああああんっ!!」

廊下まで聞こえているであろう大きな声を出しながら、藤宮さんは足の関節をピンっと張っている。
どうやらイッたみたいだ・・・。
体をビクビクと震わせている。

そんな2人の百合行為を見て、俺は3度も射精していた。

なぜかこれ以上覗くのはマズいと思い、その場から静かに立ち去ろうとした。
しかし、イッた後なのに2人はまだ舌を絡ませている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

女の子同士のキスを見ていると普通のAVなんかより凄く興奮してきた。
もっと見ていたい気持ちが湧き上がってきて、俺は覗きを続けることにした。

今度は藤宮さんがリードする立場になった。
藤宮さんが穂先先輩のブレザーとシャツに手をかけると、派手なブラに包まれた穂先先輩のおっぱいが見えた。
かなりの巨乳だ。
穂先先輩は誘惑するように妖しい笑みを浮かべ、自分でゆっくりとブラを外す。
ブラを外しても、とても綺麗なおっぱいだった。
胸のあちこちにはキスマークが付いていた。
穂先先輩の胸を優しく揉んでいた藤宮さんだったが、やがて貪るように舐めしゃぶり、荒々しく胸を揉みしだく。
胸のキスマークの跡は激しい愛撫のせいなんだな。

穂先「あん・・・!あああん・・・!それ、気持ちいい・・・!!」

ずいぶんと可愛らしい声で穂先先輩が喘いでいる。
普段男たちに話し掛ける時の、吐き捨てるような話し方からは信じられない声色だった。
藤宮さんの愛撫は荒々しく、おっぱいだけではなくお尻もぐにぐにと揉んでいるようだった。
藤宮さんの豹変ぶりも信じられない。
あの清楚な藤宮さんが欲望を剥き出しにして穂先先輩を求める姿に、俺はとてつもなく興奮していた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

穂先先輩は藤宮さんに激しく責められながら、また自分でスカートを捲り上げた。
パンティは紐パンで、レースがとても色っぽい。
下着姿だけでも十分綺麗。
そのまま眺めていたいくらいに。
穂先先輩はゆっくりと紐パンの紐を解き、藤宮さんを誘惑するかのように脱ぎ捨てた。
まるでストリップのように。
はっきりと見える穂先先輩のアソコは藤宮さんと同じく綺麗に陰毛を処理していた。

指で陰唇を開きながら藤宮さんに何かを囁いている。
藤宮さんに何かをおねだりしているようだ。
指で開いた穂先先輩のマンコはとても綺麗なピンク色だった。
援助交際でやりまくって、アソコが黒ずんでいると勝手な妄想をしていたが、実際はとても可愛いピンクな穂先先輩だった。
なんだかリアルとのギャップに、先輩がとても可愛いく見える。

藤宮さんは屈み込むと、穂先先輩のアソコを舐め始めた。
ペチャペチャといやらしい音が聴こえる。
穂先先輩は藤宮さんの頭を抱えて、「ああっ!ああん!あああん!」と喘ぎまくっている。
俺が覗いている位置から藤宮さんがどんな風に舌を使っているのかよく判らなかったが、貪るように穂先先輩のマンコを舐め回しているのだけは良くわかった。
舐める音もとても大きく、激しくなっていく。
クンニに没頭する藤宮さんの表情がチラッと見えたが、とても幸せそうな表情をしていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


藤宮さんは穂先先輩のマンコを舐め回して興奮しているのか、腰をもじもじと動かし、くねらせるような動きをしている。
すると俺に向けてお尻を突き出すような格好をしだした。
今、俺の目の前にはあの藤宮さんの可愛らしいアナルとマンコがハッキリと見える。
そんなものを見せ付けられて我慢出来るわけがない。
俺は藤宮さんのマンコを見ながら、今日何回目かわからない射精をした。

穂先「ああん!!はぁあん!ああん!ああん!」

藤宮「チュッ、チュッ・・・じゅるぅっ・・・!・・・穂先先輩・・・!あああん・・・!!」

穂先先輩の絶頂が近いのか、喘ぎ声の間隔が短く大きくなる。
藤宮さんは穂先先輩のアソコを舐めつつ自分でオナニーをしている。
まるで俺に見せ付けるような格好で・・・。
俺は何回も射精しているにも拘らず、まだ擦り続けていた。

穂先「イクッ!イクッ!!あああぅぅううっ!!」

藤宮「穂先先輩!アッ・・・!!アアアアン!!」

扉の向こう側でもハッキリ聴こえるほど、大きな声を上げて2人は絶頂を迎えた。
よほど凄い絶頂なのか、2人は体をビクンビクンと震わせ続けている。
さすがにこれ以上覗くのはヤバいと思い、逃げるように図書室を出て行った。

当たり前であるが、その後、俺は穂先先輩や藤宮さんとペアを組む事があったが、その態度は何事も無かったかのように今まで通りだった。
そして残念ながら、本当にとても残念なことだけれど、それ以来、放課後の物置を何度覗いても2人の百合行為を見る事は出来なかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 偶然見ちゃった、ヤンキーと優等生の百合行為

友達のねーちゃんを悪友と二人で・・・
画像はイメージです
あれは確か、携帯が流行り始めた頃だったな。

レイプは友達と二人で、友達の家で同級生の弟のねーちゃんを犯してしまった。
友達と言っても同級生の弟のねーちゃんをレイプするくらいだから本当の友達じゃないがね。
一緒にレイプした友達は“悪友”ってやつだ。

ねーちゃんの弟とは縁がなくなってもう会ってない。
勿論、弟は何も知らないよ。
もし知ったらどんな顔するだろうな。

もうそのねーちゃんも今では33歳くらいだが・・・。
レイプしたねーちゃんの弟とは高校の時の同級生で、その弟は当時は大学2年になったばかりで19歳の春だった。

一方、俺と一緒にレイプした悪友は高卒で就職。
まあ、今で言う低学歴のDQNって奴だ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

糞会社に勤めてたけど、俺たちは一応は社会人。
俺たち高卒組と違って、その友達(レイプしたねーちゃんの弟)は大学に進んだのでそれなりに一目置いていたが、性格が大人しい。
俺たちは、ちょっと学歴コンプを持っていたからちょっと尊敬する反面、ムカツいている部分もあった。
都内に持ち家だから、父親はまあまあエリートだろう。
要するに、ちょっと僻み根性もあったわけだ。

俺たち二人は、久しぶりに友達の家に遊びに行こうって事になった。
携帯に電話を入れると、暇だから是非遊びに来いと言う事だった。
俺たち二人は待ち合わせをして、その家に向かった。
電話の話で、ねーちゃんも居るという話を聞いた。
以前からねーちゃんは居ると言うのは聞いていたが、会ったは事はなかったのでちょっと楽しみで、ブスなのかデブなのかとかくだらない話をしながら友達の家に向かっていた。
まさかレイプする羽目になるとは俺たち二人も夢想だにしていなかった(若かったしな・・・)

土曜日だと言う事で、両親は泊まりかけで出掛けていて日曜日の夜まで帰らないということだった。
余計な気を使わなくて良いから、俺たちにとってはその方が都合がよかった。

友達の家に着く30分くらい前に、友達から携帯に連絡が来た。

「急用が出来たので、出掛ける」と言う連絡だった。

内容は言わなかったのだが、夕方には戻るから家でゆっくりしていてくれと言われ、俺たちは遠慮せずに家でくつろぐ事にした。

家に付いて呼び鈴を鳴らすと、ねーちゃんが出迎えてくれた。
ねーちゃんは弟から話を聞いていたみたいで、「どうぞ」と優しい声で言った。
初めて見るねーちゃんは中々に特別美人ってわけではないが、中々の美形で上中下で表すなら、上の下くらいだ。
俺たちは思ってたイメージよりも綺麗なのでちょっと嬉しかった。

茶の間に上がると、ねーちゃんはニッコリ笑って「ごめんなさいね、◯◯急用ができちゃたみたいで・・・」と言って、ソファーにかけるように言うと台所でコーヒーを作りって出してくれた。

ねーちゃんは、身長が160センチから162センチくらいで、痩せているから実際の身長よりもちょっと大きく見えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

色白で派手ではないが、おっとりしていて優しいおねーさんという感じで、妙な色気がある。
年はもうすぐ22歳で、大学4年生。
髪の毛は少し流行り始めた茶髪だった。

3人でくだらないテレビを観ながらコーヒーを飲み、弟の事や世間話、雑談をなどをしていた。

美人なねーちゃんは話し方もおっとりしていて、余計に色っぽく感じる。
2歳年下の俺たちにとっては大人の女を感じさせる。
テレビを観ながらの雑談をして1時間くらい経った頃、段々話題も無くなってきた。
一瞬の沈黙が俺たち二人を緊張させる。
間が空いてしまって、ねーちゃんも無理して話題を作って話をしてくる。
俺たちも同じように無理して話題を作って話を続けた。

そのうちに話題が彼氏彼女の話題になってきた。
俺も友達も彼女は居たが、お互いに飽きが来ていた頃だった。

以後、会話を思い出しながら書きます。

姉:ねーちゃん。
俺:俺。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

友:友達。

俺はなんとなく「彼女が居ない」と調子のいいを事を言ってしまった。
そして、友達も釣られて「彼女は居ない」と言ってしまった。

姉「二人とも彼女とか居るんでしょ?」

俺「いやー、それが居ないんですよ」

友「そうそう、俺たちモテないから。参っちゃいますよ、ほんと」

姉「えー、意外ねー。若いし結構格好良いから彼女と居そうなのに・・・」

俺「またまた、お世辞が上手いですね(笑)」

友「ほんと、ほんと。煽てたって何もでないよ(笑)」

俺「ところで、おねーさんは彼氏は居るんでしょ?おねーさん綺麗だし、彼氏が羨ましいなー!!」

姉「ええー、それが居ないんですよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「えっ!!?マジ?嘘でしょ?それだけ綺麗だったら幾らでも男が寄ってくるでしょ?」

友「そうそう、おねーさんみたいな人に彼氏が居ないわけないよ!」

姉「嘘じゃないですよ。本当に居ないです。だから結構寂しいのよ」

俺「えー?そうなんですか?彼氏の一人や二人居そうだけどな」

姉「本当に居ないんですよ。だから誰か紹介してくれないかなー?って思ってるんですよ」

俺「へ~意外だなー。絶対に居ると思ったのに・・・」

友「だよなー、美人だしな。勿体ないねー」

俺「ねえねえ、でも前は彼氏居たんでしょ?」

姉「ええー、そりゃ人並みに居ましたよ」

友「じゃあ、別れちゃったんだ?何で何で?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「そうそう、俺もそこが聞きたいなー!」

