ノーパンで学校に通う私のエッチ体験を聞いてください
土日で留守番してるときには部屋で裸になってます。 そしてきのうは防災訓練で 地区の人がみんな集まってたから、 チャンスだと思って外に出てそこで服をぬぎました。 そして手を頭の後ろに組んで 太陽のほうを向いて立ってました。 […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 ノーパンで学校に通う私のエッチ体験を聞いてください

目を瞑って一心にしゃぶる同僚
画像はイメージです
疎遠にはなったけど、今でもかろうじて連絡とれる子との話。

5年前が最初。
相手は友達っつーか同僚。
出張帰りに飲もうということで、改札で待ってた。
駅ビル内の居酒屋で軽く飲んだあと外に出て、2軒目どこ行くか決めかねてグダグダしてたら抱きついてきた。

互いの舌で互いの口を掻き回すようにベロチュー。
乳モミ(予想外にでけえぇ!)しつつ場所をコインロッカーゾーンへ移動。
死角に連れ込み、更に激しくべロチュッチュ。


しかしホント、予想にしなかった乳のでかさ。
普段の服装からはわからんもんだな。

とはいえこんなとこで脱がす訳にはいかず、ブラずり下げての乳首弄りが限界。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

堪らなくなった俺は同僚の手を自分の股間に誘導。
その瞬間、オフィスで見せたことの無い(当たり前か)淫靡な笑みを浮かべる同僚。

同僚、進んで俺のズボンのジッパーを下げてくれた。
指先、手のひら、手首、まるで生き物のような動きでトランクスの上から俺の股間を刺激する。
もちろんあっちゅう間にガチガチ。
10分くらい弄られて、我慢できなくなった俺は自分からトランクスを下げる。

「おれ、もう・・・」

そんな俺を、同僚はさっきと同じ淫靡目線で見上げる。

俺「ねえ・・・」

同僚「ん~・・・?」

俺「ねえ、我慢できないかも」

同僚「ん~?何がぁ?(淫靡笑)」

なんて分かりやすいジラし攻撃。
その間も同僚は、手はもちろん肘の辺りを使って、硬くなった俺の先っちょをツンツングリグリしてくる。

丸出しになった俺のモノを逆手に擦りながらベロベロチュー。
おれは結構声を出す方で、ちょっと激しくされると喘いでしまう。
同僚的にもそれがポイント高いらしく、激しく弄る→オレ喘ぐ→淫靡笑い→ベロチュの繰り返し。
やがてホントに我慢できなくなった俺は、両手を同僚の肩に置き、軽く下に押す。

「フェラしてね」のサイン~♪

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

さすが同じオフィスでアシスタントしてくれてるだけあり、すぐにチンが意を体す。

コインロッカーを背にしてた同僚はズズーッと滑り降りるようにしゃがんだ。
すぐに、生暖かく濡れた感触が俺のモノを優しく包む。
裏筋を中心にタマから徐々に上にあがっていき、カリ下まできたらまた下に戻る。
目を瞑って一心にしゃぶる同僚の顔を見てると不思議な感じがした。
さっきまで会社の同僚だもんな。
こんな事になるなんて思いもしなかったし。
と考えてる間にも射精感がこみ上げてくる。
同僚はとにかくしゃぶりまくってる。

「イキそうだよぉ・・・」

そう言うと同僚は、目を瞑ったまましゃぶりながら淫靡笑い。

「ンフフ・・・」

「イっていい?」

何度か聞くが明確な返答無し。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しゃぶり続けてる。
もういいや、いっちゃえ。
そう思ってギアチェンジ。
亀さんを口に含ませ、右手で茎を擦らせる。
ひたすら擦らせる。
激しく擦らせる。
シコシコシココココ・・・。

「あー、ダメ!イキそう、あ、イク、イクよ!イク!!」

「うっ!!」

ドピュドピュドピューー~~・・・。

残らず同僚の口に放出。
最後の方のピクンピクン状態までくわえてくれてる。
昼同様イイ仕事してますね。
しばらく放心状態だったが駅のコインロッカーだという事を思い出し同僚を立たせる。

ズボンを上げてモノをしまっていると同僚が、

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


同僚「はひてふぉひひ?」

おれ「なに?」

同僚「はひてふぉひひ(出してもいい?)」

おれ「あ、ドゾドゾ」→同僚女子トイレ行き。

つか、飲めっていったら飲んだんだろうか?
こんなカンジのファーストコンタクト?でした。
こうなるともうなし崩しで会社のデスク、会議室、EVホールなどなどで擦らせたり、しゃぶらせたりの毎日でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 目を瞑って一心にしゃぶる同僚

刺激が欲しくて露出しだした変態な私のエッチ体験
夏休みに家で裸で過ごしてから、 どうすればもっと凄い事ができるか考えてたの。 でも、どうしても思い浮かばなくて、 このサイトの事を教えてくれた先輩に聞いてみる事にしたの。 夏休みが終わって学校が始まったから、 休み時間に […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 刺激が欲しくて露出しだした変態な私のエッチ体験

アキ姉に咥えられた瞬間から僕はイキっぱなしだった
画像はイメージです
7歳年上のアキ姉は親父の同僚の娘で、活発な女の子であった。
ちょっと離れた所に住んでいたので、会うのは月に1、2回程度。

当時住んでいた地域はど田舎で公衆トイレなんてものは無く、女子も男子も野ションが当たり前で、アキ姉は一緒に立ちションしたりすることもあったので、女子の放尿を普通に見ることができた。
また一緒に風呂に入ることもよくあり、アキ姉のマンコを見る機会は多かった。
あの当時、マンコに多少興味はあったけど、今思えば非常に残念なことに、一度もアキ姉のマンコを触ったことはなかった。
そして俺が小学校に入学する直前に、アキ姉は遠くに引っ越していった。

それから6年経った中1の夏休み。
家で一人暇に過ごしていたら突然、アキ姉が一人で訪ねてきた。
アキ姉は19歳の女子大生になっていた。
アキ姉の服装はTシャツに膝上のスカートという夏らしい格好で、“綺麗なお姉さん”という出で立ちだったが、その当時お子ちゃまだった俺には“女性”と意識はできなかった。
(あの当時、性教育は全く無く、SEXのことも知らなかった)

他愛のない話をしていたが、そのうちにアキ姉の太腿が気になりだし、アキ姉がちょっと姿勢を変えた時に見えるパンツに発情して、痛いくらいにチンポが勃起していた。
するとアキ姉が近づいてきて、少しスカートを捲りあげながら、小声で「見たいの?」と聞いてきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「え!」

生まれて初めて女性の性を感じた瞬間だった。
少し答えに詰まったが、震えながら、「うん、見たい」と答えるのがやっとだった。

アキ姉「じゃあ見せてあげる。でも触っちゃダメよ」

俺「(ゴクリ)うん」

アキ姉は立ち上がるとパンツを脱いだ。
でもスカートで、まだ中は見えない。
そしてアキ姉は、俺の目の前で自らスカートを捲り上げた。
目の前にマンコが見えた。
ガキの時のアキ姉のマンコは縦筋一本だったが、目の前のマンコは毛が生えており、割れ目の始まりは良く見えなかったが、股の部分には毛が生えておらず、一本の筋が後ろ側に繋がっていた。
しばらく見惚れていたと思うけど、興奮していて、時間の感覚が全く無かったし、痛いくらいビンビンになったチンポのことも忘れていた。

アキ姉は、「開いて見せてあげる」と言うとスカートを脱いで足を開いて椅子に座り、両手でマンコを開いてくれた。

初めて見るマンコに言葉が出なかった。
この時はクリトリスと膣孔の存在を知らなかった。
非常に残念なことに、この時もアキ姉のマンコを触ることが出来なかった。
結局、アキ姉のマンコにもおっぱいにも触ることは無かった。

俺がアキ姉のマンコに釘付けになっていると、「今度はてっちゃんの番」と言って立ち上がり、「ちんちん出して」と言われた。

素直にズボンとパンツを脱ぐと、「じゃ座って」と椅子に座るように促された。
少し足を開いて椅子に座ると、アキ姉が床に膝を付いて、チンポに顔を近づけてきた。
チンポでアキ姉の息遣いを感じて形容のしがたい快感を感じていた。
そこへ、「まだ剥けていないんだね」と言いながらチンポを握られて、体中がビクンと跳ねるような、さらにすごい快感を感じた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

アキ姉の柔らかな手の中で、チンポがビクンビクンと脈打っている感じで、この世にこんな気持ちの良いことがあるのかと思った。

しかし次の瞬間、もっと刺激的な(というか、想像もしていなかった衝撃的なことだった)感じがチンポを襲った。
握られただけで気持ち良すぎて、俺はアキ姉から目を離していた。
信じられない快感をチンポに感じてアキ姉を見ると、チンポを咥えていた。
フェラもクンニも知らない中学生には衝撃的だったが、それ以上に形容のしようのない快感に思考が停止していて、頭の中が真っ白だった。

後で知ったことだが、アキ姉が咥えた瞬間からイキっぱなしの状態だった。
この頃は先走りも射精も無かったので、アキ姉も俺もイッていることを気付かなかった。
その後、オナニーを覚え、初めての射精は中2の春だった。

アキ姉がどのくらいの時間咥えていたか分からなかったが、チンポから口を離して、「まだイカないの?」と聞いてきた。
俺は快感に朦朧としながら声を振り絞り、「行くって、どこへ?」と間抜けな事を言った。

アキ姉「イッたことないの?」

俺「どこへ行くの?」

アキ姉「射精したことないの?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「しゃせいってなに?」

アキ姉「オナニーしてないの?」

俺「おなにーってなに?」

アキ姉「まだだったんだ」

俺「なにがまだなの?」

アキ姉「今日はこれでお終い」

俺「えぇ~~~」

アキ姉「射精できるようになったらもっと良いことしてあげる。今日のことは二人だけの秘密だよ、絶対にしゃべっちゃダメだからね」

俺「うん」

その後、アキ姉にオナニーのことをレクチャーされたが、SEXのことは教えてもらえなかった。
結局、アキ姉には二度と会うことはなかったが、イキっぱなしというオナニーでは経験のできない快感を感じることができた。
今でもあの感覚を超える気持ち良さは経験できないでいる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか アキ姉に咥えられた瞬間から僕はイキっぱなしだった

夏休みに海で毛の生えていないマンコを見た
中2の時のエッチ体験です 親戚の家族と海に行った時 1つ下のいとこのゆうこちゃんと泳いでいて、 夕方頃に私の水中眼鏡が割れて右手を切ってしまい、手当てを受けました。 手当てが終わる頃にはもう海水浴場には誰もいませんでした […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 夏休みに海で毛の生えていないマンコを見た

知的障害者の男の子を相手に
画像はイメージです
少し前に歯医者に行ったときのことです。
その歯医者はいつもわりと混んでいたというか、同じビルに目医者他の診療所、医院が入っていたり、立地が良かったりと便利で人気のある歯医者でした。
いつも会社の帰りに行くのですが、都合で土曜日に行った日があったんです。
土曜は午前しか受付がないこと、また付近の会社もお休みが多いからかいつも混んでる待合室は空いていました。
診察中の人1人、待合室には女性1人、私。

暫くすると男性が一人入ってきました。
ハンズフリー携帯?みたいなもので喋ってるのかなと思ったんですけどどうやらずっと一人でブツブツ喋ってるようで受付の対応から察すると、治療に通っている知的障害者の方のようでした。


外見は・・・なんというか、中学生か30歳位のどちらともつかない服装(このニュアンスわかりますかね?)で、お世辞にもお洒落な感じではなく、喋ってる内容も「阪神ニューヨーク!」「阪神ニューヨークです・・・」と意味不明。