姉「まあ、色々あってねー」

俺「教えてくださいよ」

姉「・・・そ、それはまあ・・・色々ね。それ以上聞かないで。思い出しちゃうと寂しいから・・・」

その話し方からして色っぽい。
段々俺たちは悪乗りしてきてしまった・・・と同時にムラムラとこみ上げるものが・・・。

俺「ねえねえ、じゅあ俺たちなんてどう?(笑)彼氏に立候補!!」

友「じゃあ、俺も彼氏に立候補だー!!」

姉「えっ!!?またまた冗談言ってー。からかっちゃ駄目ですよ。その気になっちゃうじゃない(笑)」

俺「いや、マジマジ!!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

友「そうそう、マジで俺とこいつと彼氏にするならどっちが良い?」

姉「えっ!そ、そんな事言われても困っちゃう」

ねーちゃんのおっとりとした動作がまた一段と色っぽく感じる。

姉「ほんと困っちゃう。冗談言ってからかわないでください。選べって言われても、弟の友達だし、年下だし・・・」

俺「おねーさんは、年下は駄目なの?」

姉「そ、そんな事はないけど・・・」

俺「じゃいいじゃない」

友「そうそう、俺たちのどっちが好み?」

姉「また意地悪な質問して・・・からかわないでよー。どっちか選べって言われても困るわ」

俺「そんな事言わずにさー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

姉「そ、そんなー、ふ、二人とも素敵ですよ」

俺「またまた、そんな嘘言っちゃってー。正直に言いなよ」

友「そうそう、正直に言ってよ。そんな事言って、本当は俺たちのどっちもタイプじゃないんでしょ?」

姉「そんな事ないですよ。ほんと二人とも素敵ですよ!!」

ねーちゃんは冗談だと思ってるだろうし、社交辞令を言ってる。

俺「じゃーさ、おねーさんの好みはどんなの?」

姉「えー?好みですか?一応はあるけど、あんまり顔とかは関係ないですよ」

俺「じゃ、俺たちはどう?」

姉「二人とも、本当に素敵だと思いますよ」

俺「ほんと?おねーさんみたいな綺麗な人のそんな事言われると嘘でも嬉しいなー!!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

友「まったくだぜ。お世辞でも嬉しいもんだね」

姉「いやだー、綺麗じゃないわよ。でも嬉しいけど・・・」

友「じゃあ、俺とどっちか選んでよ」

姉「だから~、困った事を言わせないで」

俺「やっぱ俺たちなんてタイプじゃないんだな。そりゃそうだよな。おねーさん美人だし」

顔を赤らめて、

姉「やだー、ほんとに私なんて美人じゃないですよー!!」

俺「そうか・・・俺たちじゃ駄目か・・・まあ、仕方ないね」

友「ああ、俺たちモテナイよな」

姉「そんな事ないですよ。二人ともほんと素敵だから、そのうちきっといい彼女が出来るわよ。だから自信を持って!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「ありがとう。じゃあ、俺たちもめげずに頑張るよ」

姉「うん、頑張ってね。大丈夫よ、きっと!」

友「じゃさー、おねーさんのことは諦めるよ。だから聞きたいことがあるから答えて欲しいな」

俺「そうそう、俺も聞きたいことたくさんあるし」

姉「えっ、何ですか?答えられる範囲でなら・・・」

俺「おねーさんが彼氏と別れてどれくらい経つの?」

姉「えっ?・・・そうねー・・・1年と2ヶ月くらいかな」

それくらいなら、誰でも答えられるレベルだ。

そして徐々に卑猥になっていく。
少しずつ、麻痺させていく戦法だ。

俺「えっ!!?最近じゃないんだ?・・・それは意外だな。そんなに空いてるんだ?それじゃ滅茶寂しいんじゃない?勿体ないなー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


友「だよなー、それは意外だったよ。おねーさんが彼氏居ない歴1年と2ヶ月だなんて」

姉「あ、こらー。もう馬鹿にしてー。私だって結構モテたんだよ」

俺「まあ、そりゃそうだろうけどさ。それだけ綺麗だし、痩せててスタイルも抜群だし」

姉「うふふ・・・ありがとう。お世辞が上手ね。それだけしゃべれたら彼女なんて直ぐに出来るわよ」

友「でもそんなに長い期間、彼氏が居なかったら寂しいよね?」

姉「そりゃ寂しいわよ。そろそろ彼氏欲しいなって思ってるしー」

俺「でも、俺たちじゃ駄目なんでしょー?まあ、仕方ないけど・・・。それでさ、おねーさんは寂しいときはどうしてんの?特に夜なんかはさ。半端じゃない寂しさが襲ってくるでしょ?」

姉「そうなのよねー・・・特に夜なんかは寂しいわよ」

俺「まあ、おねーさんは大人だし、夜なんかはどうやって慰めてんの?」

姉「えっ!!?・・・べ、別に何も・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


少し動揺していた。

俺「女の人も辛いでしょ?男なんかだと自慰するけど空しいんだよね」

顔を赤らめながら、

姉「そ、そうなの・・・?」

俺「またまた、おねーさん照れちゃってー。大人の女なんだからこれくらい平気でしょ?大学でだって学生同士でこんな会話くらいするでしょ?」

友「そうだよ。今はこれくらい普通だよね?反って、女同士の方が男が居ない時に平気でどきつい事を言うって言うからね~。特に今の女子大生はね」

姉「そ、そりゃ多少はするけど・・・」

俺「でしょ?俺たちなんて社会人だから会社の同僚と宴会なんかやったときにはOLと当たり前のように話すよ。酒が入ると彼氏とのセックスがどうとかね。さすがに、俺たちでも引いちゃうけどな(笑)」

友「だよなー、最近の女はほんと、どきつい事を言うよ。まあ、その方がこっちも気楽に話せるからいいんだけどさ」

俺「おねーさんだって大人だからこれくらいは平気だよね?でも、おねーさんが照れちゃってるところがまた可愛くて魅力的だけどね」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


姉「もうー、また私をからかって・・・」

俺「あ、また赤くなった。可愛いー!!」

友「ほんとだー!!可愛いなー!!」

姉「もう、馬鹿にしてー!!」

俺「あり得ないだろうけど、おねーさんは処女じゃないよね?」

もちろん、そんなわけはないのは分かっていたが、ペースに持っていった方が面白い。

友「いや、もしかして処女かも!」

姉「もう、ばかー!!私だって経験あるわよー」

その瞬間、俺は“しめた!”と思った。
ただ、からかって楽しむだけのつもりだったのだが、この辺から上手くやれば犯れるかも知れないと思ったのだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ただし、俺一人だけで犯れるわけには行かない。
どっちが先に犯るにせよ、友達と俺は穴兄弟になってしまうのだ。
だが、ここまで来て興奮してしまった俺たちは、もう歯止めが聞かず後戻りは出来なくなっていた。
言わなくとも親友だから以心伝心でお互いに考えてることが判る。

卑猥な会話は更にエスカレートしてきた。

俺「じゃ、初体験は何時?俺の予想だと15歳くらいかな?」

友「俺は意外と遅くて18歳くらいかな?って思う」

姉「もう、なんて事聞くのー!?」

俺「別にそれくらいならいいじゃん。みんなそれくらいなら話するでしょ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

姉「もう、15歳で中学3年のときよ・・・」

俺「ビンゴー!!一発的中。ねえねえ、やっぱり初体験は痛かった?」

姉「・・・まあ、それなりに痛かったわよ」

顔を赤らめてる。

友「意外と早いんだね。照れ屋さんだからもっと遅いかと思ってた」

俺「いやー、男ならともかく今ならそれくらい普通だろ。早い人なんて12歳とか14歳で経験しちゃうからね。風俗の子なんかだと、聞くとそれくらいの子が多いよ」

姉「えっ?風俗とか行ったりするんだ?」

俺「そりゃ行きますよ。彼女とか居ないし、オナニーばかりじゃ寂しいし虚しいからね。な、そうだよな?」

友「おおー、普通に行くよな。高いからそんなに沢山は行けないけどさ。こんな時に彼女が居たら金がかからないのにな」

俺「まったくだよな。俺も自分が情けなくなるよ!ところで、おねーさんだってオナニーとかするでしょ?当然するよね?彼氏いない歴1年と2ヶ月だし」

姉「あっ、また馬鹿にしてー!!」

俺「ねえねえ、やっぱするんでしょ?オナニー」

姉「・・・まあ、ごく偶には・・・はっ?ちょ、ちょっとー、なんて事言わせんのよー!!」

小さい声で顔を赤らめている。

友「いいじゃん。別に恥ずかしいことじゃないよ。みんなしてるんだし」

俺「そうそう、みんなしてるんだよ、オナニー」

そして、ねーちゃんの家に来て時間は2時間近くが経っていた。

俺と友達のチンポはビンビンになっていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


姉「そりゃそうだけど・・・」

俺と友達はそのまま押し切って話しを続けた。
もう彼女もだいぶ麻痺していて下ネタにも抵抗が薄れてきていた。

俺と友達は、自分の好きな体位とか過去の恋愛経験やセックス経験を語り、彼女も話し始めた。

彼女をよーくみて気が付いたのだが、彼女は色がブルーのサマーセーターみたいのを着ていた。
痩せていて胸は大きいのは最初から分かっていたのだが、ちょっとダブダブのサイズのを着ていたから思ったほどは目立っていなかったのだ。
そのせいか、ねーちゃんの胸のサイズはEカップかFカップだろうと見積もっていたのだが、実際はもっとあると確信した。

俺はねーちゃんの身長とスリーサイズを聞きだした。
バスト98センチに、ウエストが62、ヒップが93だった。
アンダーは後で計ったのだが、70センチのガリガリ。
※よくグラビアでW58とか書いてるのを見かけるけど、あんなのは全部嘘だよ。

サイズを答えながら、姉は「もうーエッチー」とか言っている。

俺はねーちゃんの正面から横へ移動した。

ねーちゃんは“えっ?”って顔をしながら、

姉「な、何?何で横に?」

俺「いやー、おねーさんが余りにも素敵だから横に来たんじゃない」

姉「もう、馬鹿。お上手ね」

そんな会話をしながら、俺は彼女の髪とかを触りだした。

そうすると友達もねーちゃんの正面から横に移動して、俺と友達がねーちゃんを挟む形になってしまった。
さすがに、彼女の表情がちょっと強張ってきた。

姉「ちょ、ちょっとー、こんなの変だよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


友「そう?別に変じゃないと思うけど」

俺「そうだよ。これくらいどうって事ないじゃん」

ほんといい女だったよ。
ちょっと痩せすぎててアバラが浮いてたけどね。
だから抱き合うとちょっと痛かったよ。
でも、オッパイが凄く大きくて気持ちよかった。
痩せた体にアンバランスな巨乳だったよ。

俺「ねー、おねーさんってスタイル良いよね。胸も凄く大きそうだし」

姉「えっ?あ、ありがとう」と言って俺が肩にかけた手を退ける。

すると友達が肩に手をかける。

姉「ちょ、ちょっとー。からかわないで」

俺「いや、マジだよ」

友「そうそう大丈夫大丈夫!」

一体何が大丈夫なのか知らんが(笑)

姉「ちょ、ちょっとー」

俺「おねーさん、凄く色っぽいよ。胸も大きそうだし、B98って言ったら何カップ?」

姉「ええー?いやだー」

友「そうそう何カップよ?少なくともEカップかFカップはあるよね?」

俺「ウエスト細いねー。どれくらいあるのかな~?」と言って、ウエスト周りやお腹を触りだした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「うわー、細いなー!!」

友「ああー、お前何触ってんだよ。ずるいぞー!!」

姉「ちょ、ちょっと、こら、何触ってるのよ」

俺「ウエストやお腹くらい良いでしょ?オッパイ触ってるわけじゃないんだから」

姉「そうゆう問題じゃないし。こら!!」

友「いいなー、俺も俺も」と言いながらウエスト周りを両手で測り、触っている。

彼女が立ち上がろうとする。

姉「ちょ、ちょっとトイレに行かせて!」

嘘がミエミエだった。

俺「トイレってさっき行ったばかりじゃん」
(15分くらい前にトイレに入った)

そういって俺は立ち上がりかけた彼女の腰を掴んで座らせた。

友達は彼女のウエストを両手で締めて服をウエストに密着させた。
そのせいで胸の大きさが分かる。
かなりの高さがある。

俺「ねー、おねーさんのブラジャーは何カップ?教えてー。触らないからさー」

姉「えー、そんな事恥ずかしくて言えないよ」

俺「いいじゃん、教えてー、わかった、Fカップだ。そうでしょ?」

姉「ち、違うわよー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「もっと大きいの?どれくらい?」

姉「G、GカップとHカップよ」

後で知ったのだが、Gカップだときついので、Hカップと二つのサイズを使っていた。

友「ジ、GカップとHカップだってー!!?すげー!!Gでも凄いけどHだなんて。おねーさんってHだー!」と、くだらないオヤジギャグをかましている。

俺「ほんとすごいよなー!!」

俺はウエストから徐々に上のほうに手が這っていき、アンダーバスとの位置をなぞり始めた。
友達は彼女の太ももを擦りだしていて、彼女が何度も払い退けていた。

姉「こら、やめなさい。冗談はこれくらいにして!」

だが、俺と二人で別々のところを触っているので払い退けても払い退けても無駄。
俺の手を払うと、今度は友達が太もももを触る。
太ももの手を払うと俺がウエストやお腹にアンダーバスを触る。

俺「おねーさん、ほんとにGとかHカップなのー?怪しいなー。これは確かめてみないとな」

俺はそういって彼女の服の上から胸を触りだした。

服の上から軽く触るとブラジャーの感触が伝わり、ちょっと力を入れると胸の柔らかい感触が伝わってきた。
友達は彼女の膝の上よりちょっとある短めのスカートの中に手を入れだした。

二人に触られ始めた姉は、「こら、ちょっとやめなさい!」と少し声が大きくなった。

俺「でかい胸だなー!!これはブラのタグを確認しないとな。本当にGカップあるのかなー?」

俺はそう言って、彼女のセーターの中に手を入れてブラジャーの上から乳を触りだした。

姉「こら、触るな。や、やめなさい!!」

友達はスカートの中で生足の太ももの付け根を触りだしていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

必死に払い退けようにも二人相手なので払ってもしつこく触ってくる。

姉「こ、こらー何処触ってんのよ!やめなさいったらー!!」

俺「おねさんのオッパイ凄く大きくて気持ちがいいー!!」

すると友達が、

友「ああー、いいなー、ずるいよー。俺も俺も」と言って、彼女の胸をセーターの上から彼女の右側の乳房を触りだした。

俺は服の中でブラジャーの上から彼女の左の乳房を揉んでいる。

服の上と中で両方の乳房が揉みしだかれている。
彼女は両手で俺と友達の手をどけようと必死になっている。

姉「こらー、離しなさい!馬鹿な真似はしないで。やめてー、ちょっとー!!」

俺は彼女の抵抗する手をこじ開けると、セーターを一気に捲くり上げた。

巨大な胸がブラジャー越しに現れた。
首の位置まで捲くり上げると巨大な胸とは裏腹にガリガリに痩せた彼女の胴体が二人の目に晒された。
そうぞうしてたよりも痩せていて、アバラ骨が浮いている。
そして、その痩せた体に付いてるアンバランスな胸が俺たち二人を興奮させた。

友達は彼女の胸をブラジャーの上から彼女の右側の乳房を触り、俺は服の中でブラジャーの上から彼女の左の乳房を揉んでいる。

姉「ねー!お願いだからやめてー!!もう良いでしょ?」

俺「すげーー!!おねーさん痩せてんのにこんなに大きいなんて・・・こんな胸は初めてみた!」

友「ほんとだー、すげーよな。ブラのタグをみてみようか?」

俺「おう、そうだな。ここまできたらちゃんとチェックしないとな」

姉「馬鹿なことはやめて。お願いだからー!!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「もうここまで来てしまったら確認するしかないよ」

友「よーし!ブラはずしちゃえーー!!」

俺は背中に手をやってブラのホックに手をかけた。

友「早くしろよー!!」

俺「まあ、そう焦んなって」

姉「ばかばかばか、何すんのよー、やめてよー、駄目だってこんな事。いけないよ。まずいよー。親と弟が帰ってくるからやめてー!!」

俺「親御さんは明日の夜まで帰ってこないって奴が言ってたよー。それに奴も夕方まで帰らないって言ってたしー。ね、だから楽しもうよ」

姉「やだやだ!やめてー、お願い!」

俺「そんな事言わないでさー。おねーさんだって彼氏居ない歴1年2ヶ月で欲求不満でしょ?」

友達は興奮して乳を揉みまくっている。

姉「そんな事ないです。そんな事」

抵抗するので、なかなかホックが外せない。

俺は思い切ってブラの中に手を入れて、乳房を生で触りだした。
でかくて柔らかい!!そして乳首に触れると彼女の体がビクンと反応した。
感じた事がわかった俺は乳首を摘んだり、こすったりし始めた。
その度に彼女の体がピクピクと震わせて反応する。

姉「あっ、あ・あ、駄目、止めて!!あ・・・はあはあ・・・」と、ピクピク反応を繰り返していた。

彼女の乳首は既にビンビンに立っている。

3分くらいだったと思うが、彼女の抵抗は徐々にだが気持ち弱まってきたように思えたので俺は再びブラのホックに手をかけた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

3段ホックできついが、俺は一気にプチンと外してしまった。
外れた瞬間に一気にブラを上にずらした。
その瞬間、ブラジャーで持ち上げていた巨大な乳房がブルンと下に垂れ下がった。

俺たち二人は「おおー!!でけー!!」

感動と興奮が入り混じり、目は彼女の乳房に釘付けになった。

姉「いやー!!」

彼女は慌てて両方の乳房を腕で隠した。

彼女は胸はでかいが垂れ乳だった。
体は痩せてるのにアンバランスな大きい乳房だから当然と言えば当然だ。
俺と友達は彼女の両腕をこじ開けて、胸を晒す。
そして俺と友達はしゃぶりついてジュルジュルと吸い始めた。
垂れてはいるが、色が白くて乳首もピンク色。
乳りんも乳首も程よい大きさだ。
しゃぶったり吸ったり揉んだりしている間にも彼女の吐息が聞こえてくる。

最初は「駄目ー!!!嫌ー!!!止めてー!!!はあ、はあ、だめ!!だめ!いや!・・・いや・・・。お、お願いだから~あ・あ・あ・・・。あん、駄目~。だめんっ・・」

どんどんと声が厭らしくなっていき、言葉の抵抗はほとんど形だけとなり、体の力も抜けていていた。

友達は乳房から口を離すと、彼女の短めのスカートを巻くり上げ、白いパンツが露となり、太ももをさすりながら、パンツの上に手を這わせた。
パンツの上から彼女の割れ目を指でなぞると割れ目が浮き上がる。
一応はそれでも、かろうじて手を払おうとしているが弱くて抵抗が抵抗になっていない。
俺は乳首と乳房を弄んで楽しんでいる。
そして、口でもかろうじて形ばかりの抵抗をしている。

姉「あん、ああああああー、だめん、お願いだからやめて~」と抵抗にならない拒絶の台詞。

俺は色っぽいよがり声で、それで返って興奮してしまった。

もう、ほとんど抵抗はないので、安心した俺立ちはゆっくりと彼女の体を堪能する事にした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

もう大きな声で騒がれることもないし、逃げられることもない。
抵抗がないので首まで捲くりあげていたセーターを完全に脱がすと彼女の上半身はトップレス状態。
そしてブラジャーを広いタグを確認すると確かにGカップだ。

俺「ほんとだ、確かにGカップって書いてるね?思ったとおり大きいお乳だね。でも、Gカップはちょっときついみたいだね。ホック外すの大変だったよ」

姉「いやー!見ないでー!!恥ずかしい!!」

そして、ソファーに仰向けに押し倒した彼女のデカイ乳房は両脇にダランと流れた。
俺たちはゆっくりと彼女の体を愛撫しはじめた。
友達がパンツの上からマンコをしつこくなぞっているとパンツにシミが出来て、マンコが透けて見える。
ビラビラまでほとんど丸見えなくらいに濡れている。

友「あれー、おねーさん、パンツが濡れちゃってるよー。やっぱり欲求不満だったんだね。本当はセックスがしたくて堪らなかったんでしょ?隠さなくてもいいよ。だれだってセックスは大好きなんだからね」

姉「そ、そんな事ない・・・あ、ああ、あん、はあはあ、ううー」

俺「やっぱりおねーさん、しばらくセックスしてなかったから相当溜まってたんだね。我慢は心にも体にもよくないよ。恥ずかしがることはないよ。それが人間なんだからさ」

姉「ああー、だ、だめ・・・」

俺「おねーさん、って結構好き者なんだね。二人の男に無理やり犯されてるのにパンツ濡らして感じてるんだからさ。おっとまだ挿入はしてないから犯してはいないか」

姉「ね、ああー、お願いだからやめて。そ、それだけは・・・ああー」

パンツの上からマンコを舐められて感じてしまっている。
俺はこの瞬間に勝利を確信した。

これでこの女は俺たちのものだ!!

俺「いや、いや言ってるけど全然嫌がってないじゃん。だって全く抵抗しなくなったじゃん。本当はしたくてたまらないんでしょ?まあ何時までやせ我慢ができるかな?」

姉「いや、あー、あああああああああー」

俺「おねーさん、声が大きくて色っぽいね。一体今まで何人の男とセックスしたの?俺はおねーさんは相当の数をこなしてると思ってるんだけどね。一夜限りの行きずりのセックスだってした事あるでしょ?おねーさん、凄く敏感で感じやすいから絶対にある筈だよ。俺にはわかるんだよ。隠さずに正直に全部言ってごらん」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


姉「・・・あ、あ、う~ん、はあ、いいー」

時々体をピクピクと震わせている。

友達は夢中で彼女のあそこをパンツの上から音を立ててしゃぶっている。

俺「おねーさんさー、感じやすいから抵抗とかしても無駄なんじゃない?今までにも強引に求められて感じてしまってOKしたことあるでしょ?大学の合コンとかだとお酒を飲む機会だって沢山あるだろうし、断れなかったこと沢山あるでしょ?美人で性格も良いし、痩せててスタイル抜群でオッパイがこんなに大ききゃ言い寄らない男は居ないと思うけどな」

姉「・・・」

後で知ったのだが、彼女は強引に求められると断れない性格だった。

自分でそれを知っていて、はしたないと思っていたので彼氏と別れたあとは合コンにも付き合わなかったそうだ。
ナンパもよくされたらしいが、付いていくと必ずと言っても良いほど体を求められる。
そうなると断りきれなくて人数が増えてしまう。
特に強引に求められると(レイプではない)感じてしまって断れない。

実際に彼女は顔が結構美人でそれでいて、ツンとしてなくて、色っぽい。
それに性格も優しくて、おまけに痩せてて乳がデカイから合コンでも大人気だったらしい。
まあ、当然だとは思うがな。

二人同時に攻められて彼女は感じまくっていた。
友達はしばらく舐めてからパンツを脱がしにかかった。

彼女はとにかく感じやすくて全身が性感帯だ。
体が敏感すぎるのだ。
だから感じるときの声は凄く大きい。
そして凄く色っぽい。
風俗嬢になったら人気が出るタイプなのは間違いない。
だから悪い男に狙われてしまったらアウトだろう。
運が悪ければスケコマシに引っかかって搾り取られることだろう。
もちろん、風俗に沈められるタイプだ。