でも顔をみるとやはり中高生くらいだったのかな。
何かラジオのDJみたいな感じで喋ってました・・・。
待合室をうろうろしたり、本立ての本を抜いたりさしたり、待合室から出たり入ったり、落ち着かない感じでしたが私は最新号の雑誌を読みふけっててあまり気にしませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

診察中の人が出てきて会計を済まし帰ると、待合室の女性が診察室に入りました。
そこの歯医者は歯科衛生士?なんだか助手みたいな女性が二人いて受け付けもやっているんですがその日は一人で、診察中は診察室に入ってしまうので待合室は私とその男の子(?)二人になりました。
少し嫌な予感がしたのですが・・・。

男の子は、席がたくさん空いてる待合室で、ピッタリ私の横にくっついて腰掛けました。
はじめはひとりでブツブツ言っていましたが、やがて沈黙して私の腕だか髪の毛だかをくんくん嗅ぎはじめました。

「うげーやめてぇー」と思ったけど、無視を決め込むことにしました。
カウンターにおいてあるぬいぐるみを持ってきて私のひざの上に置いたりレゴの人形と私の肩(傾斜に見立てていた?)を使ってスキーごっこしたりいいかげんやめて、と言おうとした頃に診察中の女性が出てきて、私が中に呼ばれました。
ほっとしました。

私のその日の治療が終わり、会計をしていると、さっきの男の子の母親、男の子の妹らしき方が来て「いつも◯◯(男の子の名前)がすみませんねー」「いいえぇ、今日、ご機嫌みたいで・・・」と雑談を始めました。
男の子を迎えに来たみたいでした。
まぁ順番は私の次なんでまだ早かったわけですが。

私は会計も済ませたのでそこを出ました。
ビル共用にトイレがあるのですが、女子トイレは和式×2、洋式×1の作りです。
てn断然洋式派の私は奥の広い洋式に入りました。

悲鳴をあげたつもりでしたが、悲鳴になりませんでした。
さっきの男の子が洋式トイレの中にいたんです!なんで、女子トイレに?!
そういえば待合室を出たり入ったりしていた・・・。
男の子はいきなり私に抱きついてきました。
というか私を抱き締めました。

「えぇーっ・・・」

ちょっと離して、って言おうとしましたが、なんとキスしてきたんです。
で、男性にはわかりにくいかもしれませんが洋式個室内の、オムツを替える台に押し倒されました。
すごく唾液くさいというか乱暴なキスで、上体も強く押さえつけられました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あっ・・・あっあっghjkねぇ、ねぇ」

なんかよくわからないことを口走っていて本当に怖かったです。
服の上から凄い力で胸を揉まれました。
痛い!と叫んだか叫べなかったかよく覚えていません。

そして私の服の中に頭を突っ込んできました!!
勢いよくつっこむもんだから、ブラとか全部上にずりあがっちゃって胸が直にその子の顔に触れてました。
その子は迷うことなく私の乳首を探って、吸い始めました。
こんな状況なのに、こんな大きな男の子から乳首を吸われて正直興奮してしまって私は抵抗をやめました。
彼氏とのHの時は、胸を愛撫されることはあっても、こんな子供のようにちゅうちゅう吸われたことは無かったからかもしれません。

その子は性的な欲求から私に襲い掛かったのではなかったのかもしれません。
ずっと「おっぱいを吸う」行為に没頭していました。
そんなもん出ねーのに。
そのうちに、火がついちゃった私の方がもどかしくなって、自分のおまんこを弄っていました。
すごくグチョグチョになっていました。
どうしても男の子にそこも悪戯されたくなって、男の子の片手をとって、私のパンツの中に手を入れさせました。
グチュグチュの感触が面白かったのか、男の子は私のおまんこにズボッ!と指を突っ込んできました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あッ・・・!」

私が声をあげると、それが面白かったのか、「あっはあっはぁ!うふふふぅ」と笑いながら指を抜き差ししはじめました。
加減なんてないからもの凄い速さで高速ピストンです。
そんな大きな声で笑ったらトイレの外に聞こえちゃう・・・と思って、男の子の頭をぎゅうっと抱き締めると、また私のおっぱいを吸い始めました。

しかもビンビンに立ってしまった乳首が面白いのか、今度は舌で転がし始めたり・・・。
その子にそういう意識はなくても、私の中では凄くHなことされてる!て感覚です。
しかもこんな場所で、押し倒されて・・・(いや、途中からは私が仕向けたんですが)
「や・・・あっ・・・あー・・・もっと・・・あ!・・・もっと、してぇ・・・っ」

物凄く興奮してしまって、ここでSEXしたい!と思ってしまったんです。
私は男の子の激しい指づかいだけでもうイッてしまいそうだったんですが、この子にHなことを教えたら、どんな顔をするだろう・・・ともうその子をイかせてみたい気持ちでいっぱいでした。
私はその子のズボン、パンツを脱がせました。

すると、結構大きめなおちんちんが硬くなって、上を向いていました。
いやらしいことしてるってわかってるのか、本能的に勃っちゃってたのかわからないけど私は手でそれをさすりました。
その子は私の服の中で、「おっおおー・・・おー何?何?うふ、ん、おー、おー」とうめきだしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あー何?あはっあーきもちいい、おぉーおー」

あぁ・・・気持ちいいんだぁ・・・と私はその言葉で興奮してしまいました。
だんだん強く、早くしごくようにすると男の子は声をださず沈黙しだしました。
私は自分の服を引っ張って、男の子の頭を出すと、男の子は恍惚とした表情でうっとりしていました。
でも、気持ちよくなっているてめか、私のおまんこをピストンする指も乳首を愛撫する舌も動きを止めてしまっています。
もう私は先へ進むことしか考えていませんでした。

私は、オムツ台の上に腰掛け、足をM字に開き男の子を自分の方へ引き寄せました。
男の子は身長が高く、丁度股関節がオムツ台のあたりの高さにくるんです。
私は男の子のおちんちんを握り、自分のグチョグチョのおまんこの中に差し込みました。
ずっ・・・ちゅ・・・。
私の中は凄いことになってました。
例えると、コンビニで200円くらいで売っているゼリー、あれぐらいHなお汁が滴ってグチョグチョでした。
男の子の腰を引き寄せ、一気に奥まで挿入しました。

「ッあ・・・!」

ピストンしたわけでもないのに、イってしまいました・・・私が。
おまんこの中の圧迫感が凄くて、おちんちんが本当に熱いの。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男の子はその時点では「?」な感じでしたが、私が彼の腰を掴んで、一度私のおまんこから抜き、もういちどゆっくり引き寄せ挿入させると「あっ・・・ん」とぞっとするくらい色っぽい声をあげました。
私がその子の腰を持ってそれを2、3回ゆっくり繰り返すと、いきなり男の子がバン、と私の上体を押し倒して腰を打ち付けてきました!

「あっ!」

「はぁぁぁあー」

その一突きに私と男の子は一緒に声をあげました。
お互いの顔が見える状態で、SEXしてる・・・まだ中学生か高校生くらいの子と!
そう思うとおまんこがキュウ、と熱くるのがわかって余計に感じてしまいました。
男の子は獣のように腰を打ち付けてきました。

「はっhぁぁ!あっあっ!あ!あっ・・・」

ぱん、ぱん、ぱん、ギッチギッチギッチ腰を打ち付ける音、台が軋む音がリズムよく響きます。
リズムとともに、快楽が押し寄せてきて、イきたい、でももっとしてたい、まだイきたくない、と気が変になりそうでした・・・。
欲望のままに腰をふって、声をあげる男の子に私も欲情して一緒になって少し小さめですが声を上げていました。

「あっ!あっすごぃすっ・・・ごぉぉい・・・!いい!い!あっあっ!あぁっあっあっあっ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あ~おおー、おー!おー!ふっ・・・ふっ・・・きもち~!きもちー!あー!」

「はぁっ・・・あっこのおちんちん、あ!あっすっごいいやらしいことしてるぅ~あー・・・っあ、おちんちん、イイ、ょお・・・!!!」

男の子の野蛮な腰使いでむちゃくちゃにかき回されて、もうイク、と思ったとき、

「あぁぁぁぁぁあああ~・・・!」

男の子はさっきまでと違う雄たけびをあげて私の中でビク!ビク!と動きました。

「やッあ、あっあっ、あぁあーーー・・・!」

瞬間、中でイッたんだ・・・と知り、私もイってしまいました。

「はぁ~・・・はぁ~・・・」

男の子は私の上に乗っかって息を切らしていました。
私が動くと、おちんちんが抜けて、私のおまんこからポタポタポタ・・・と結構流れてきました。
あぁ・・・やっちゃった・・・!
私は妊娠の恐怖よりもこの子とSEXしてしまったことがバレるのが怖くてその子のズボンをさっと履かせ、自分の身なりを整えると、逃げるようにトイレを後にしました。

以来、土曜の診察には行っていないのでその子とは会っていませんが毎晩あの子の乱暴なSEXを思い出してはオナニーしてしまします。
もしまた土曜の診察を受けてあの子と会うことがあったら今度も誘惑してしまいそうです・・・。
あの子がまた私に抱きついてきたなら、願ったりかなったりですね。
母親にばれないように、気をつけないといけないけど。

長文を読んでくださってありがとうございます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 知的障害者の男の子を相手に

黒ギャル風俗店で日焼けしたギャルの尻肉を揉みまくり
俺のマイブームは ガングロギャルが在籍している黒ギャル風俗なのだ 日焼けした黒ギャルの虜になってしまったww 一時期黒ギャルとか大嫌いだったんだけど、 ふとAVで見てからかな? 黒ギャルにドハマりして、 何でこんなエロい […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 黒ギャル風俗店で日焼けしたギャルの尻肉を揉みまくり

全校生徒がいる中での屋外オナニー
画像はイメージです
私は身長が194cmあります。



幼稚園の頃から大きく、どこにでも一人くらいはいる頭ひとつ飛び出た男の子でした。



高校生になると他の人も大きく成長してくるので、さほど気にすることはありませんが、小中の時は周りに気を使わなければなりませんでした。



何をするにも一番後ろをキープ、それがあたりまえ。



疎外感を感じたとは言いませんが、輪の中に入ることは滅多にないので、外から客観的にみているような感じだったと思います。



体が大きいので年齢よりも上に見られることが多々あり、扱いもまた同じで、年上の人たちと一緒に行動させられることが多かったです。



だから自然と年齢よりも進んだ性知識を身につけてしまいました。



小学校中学年くらいで中学生が話すエロ話を聞いていたわけです。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

オナニーのこともその時に知り、しょっちゅうシコっていました。



小中時代は体と精神の成長はバラバラですので、体は成長していても中身は子供という女子は結構いました。



無邪気というか無防備というか、オッパイに関しては上から見放題でした。

しかし逆もまたしかりなので、要はマセた奴らに見つからなければいいのです。



その点で最後尾というのは都合がよかった。



運動会、理科の実験、遠足の写真ができた、迷い犬、みんなが何かに夢中になっている時がチャンスです。



やはり見たいのはデカパイですが、デカいとしっかりとブラに包まれているので、乳首は見づらく、ジレンマとの戦いでした。



時にはオナニーをしたこともあります。



最初は小6の運動会の最後のリレーの時でした。



全校生徒がいる中での屋外オナニー。



父兄も大勢見に来ていましたが、席が生徒とは別なので、死角になっていました。



先生も多忙で昼飯の時に一度現れただけ。



ただでさえ熱中しているわけですから、クライマックスの時に後ろなんか誰も見ません。



またいつものように最後尾に陣取っていた私は、ふと思いチンコをだしてみました。



とんでもない開放感でした。



目の前にはいつもオカズにしている女子たち、そして少し泥で汚れたお尻たち。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


すぐにチンコはビンビンです。



今だったらその状況を楽しむところですが、当時そんなことは考えません。



ひたすら射精に向けて突っ走る。



シコりまくってシコりまくってあっという間に女子たちの背中に向けて射精しました。



ゴールの大歓声の中、膝をガクガクさせながら何度も放出。



あまりの快感に勃起がおさまらず2度目にチャレンジしたかったのですが、リレーが終わってしまったのでしかたなく諦めました。



それから何度も隙を見つけては皆の背後でシコりましたが、あれに勝る快感はいまだにありません。



卒業アルバムにその時の写真(当然リレーメイン)を見つけた時はビックリしました。



表情もよく確認できない写真ですが、見るたびに興奮がよみがえるので今でもオカズにしています。



そして運動会シーズンになると夜の学校に忍び込み、運動会の余韻の中、校庭でシコっています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 全校生徒がいる中での屋外オナニー

ヒッチハイク中の中国人拾ったら中出しセックスさせてくれた話
出張先から高速道路で帰宅中 サービスエリアでヒッチハイクしている女性2名を発見 行先は帰り道だったので声を掛けてみると中国人女性 ちょっと恐怖心が出てきたが、 笑顔がとても素敵だったので乗せてあげました。 彼女達の行先ま […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 ヒッチハイク中の中国人拾ったら中出しセックスさせてくれた話

愛ちゃんと会う事を選んでしまう俺
画像はイメージです
デリを呼ぼうと、サイトを検索。
すると、ストライクど真ん中の子を発見した。
スレンダーで色白で黒髪の清楚系。
しかしコメントには、かなりエロいと書いてある。
速攻電話して予約を取り付け、ラブホに移動。

やがて来た子は、実物の方がはるかに可愛かった。
お店に電話する彼女をマジマジと見る。
料金を支払い、財布をしまった所で、いきなり抱きつかれてキス。

ベルトを外され、ジーンズを脱がされ、ポロシャツも。
パンツ一枚になった所で、「あたしも脱がして」って言われて・・・。

お互い全裸になり、そのまま風呂へ。
湯船では、すっと彼女が俺の上に乗り、キスしっぱなし。
ベッドに移動しても、彼女のエロエロモードは全開で・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

体中を舐め回され、俺は「アンアン」言ってしまう始末。
そして発射。
にも関わらず、彼女は口を離そうとはせず、尚も舐め続け・・・。
俺は生まれて初めて、三連射を経験してしまった。

すっかり彼女が気に入った俺は、少ない小遣いにも関わらず、月に1回彼女を呼ぶようになった。
彼女の事は、源氏名からとって「しーちゃん」と呼んでいた。
そして、しーちゃんを呼ぶようになってから4回目の時。
相変わらず「アンアン」言ってる俺の耳元で、しーちゃんが囁いた。

「しよっか」

しーちゃん自ら生で挿入し、自分の中に出させた。

「生理不順でピル飲んでるから、安心して出していいよ」

その日は口内ではなく、胎内に2度も放出した。

翌月も俺は、しーちゃんを呼んだ。

「会いたかったんだ~」

部屋に入るなり、俺に抱きつきキスをするしーちゃん。
店に電話する時も、俺の体の上から。
電話を切っても、お金も受け取らずにキスをしまくる。
俺もしーちゃんのブラウスとブラを脱がし、胸を触りまくり。
目が虚ろになってきたしーちゃんをベッドに移し、全裸にする。
俺も全裸になり、しーちゃんに覆い被さる。
すかさず抱きついてきたしーちゃんから、「して・・・」と言われて、そのまま挿入。
二人ほぼ大事に逝き、やっと体が離れた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「まだお金払ってないよ」

俺が言うと、「そうだったね~」と笑うしーちゃん。
いつもの金額を支払うと、1万円札を一枚返して、

「今月・・・もう一回呼んでくれないかな・・・」

「成績があるのかな?」と思い、でも口にはせず、1万円札を受け取った俺。

また呼ぶ事を約束し、もう一度合体して別れた。

そして2週間後・・・。
約束通りしーちゃんを呼ぶと、2週間前と同様に、いきなり抱きついてきた。
そして2週間前と同じく、激しくキスしてセックスして・・・。

「2週間も・・・待てないよ・・・」

セックスが済み、しーちゃんを腕枕してる時に、そう言われた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「うん・・でも、俺・・・金ないし・・・」

「だよね・・・」

しーちゃんは俯いた。
そしてしばしの沈黙。

「ねぇ・・・」

沈黙を破ったのはしーちゃん。

「携帯、貸して!」

「えっ?」

「私の携帯、入れとくから」

「えっ?」

また、しばしの沈黙の後、しーちゃんが口を開いた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「好きに・・・なっちゃった・・・」

それでも尚、営業だと思ってた俺。
だが誘惑に勝てずに、教えられたしーちゃんの携帯に電話。

「やっと電話くれたんだ~」と、しーちゃんの嬉しそうな声。

「明日お店休みだから、明日会わない?」と、俺が何も言わぬウチに話し始める。
そして、翌日に会う約束をして、俺は電話を切った。

プライベートでも営業でも、しーちゃんはしーちゃんのままだった。
営業時と同じ、清楚系のしーちゃんが現れた。

「あたしは・・・◯◯愛子と言います。しーちゃんはナシね!」

「俺は◯◯です」

最初に本名を名乗りあう、変なデートが開始。
助手席に愛ちゃんを乗せ、まずは食事へ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

行くのは、愛ちゃんの希望で焼肉。
そして、食事が済んでホテルへ。
部屋に向かうエレベーターの中、愛ちゃんが体を寄せて来た。
俺も抱き寄せ、キスをする。

「電話・・・嬉しかったよ・・・」

俺は尚も、きつく抱き締めた。

ベッドでの愛ちゃんは、しーちゃんではなく愛ちゃんだった。

「本当はキライなんだ・・・」と、営業時にやる素股やアナル舐めなどなし。
挿入しても騎乗位はナシで、ずっと俺の体の下に。
俺が逝っても、すぐに咥える事もなかった。
そして俺も、何回もヤル必要はなかった。

「好きだよ・・・」

俺に腕枕されながら、体を寄せる愛ちゃん。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ごめんね・・・奥さん・・・いるんでしょ?」と尋ねて来た。

「ああ・・・」

俺は短く答えた。

「ごめんね・・・でも・・・好きになっちゃったんだ・・・」

愛ちゃんは涙を流し始めた。
その頭を撫でるしかない俺。
しばし泣いた後、「不倫だね」と、愛ちゃんは寂しそうに笑った。
俺は愛ちゃんを抱き締め、キスをした。

「遊びでいいから・・・また会って欲しい・・・」

愛ちゃんはそう言うと、俺にきつく抱きついて来た。
クリスマス間近の、ある夜の事だった。

年が明けてすぐ、俺はまた愛ちゃんに電話した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「おめでとー」

愛ちゃんの明るい返事にほっとする俺。

「また会ってくれるの?」

愛ちゃんの問いに、「客としてがいい?それともプライベートで?」と聞き返す。

「出来たらね・・・休みの日か何かに、一日中一緒にいて欲しい・・・」

「いいよ・・・じゃ、今度の・・・」

日付と待ち合わせ場所を決め、俺は電話を切った。
俺の心も愛ちゃんに、奪われつつあると感じていた。

すごく寒い日に、俺と愛ちゃんは遊園地にいた。
北風が冷たかったけど、繋いだ手は暖かかった。
愛ちゃんが作ってくれたお弁当も、すっかり冷たくなってしまったが、心は温かかった。
閉園時間までたっぷり遊び、門を出た所で、「まだ・・・一緒にいて・・・」と愛ちゃんが。
俺は愛ちゃんの肩を抱き、車へと向った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そしてホテルへ・・・。
たっぷりと愛しあった後、後ろ髪引かれる思いで別れた。
愛ちゃんはいつまでも、俺の車を見送っていた。

愛が風俗で働く理由を聞いた。
地元を出たが、就職した職場が合わずに退職。
再就職先が見つからず、実家に戻ろうと思ったが、酒癖が悪く、暴力的な父の元には戻りたくない。
そんな時にスカウトされ、何気なく風俗に入ってしまった。
テクは、高校時代のバイト先の店長と不倫関係に陥り、その時に。
清楚なルックスとサービスとのギャップで人気が出て、また、少しだけ我慢すれば大金が手に入り、辞めるきっかけがないと。
彼女の言葉を鵜呑みにすれば、そんなところだ。

その後些細な事で、妻にイライラする事が増えた。
そして愛ちゃんの事が、益々大きくなっていくのが分かる。
すごく危険な兆候。
妻がいる家に帰るより、愛ちゃんと会う事を選んでしまう俺。
バレンタインも誕生日も、愛ちゃんと過す。
妻には一度も買ってやった事のない服も、ホワイトdayに愛ちゃんに買う。
そしてついに、来るべき時が来た。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「できちゃったみたい・・・」

腕枕の愛ちゃんが、そう呟く。

「本当に?マジで?やったーっ!」

妻との間に子はなく、それが初めての俺の子。

「えっ?」と不思議そうな愛ちゃんの顔。

「『俺の子か?』とか聞かないの?」

「だって俺の子だろ?」

「あたし・・・風俗で働いてるんだよ。他のお客さんの子供かもしれないし・・・」

「ん?そんなに客としてんの?」

「生じゃしないよ!でも・・・1、2人は・・・ゴムつけてだけど・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ふ~ん・・・じゃ、俺の子じゃん?」

そう、俺は愛ちゃんとセックスする時、一度も避妊をした事がない。

「確率的には高いし・・・あたしもたぶんそうだと思うけど・・・でも、生んでもいいの?」

「いいよ」

「で、でも・・・奥さんは?」

しばし沈黙した後、「別れるよ」と答えた俺。
声には出さなかったが、愛ちゃんの口が「えっ?」と動いた。

「そ、そんなの・・・奥さんに悪い・・・」

俯く愛ちゃん。

「俺が愛ちゃんの旦那じゃ嫌?」

「い、嫌じゃないけど・・・でも・・・あたし・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「風俗で働いてるのは、気になるから辞めてね。過去の事は・・・お互い様でしょ?」

黙って聞く愛ちゃん。

「君のね・・・大切な物や・・・今の君は勿論、これからの君も、過去の君も・・・全部ひっくるめて受け入れるから、安心していいよ」

「う、嬉しい・・・」

愛ちゃんは俺に抱きつき、声を上げて泣いた。

「ありがとう」と、何度も繰り返しながら泣いた。

前妻とは社内恋愛で結婚した為、知る者も多く、また、彼女の友人も残っている。
職を変えるのが妥当と思い、離婚と同時に退職した。
再就職先にも慣れ、また、ネットから「しーちゃん」が消えて随分と経ったある日の事。
2tトラックを借り、愛の家財道具を二人の新居に運び出す。
スレンダーだった愛も、お腹がかなり大きくなってきた。
やがて俺も1児の父。

「浮気はしてもいいから、他の女と子供は作らないで・・・」

愛からお願いされた事は、必ず守るつもり。

「でも、出来るだけ浮気はやめて・・・したくなったら、いつでも私が抜いてあげるから!何回でもね!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 愛ちゃんと会う事を選んでしまう俺

ノーブラでパンチラしている無防備な彼女とデートがヤバイwww
彼女に萌えたH体験ですww 僕の彼女は天然といか がさつというkとてもずぼらな女の子なんです。 19歳になりますが、 カノジョは、メイクや服装にも特に気を使わず、 酷い時には無駄毛の処理すらしないまま デートにやってきま […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 ノーブラでパンチラしている無防備な彼女とデートがヤバイwww