友達が彼女の足をひっくり返し、パンツをスルッと脱がせてしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ねーちゃんのオマンコが丸見え状態になった。
ピンク色をしていて綺麗だ。

友「うわー、結構綺麗なオマンコだね」

俺「おおーホントだ」

姉「いやー、見ないでー」

そして友達がジュルジュルと舐め始めた。
散々パンツの上から弄ったり舐めたりしていたので彼女のアソコはビチョビチョで、ギラギラと光っていた。

ジュルジュルー!!と厭らしく音を立てて舐める友達。

姉「んんー、ああああああー」

俺は彼女から手を離してゆっくりと服を脱ぎ始めた。
友達も舐めるのを一時中断し、服を脱ぎ始めた。
その時、彼女は立ち上がり脇にあった自分のセーターを拾い逃げようとして走り出した。

姉「誰かー!!助けてー!!」と叫びだしたので、ヤバイと思った俺は彼女を後ろから捕まえたのだが、振りほどこうとする。

声が大きいので、俺は焦って彼女の口をキスで塞いだ。

姉「嫌ー、離してー!!誰かー!!うっうっー」

俺は彼女の口に舌を差し込んで吸い始めた。

そして、口を離し彼女の持っていたセーターを取り上げて友達にパスした。

俺「逃げられるもんなら逃げなよ。上半身裸でノーパンで逃げられるならな。欲求不満なんだから俺たちに身を任せた方が良いよ」

彼女は自分の胸を手で覆っている。
上半身トップレスでスカートは履いているけどノーパンだ。
そして、友達が良い案を出した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


友「そうだ、次いでだから逃げられない様にスカートも脱がせちゃおうぜ!!」

俺「そうだな。全裸なら逃げることも出来ないだろうし」

再び押し倒してスカートを脱がせたので、彼女は一糸纏わぬ全裸となってしまい、もう逃げる事は不可能になってしまった。

俺「さあ、おねーさん。逃げてみなよ。全裸ヌード状態で外に出たら?大きな声を出して助けを求めても良いよ。誰かが助けに来てくれるかもしれないしね」と俺は意地悪な事を言った。

全裸では助けを求めて、人が来てしまったら全裸の姿を見られてしまう。
彼女にとっては恥ずかしくてそんな事は不可能。

俺と友達は、彼女に再び愛撫し始めた。
感じやすい彼女は直ぐに感じた声を出し始めた。
二人同時に攻められるんだから彼女も堪らない。
そして友達は更に、逃げられない様に保険をかける事にした。
丁度、友達はバカチョンカメラを持っていたので写真を撮る事にした。

友「そうだ!!この際だから写真を撮っちゃおうぜ!!」

俺「おおー、良いねそれ。それだったら警察に行かれる事もないだろうしな」

姉「そ、そんな・・・お、願いだから・・・あっあん・・・馬鹿な・・・事は止めて・・・」とよがり声を上げながら言っている。

友達がカメラを取り出して写真を撮り始めた。
俺は彼女を押さえつけて、なるべく良いアングルで取れる体勢にした。
使い捨てカメラのフラッシュが“パッツ”と光る。

姉「嫌ー、止めてー!!お願いだから撮らないでー!!」

勿論、そんなことを言われて止める筈はない俺達だった。

ここまで来てしまったら最後まで犯るしか道はない。
ましてや、美人で巨乳のおねーさんの裸を見たら誰だって最後まで犯ろうと思う筈だ。
もう後へ引く訳には行かない状態でもあったのだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ここで止めてしまったら、下手すると警察へ駆け込まれ、強姦未遂で犯罪者になってしまうからだ。
それに俺達二人は興奮していたのでもう後へは引けない。

俺は彼女の両手を捕まえていたので顔はしっかりと写っていた。
顔を必死にそらそうとしていたが、俺が抑えた。
そして、俺は彼女のアソコを彼女だと分かる様に写すために、彼女の後ろから両足を抱きかかえ、女の子供がオシッコをする体勢に持ち上げた。
彼女は痩せていて体重が軽いので簡単に持ち上げる事が出来た。

俺「はーい、ご開帳ー!!久美ねーさんの観音様、オマンコでーす。ぎゃははは」
(ねーちゃんの名前は久美)

姉「嫌ー!!止めてよー!!」

彼女は少し泣きそうになっていた。

その間も友達はパシャパシャとシャッターを切っている。
俺は彼女をソファーに降ろすと、今度は大股を開かせ、更にオマンコを指でバックリと開いて、中まで丸見え状態にした。
中もピンク色でギラギラと濡れて光っている。

姉「いや、もう止めて。撮らないで!!」

俺「ダメだよ。俺達との記念写真じゃないか」

姉「そ、そんな・・・こ、こんなの。ひ、酷いわ」

友「いやー、興奮するねー。俺こんなに興奮したの初めてだよ」

俺「俺だって初めてだよ・・・」

それから彼女をマングリ返しの体勢にすると彼女はもう動けなかった。
上から友達がオマンコのアップ写真を至近距離から撮りだした。

姉「嫌ー」

彼女の拒絶の言葉はなんの意味もなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


何枚撮りのカメラだったか忘れたが、10枚程度写真を撮り終えたので、再び彼女への愛撫を始めた。
俺が胸と口を吸い、友達は下半身を重点的にしつこく攻める。
再び彼女の感じた色っぽい声が出始める。

そして、今度は交代し、友達が上半身、俺が下半身を弄り始めた。
舐め始めたのだが、友達が既に舐めてる事を思い出し、なんとなく汚いって思ったので、俺は指でオマンコを弄る事にした。
しつこく、クリトリスを擦り、その度に出る感じたよがり声。

そして、俺は指入れを始めた。
ビチョビチョに濡れていて、感じたからオマンコが開いていたので、俺は一気に2本の指を挿入し、ゆっくりと出し入れを始めた。
久美は指を入れられて、益々気持ちが良くなったらしく、よがり声を上げながら、腰を動かす様になってきた。
ここまで来ればもうこっちのものだ。

ビチョビチョと厭らしい卑猥な音を立てている。
愛液と指の摩擦の音だ。

俺は5分程指入れを繰り返し、更に網一本の指を挿入した。
人差し指、中指、薬指の3本だ。

姉「あんあんあん、あー、うっ、うーん」

俺はゆっくりと出し入れしていた指を、今度は激しく早く出し入れを始めた。
激しく出し入れを始めると益々声が大きくなり、よがり声も大きく激しくなった。

姉「あー、あー、うんあんああー、あんあんあん。私もう駄目ー!!」

俺「どうしたの?そんなに気持ちが良いの?だったら俺とセックスしようか?良いでしょ?挿入してもさ」

姉「だ、駄目ー、そ、それだけは、それだけは・・・あああー。お願いだからーもう止めてー、ああん、はあはあはあ・・・で、でも気が狂っちゃうだから止めてー!あー、あーああー」

彼女のマンコはビチャビチャで俺の指はドロドロに濡れていた。

俺「久美おねーさん、口では嫌って言ってるけど舌の口は欲しい欲しいって涎を沢山流してるよ。我慢しないで正直に言っちゃいな。俺のチンポ入れてやるからさ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

友「えっ?お前が先に入れるのかよ?ずるいぞー!」

俺「じゃあ平等にジャンケンで決めようぜ!!」

そしてじゃんけんを始めたが勝敗はあっさりと俺が勝ってしまった。

俺・友「じゃんけんほい!!相子でしょい」

俺「やったー!!俺が先に犯るぜー。文句なしだよな?」

友「チクショー!!まあ良いか」

もう彼女は指マンでぐったりしている。

俺は彼女の足を開かせ、ぐいっと持ち上げると、俺のチンポを彼女の入り口に押し当てた。
一気に挿入はせずに少し焦らした。
本音は一気に挿入したい所だが、ゆっくりと彼女の身体を堪能したかったからだ。
チンポを彼女の入り口に押し当て、ゆっくりと上下に擦る。
クリトリスを擦ったり入れそうで入れなかったり・・・。
彼女のクリトリスもパンパンに膨れ上がって肥大化していた。

姉「あーあー、あー、あああ、う~ん」

擦られる度に彼女は声を出す。
焦らしを一分くらい繰り返していると、友達が急かした。

友「早くしろよー!!俺は待ちきれないよー」

俺「わかったよ。せっかちだなー」

仕方ないので挿入する事にした。

そして俺は挿入した。
10秒くらい擦って、その後ゆっくりと浅く挿入する事にしたが、挿入の瞬間・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

姉「駄目ー、それだけはー!!」

だが、もう遅かった。
ズブリズブリと彼女の下の口に俺の肉棒が入っていく。

姉「あっ、あー」

その後一気に奥まで挿入した。

姉「あああああああああー!!!」

俺「入ったぜー!!」

俺は初めはゆっくりとピストン運動をし、浅く浅く深くといったリズムで腰を動かした。

姉「お願いだからもうやめて~ん。あ~ん」

俺「もう遅いぜ!!」

彼女の中はドロドロに濡れていてちょっと熱いくらいだった。
興奮しているからだろう。
例えるなら、ローションの様な濃いドロドロの愛液で濡れている。
その後はもう彼女の抵抗は全く無く、ひたすらよがり声を出していた。

姉「あ、あ~ん、あ、あ、あ~ん、う~ん、う~あっ!」

俺は腰を動かしながら質問をした。

俺「もう、俺とおねーさんは男と女の関係になっちゃったんだよ。でも良かったでしょ?」

俺は腰をゆっくり浅く浅く深くを3分ほど繰り返して、その後は早く激しくパンパンと突く。
激しく突く度に彼女の声も激しくなり、俺の腰の動きに合わせてよがり声も早くなってくる。

姉「あんあん、あ~ん、あんあんあんあっつ、ウッツ!!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「どーしたのおねーさん?気持ちイイのかい?」

彼女は俺の質問にも答えずにひたすらよがり声を出していた。

彼女に挿入してパンパンと早く腰を打ち付けていた俺は、出し入れを再びゆっくりに戻した。
ゆっくりに戻すと、彼女のよがり声もゆっくりになる。

姉「あー、あ~ん、う~ん、あふ~ん、はあ~ん」と色っぽい声に変わる。

ゆっくりと根元まで挿入する度に濃いローションで擦ってる様に“ジュリュ、ネチョ、ネチョ、グチャ、ジュルっ”と厭らしい卑猥な音が彼女のマンコから聞こえてくる。
挿入して5分もすると、気持ち彼女は腰を使い始めた様に感じた。
俺はそれを確かめる為、色んな角度で挿入して何所が気持ちが良いのかを確かめる事にした。
右左斜めと色んな角度で突いてると彼女が自分の気持ちが良い方向に自分で腰を動かしている事が確認できた。
俺はその部分を徹底的に突いてやった。
再び早いピストンで突いてやると再びよがり声も早くなる。
そして、横に居た友達の言葉攻めが再開された。