チャットで知り合った4つ上のLさん
画像はイメージです
初めまして。
こーゆートコにカキコするのは初めてなんだけど・・・ていうか記憶がおぼろげなんだけど。
まぁ・・・思い出しながらだけど頑張って書きますので聞いてください。

昨日、チャットで知り合った4つ上のLさん(仮名)と渋谷に遊びに行ったんです。

Lさんとは知り合ったその日に電話して、そんでいきなりテレエッチしちゃって・・・遊びに行く時もそーゆー雰囲気になることが簡単に予想できて・・・。
あたしは2ヶ月ちょい前に付き合ってた彼氏と別れてて、それから男の人と遊びに行くコトはなかった、とは言わないけど、エッチ前提なんてのはなかったのです。

前日の夜、あたしは親に「明日A(仲がいいクラスメートの女の子)と遊びに行くから携帯貸して」と言って、携帯を(結構強引に)借りて、朝パソコンで乗り換えを確認して、彼氏と別れてから全然乗らなかった山手線で渋谷へ。
乗り換えのところで手間取って時間を少しオーバーしちゃったんだけど、改札を出たところでメールで打ち合わせた通りLさんに電話。
そしたら元々近くにいたらしく、割とあっさり合流できました。
Lさんはほっそりと背が高くて、薄い茶色のグラサンがすごく似合ってて。

「マフラーや手袋はダメで、厚着が出来ない」って言ってて、その日もあたしはコート着てるのに軽そうなジャケットでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

丁度お昼時で、少しお腹すいたということで駅構内のコンビニで軽く食べ物と飲み物を買うことにしました。
あたしが買ったんだし、大して重くないから自分で持とうとするとLさんが「いいよ、お金出してもらったんだから俺が持つ」って言って横からコンビニの袋を持ってくれたんです。

時々手をつないだり離れたり、色々話しながら渋谷の街に出ます。
あたしは渋谷歩いたことないから行き先はLさんに一任。

「そんなコト言うと、いきなりアヤシイ所に連れてっちゃうぞ?」って冗談めかしてLさんは笑いながら言うけど、その足はフツーに裏の方に向かってます。

そして色々歩き回ってとあるホテルに。
あたしは裏に入ってからはひたすらLさんの後をついて行ってるだけ状態。

部屋に入ると、Lさんはバッグとジャケットを置いてベッドに座ります。
あたしはコートとバッグを置いて、鼻水止める薬飲んだせいで喉がすごいカラカラになっちゃってたから(コレだけが理由じゃない気もするけど)、ペットボトルのジュースのキャップを開けて飲んで。
それを見てたLさんが「ソレ、俺にもちょーだい」って言うから、あたしは軽くキャップを閉めてLさんに渡してLさんの反対側のベッドの縁に座って、ころんっ、とベッドに横になったんです。

Lさんは殆どすぐにあたしの方に来て、部屋に来るまでのエレベータの中で「昨日だったらやっと今の時間起きた位だよ」とか言ってたこともあってか、最初は「そんな眠い?」とか言って、あたしの眼鏡を取って、髪を結んでたゴムをはずして、子供を寝かしつけるようにしてたりしてくれたんですけど、Lさんに背を向ける格好になると服の上に手を置いて胸を揉んできて・・・。

「こっち向いて・・・じゃないとやめないよ?」とか言ってくる。

上を向いて無防備な耳を舐めてきたりもして・・・。
あたしは耳をいじられるのは初めてだったから、ソレはソレでドキドキ。
あたしがそのままでいると

「やめて欲しくないんだ・・・?」とか言ってくる。

勿論、その間胸は揉まれてて。
部屋の電気はいつの間にか消えてる。

最初は服の上からだったけど、段々服の中に手が入ってきて・・・。
ブラのホックもはずされて、直に揉んだり、乳首をいじられて。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

あたしは乳首が弱いから少し声が漏れちゃってて・・・。
そのうちズボンのチャックとボタンをはずされて、ズボンとパンツを一緒に脱がされてアソコをいじられる・・・。
クリトリクス(多分そーだと思うんだけど・・・)をクリクリクリされて・・・。
触らなくても分かるくらいドロドロのアソコもかき回されて・・・。

「すごい濡れてる・・・」

少し荒い息と一緒に耳元で囁かれる・・・。
あたしも少しずつ喘ぎ声を漏らす。

あたしはなんか急に怖くなって横になってるLさんの胸に顔を埋めた。

「何か嫌な事あった?イヤだったらちゃんと言って?」

優しくLさんが聞いてくるけど、あたしは首を振るだけでイッパイイッパイ。
Lさんは一度起き上がってまたしばらくしてあたしに添い寝する。
Lさんの下半身も裸で、布団の中でしおれてるけど大きいと分かるLさんのモノが・・・。
あたしはLさんが起き上がった時Lさんにそっぽ向く形に体勢変えたんだけど、Lさんが側に寝てきたときにLさんの方に転がされて・・・。

「手でヤッて」とあたしの手を物に触らせながらLさん。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


あたしは、そのまま強弱をつけてニギニギしてたんだけど、それだけじゃな、と思って口に含んだ。

「う・・・」「お・・・」

あたしが舌を動かすたびに小さく声が漏れてる。

「限界まででいいから全部飲み込んで」というご要望にも応えて、大きく勃ってるモノをくわえ込んたりもする。

あたしがモノから口を放すと、仰向けに転がしてアソコに大きなモノを挿入!
はいる時少し苦しそうに声を出したあたしに「大丈夫?」と優しく声をかけてくれる・・・。
もおこの時点で前のカレシのことなんかすっとんで、とろけちゃってます。
(カレシはエッチ中に「大丈夫?」と聞いたことなんぞ一度もない!)

最初はゆっくりゆっくり・・・。
それでも大きいからか、それだけでも結構感じる。

「上に乗る?」
「それは苦手(苦笑)」
「そっか・・・んじゃあゆっくりがいい?激しいのがいい?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


Lさんが少し意地悪っぽく聞いてくるけど、あたしは「・・・内緒・・・」というのがやっと。

「好きにしろ・・・ってか?んじゃこうしてやる!」

Lさんは言ってメチャメチャに突き始めた!!

「あっ!あっん!ああぁんっ!あっああんっ!!」

こんなカンジであたしはLさんの背中に手を回してしっかりつかまる形になりながらメチャメチャ喘ぎまくり。

「すごい・・・気持ちいい・・・」
「俺もすげー気持ちいい・・・。何処に出して欲しい・・・?言わないと出さないよ」
「・・・ナカ・・・がいい・・・」
「平気なの?」
「・・・多分・・・でも、いい・・・」
「お腹に出すよ!んっっ!」

Lさんはホントに中出ししたみたいです・・・。
ベッドの頭の方にあるコントローラーでベッドの頭の方にあるオレンジ色のライトだけをつけてティッシュでアソコを拭いてくれる・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

でも、ちょっとびっくりしたようにあたしの名前を呼ぶ。

「血出てるよ。生理?」
「え、マジ?生理はもう終わったけど・・・?」

・・・裂けちゃったんでしょうかね?
初体験は済ましてたんですけど。

あたしは内心ドキドキが復活した上に現実的な目が戻ってちょっと怖くもなりましたが・・・。
Lさんだったらいいかな、自業自得だし・・・と考えて恐怖を無理やり振り払いました。

それからしばらく休憩して、最初にやったより念入りにフェラしました。
やってて、結構簡単に勃つのがおかしくてくすくす笑ってると、「何で笑うん?」とLさん。
(この時点でかなり打ち解けてます。)

「だって、前のカレシはこんな簡単に勃ってくんなかったからさ」

あたしはふざけてピン、と立ってるLさんのモノをツン、とはじいてLさんの目線と同じところまで顔を上げました。

「もう・・・。キス、していい?」と少し顔を赤くして言うLさん。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


あたしがコクリと頷くと、触れるだけの軽いキスを唇に落とされて第二回戦(笑)。
今度は少しだけ上に乗って腰振りました。
(いや、最初もちゃんと腰振ったけど)

でもあたしがすぐにバテちゃって・・・。

「疲れた?下のがいい?」とLさんに笑いながら言われてしましたが・・・。

その言葉に甘えてまた正常位(っていうんですよね?)。
今度は最初から早めなカンジ。

「今度は何処に出そうかな?口に出していい?」
「いいよ・・・」

あたしの返答の後、一瞬遅くなってまたメチャメチャに突かれて。
最初と違ったのは、Lさんがイクちょっと前にLさんのモノが抜かれてあたしの口にあてがわれた事。
もちろん、ちゃんと飲みましたよ。

エッチ自体もそーだけど、実に2ヶ月ちょいぶりです(苦笑)

その後は時間になるまで2人でTV見たり雑談したりしてのんびりしました。
ぁ、書いてたらうずうずしてきちゃった・・・。
今度会ったらまたヤられるんだろーな・・・。

今度は壊れるくらいヤられたいなvv

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか チャットで知り合った4つ上のLさん

超可愛い竿付きニューハーフ2人に責められてトコロテンwwwwwwwww
以前にニューハーフと禁断なアナルSEXをしましたが ついに先日も、また逢ってしまいました 名前はナナ。顔、スタイル、色気、どれをとってもイイ女です ただ竿付きなんですが ナナも俺を覚えていてくれ、早速ホテルに行こうとする […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 超可愛い竿付きニューハーフ2人に責められてトコロテンwwwwwwwww

同じクラスのヤンキー女のハイソックスを使って
画像はイメージです
中二のとき、クラスにわかりやすい不良女がいた。
クラスメートの中で髪はそいつだけ茶髪だし、普通に化粧してたり制服を着崩すのは当たり前。
平気で授業もサボる。

だが、正直不良というのを差し置いても、そいつは可愛かったし、カラダも中二とは思えない程に発育が良かった。

スラッと伸びた長く、そして丁度良い肉付きの太ももがエロい上に、夏場では目を凝らせば普通に透けブラもしているし、ボタンを二つくらい外しているので、胸元も大きく開いていた。
(まあ、正面から見るなんて事はできなかったが・・・)

ある日、不良女は珍しく体育の授業に出ていた。
数ヶ月に一回あるかないかだ。
授業終わりにちょっと体操服姿を拝んだが、やっぱりクラスの他の女子とは違うな、と思わされた。
結局、休み時間に他のクラスの不良と小一時間電話した後、必要な小物だけ小さなカバンに持って早退してしまったようだ。

その日の放課後、俺は一人教室に残っていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「夕日に染まる教室が好き」という、学年そのままの厨二病男子だったからだww

ふと、後ろの棚を見てみたら、不良女の置いていったカバンがある。
いくら不良と言えど、女子である。
それどころか、凄く可愛い女子なのだから、やはり私物が気になってしまう。
気配のない事を確認し、おそるおそるカバンを開ける。
その中に袋が入っている。

(これはまさか・・・)

ゆっくりと紐解いていくと、そこには体操服が入っていた。
今日がマラソンの日だったという事は授業終わりの女子との会話を盗み聴いていた事で知っていた。
汗でじんわり湿っている体操服は鼻を近づけずとも酸っぱい匂いがした。

そして靴下。
普段の彼女からは想像できない清楚っぽい白ハイソックスである。
土で少し汚れていた。

さらにスポーツブラも発見。
無論これ以前に見た事はなかったが、パットの大きさからも彼女の巨乳ぶりが伺える。
それだけではなく、なんとパンツまで見つかった。
意外と神経質な子なのかもしれない。

そこから先はもう、人が来るかもしれないという警戒心は無くなっていた。
たくさん汗を吸ったであろう体操服に顔面全体を擦りつけ、パンティのクロッチ部分を口に含みチュウチュウペロペロしながら、ハイソックスにチンポコを挿入して俺は猿のごとくオナニーした。
今までのどんなオナニーより、興奮したし幸福感があった。
出も凄まじく、ザーメンが染みこんだハイソックスはずっしりと重たくなっていた。
彼女が毎日学校に来ない事を考えても、流石にこれはまずい。

ハイソックスだけ持ち帰り、念入りに洗濯し、翌日バレないように『落し物』として置いておいた。

それから卒業まで、彼女でオナニーするのが日課になった。
彼女がよそでヤンキーと何をしていようが、あのハイソックスを汚したのはおそらく俺だけなんだろうからな。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 同じクラスのヤンキー女のハイソックスを使って

連続アクメでイキまくるエロい姉妹
エロビみたいな乱交エッチをしてしまった ある日、突然後から抱きつかれ、 両手で目隠しされて「だぁ?れだ!」 何となく聞き覚えのある声だけどサッパリ解からない。 「解かんないのぉ?」 「しょっくぅ??!」 手を解いて振り返 […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 連続アクメでイキまくるエロい姉妹

グラビアアイドルを目指している女子大生のマミ
画像はイメージです
僕は以前まで芸能事務所で働いていました。
とはいっても大手ではなく、小さなプロダクションです。
抱えていた芸能人は数名でした。
3年間しか働いていませんでしたが、1度だけ楽しい経験をしたので投稿します。
ちなみに、これは実話ではなく架空の話として読んで下さい。


当時の社長はある大手のプロダクション上りの人でした。
ですから必然と、その大手と繋がりもあります。
弱小事務所でしたから、ダイアの原石探しには力を入れておりました。
下っ端の僕もよく駆り出されたものです。

ある日、大手事務所に用事があり、レッスンをしているビルへ行きました。

用事も終わり、近所の喫茶店へ行った時、ある女性と出会いました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

お客は全然いなくて、僕とその女性の二人だけ。
一目見た時から、その綺麗さにシビれました。

「スミマセン、もしかして◯◯に所属されてますか?」

思い切って声を掛けてみました。

「はい??」

完全に警戒モードで、しかもちょっと怒っている感じ。

「いや、私◯◯◯の者でして」

素早く名刺を取り出して見せました。

「所要で◯◯に行った帰りなんですけどね、もしかしたらと思いまして」

「はぁ~・・・◯◯でレッスン受けてますけど」

やっぱり。
そりゃそ~だよなと思いました。
こんな綺麗な子が、しかも事務所の近所にある喫茶店にいるんですから。

「やっぱりそうですよね。失礼しました・・」

そう言いながら机の上をみると、何やらレポートを作成しているようでした。

「もしかしてレポートですか?大学の?」
「はい、次のレッスンまでに少しでもと思いまして」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「はぁ~、それってアメリカの経営学?」
「そ~なんです。あまり授業出てないから分からなくて」

「よかったら少し教えましょうか?オレ経営学を専攻してたんで」
「いえいえ、悪いですよ、大丈夫ですから」

「そう?じゃ分からない事があったら聞いてね」

僕は席に戻り、仕事をしてました。
しばらくすると彼女が近付いてきました。

「お仕事中スミマセン、1つお聞きしても宜しいですか?」
「あぁ~イイですよ、何ですか?」

結局この1つがどんどん増えてしまい、彼女の時間ギリギリまで教えていました。

「本当にありがとう御座いました」
「もう、少し忘れちゃってる事もあるけど、良かったら遠慮なく聞いてね?」

僕は名刺を差し出しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「レポート終わらせないと、レッスンにも気が入らないでしょ。遠慮しないでイイから」
「はい、本当にありがとう御座います」

別にナンパしたとかそんな気持ちも無く、数日後にメールがあるまで忘れていました。

仕事から帰ってTVを見ていると、彼女からメールがありました。
内容はもちろん、レポートの質問です。
メールなんかでは答えられるはずもなく、途中から電話に切り替えました。
ですがこれでも埒が明かなくなり、結局会う事にしました。

彼女はグラビアアイドルを目指す21歳の女性大生。
名前はマミとして下さい。

普通はこんな風に簡単に会う事は無理です。
でもマミも切羽つまっていたんだと思います。
半分仕上げたレポートの提出日は2週間後。
なのに10枚ぐらいしか進んでいませんでした。

車で某駅前の24時間マックで待ち合わせをしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ニット帽にメガネ(ダテでした)で、ラフな格好でやってきました。
実際可愛かったです。
華奢なのに出る所は出てて、喋りかけないでオーラが出てるような雰囲気でした。

ただ教えてるだけでしたが、心底楽しかったです。
今まで仕事以外では、こんな綺麗な女の子と接した経験が無かったので。

「これは~・・・」

なんて説明しながら接近した時の香りなんて最高でした。

この日以来、3回深夜のマックでレポートの手伝いをしました。
そして、「無事提出できた!」とお礼のメールがあり、お礼の食事約束もしました。

「貧乏だから安いお店で・・・」と言われて行ったのは、彼女たちご用達の居酒屋でした。

そこはあるグラビアアイドルだった女の子のお母さんがやっているお店です。
メジャーになった子は滅多に来ないそうですが、卵たちはゴロゴロいました。
二人だけで呑むかと思いきや、最終的には5人で呑んでいましたし。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

店のお母さんが安心できる人なのか、みんな相当ブッチャケて呑んでいました。
誰々があの社長のとこに行ったらしいとか、あのスポンサーの社長はムカつくとか触られたとか誘われたとか、ホントにブッチャケ話ばかりでした。

彼女たちって思っている以上に普通なんです。
恋愛もしたいし、遊びたいし、ストレスだって溜まるし、性欲だってある。
酔いが回った頃には、恋愛&下ネタトークになりました。

5人いた中で19歳の子がいたのですが、彼女は凄かったです。
ドM体質らしく、今までのセックスが半端じゃない。
15歳でセックスの良さを知って、30過ぎの彼氏に相当仕込まれたそうです。
今でも部屋にはバイブが数本あり、オナニーが日課だと言っていました。
その時は彼氏もいなくて、欲求不満だったんでしょうね。

この日以来、4人の女の子たちとはよく呑みました。
誘われて行ってみると、メンツが揃っているみたいなノリです。
僕がなぜ呼ばれるのかというと、やっぱり仕事関係が理由です。
彼女たちは売れたいですし、悩みもかなりありましたから。

「タカシさんて彼女いないんだっけ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

22歳のアイドルの卵にツッコまれました。

「いないねぇ~、寂しいクリスマスですわ」
「じゃ~パーティーやろうよ!タカシさんの家で!」

それがキッカケでクリスマスイブにうちで鍋パーティーをやる事になりました。
まだ売れてもいない子達だったので、24日も25日も仕事が無かったらしいです。
しかも先を見据えて彼氏も作らず、寂しいクリスマスを過ごす予定だったとか。

僕が仕事だったので、集まったのは20時頃でした。
揃いも揃って全員が可愛いメンバーでしたから、僕も張り切りました。
ネットで取り寄せたフグ、シャンパン、ワインなどを用意していました。
しかも酔ってもらう為に、焼酎やリキュール系も充実させました。

全ては『何かイイ事があるかも?』という期待で。

彼女たちはハイテンションでした。
2時間程で全員酔っ払い始め、全員が僕のスウェットやハーフパンツに着替えています。
だからリラックスした彼女達が目の前にいる状態だったんです。
これはもう萌えてきますよね。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


鍋が終わり、呑みに専念し始めて、ゲームもやりました。
これで一気に酔いが回り始めて、僕のベッドに寝始める始末。
2人がダウンして寝てしまい、マミを含めて3人で呑んでいました。

「二人も寝ちゃった事だし、静かにゲームやろうか」
「もう一気はイヤ~」

「俺もダメだ。じゃあ、負けたら恥ずかしい体験談を話すって事で!」
「イイ~ねぇ~!それイイ~ねぇ~!」

そんなノリで始まった体験談暴露大会。
ゲームは懐かしいファミコンのテニスでした^^;
経験の差で僕の圧勝でしたから、二人の初体験やら変態行為を聞く事ができました。
1番興奮したエッチの体験談も聞く事ができました。
なんとマミの1番興奮したエッチはカーセックスだったというのです。
自宅の近くにある大通りに路駐して、そこでフェラチオも毎回やってたとか。

「マミちゃんて見た目とは違ってMなんだねぇ~」
「そ~なのぉ~!強引にとか、口塞がれてとか、大好きだし!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「こっそり系も大好物?」
「あはは~大好物!だから車の中が好きなの!」

「どんだけだよ(笑)そんで上に乗ると積極的に腰を動かしちゃうんだろ?」
「あれは仕方がない!動くなって言われたら抜く!(笑)」

グラビアアイドルの卵ですよ?
なのにこんな話をしてたんですから、今思い出しても笑っちゃいますよね。

そんなこんなで気が付けば3人ともグデングデンでした。
1人はソファーで横になり、マミはベッドに潜り込みました。
シングルベッドなので女の子でも3人はキツキツ状態です。
僕はその下でクッションを枕にして寝ました。

夜中の3時頃だったでしょうか。
誰かが僕を踏み付けたんです。
イテッ!と思い、目を開けると、マミがフラフラとトイレに向かっていました。
しばらくして戻ってきたマミは、また僕を蹴って踏んでいきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「何度も痛いんですけど・・・」

「あっ・・ゴメン。見えなくて」
「まぁ~見えないしね。どれどれ・・」

僕はわざと手を伸ばしてマミを触りました。
ちょうど胸に手が当たり、ムニュッとした感触がありました。

「ちょっ!何してんの!」
「いやぁ~ゴメンゴメン。見えないからさぁ~」

そんな事を言いながら今度はムニュッと鷲掴みにしました。

「んあっ!ダメでしょ!見えてるんでしょ!」
「いや・・見えてない。さっき2回踏まれたから、2回揉んでやる」

「意味分かんない事言わないの!ヤメなさいっ」
「分かったよ・・さっさと寝ろよ~」

しばらく横になって時間をおきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


マミはすぐ手の届く僕寄りの端っこで寝ています。
僕は寝ながら手を伸ばし、マミの胸を触りました。

「んっ・・何してんのよっ!」

マミは小声で怒ってきましたが、狭いベッドですから動けません。
起き上がれば逃げる事ができるのにしないので、僕はそのまま揉みました。

「んっ・・はっ・・いやっ・・あっ・・・」

押し殺した声で喘ぐので、僕もエスカレートしていきました。

胸からお腹を触り、ゆっくりとアソコに手を持っていきました。
足を硬く閉じていたのですが、強引に手を滑り込ませます。
それでも頑なに閉じているので、スウェットの中に手を突っ込みました。
指に陰毛の感触があり、そのまま下に指を滑り込ませます。
するとコリっとした感触があった瞬間、マミはビクッとしました。

ちょうどクリトリスに指が当たったようです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかも完全に濡れていました。

「何?これ。もしかして拭き忘れ?」
「ちゃんと拭いたもん・・あっ・・」

「みんな起きちゃうから声我慢しないとね?」
「ちょっとっ!怒るよ!」

濡れているというかグチョグチョになっていました。

クリトリスに濡れた液体を付けて、円を描くようにクルクル触りました。
それだけでもドンドン液体が溢れてきます。
調子に乗って指を入れてみました。

「んあっ・・・はぅ・・」

必死に声を押し殺しているにも関わらず、どうしても声が漏れていました。

「んっ・・・んっ・・・はっ・・・んっ・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

グチョグチョになったアソコに、中指を根元まで入れました。
そして得意の指テクを披露してあげました。
最近ご無沙汰だと言っていただけあって、ほんの数分でイッてしまったようです。
小刻みに太ももが痙攣していました。