友「おねーさんって凄い厭らしい女だね。アソコから厭らしい音が聞こえてるよ」

姉「あんあんあんあんあんあー、ああああああー、いいーのー!!」

俺「すげー淫乱だよな。正直、こんなに淫乱だとは思わなかったぜ!」

友「こいつ犯されてるってのに感じてやがるぜ。最低の淫乱女だな。腰使いも上手そうだしよ」

友達の言葉遣いが丸でチンピラの様にどんどん乱暴になっていく。
その間にバカチョンカメラで友達は俺と彼女のセックスシーンを“パシャパシャ”と写真を撮っている。
そして俺は彼女を抱き起こして対面座位にした。
対面座位にすると彼女は腰をクネクネと厭らしく動かし始めた。

その間も友達は写真を撮っており、フラッシュが光り、音が出て居るシュチエーションに興奮した俺のチンポは益々硬くなった。
俺は彼女の下に垂れ下がった乳房を下から右手で持ち上げ口に含み吸い続けた。
乳首を軽くチロチロ舐めたり、転がしたり、吸ったり軽く噛んだりすると、その度に彼女の身体が感じてビクンッと反応する。
そのうちに彼女は俺の背中に手を回して腰を振り出した。
俺がキスをしたが抵抗はない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そして、舌を入れたら何の抵抗も無く舌を絡めてきた。
彼女の舌使いは見事で、キスで逝ってしまいそうになると言う奴の気持ちが理解できた。
相当キスが上手い女でかなりの数の男に口を吸われていると思った。

ちゅぱちゅぱと厭らしい唾液を交換する濃厚なディープキスをしてるうちに彼女は、俺の背中に回していた手を俺の首に回し始めた。
その間も友達は写真を撮っているが、この写真を見た人は、誰一人犯されてるとは思わないだろう。
俺はキスを止め身体を後ろに倒し、騎乗位にした。
彼女は自然に手を俺の腹に乗せると、自ら腰を腰を使い上下左右、時にクネクネと時に上下に激しくジュッポジュッポと厭らしい音を出し、よがり声を上げながら動いている。
その度に彼女のHカップの大きな垂れ乳が上下左右にブルンブルンと揺れているのがまた興奮する。

俺は下から彼女を突き上げげながら、

俺「どうしたの?おねーさん。気持ちいいの?嫌なんじゃなかったの?何感じてるんだよ?」

・・・と、意地悪な台詞を言った。

すると彼女は身体を少し俺の前に倒したので、俺も少し顔を上げると、彼女の乳房に顔が届いたので揉んだり吸ったりすると・・・。

姉「いやー、いや~ん。あ~ん、だ、だって~気持ちいいんだも~ん」

俺「えっ!?気持ちいいの?」

すると彼女は少し泣きべそをかきながら、姉「酷い・・・ええ~ん、気持ちいいー」

と彼女は言って、今度は身体を起こし、後ろに手を突き反り返った。
挿入して10分もすると、写真を撮っていた友達は興奮を抑えられなくなった。

友「おい、未だ逝かないのかよ?俺はもう興奮して堪らないよ!!早く終わらせてくれよ~!」

仕方が無いので、俺は身体を起こして正常位になると激しくピストンを始めた。

姉「あんあんあんあん・・・あああああああああああー!!」

だが、挿入開始から15分くらいして遅漏の俺は逝かない。
仕方が無いので俺は逝く前にチンポを抜いて、友達にバトンタッチした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


友達は興奮して焦っていたので直ぐに挿入してセックスマシンガンの様に激しく突き始めた。

パンパンパンパンパン・・・。

彼女のよがり声が悲鳴の様に続いている。
逝かないで抜いてしまった俺は興奮したままなので、その姿を見て益々興奮して耐えられなくなったので、フェラチオをさせる事にした。
友達は騎乗位になったので彼女の口に俺のチンポをもって行くと、何の抵抗もなくチンポを咥えた。

しかし、騎乗位なので彼女のフェラがしづらいので、騎乗位で真っ直ぐ友達も前を向いてる彼女の向きを変える為、挿入したまま彼女を回転させて横向きの騎乗位にした。
向きを変えた彼女は再び俺のチンポを咥えると厭らしくしゃぶり始めた。
公園のベンチに座る様な格好に思えた。
そして、ベンチに座って腰を振りながら俺のものをしゃぶっている。
フェラも中々上手で厭らしい音を立ててしゃぶっている。
そして友達は挿入開始から早くも逝きそうになったので慌てて正常位になると、10分もしないで逝ってしまった。

友「おおー!!もう駄目、逝きそうだー!!」

そう言いながら、素早くチンポを引き抜くと“ドビュー!!”っと彼女の腹の上に射精・放出して果てた。
相当興奮していたのだろう。
見事なまでの濃さの精子が大量に出て彼女に覆い被さっていた。
1分くらいすると友達は起き上がった。

彼女の腹に出した精子を見た俺は思わず、

俺「汚ったねー!!はははー!!しかし、お前随分と濃いな。彼女と暫くやってなかったのか?それにしてもお前早いねー。結構早漏だと思うぜ」

友「いや、思わず興奮しちまってな。はっはははは!」

友達は彼女の腹に付いた精子をティッシュで拭っている。

俺はぐったりしている彼女に構わず、直ぐに彼女に正常位で挿入した。

相変わらずよがり声を出す彼女。
友達は一発抜いて大分スッキリしたのか、マッタリしながらも冷静にバカチョンで俺と彼女のセックスシーンを撮影していた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

5分程突いてから、再び騎乗位にすると今度は、厭らしく悩ましいよがり声を上げて腰を振り始める。
暫くセックスしてなかったせいか身体に火が付いてしまい、彼女はもう歯止めは利かなかった。

姉「あー、あ~ん、はあはあ、ああー、あ・あ・あっ、あ~ん、う~ん。凄く気持ちいいー!!ねえ、もっと突き上げて~!!もっと~!!」

明らかに彼女の顔は快楽で悦んでいた。

10分ほど騎乗位でセックスしていたら、友達のカメラのフィルムが無くなったので、もう一台のバカチョンカメラを取り出して撮影を始めた。
(何枚撮りか忘れたが、確か36枚撮りだった気がする)

友「しっかし、お前は長いな。本当に遅漏だったんだな」と言い出した。

俺「あー、俺は昔から遅漏なんだよ。それはそれで困ってる。ハアハア、ま、良い点もあるけどな」

姉「う~ん、あ~ん、あああ。あ・あ・あ・っ!!はあ~ん」

俺は彼女に下から突き上げる度に感じる彼女に再び意地悪な質問をした。

俺「おねーさん、セックス大好きなんだろ?」

姉「ああ~ん、う~ん・・・」

彼女は感じて声を出しながらも、何も答えないので、更に意地悪をする事にした。
下から突き上げるのをピタッっと止めると彼女の腰使いが激しくなった。

俺「答えないと抜いちゃうよ!!それで良いの?突き上げて欲しいんだろ!!?どうなんだ?」

姉「はあ~ん、意地悪~う。あ・あ・あっつ、大好き、セックス大好きー!!だ、だから、お願いだからもっと強く突いて!!下から突き上げてー!!」

俺「よーし、良く正直に言った。ご褒美に突き上げてやる」

そう言うと、俺は下から思いっきり突き上げてやった。
もう殆どAV女優状態のねーちゃんは声も腰使いも一級品だ。

それから30分くらいして俺は逝きそうたくなったので、ねーちゃんを正常位にすると、AV男優のように激しくパンパンとマシンガンピストンをした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

5分も激しいピストンをすると、逝きそうになったので自分のチンポを引き抜くと俺は濃い精子をドバッと彼女の腹に放出した。
3日程セックスをしていなかったのでかなり濃かった。
それから直ぐに友達が、ねーちゃんに挿入。
俺が逝くまで30分以上もかかってしまったので回復したのだ。

もう彼女は狂ったように善がり狂っているただの淫乱女だった。
友達が疲れたので、騎乗位になり、ねーちゃんも自ら腰を振って声を上げている。

姉「あー、あー、いい・・・凄く気持ちいいー!!」

友「俺も最高だよ。でもそんなに激しく腰を使われたらオレ逝っちゃうよ」

姉「ダメー、未だダメー!!もっともっとー」

だが、早漏の友達は2回目だと言うのに挿入してから10分程度で逝ってしまった。

そして、ねーちゃんはオレに求めてきた。

姉「お願い!もっともっとしたいの!!」

俺「え?何がもっとしたいの?」

・・・と意地悪を言うと、何のためらいも迷いもなく、

姉「セックスしたいの!!もう後には引けないの。お願い!!」

俺「じゃあ俺を立たせてくれよ」と言い、寝そべった。

すると、ねーちゃんは自分から俺のチンポをフェラし始めた。
凄く激しくしゃぶりついてる。
ディープスロートってやつだ。

ねーちゃんのテクで、俺はあっと言う間に復活してしまった。
ソープ嬢のテクニック並みのフェラなので、ソープ嬢になったら即戦力だろうと思った。

俺「じゃあ、入れてみなよ。したいんだろ?」

ねーちゃんは自分から俺に跨り、自ら俺のチンポを握って自分の入り口に導いて挿入。
相変わらず、凄いよがり声と反応・腰使いだ。

2回目の俺はまたしても興奮し、激しくピストン。

だが、遅漏の俺は頑張ったが、またしても逝くのに30分以上掛かってしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 友達のねーちゃんを悪友と二人で・・・

弁護士先生の大きなペニスが待ち遠しくて
画像はイメージです
弁護士事務所で受付と事務をしています、香織32歳です。
先生は51歳ですが、普段から鍛えておられるので年齢より若く見え、さらに私好みのスタイルとファッション、そして声のステキな男性です。
私がこの事務所で働き始めて7年、先生とは手を繋いだことすらありませんでした。

でも、たぶんお互いに心のどこかで惹かれあっていたような・・・、そんな雰囲気は感じていました。

数ヶ月前のある日、先生と出張に出掛けた帰り、人身事故のために電車が停まってしまいました。
仕方がないので駅近くのホテルに泊まろうということになり、ホテルに行くと同じような状況のお客さんで混雑していて、1部屋しか空いていませんでした。
それもダブルルーム。

先生「私はソファーで眠るから、香織さんはベッドを使うといい」

そう言って先生はチェックインの手続きをしました。

シャワーを浴び、軽くワインを飲み、眠ろうとした時も先生は紳士でベッドには近づきません。
でも翌朝、一番で企業訪問が入っていたので、先生を疲れさせてはいけないと思い、「先生がベッドを使ってください。私はソファーで寝ますので」と言うと、「だったら、一緒に眠ろうか・・・」と思いがけない言葉が返ってきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

先生はベッドに入り、「早くおいでよ」と私を呼びました。
どうしようか悩みながら、私は思い切ってベッドに近づきました。

先生「何もしないから、早く入りなさい」

そう言われ、ベッドに横になると、先生は・・・私の上に乗りかかり、キスをしてきました。

先生のキスはとても上手で、激しく舌を絡めてきました。
先生の手は私の胸を優しく包み、浴衣を緩めて直接触ってきました。
乳首を摘み、指で弾き、そしてオッパイにキスしてきました。
恥ずかしいのですが、私はオッパイがとても感じるので、先生に触れられながらキスされて声が漏れてしまったのです。

先生は帯をほどき、私のパンティーを剥ぎ取りました。
そして先生も全裸になり、私たちはついにセックスを始めてしまったのです。
再びキスを交わし、先生は優しく私の身体を愛撫し始めました。
オッパイを揉みながらオマンコに顔を埋めて舐め始めたのです。
我慢できませんでした。