「痙攣してるけど、どうかした?大丈夫か?」

からかうように小声で言ってやりました。

「別に・・・何も無い・・・」

ちょっと不貞腐れた感じの返事がありました。

そしていきなり立ち上がり、また僕を、今度はさっきより強めに踏みつけてトイレに行きました。
思わず「うっ!」と言うぐらい強めでした。

(トイレで濡れたアソコを拭きに行ったくせに・・・。)

僕は立ち上がって、こっそりトイレに向かいました。
歩きながら周りを見渡しましたが、全員爆睡しているようです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

アイドルの卵とかいってるくせに、イビキまでかいてる子までいました。

うちのトイレはお風呂とは別になっていて、玄関に近い場所にあります。
僕は廊下の扉を静かに閉めて、廊下の電気も消して、トイレの横で待ち伏せしました。
トイレからはゴソゴソと物音が聞こえていましたが、用を足してる感じではなさそうでした。

(やっぱり拭きに来ただけか・・・。)

そう思っていると鍵が開いて、マミが出てきました。

扉を開けた瞬間僕がいましたから、それは相当ビックリしますよね。
マミも「ヒィッ!」と小さな悲鳴をあげて硬直していました。

「マジでビビり過ぎでしょ(笑)」
「もぉ~やめてよぉ~。ホント最悪・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「さっきまた踏みつけて行ったからな、お仕置きが必要かと思ってね?」

僕はそのままマミをトイレに押し込みました。
押し込みながら強引にキスをしながら。

「ん~~~っ」

ちょっとした抵抗がありました。
鍵を後ろ手で閉めて、そのまま強引にキスを続けました。

「ちょっと・・ヤメてってば!んっ・・・もう・・イヤっ・・・ん・・・」

角に押し付けるようにしているので、逃げようにも身動きがとれません。
そのまま僕は辛抱強くキスを続けました。
初めは歯を噛み締めていた為、舌を入れても歯が邪魔していました。
だから歯茎を中心に舌先で舐めながらキスを続けました。

しばらくして観念したのか、ちょっと口が開きました。
その瞬間、僕の舌がようやく口の中に入り込みました。
舌と舌が触れ合ったと同時に、マミの舌も微妙に動き始めました。

マミの頭を両手で挟むように持ってキスを続けると、マミの舌は次第に大胆に動き出しました。

驚いたのは、マミがノッてきてキスが激しくなってくると、喘ぎ声っぽい吐息を洩らしながらキスをしてくることです。
さっきの濡れ具合といい、どうもマミは実はエロい性格なんじゃないか?と思い始めました。
もうこうなると遠慮なんてしませんよね。

キスをしながら、オッパイを少し強めに揉みました。
すると喘ぎ声が本気っぽくなってきた。
乳首は硬くなっていて、指で摘まんでグリグリすると、必死で声をおさえながら激しいキスをしてきました。
手を胸からお腹に移動させてそのまま下に下がっていくと、モジモジして手を避けてきました。

「そこ・・は・・・ダメっ・・・ねっ・・・お願い・・・」
「なんで?またグチョグチョになってるくせに・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


強引に手を入れると、やはり濡れまくりでした。
さっきなんかよりもずっと濡れまくりでした。

「また指でイッちゃうの?ほら・・・また足がプルプルしてるぞ」
「はぅ・・・んっ・・・も・・う・・・ダメ・・・いやっ・・・」

「みんなに聞こえちゃうだろ?」
「だって・・・あっ・・・ダメって・・ば・・・いっ・・・」

僕はマミに舌を突き出しました。
するとその舌にマミはシャブリついてきたんです。
相当本気モードになっているのが分かりました。
濡れ濡れのアソコに指を2本入れると、立ってられない状態になりました。
腰を抱えるようにして無理やり立たせながら、激しくアソコをかき混ぜます。

「いやぁ・・・っ・・・いっ・・・いっちゃ・・・う・・・んっ・・あっ・・」

ガクンとマミはしゃがみ込みました。
指を見ると2本ともフヤけていました。
それだけ濡れていたんです。

僕はパンツをズリ下げて、チンコを露出しました。
初めからギンギンでしたし。

「ほら・・・自分だけ気持ち良くなっちゃダメでしょ?」
「う・・・ん・・・」

ノソノソと動きながら、予想外にも素直にチンコを握ってきました。
そして舌先で亀頭を舐め始めたんです。
どこで覚えたのか、舌の動きは絶妙です。

「うまいな・・・もしかしてフェラ好きなの?」
「んぐっ・・・そんな事無い・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

唾液がどんどん出てくるのか、かなりウマいフェラでした。
玉袋も軽く揉みながら、ねっとりとしたフェラです。
気持ちイイーなぁーと思っていると、いきなり扉の開く音が聞こえました。
そして足音が向かってきたんです。

ガチャガチャ・・・。

「入ってるよ!誰?」
「あぁ・・ゴメン・・・」

「マミちゃんが今吐いてるからさ、ちょっと待ってて」
「はぁ~い」

足音が遠ざかって、扉の閉める音が聞こえました。

「危なかったな?マジでビビった(笑)」
「ホント・・・もう出ようよ」

「じゃ・・最後に・・・」

マミが立ち上がると後ろを向かせて、パンツを一気に脱がしました。

「ちょっと!マジでヤバいでしょ!聞こえちゃうってば!」
「大丈夫だよ。最後まではしないから」

亀頭でアソコをなぞると、クチョクチョと音がします。

「こんなになってるくせに、ヤバいもないだろ」
「いやっ・・・はぁう・・・んっ・・」

亀頭がニュルりと入ると、マミは口を手で押さえました。
ゆっくり入れて奥まで到達すると、マミの腰がビクビクし出しました。

「そんなに気持ちイイのか?ゆっくり動くだけで」
「んん・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


怪しまれるといけないので、ゆっくり出し入れを少しだけ楽しみました。
抜いてみると、マミの液体でテカテカです。

「これじゃパンツ穿けないから綺麗にしてよ」

僕はティッシュで拭いてくれるかと思ったんです。
でもマミは目の前にしゃがみこんで、さっきまで入れていたチンコを舐め始めたんです。
これにはマジでビックリでした。
完全に目がエロモードでしたし。

演技でマミを支えるようにして部屋に戻りました。
さっきトイレに来たのは22歳の子らしく、部屋に入ると起き上ってきました。

「マミさん大丈夫?」
「うん・・もう全部出したから平気っぽいよ」

「じゃあ、ベッドに寝せないとだね」
「トイレ使ってイイよ、オレが寝かせておくから」

全く怪しむ事もなく、22歳の子はトイレに行き、戻ってきてもスグに寝てしまいました。
ベッドの奥にマミが寝たため、僕は何も出来ずに寝るしかありませんでした。

22歳の子はマミに気を使って、僕と同じように下で寝ました。
布団は1枚しか無かったので、僕と二人で使って寝ていました。

寝苦しくなって起きてみると、その22歳の子が僕に抱き付いて寝ていたんです。
肩に巨乳がモロにむぎゅっと押し付けられていて、僕の片足を股の間に入れて寝てるんです。
マミの件もあるので、どうしようか悩みました。
とりあえず我慢する方向にして、ちょっとだけ悪戯をしました。

挟まれた足を曲げて、モモをアソコにあてがったんです。
初めは軽くでしたが、次第に強めに押し当てました。
すると寝息でフゥーフゥー言いながら、少しだけ腰が動き出したんです。
ズリ・・・ズリ・・・というゆっくりしたペースで。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


寝ているのか起きているのか分かりませんでしたが、腰はゆっくり動いています。
これじゃ我慢できそうもないと思い、苦渋の思いでアソコから離しました。
そのままちょっと待ってみて、僕は起き上がりました。
このままじゃ寝れそうもありませんでしたし。

キッチンに行ってコーヒーを入れました。
コーヒーを飲みながら煙草を吸っていると、ソファーで寝ていた子が起きてきました。
一番酔っ払っていなかった子です。

「寝れないの?」
「まぁ~ね。あんな可愛い子達が寝てたら、緊張して寝れないでしょ(笑)」

「そう?アタシなんて爆睡しちゃってたけど」
「ソファーで?首痛くない?」

「そうそう。首が痛くて目が覚めたの(笑)」
「コーヒーでも飲む?」

結局この子と朝まで喋って時間を潰しました。

朝になってマックに買出しに行って戻ると、マミも起きていました。

「二人でどこに行ってたの?」

ちょっと不貞腐れた感じでマミが聞いてきたので、思わず笑ってしまいました。
怪しんでるって事は、少しは脈ありかなと思ったので。
マック買ってきたと分かると、いつも通りになってましたしね。

この日からマミとの楽しい生活が始まったのですが、その体験談は後日報告します。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか グラビアアイドルを目指している女子大生のマミ

超当たりのデリヘル嬢とプライベートSEX
残暑が厳しかった8月の終わりのある日、 仕事上のミスで俺は上司に怒られた。 あまりの上司の怒りぶりに俺も相当イライラしていたので、 これは発散せねばと思い、デリヘルを呼ぶ事にした。 ただ、どうしてもやりたかったわけではな […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 超当たりのデリヘル嬢とプライベートSEX

突如バイ告白してきた彼女にアナルを犯された
画像はイメージです
とりあえずスペック。
俺:25歳フツメン。
彼女:21歳、腐女子、可愛い。
元々俺S、彼女がM。

ある日の事後、カミングアウトされた。
薄々感じてはいたが、彼女はバイだった。

彼女「ごめん、実は彼女いるんだよね」

俺「知ってた」

彼女「マジかwwなんでよwまぁいいや。それでさ、私、女の子とするときってSなんだよね」

俺「?!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女「いやだから、責めるのが好きなの」

俺「・・・で?」

彼女「ケツよこせ」

俺「!?」

・・・と、プレイ時に使ってる手錠やら何やらで俺の全身を拘束し始める彼女。

俺「いやいや、冗談でしょ?」

彼女「・・・」

(目が怖いよ、彼女さん)

俺「おーい」

まだ冗談だと思ってる俺はこの時はちょっとドキドキ。

彼女「前から◯◯(俺)のこと責めたいと思ってたんだよねー、何かいい声で鳴きそうだし」

俺「・・・」

彼女「やっぱり責めるなら、チンコ付いてた方が楽しいよねー」

俺「・・・」

彼女「男に生まれたかったなー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(こいつ本気か・・・!)

俺「お、おい、お前マジなん?」

彼女「マジマジ♪ちょうどバイブもローションもあるし♪」

俺「いやいや、いきなりそんなもん入るわけねーだろ、てかやらねーし」

彼女「大丈夫大丈夫!結構イケるもんだって!」

(その自信どっから来るんだよ)

俺「俺は女しか無理、てかお前だけでいいわけで」

彼女「知ってる」

俺「彼女いることも許してるのに、何この仕打ち」

彼女「うふふふふ、じゃあローションいっちゃいまーす」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「じゃあ、ってなに?」

ローションを息子とアナルに付けだす彼女。
さっきも言ったけど、俺はSでもMでもどっちでもイケる気質。
アナルを弄られつつ息子しごかれてビンビン。
ぬちゃぬちゃとローションの音がする。

俺「うぁっ・・・!」

彼女「やっぱり可愛い声。アナルに入れたらどんな声出すのかな~」

ヌルヌルになったアナルに指が入ってくる。

俺「ちょっ、待て・・・って・・・っ!」

何か吐息混じりの声出る。
きめぇ。

彼女「~♪」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

すっげ楽しそう。

俺「マジで待ってくだはい」

彼女「呂律回ってないよ~♪」

俺「手を動かすな・・・アナルまではいい、気持ちいいし」

彼女「気持ちいいんだ」

俺「うるせぇ、でもやっぱり気持ち悪いからもうやめて」

彼女「気持ちいいんだったら、そのうちもっと良くなるって!大丈夫大丈夫!それに何だかマジでイケそう、指増やしますねー、はい力抜いてー」

指が2本、さっきまで処女だったアナルにイン。

俺「力、脱いてじゃ、ねー・・・っつーの、ああぁっ、あ、やめっ・・・!」

彼女「入っちゃった?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「うわっ気持ち、悪い・・・てか、ほら、アナルって、ちゃんと挿入前に、色々やる事ある、でしょ・・・」

彼女「ちゃんと手も綺麗にしたし、大丈夫!てか、ちゃんと準備したら嫌がらないでやってくれるのー?」

俺「やるわけねー・・・っが!動か、すな、中でっ・・・っあぁ!」

指2本が中でうねうね。
女ってこんな気持ちなのか?
指を入れられつつも、しごかれて身体ビクビク、喘ぎ声も止まらない・・・。
かなり屈辱的。
慣れてるだけあるな、こいつ・・・てかなんで俺のアナルこんなに緩いんだ?
ウンコ太いからか?
教えてエロい人。

彼女「いい反応するね、◯◯♪もうこんなにズボズボ入ってるよ~。これならバイブ、そろそろいけそうじゃん?」

俺「や、やめ、ああっ、やめてっ・・・ぐああっ、っ!」

喋るのも大変。
しかもノリノリの彼女。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺、軽く涙目。

彼女「本当に可愛いなぁ。もっと声出して♪聞くと濡れてきちゃう・・・」

そんなことを言いながら責めが激しくなる。

彼女「ん~、そろそろ本当にバイブいっちゃおうかなぁ~?」

いつも責められてアニメ声で喘ぐやつとは思えん。

彼女「ローション多めにつけてあげるね~」

チンコとアナルが更にヌルヌルに。
チンコは気持ちいいのに、アナルは気持ち悪い変な感覚。

俺「ちょっ、マジ、やめてっ、くだ、さい・・・っ!」

なぜか俺敬語。
バイブは普通の大きさのやつね。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女「じゃ、入れるよ~。力抜かないとほんとに痛いからね?」

ゆっくり、ローションまみれのアナルにバイブが入ってくる。
処女だったとは思えない入りっぷりにちょっと泣きたくなった。

俺「あっ、マジか、入ってきてる、し・・・あぁっ、やめ・・・!」

抵抗虚しく、バイブの先がお入りになられました。
ぬぷっグチュっと、ゆっくりバイブを出し入れする彼女。
文字通り異物感が半端ない。

俺「やめてっ、ほんと、マジ無理だ、って・・・!あんっあぁっ!」

これまで生きてて「あんっ」とか喘ぐとは思わんかった。
笑えよ、お前ら・・・。

彼女「素質あるんじゃない?普通いきなりはなかなか入らないよ?」

俺「嫌だ・・・っやめ・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

更にバイブが入ってくる。

彼女「まだスイッチは入れないから安心してね~」

ゆっくりとだんだんバイブを前後させ、奥まで挿入していく。
ローションでぐちゃぐちゃだからエロい音が耳につく。

俺「気持ち、悪いって、やめてよ・・・っ」

彼女「その反応、凄く萌える・・・ね、どう?気持ちいい?ここ、凄く硬くてビンビンになってるんだけど。ほらほら、奥まで入っちゃったよ?」

気付けば、いつの間にかアナルの奥まで挿入されていた。

彼女「あーもうたまんない!可愛すぎる!」

更にローションをつけ、出し入れする彼女。
もうわけが分からず、喘いで体がビクビクになる俺。

俺「やめ、あっ、イキそ・・・あっああっ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女「イッちゃうの?初めてなのにイカされちゃうの?」

俺「イクっ、くそ、嫌だ、っあぁっ、イクっ!」

かなり屈辱的だったのに、その前にやってるのに、精子すげー出た。

彼女「凄い、いっぱい・・・くせになっちゃいそう、どうしよう?」

俺がどうしよう?!

彼女「お疲れさま。頑張ってくれたから、今度私を責める時は好きにしていいからね?」

俺「うるせえ、覚悟しとけよ・・・」

脱力感がやばくて、しばらく動けなかった。
できればもう掘られたくないです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 突如バイ告白してきた彼女にアナルを犯された

そのままズコズコしていると、トコロテンではないけど、おしっこは漏れるようになった。
画像はイメージです
今年で29歳になるが、ここ2年ほどで、まったく女性に興味を持てなくなってしまった。理由は、アナニーにハマったからだ。



そこそこイケメンだった俺は、10代の頃から結構女とやりまくっていて、二十歳になる前までに色々な経験をした。



何人かいた人妻のセフレが、ほぼ全員アナルセックスが好きだったこともあり、俺もアナルの快感に興味は持っていた。



でも、セフレに舐めてもらったり、アナルに指を入れてもらっても、少しも気持ち良くなれなかった。人妻のセフレの中には、アナル責めが得意な淫乱ビッチもいたけど、なんか大きいのが出そうな感じになるだけで、気持ち良くも何ともなかった。



なので、興味を持っては色々試し、気持ち良くなくてやめる。そんな事を繰り返しながら二十代後半になった。



そんな中、サイトを参考にエネマグラとかいうグッズを試してみた。太さも全然なくて、不思議な形状をしているそれを、サイトのチュートリアルに従って、ある程度お腹の中をスッキリさせてから挿入してみた。



すると、ほぼ抵抗感なくアナルに入っていき、ある程度の所まで行くと、勝手に吸い込まれていった。その時に、一瞬だけどゾクッとした。今まで、なにをしても気持ち良くなれなかったのに、一瞬とは言え快感が走り、テンションが上がった。



だけど、そこからが長かった。一瞬気持ち良くなっても、すぐに何ともなくなる。気持ち良いポイントを探り探り、催眠オナニーなんかも取り入れたりして、なんとか感じるようになってきた。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

でも、ネット動画みたいに入れられただけでイク”ところてん”とか、泣き叫ぶほど感じるレベルに行ける気配はなかった。



だけど、ちょっと太めのディルドとかは入るようになっていたし、入れてピストンすると、声が漏れるくらいには感じるようになった。



そのままズコズコしていると、トコロテンではないけど、おしっこは漏れるようになった。



そんな中、人に責めてもらいたいと思うようになった。



そして、新しく出来たセフレの若妻”加奈子”が、アナル調教経験ありの痴女キャラだった。



ナンパでその日のうちにセックスをしたときに、ベッドの上で過去の話を聞いた中で、それを知った。



だけど、最初からアナルを責めてくれとは言えず、1ヶ月くらいは俺が一方的に責める感じだった。



スーパーでパートしている加奈子を、とにかくイカせまくった。人妻で子供もいるとはいえ、俺より年下でまだ25歳の加奈子は、セフレとしてもかなりのレベルだった。



パートが終わる時間に待ち合わせ、自宅のマンションの目の前に車を止めて、そこで生ハメセックスをしたりした。



俺の車(エクストレイル)の後ろの席に移動して、フラットにしたラゲッジと後部座席の上でバックから突いてやると、すぐに潮を吹きながらイキまくった。シートも完全防水のエクストレイルが、こういう時役に立つwそして、一番濃いスモークを張ってあるとはいえ、中から外はけっこう見える。こんな場所なのに、わざわざ全裸に剥いてバックからハメていると、『ンふぅっ! ンおぉっ! 声出ちゃう! 出ちゃうって! ンオおぉっ!! あヒィ#9825;』と、泣きそうな声であえぐ加奈子。もうすぐ子供も帰ってくる時間だけど、俺はかまわずにガンガンとハメ続ける。



大きな胸がユサユサ揺れて、車も結構揺れている気がする。



「ほら、見られたらどうする? お隣さんとか、そろそろ帰ってくるんじゃねーの?」



俺がイジメながらピストンをすると、『ングゥッ! ダメぇ、見られちゃうぅっ! バレちゃうよぉっ! パパにバレちゃうぅっ!』泣きそうな声で叫ぶ加奈子。



「じゃあ、やめるか? 旦那にバレたくないんだろ?」



そう言って、俺が腰を止めると、『ダメっ! もっとっ! イキそうなんだからっ! もっと突いてッ!』と、自分から腰をぶつけてくる。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

口では旦那にバレたくないとか言いながら、こんな場所で、全裸になって浮気チンポを生ハメされている加奈子を見ると、結婚なんてするもんじゃないと思うwすると、遠くに幼稚園のバスが見えた。



「ほら、バス来たぜw」



『えぇっ!? もう? アァ、もっと、もう少しだから、あぁっ! もっとぉッ! 強くしてっ!』「いいのかよw よし、行くぜw」



そう言って、全力でピストンをする。



ちなみに俺の車は、カーセックスするためだけに、ガチガチに固いサスに交換している。それでも、これだけ激しく突くと、揺れているのはわかると思うw『んおぉぉんっ!! そうっ! おぉっ!! チンポ凄いぃっ!! カズ君チンポ、太いぃっ!!』「旦那のより気持ち良いか?」



『いいっ! パパのチンポより太いのぉッ! パパのチンポより、固くてぇ、長くてぇ、子宮の壁壊れるぅッ!! ウウうぅァッ!! イ、イキそうっ!!』もう、幼稚園のバスは目の前だ。



「アア、出るッ!」



『イッてっ! 中にっ! ウゥゥウアッ!! イクっ!! イィくぅっ!!』全力で痙攣しながらイキまくる加奈子の膣中に、たっぷりと出してやったw加奈子は、潮を吹き散らかしながらイクと、すぐに慌てて服を着始めた。



もう、バスはマンション前に止まっている。



『ご、ごめんね、またメールするねっ! カズ君、愛してるよっ!!』そう言って、俺にキスをして出ていった。俺は、あきれて笑いながら送り出す。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

加奈子は、バスが止まっている方からは見えない側のドアを開けて車外に出ると、そっと歩き始めた。



そして何食わぬ顔で、出迎えに来ている他のママ達に混ざった。マジで、女は怖いと思う。



息子と手を繋ぎ、マンションに入って行く加奈子。ふと見ると、膝の内側が濡れて光っていた。



アレ? っと思って車内を見ると、パンツを忘れていったみたいだ。クシャクシャッと丸まったパンツを見ながら、俺は苦笑いを浮かべた。



幼い息子を出迎え、その小さな手を握って歩き、他のママさん達とにこやかに話しをしながら、浮気チンポの中出し汁を膝まで垂れ流す加奈子。



旦那が可哀想になってくる。



加奈子は本当に俺の巨根に狂っているようで、時間があると俺とセックスばかりしている。そのくせ旦那のことは凄く好きというか、とても愛してるようで、その心と体のアンバランスっぷりがたまらない。



加奈子のお気に入りのプレイは、夫婦の寝室でのセックスだ。旦那と毎日一緒に寝るベッド……愛し合うベッド……その夫婦の神聖な場所で、他の男にメチャメチャにされるのが、たまらないようだ。



今日は朝の10時に呼び出されていた。旦那を送り出し、子供をバスに乗せたすぐ後の時間だ。もう、少しでも早くやりたくて仕方ないみたいだ。



ちなみに俺は、定職はない。いわゆるブロガーだ。アフィリエイターとも言う。それでも月に200万は稼いでいるので、本当に良い人生だと思う。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

と言っても、セフレの女達とのハメ撮り動画で集客しているので、それなりの努力はしているwいつもみたいに、ネットオークションで買った宅配便の制服を着て、加奈子のマンションに入る。わざわざ、段ボールの箱も手に持っている。その中は、大人のオモチャやコスプレの衣装でぎっしりだwそして、インターフォンを鳴らして、宅配便のフリをする。そして、オートロックを外してもらい、部屋に行く。