私「あぁ・・・あぁ~ん・・・先生・・・ダメです・・・ダ・・・メ・・・」

ダメじゃないのに、「ダメ」って言ってしまったのです。

「ダメなの?」と聞き返され、「ダメ・・・じゃない・・・もっと・・・して欲しい・・・」とつい言ってしまった私。

先生「綺麗だよ。ずっとこうしたかったんだ。もっと脚を広げてよく見せて」

そう言われ、先生が言うままに身体を預けていました。
クリを指で刺激しながらオマンコを舐め回し、クリを吸いながらオマンコを指で刺激し・・・。
先生のテクニックにオマンコからはジュルジュルとエッチな音が部屋中に響き渡っていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私「先生・・もうダメです・・・あ~~ん・・・ん・・う~~ん・・・あ・・イイ・・・」

私は喘ぎ続けていました。
声にならずに息も絶え絶え。
私は先生が欲しくてたまらず、「先生のオチンチンが欲しい・・・」と言ってしまいました。

先生「じゃ、舐めてくれる?」

体勢を変えて先生のオチンチンを見ると、そこにはすでに硬くなった大きなオチンチンがありました。

私「先生・・・すごく大きい・・・」

先生「香織のオッパイもとっても大きかったよ。感じやすかったし。気持ちよくしてくれ・・・」

優しく頭を押され、私は先生のオチンチンを握って口に頬張りました。
先っぽを咥えただけなのにお口はいっぱいで、舌で先っぽを舐めていると、「あ・・・あ・・・いいよ・・・気持ちいいよ・・・」と先生は感じ始めていました。
もっともっと気持ちよくしてあげたくて、竿を擦りながら、先っぽを重点的にフェラしました。

少し強めに吸うと、「ダメ・・・だよ。そんなに吸っちゃ、イッテちゃうよ・・・」と言いながらどんどんオチンチンを硬くしていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

袋を口に含んだり、オチンチンの裏筋を舐めたり、お尻まで舐めたりすると、先生は私の名前を呼びながら息を荒げていきました。
体勢を変え、私は先生の上に覆いかぶさってフェラを続けていました。
先生はオマンコに顔を埋めて、指と舌で中まで掻き回してきました。

先生「美味しいよ・・・。どんどん溢れてくるね・・・。どうして欲しい?」

私「先生のオチンチンが欲しい」

正常位に体位を変え、ついに・・・先生の大きなオチンチンが入ってきました。

私「うう~~ん・・・あは~~~ん・・・あ・・・あ・・・」

気持ちよすぎて喘ぐことしか出来ませんでした。

先生「香織の中はよく締まってるよ・・・すごく気持ちいい・・・イキそうだよ・・・」

私「ダメよ・・・まだイカないで・・・もっと気持ちよくして!!」

私は懇願していました。
先生はゆっくり腰を動かし始めましたが、すぐに加速して、激しいピストンが始まりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

鍛えている先生の体はとっても締まっていて、また持続力もあり、ピストンは5分、10分と続きました。
私は何度も頭の中が真っ白になり、また子宮の辺りが軽く痙攣を起こして、身体ごと感じまくっていました。
体位を横にして横から挿入したり、バックから突かれたりを繰り返し、30分くらい突きまくられたでしょうか・・・。
正常位に戻してピストンしていた先生が、「このまま中でしてもいい?」と聞かれて、「はい・・・」と答えてしまいました。
あまりにも気持ちよくて、一緒にイキたかったのです。

先生「イクよ・・・ああ・・・あ・・・あ・・・イク・・・イク・・・ああーーーっ!!」

先生は叫びながら私の中でイキました。
先生のオチンチンからドクドクと生暖かい精液が溢れ出るのがわかりました。
先生は私の上に覆いかぶさり、荒い息をしながらキスをしてくれました。

先生「香織、愛してるよ。ずっと君のことが気になっていた。香織の体は想像以上にステキだったよ。こんなに早くイッてしまった。香織のオマンコはよく締まるね。気持ちよすぎたよ」

エッチなことをたくさん言いながら、先生は優しいキスからどんどん激しいキスをしてきました。
オチンチンは抜かずに入ったまま・・・。
そのオチンチンが私の中で再び硬くなっていくのがわかりました。

先生「もう一度、しようか・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

舌を絡めてきた先生は、私に有無を言わせずに2度目を始めました。
オマンコにはオチンチンが入ったままなので、先生は指でクリを刺激しながらオッパイを揉み、オッパイを吸ってきました。
ねっとりとした舌が乳首を転がし、私は再び身体中で先生を感じていました。
少し体を動かすと、中に入っている先生のオチンチンが擦れてグジュグジュとエッチな音を響かせました。

先生「もう硬くなっちゃったよ・・・。香織もよく濡れてるし、動いてもいい?」

そう聞かれ、軽く頷くと、先生は正常位のままで動き始めました。

先生「香織のオマンコの中に、私のペニスがすっぽり入っているよ。オマンコが吸い付いているよ。エッチなオマンコだね。ペニスがキツイって言ってるよ。締め付けてくる・・・」

先生はどんどんエッチなことを言ってきました。
そして、「香織、上に乗ってみてくれないか」と騎乗位をリクエストしてきました。
私は正直騎乗位はあまり経験がないし、得意ではありません。
でも先生にこれだけ気持ちよくしてもらったのだから、先生を気持ちよくしてあげたいと思って体勢を変えました。

そびえ立つ先生のオチンチンはとても太くて大きくて、こんなに大きなオチンチンが、私のオマンコにすっぽり入っていたなんて信じられませんでした。
オチンチンの先がオマンコに当たりました。
私は少しずつ腰を下ろしていきました。
グググーーーッとオマンコの中に納まっていくオチンチン・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

子宮に突き刺さるような感じで、全部オマンコに入りました。

先生「あぁ・・・入ったよ・・・」

そして、「動くよ・・・。いいね」と言って最初はゆっくり動き始めました。
ゆっくり動いている間はよかったのですが、次第に突き上げが大きくなると子宮にグイグイ突き刺さり、軽く痙攣を始めました。
気持ちよすぎて、気が狂いそうでした。
それでも先生の下から突き上げるピストンは止まらず、私は髪をふり乱しながら感じていました。
オッパイが縦に揺れ、円を描くように揺れ、そのオッパイを先生は鷲掴みにして揉みまくっていました。
あまりに激しいピストンに倒れそうになると、先生は私の手に手を合わせて支えてくれ、ピストンを続けました。
ようやく先生の上に倒れこめたと思ったら、グルリと上下を交替し、先生が上になりました。
キスをしながら腰を振り続ける先生・・・。
もう先生とのセックスに夢中でした。

私「先生・・・もっとして・・・もっと突いて・・・オチンチン、とっても気持ちいいの・・・。ああん・・・気持ちいい・・・先生・・・もっと・・・ああ~~~、いいよ・・・」

先生も同じように気持ちよかったみたいで、その後、中でたっぷりの精液が放出されました。
2度目の射精が終わってから先生はオチンチンを抜きました。
先生の精液が私の太ももを垂れて流れてきました。
先生は私をお姫様抱っこ(初めてお姫様抱っこされた!)して、バスルームに行きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「キレイにしておかないとね。今日(日付が変わってた!)は企業訪問だから」とお互いの身体を洗いっこしました。

洗っている時に再び大きくなった先生のオチンチン、思わず口に咥えてしまいました。
すると先生は、「そんなに欲しいなら、もっとあげるよ」と言って、私を壁に向かって立たせて、お尻を突き出させて立ちバックで挿入してきました。
想像以上にバスルームでは声が響き、恥ずかしかったのですが、あまりの気持ちよさに、意識が遠のいていました。
気がついた時にはベッドの上にいました。
先生の腕の中に・・・。

そして朝の4時。
モーニングコールで起きたのですが、私も先生も離れがたくて朝からセックスしてしまいました。

電車も動き始めたようなので、私たちはその足で企業を訪れました。
予定より早く仕事が終わったので、私と先生はホテルで休憩することにしました。
いつも移動中に書類の確認や整理に使っているホテルなので、怪しまれることなくチェックインしました。
が、その日はいつもとは違って先生は私を求めてきました。
いつもは使わないベッドで、私たちは激しく絡み合い、2時間という短い時間の中で、2度愛し合いました。

それ以来、休憩のホテルや私の部屋、ラブホテルなどで週に3~4度セックスをするようになりました。

(今夜あたり、先生、部屋に来てくれないかしら?!)

先生の大きいオチンチンが待ち遠しくて、仕事中も濡れてしまうエッチな香織でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 弁護士先生の大きなペニスが待ち遠しくて

19歳OLにデキ婚をちらつかせながら中出し
画像はイメージです
先週中出しをした有紗(19歳・OL)から、何度も何度も『日曜日会おう』とメールが来るので無視をしていたが、根負けして『生理来た?』と返信。
有紗からは『まだ来ていない、遅れてるのかな?』と。


(もしかして出来たのか?)と思い、『じゃ~高校の制服を持ってこい』とメールし、会う事にした。

日曜日の朝10時、待ち合わせの場所に行くと、今回は先週と違いTシャツとジーンズで待っていた。
スタイルはイイので良いが、ワンピースかミニスカートで来て欲しかったので、高校の制服に着替えるように命令したが、「忘れて来た」と言い出す。

「有紗、今日はラフな格好やなー」と言うと、「OL1年生はお金ないねん」と言い出した。

高校の制服を忘れるし、仕方がないので服でも買いに行くことにした。
街中を歩きながらお尻を触ったり、手を腰に回して乳を横から押し上げたりしながら楽しんだ。
セクシーな洋服、ミニのスカートなど買ってあげて、食事を済ませて、「どこに行こうか?」と有紗に尋ねると、「え~え~」と言葉が出ない。

「暑いし水族館でも行く?それとも、もっと涼しいとこがいい?」と聞くと小さい声で、「涼しいところがいい」と返答して来たので、「それどこなの?」と聞き返す。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ハッキリ言わんと分からんで、具体的にどこ?」

最後には、ラブホテルと言わせてみた。
最初からわかってることだけど、ちゃんと有紗の言葉で言わせるのが楽しい。

ラブホテルに着くとまずソファーに座らし、有紗の顔の前に立ち、「ズボン脱がして」と言って俺のズボンとパンツを下ろさせ、俺のビンビンのチンポを有紗の顔前に出し、フェラをさせた。

「俺の汚れたチンポを綺麗にしてね」

10分ほど仁王立ちでさせた。
必死でフェラを有紗は繰り返す。
上から見るとなんとも言えない興奮がある。
今度は有紗のジーンズを脱がし、M字開脚にしてビデを撮影。
よく見ると白いパンティーにシミが。

「有紗、シミが付いてるでー」と聞くと、「街中で手が触れる度に感じていた」と言う。

そう言ってるうちにどんどん、パンティーのシミが広がる。
ビデオ撮影にも興奮してるのか、有紗の顔が感じているのがわかる。

今度は、白いパンティーを脱がしビデオを固定しM字で大きく開脚させる。
そして有紗のおまんこを舐めてやることにした。
すると有紗のおまんこから白い液体がどんどん流れて来た。
さすがに若いおまんこは最高。
クリを舐めていると足が痙攣状態になり、声が大きくなり、最後にはイッてしまった。

そのまま舐め舐めしていると、「来て」と言い出す。

「どこに行くの?」と聞くと有紗は、「入れて下さい」と小声で言う。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「どこに、何を入れるの?ハッキリ言いな」

「有紗の、おまんこにチンポ入れてー」

そのままソファーで押し倒し、有紗の上に覆いかぶさる。
有紗は声が大きく俺の体にしがみ付いて離れない。
時折ピストンを高速で動かすといい声で鳴く。
その声を聞きながら、有紗のおまんこに精射。
有紗の体を掴みながら精射したので、ドクドクと有紗の子宮に注ぎ込まれるのが判った。

有紗のおまんこからチンポを抜くと白い液体がドクドク出てくるが、なんか赤いものが混じっている。
生理が来たみたいなので、遠慮なく2回戦へ。
壮快の気分で今度はベッドに移動し、Tシャツ、ブラジャーを取り、乳を吸ったり揉んだり、体中舐め回したりして、そのままハメる。

有紗にハメながら・・・。

「有紗、お前、かなり好きもんやな~」

「先週エッチして、あれから子宮の奥が痛くてか?感じてか?すぐパンツは汚れるし、気分的にどうしてもしたかった」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「妊娠違うか?」

「わからない、たまに遅れる」

「そう?まぁ~出来たら、出来ちゃった婚やな」

有紗は嬉しそうにしていたが、俺はセフレでいいので喜ばせることにした。
そんな話をしていると2度目の精射感が来たので、少し休んでピストンし、また休んでピストン。
有紗のおまんこは締まるのである程度間隔を空けないと、すぐ精謝してしまうのでこの方法がいい。
10分もすればおまんこはベトベトになり、有紗に乗ったまま1時間。
突然有紗が、「我慢できない」と言い出した。
すでに、ハメて3~4回はイッたみたい。
かまわず、ピストン。

「ダメ、我慢できないよ~、(小声で)おしっこ漏れる~」

お風呂場に移動してマット引き、有紗をM字開脚でおしっこをするように命令。

「恥ずかしいし、突かれていたら出そうやった」と。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


仕方がないのでお風呂にお湯を溜めるように言い、その間にホテルに備え付けのバイブを購入し、ゴムをバイブに付け、有紗の背後から乳を揉みながら指をおまんこに入れ、ソフトに攻めた。
声が大きくなったので有紗をマットに寝かし、隠していたバイブを有紗のおまんこに突き刺す。
初めはビックリしていたが、声が大きくなり、さすがにバイブの振動には敵わないのか腰を振り出し、最後には「漏れる!」の連発。
お構いなしにバイブをこね回すと、「あ~~~あ~~~」と声を出しながらおしっこが噴出してきた。
バイブのすき間から噴水のように噴出す。
すると、完全に有紗はイッたみたいで、しばらく、「は~は~」と動かない。

シャワーで綺麗に洗い、体を綺麗に拭いて、今度は今日購入した服とミニスカートを穿かせ、そのまま壁に手を着かせバックからハメて、10分後そのまま射精。
すでに有紗の体は『く』の字に折れていた。
そのままベッドで有紗のお口に俺のチンポを突っ込む。
有紗に俺のチンポ綺麗にさせて、そのまま咥えさせる。
元気になった息子を有紗のおまんこに差し込み、有紗の耳を軽く噛みながら高速ピストンして、レイプごっこを楽しみながら有紗のおまんこに流し込む。
有紗のおまんこから白に混じった赤いものがかなり出た。

来週は中出しすると当たりなので、しばらくは回避することにし、少しでも長いセフレの関係を保つ。
有紗はかなりエッチに嵌り込んでいる。

「今度は高校の制服を忘れないように」と念を押す。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 19歳OLにデキ婚をちらつかせながら中出し

真っ昼間の会社で中出ししたがる会社の上司
画像はイメージです
私の彼氏は33歳で会社の上司です。
会社では厳しい主任さんなんですが、ベッドではただのエロ親爺です(苦笑)

彼氏ってば中出しが大好き・・・。

というか、「中に出してこそセックス!!」という人でして、「費用は持つからピルを飲め!」と言われまして・・・、セックスは全てアナルかオマンコに中出しです。
ちなみにピルを飲む前から、安全日はオマンコに、他はアナルにとやっぱり全部中出しでしたが(汗)

そんな彼氏の趣味は・・・まずは会社で中出ししたがるんですよ~~~。
すごく仕事には厳しいんですが、二人で残業したり他に誰もいない時などチャンスを見つけるとセックスしたがるんですよね。
そんな時はいつもより燃えるみたいで、すごく沢山出されます。
夜ならまだしも、日中にいっぱい注がれちゃうとホント後始末が困ります(汗)
だから常時ナプキンは手放せません、ううう・・・。
でも悔しいことに、私もすごく燃えちゃうんですけどね(苦笑)

特に二人で休日出勤した時なんか、真っ昼間から事務所の中で犯されるんですよ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

この間も仕事が一区切り付いたところで・・・。

「よし。じゃあ後はチェックだけだな・・・お前暇だろ。しゃぶってくれてもいいぞ」

そう言って彼がチャックを下ろしました。
こういうの好きなんですよね~、彼。
私は彼の机の下に潜り込んで彼のペニスを口と手で愛撫してあげるんです。
彼のチェックが終わる頃、彼のペニスはすごく大きくなってしまいました。
恥ずかしいけど・・・私のオマンコもすごく濡れちゃってました(笑)

「よし、OKだな。じゃあ机に手をついてケツを突き出せ」

私は彼の言う通りお尻を突き出しました。

「いやらしい汁の臭いがするぞ。ちょっと見てやるよ」

彼は私のスカートをまくってお尻を撫でながら・・・。

「パンティにシミが出来てるぞ。・・・さて、どうして欲しい??」

好きなんだよね~~、彼はこういうの。
だから私は・・・。

「パンティが濡れたら帰れません・・・主任のおちんちんで栓をして下さい・・・」

そう言いながら、お尻を突き出したままパンティを下ろしました。
明るい日中に、それも事務所の中でと思うとますます濡れて来ちゃうんですが(笑)

「お前がそう言うんじゃ仕方ないな。じゃあ今すぐ入れてやるよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そう言って彼は大きくなったペニスをいきなり私の奥まで突き入れてきました。
そして立ちバックのまま激しく突きまくってきます。

「なんだかますますお汁が出てくるぞ。栓になってないなぁ」

「そんなぁ・・・」

その時です。
いきなり事務所の電話が鳴りました。

「ほら、仕事だぞ」

無論彼はピストンを止めたりしません。
私は彼に貫かれたまま電話を取りました。

「は、はい。◯◯建設◯◯部です・・・」

相手は今日の急ぎの書類を依頼した方でした。

「ああ、なるちゃんが作ってくれてたんだ?◯◯主任はいるの?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「お、おります。今・・・代わります。少々お待ち下さい」

「なんだか元気ないね~~。無理させちゃってゴメンね。じゃあよろしく」

無理させてんのはお前じゃ!!と思いつつ彼氏に電話を渡しました。

「どうもお世話様です。・・・ああ、出来ましたよ」

ニヤニヤしながら彼氏はしゃあしゃあと電話を受け取りました。

「今、最後の追い込みです。まもなく出ますよ」

え・・・出来たんじゃ・・・?と思う間もなく彼氏は激しく腰を動かすと、必死に口を押さえて声を堪えてる私のオマンコの奥にドクドクと精液を注ぎ込んだのです。

「う・・・あ・・・」

恥ずかしさと快感で真っ白になった私は、熱い精液が溢れる感覚で一気に昇り詰めてしまいました・・・。

「ええ、今、全部出ました」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


むかつくほど普段と変わらない声で彼は電話に答えていました・・・。

「じゃあ、書類関係はメールしますね。図面はウチのなるに届けさせますので。あと、あっちの方はこれからまとめておきますから、明日持っていけると思いますので・・・はい、よろしくお願いします」

電話を切った彼は余韻に震えている私の耳元に口を寄せてきました。

「そう言うわけだから、すぐ図面を持ってってな」
「・・・えぇ?」

「先方の事務所で精液こぼさないようにな」
「・・・そんなぁ・・・」

「届けたら戻って来いよ。ちゃんとオマンコに精液残ってるか調べるからな」

・・・その後、私は真っ赤になりながら先方の事務所に届け物に行って来ました。
オマンコから精液が流れ出ないように一生懸命力を入れながら行ったつもりですが・・・。
やっぱり帰る頃にはパンティもストッキングも精液と新しい愛液で濡れちゃってました・・・。

会社に帰ると彼氏は私のオマンコをクスコで拡げて、「精液、みんな流れたんじゃないか??それに新しい愛液でいっぱいだぞ。お前、露出も好きなんだな~~」と言って、また私を犯しました・・・。

そうして、その日は書類も沢山出しましたが、精液もたくさん子宮の中に出されちゃいました。
まったく・・・エッチな彼氏で困ったものです。
ま、私も気持ちいいんですけどね(笑)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 真っ昼間の会社で中出ししたがる会社の上司

タイ人ばっかのマッサージ店でシコってもらった
画像はイメージです
それは今日、まさに3時間くらい前のことなんだ。
俺は今日、神田の方に用事があって外出した。
帰りにアキバのパンチョでナポリタンを食べた後、ブラブラと御徒町方面まで歩いた。

理由は御徒町の『ても◯ん』に寄ろうとしたからだ。
俺はひどい肩こりで、特に右肩が痛いくらいになっていたんだ。

それで、線路沿いの裏路地を歩いていた時、『ても◯ん』に辿り着く前にタイ式マッサージって看板が目に入った。
『60分3000円』って書いてあった。
これは、『ても◯ん』よりかなり安い。
だから試しに入ってみることにした。
ちなみに『ても◯ん』はマッサージチェーン店のことね。

店員は全員女性で、日本人じゃなかった。
タイ式って位だからタイ人じゃないかな?
癖はあるけど、ちゃんと意志疎通は出来る日本語だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その女性施術師は私が選ぶ前に、「コレ、オススメ」とあるコースを進めてきた。
それは『アロマ・リンパマッサージ』。
値段を見ると、90分10000円。
安さにつられて入ったのに、なんで諭吉さんwww
でも、ちょっと興味があった。
足がちょっとムクミ気味だったから、これで疲れが取れるなら良いと思ったんだ。

「後デ延長モデキルヨ」

前金制だったので財布から10000円を出して渡した。

その店はかなり狭く、施術ベッドが3台しかなかった。
一応すべてカーテンで区切られている。
だが手前に2台が並んでいて、奥の施術ベッドへは手前左右のベッドのどちらかのカーテンをくぐらないと辿り着けない。
俺が案内されたのはその一番奥だった。
俺が入った時は向かって左に一人客がいたので、無人の右ベッドを経由して奥へと向かった。

(これ、両方共客がいたらどうやって出るんだよ?)

そんなことを考えながら一番奥へ。
あ、ちなみに俺、オッサンね。
ゆえに、同じ所に行くと、お前らも同じ体験できるかもしれないと思ったんだ。
だって、お前ら、風俗には行く勇気ないだろ?
俺はない!

「全部脱イデ、コレハイテ」と渡されたのは紙パンツ。

紙パンツって言っても、びっくりするほど小さい。
広げてみたら、まさかの紐パン!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「チッチャイネ!」

お姉さんはそれ見て笑っていた。
布というか、紙の部分が一辺10cmくらいの三角形。
あとはゴム紐だけ!

(これ、収まるのか?)

とりあえず、ジャケット、シャツ、ジーンズと脱いでいき、全裸になったところで、「モウ、イイデスカ?」って1分も経たずに入ってきたよ、お姉さん!
慌ててサオを玉袋に埋めるようにしたらなんとか入ったけど、たぶんバッチリ見られた。
紐パンって、ほとんど全裸で凄く恥ずかしい。

「ウツブセデ寝テクダサーイ」

うつ伏せならマイサンが見られることもないからちょっと安心。
最初は普通にマッサージで、肩から腕、背中ってやってくれた。
隣のベッドからは別のオッサンと施術師の会話が聞こえてくる。
かなりデカい声でうるさい・・・。
30分くらい過ぎた頃に、背中のバスタオル剥がされて、アロマオイルのマッサージが始まった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まだそのあたりは普通だったんだ。

そして背中が終わり、腰から尻に移った時、紐パンずらされたwww
思わずビクってしたわ!
ちなみに、その店は普通のタイ式マッサージの店な。
だから安心して入ったんだよ。
それに、普通の肩マッサージコースにしていたら、あんなことは起こらなかったはず。

腰から尻の筋肉をゴリゴリマッサージするわけだが、紐パンずらされてるからマイ菊の御紋がご開帳状態でむっちゃ恥ずかしい。
それにたまに玉袋にあたるから『ひゃん!』ってなる。
それでも耐えていたら、スーってなぞり始めた。
それも数秒で終わってすぐにマッサージに戻るから、(ああ、リンパってそうやってマッサージするのか!)って納得してた。

でもどうやら違ったんだ。
だって、尻の穴を指で触り始めたんだもん。
でも、ほら、前立腺とかもあるからそれも仕方ないのかって、ググッって耐えていたんだよ。
そのうち仰向けになって胸の筋肉のマッサージの時に、乳首をこちょこちょやり始めたんで、俺遊ばれてるんだって気づいた。

仰向けになってるじゃん?
紐パンじゃん?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

マイサン元気になるじゃん?

お姉さんこっそり喜んだ顔。
そのうち、お腹から下腹部のマッサージに行った時、完全に遊ばれた。
マイサンにわざと触れるようにマッサージする。
でも俺、耐えたよ。
だって悔しいじゃん?
そしてやっと太ももに辿り着いたところで・・・。

「ソロソロ時間デスケド・・・」

(・・・って、おい!)

また前金で4千円払い、40分追加したわwww
俺、鴨だねwww

そうしたら、お姉さん本気で遊び始めた。
金玉をグニュグニュ!
これ、すっげー気持ちいい。
だけど決してサオは直に触らないという、テラ焦らしプレイ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

あくまでもマッサージだと言わんばかりだ。

お姉さんは30歳くらいかな?
若くはないけど、可愛らしい感じだったよ。

そしてグニグニしていると、ついにその時が訪れた!
紐パンがずれて、亀頭露出!
あの時のお姉さんの喜んだ顔は、ちょっと萌えた☆

横ではオッサンが別の人と大声で話してる。
病院の診察室にあるような薄いカーテンの向こうに見ず知らずのオッサンがいて、俺はこっちでチンコ晒してるわけ。
なんかどうしていいか分からない。

そうしたら俺をもっと困らせたいのか、ついにお姉さんがサオをしごき始めた。
隣のおっさんの声が気になってどうしていいかわからなくなった。
目で訴えたけど、お姉さん、意地悪そうに笑いながら口の前に人差し指立てて、『しー』ってポーズ。

「イキそう!」って小声で言ったら、指でOKマーク作って、手コキ加速!

我慢できずに発射した・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

いつも一人でやっていた時は全然飛ばないのに、すげぇ飛んだよ。

思い出すと、途中で俺の腕に太ももを擦りつけてきたりしていたから、誘っていたのかもな。
最初は耐えていたんだけど、とうとうカモられたわけだ。
その後は、ちゃんと残りの時間分、マッサージしてくれたよ。
おかげで肩の重さが軽減したわ。
特に足のむくみは解消だ!

どこかで聞いたような話だろ?
俺だって信じられない。
なのに突然こんなことがあったから、誰かに言いたくなったんだ。
特にオチはなくてすまん!

でも、秋葉原から御徒町に向かう途中に、この店はある。
全員にやってくれるかどうかは分からないが、延長込みで1万4千円。
アロマオイルマッサージに快楽のおまけが付いたって考えれば高くはないよな?
風俗行かんから相場はわからんが・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか タイ人ばっかのマッサージ店でシコってもらった

中出しレイプされた画像がネットに
画像はイメージです
もう本当に最悪。
何で私がこんな目に遭わなくちゃいけないの・・・。
今考えただけでも背筋が寒くなる。

高校生になって早4ヶ月が経った夏休みのある日・・・。

当時私はバトミントン部の合宿である旅館に泊まった。
二泊三日の合宿で本当に充実した練習になるはずだったのだが、二泊目の夜、消灯してから少したった時、トイレがしたくなった。
なので寝る部屋から少し離れたところにあるトイレに行った。
友達を誘ったが、皆今日の練習がよほど疲れたのかみんな寝ている。

トイレを終え、手を洗っていると誰かが入ってきた。
鏡に反射されたその人の顔を見ると、男の人だった。
その人がいきなり抱きつき、私の口をハンカチのような布でおさえ首筋を舐めてきた。
本当に気持ち悪かった。
でも私はそこが弱点でもあるので少し感じてしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「感じているの。さっきから体が痙攣しっぱなしだよー」

男がいきなり言ってきた。
口を塞がれている私は何も言えずただひたすら抵抗するしかなかった。
その抵抗も男にとって無駄だったが。

だが何かおかしかった。
さっきからすごく眠い。
意識が飛びそうなほど・・・。
ようやく分かった。
たぶんさっきのハンカチになんか薬がつけられていたんだと思う。
そのまま意識が飛び最後に男の声が聞こえた。

「ようやくか」

・・・気がつくと、そこは車の中だった。

なんで自分がこんなところにいるのか理解できなかった。
頭も痛いし意識も朦朧としている。
もう一度寝ようと重いまぶたを閉じた。

それからしばらく経った。
寝ていると、いきなり胸が触られた。
まぶたを開けようとしたが眠すぎて開けられない。
必死に抵抗しようとしても、本来の力が出なく無意味に終わった。
そして誰かが私にキスし、私の口の中に舌が入ってくるのが分かった。
キスしながら別の手で私の胸を触ってきた。
そこで私も抵抗する気を失い、眠かったためもう一度寝てしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「痛っ」

私は叫んだ。

そのとき重かったまぶたが嘘のように軽く目がかっと見開いた。
そして瞳に入ってきた光景に言葉を失った。
知らない男の人が私の大切なところにチンコを入れているのだ。

「君、処女だったんだね。まー・・・まんこを触ったときから分かっていたけどね」

私はあまりのことに何がなんだか分からなくなった。
ただ分かることは痛みだけだった。

「いっ痛い。あっ!・・・今すぐ抜いて」

私は叫んだ。
とにかく叫んだ。
叫ばないと、痛みで気を失ってしまいそうだった。
そうならないようとにかく叫んだ。
男の人が何か言っていたが、あまりの痛さに聞こえなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は男の人に色々なポーズから入れられたためか、痛みがだいぶ引いてきた。

そして痛みが引いてきたら別の感覚が沸いてきた。
それは・・・チンコが出し入れされるたびに気持ちよさが沸いてきた。

「あっ、あっ」

自分の口からAVで聞くような大人の女性の声が漏れた。
そんなことを思っていると、男の人が、「そろそろイキそう」と言ってきた。
私はイクという意味が分からなかったので戸惑いました。

そしたら男の人のあそこを振るスピードが上がり、私も今まで感じたこのないような気持ちよさがこみ上げてきました。
そしたら男の人のチンコが私のあそこの中で痙攣し、それと同時に私の中に暖かい何かが入ってくるのが分かりました。
その暖かいものを出されたとき、わたしも痙攣してしまいました。

男の人のチンコを私の中から抜くとマンコから白い白濁液と血が出てきました。
そのとき初めて白い白濁液の正体が精液だと知りました。
そしてイクという意味も知りました。

そんなことを思っていると男の人がチンコを私の口の中に入れてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

チンコはとても苦く(精液のせい)吐きそうになってしまいました。
そして男の人はまた私の中にチンコを入れてきました。
さすがに抵抗する気力もなくされるがままになってしまいました。
次に入れられたときは、痛みを全然感じませんでした。
そして中出し。

これで終わったかと思うと男は私のお尻にチンコをねじこもうとしてきました。

「そこお尻だよ・・・そんなの入るわけがないよ。その前のもう終わりに・・・」

言い終わる前にお尻の穴の中にチンコが入ってきました。
あまりの痛さにまた意識が飛びそうに・・・。

「やったー。これで三冠ゲット」と意味の分からない言葉を発していました。

男の人は腰を振り続け、そしてお尻の中に出すのかと思えば、私の顔面に暖かい精液を発射してきました。
精液を触ってみると最初ほどの粘り気はなく、どろどろしていると言うよりは、水のようにさらさらしていました。

そのあと男の人は私を旅館まで送ってくれました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

合宿が終わり家に帰り、パソコンで色々(SEXについて)調べているとエロサイトに繋がってしまった。
そして新着のところに『旅館で襲った女子高生』という新着動画があった。

背筋が凍りそうになった。

恐る恐るそれを観てみるとそこに映っていたのは私だった。
男の人の顔はモザイクされており、分からないようになっていたが、私は大切な部分までモザイクされていなかった。
見ていて涙が流れるのが分かった。

この動画を私の知っている人が見たらどう思うだろうか・・・。
男の子には脅迫され、またセックスしなくてはいけなくなるのではないか・・・。
・・・と色々考えてしまった。

それから1ヶ月後のこと・・・生理が止まってしまった。
あの男の人に連絡しようもないし、親にも相談できない。

私はどうすればいいのでしょう・・・。
今にも泣きたいくらいです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 中出しレイプされた画像がネットに

色気と可愛さが持ち合わせたギャル泡姫に生中出し
ソープで中出しSEXをしたんです 1週間ほど出していなかったので程よく溜まっており、 独りで抜くのももったいないと思い、 ソープ街へと繰り出したのでした。 どうせならサービスの良い高級店でということで、 ちょっと無理をし […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 色気と可愛さが持ち合わせたギャル泡姫に生中出し

同い年の可愛いマネージャーとの恋愛体験談
好きな子っていうか、 気になるなぁレベルの子だったんだけど高校時代の話 俺サッカー部、んで女の子は同い年でマネージャーだった 女の子はA子としようか、まぁ可愛かったよ。 何ていえば良いんだろう、 地味な女の子グループに属 […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 同い年の可愛いマネージャーとの恋愛体験談

四十路のおばさんとかそんなの一切気にならなくなるエロさ
高卒入社半年で仕事を辞めて無職だった頃、暇潰しがてらパチ屋に通ってたら常連のバツ1おばさんと顔見知りになった。四十路のくせに派手な茶髪ロングで色黒、美人じゃない
[紹介元] 熟女・おばさんの性体験談 四十路のおばさんとかそんなの一切気にならなくなるエロさ

マラソン大会の途中でお腹を壊してお漏らししちゃった女友達を助けた話
うちの高校は男子25km、 女子17~18kmのマラソン大会が毎年10月にあった。 もちろん全員参加だったけど、 雑談しながら歩いても8時間以内に戻ればOKだった。 そうは言ってもかなりの距離なんで棄権者続出。 完走は男 […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 マラソン大会の途中でお腹を壊してお漏らししちゃった女友達を助けた話