そして部屋に入ると同時に、全裸の加奈子が抱きついてキスをしてくる。舌が口の中で、でたらめに暴れ回る。



つい2日前に自宅前の車の中でしたばかりなのに、加奈子は発情していた。そしてキスをしたまま、俺のズボンの上からチンポをまさぐる。



『あぁ、大っきい……固いし、ホントヤバい……』うめくように言いながら、俺のチンポをズボンの中から取り出し始める。



そして、ズボンもパンツも膝までしか脱がしていない状態で、俺のチンポをくわえてくる。



『ううあっ! これ、あぁ、美味しいよぉ……おチンポ好きぃ……あぁ、もうダメだよ、入れるっ! 入れちゃうからねっ!』そう言って、俺を押し倒して上に乗っかってきた。加奈子は、超ロリ顔の人妻だ。数年前の、ピーク時の永作博美っぽい感じだ。



それが、玄関入ってすぐの廊下で、浮気チンポにまたがって腰を振る姿……ギャップが凄すぎる。



加奈子は、ちょっとセックスが好きすぎると思う。依存症とか、色情狂とか、そんな感じなのかも知れない。



『ンアッ! これっ! アッ#9825; 好きぃっ! チンポ! チンポォッ! うっウゥあっ! アッ! 奥潰れてるぅッ! ダメ、いいっ!? もうイッちゃうっ! イクっ! イクっ! イクゥッッ!!』加奈子は、あっという間に果ててしまった。昼間というか、朝からこんな事をして、こんなにあえいで大丈夫か? と、心配になる。隣近所にバレないのか? と思うが、この曜日のこの時間は、上下左右留守だそうだ。ホントかよと思いながらも、俺も容赦なく下から突き上げ始める。



『んンッおぉおぉっ! それぇっ! そう! あぁっ!! もっとぉッ!! んおおぉっん#9825; ンオッ! んんオッ! イクっ! イィグゥッ!!』のけ反りながら、思い切りイク加奈子。ふと下駄箱を見ると、家族三人で笑いながら写る写真がある。遊園地かどこかだと思うが、幸せそうな光景だ。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その写真の前で、狂ったようにイキまくり、騎乗位で繋がったまま潮を吹き散らかす加奈子。



旦那が見たら、気を失うんじゃないかと思う。



そして、フローリングで寝そべっていて背中が痛くなってきたので、立ちバックに切り替えた。アホみたいにつきまくる俺、下駄箱に両手をつき、あえぎ続ける加奈子。



すると、ふと顔を上げた加奈子が、写真に気がつく。



慌てて写真立てを伏せて、『パパぁっ! ごめんね! ああぁっ! ごめんなさいぃっ! ふおぉおぉっ! イッちゃうッ! パパごめんなさいぃっ! イクっ! パパぁイッちゃウゥッ!!』と、いつも以上に大声を上げて果てた。



俺は、そんな加奈子の中に思いきり中出しを決めた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか そのままズコズコしていると、トコロテンではないけど、おしっこは漏れるようになった。

一途に夫を愛す妻への詫び
画像はイメージです
勤務を終えてた土曜日の午後、いつものように私は同じ職場の彼女を誘った。

彼女は妻より十歳も若い三十二歳。
私は、若い女の弾けるような、ぴちぴちとした滑らかな肌に溺れ貪った。

彼女も激しく燃えて、昼下がりの僅か二時間の間に三回も達してくれた。

そんな快楽の裏には危険も待ち構えている。
職場の男女関係、それも上司と部下の女子職員という関係が、いかに危険なものであるか。
ひとつ間違えば社会的地位は失い、家庭が崩壊し、登りつめた地位から転げるように落ちて、世間からも放り出されていく。

そのことは良くわかっているくせに、彼女との関係を、断ち切ろうと思いながらも断ち切れずに、ずるずると今日まで五年間も続けている自分の弱さに嘆いた。

彼女と別れて、午後五時には何もなかったような顔をして帰宅すると、何も知らない妻は、「お帰りなさい・・・」と云いながら、台所で夕食の支度をしていた。
スラリと流れるような肩筋、細く凹んだウエスト、柔らかく膨らんだヒップなど、調和のとれた四十二歳女の色濃い後ろ姿が、男の気持ちを揺さぶる傍ら、何も知らない妻を裏切っている罪悪感に胸が苦しんだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

台所に立つ妻の後ろ姿を見つめて、やはり愛しているのはこの妻なのだ。
健気に尽くしてくれているこの妻を見捨てるわけにはいかない。
彼女の心情を察すると、これまでの関係を断ち切ることは忍び難いが、男としての責任を取って、ここらで彼女との道を整理しなければならないと思った。
妻に本当に申し訳ないと心で詫びるばかりだった。

その夜、浮気した罪悪感から一週間ぶりに妻の柔肌を求めた。
何も知らない妻は、拒まずに硬い怒棒を迎え入れてくれた。
私は昼下がりの背信行為を心で詫びながら、ひたすら妻を愛し続けた。

怒棒の先端が妻の柔らかい肉襞に触れ、そこに私が力をかけたとき、それが妻の潤みで滑って花びらを撫でた。
不意に蕾を撫でられた強烈な感触に妻は「あぁっ・・・!」と一瞬声を出して、からだを仰け反らせた。
その反応を見た私は、怒棒の先端で素早く妻のその急所を何回となく擦り続けた。

蕾を凄く刺激された妻は、引き続く鋭い快感を感じて、手でシーツの端を掴み、足をばたつかせ、腰を捩った。
妻は、幾度なく訪れる快感とくすぐったさに呼吸が苦しくなったのか、吐息が喘ぎ、眼の縁には涙さえ溜めて「うぅーん・・・、いやぁ・・・」と大きく呻いた。

我慢できなくなったのか肢体を乱した妻は、「もうだめ、きて・・・、はやく・・・」と口ずさんだ。
その切なる哀願に、私は、硬くなったものを妻に当てて迎え入れさせた。

意外と狭い妻のそこを、怒棒は押し開いてゆっくりと入っていく。
その硬いものは、狭い女の隧道を裂けんばかりに進んで、妻の内部を一杯に満たした。
その触感に妻は、またも体を反らせて「うぅ・・・」と呻いた。

妻は、男から受ける快感を、言葉や素振りに表さまいと慎しんでいるものの、男の強張りが、狭い女の隧道を一杯になって、突き進んでは後ずさりする行為が繰り返されていくのを必死に受け止め、ひしひしと男から受ける快感に酔い痺れているようだった。

私は正常位で真上から快感に歪む妻の顔の表情を見つめた。
夫が浮気していることを知らずにいる妻が、一途に夫の愛を受け止め、満ち足りて、その快感に歪む顔の表情を見つめていると、ひたすら夫に尽くしてくれる健気な妻を、ここで見捨てて放り出すことは出来ない。

浮気に走っている背信行為をひたすら詫びながら、家庭を守り抜くため、彼女を断ち切ることは情において忍び難いが、浮気の大きな代償を覚悟して、人に知れて噂される前に、彼女との関係を断ち切ることを心に決め、妻の奥を激しく突いて果てていくのだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 一途に夫を愛す妻への詫び

海でサークルメンバーにヤラれる彼女を覗き見
画像はイメージです
大学のサークルメンバーで海へ行った。
勿論、俺の彼女もいる。

彼女はわりと地味目の薄いブルーのワンピース水着で、中身は結構なもんだけど、これならあんまり見る奴もいないだろうと安心してた。

同じサークル内でいちゃいちゃするのも体裁悪いので、俺は彼女とあんまりくっつかないようにして、他の奴らと遊んだりしてた。

しばらく泳いで、疲れたんで戻って休もうとしたところ、彼女とサークルの男二人が一緒にちょっと離れた人の少ない方へ行くのが見えた。
その男共は俺はあんまり仲良くない。
(サークルは大人数なので、話した事のない奴もいるくらい)

でも彼女とはときどき話したりしてるのは知ってた。
ちょっと嫉妬もあって、後を追おうかと思ったが、なんとなく情けない気がしたのでやめた。

・・・でもやっぱり気になるから、コッソリ隠れてついて行った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女と男二人は、岩陰というほどでもないが、浜から離れてぐるっと回り込んだみんなから見えない位置まで、何やら話しながら歩いていった。
ときどき笑い声が聞こえてきてムカついた。
彼女と男二人が止まったようなので、俺はさらに反対側から向こう側へ行って三人が見える位置に、じゅうぶん隠れられる大きさの桶みたいなのがあったのでその後ろに隠れた。
そこからは三人の喋ってる内容も聞き取れた。
・・・で、聞いてみると、いきなりセックスの話をしてるじゃないか!

「彼氏とエッチしてんの?」とか聞かれて、
「えー、あんまり・・・」とか答えてやがる。

確かに最近あんまりしてない。
でもそんなこと他人に喋るなよ。
男の片方が、彼女に顔を近づけて何やら言ってるようだが聞こえない。

ときどきキスしようとしたりするので、さすがにこれはいかんと思って、出て行こうと思ったが、いきなり行くのも変なのでセリフとか考えてるうちに、そいつが彼女の胸を揉みはじめた。
彼女はちょっと抵抗したが、男が後ろに回って両手で本格的に揉みはじめたら大人しくなってしまった。
男は彼女の首すじにキスしたり耳のあたりを舐めたりしながら胸を揉み続ける。
彼女は身長低くて細めなんだけど、胸はDカップだ。
男が水着の中に、横から手を入れて揉み始めた頃に、もう一人の奴も戻ってきた。
見張りみたいな事をしていたらしい。

(反対側も見張れやボケ。)

そいつ(ややこしいので男B)は彼女の前にかがみこみ、彼女の股間を弄りだした。

最初はちょっとつついたり、ワレメを指でなぞったり、真ん中あたりにぐっと指を突き立てたりしていたが、そのうち水着の中に手を入れて直に触りだした。
彼女が声を出したのが聞こえた。
腰も微妙に動かしてるみたいだ。
俺もすでにフルに勃起していて、周囲に人がいないのを確認してからオナニーを始めた。

そのうち彼女は男A(胸揉んでた奴)の方に向き直らされ、男Aは海パンを下げて既にビンビンになっているチンポを彼女にくわえさせた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女は男Bの方にお尻を突き出した格好になっているんだけど、男Bはまた水着の上から彼女のまんこをいじっている。
彼女の水着の股間部分には既にシミが広がっていて、薄いブルーの水着なのではっきりわかる。
男Bは、匂いをかいでるのか舐めてるのかわからんが、彼女の股間に顔を埋めたりしている。
そのうち、水着のお尻の部分を引っ張り上げて食い込ませたりして、彼女が嫌がるようにお尻をふったところで、俺、一発目発射。

くい込んで丸出しになったお尻をぴしゃぴしゃ叩いたりAVみたいなことをしていたが、そのうち男共は彼女の水着を脱がせにかかった。
でも彼女は抵抗しないのであっさり脱がされる。
顔はもう恍惚状態っていうのか、赤くなってボーっとしてる。
よだれか男Aの精液か知らんけど、口からちょっと出てるのがやらしい。
水着を腰まで下ろして彼女の胸がぶるんっと放り出されたところで男共は「ひゅーっ」とか言ってあらためて揉んでみたり、乳首をいじったり吸ったりしている。

俺、次弾装填完了。

そして水着を一気に下まで下ろして足をくぐらせられ、彼女は素っ裸にされてしまった。
男Bはまたしゃがみこんで、彼女の毛を触っている。
男Aも立ったまま、乳首をいじりながら触ってる。
何か彼女に言ってるようだが、ここからは聞こえない。

男Bは彼女の股間に前から顔を埋め、男Aは後ろから、彼女のお尻に顔を埋めた。
二人して舐めてるんだろうか、彼女の「んーっ、んーっ」という声が聞こえる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男共は彼女を、さっきとは逆の配置で、同じ姿勢にした。
つまり男Bにフェラ、男Aはバックから責める。
男Aはいきなり挿入した。
彼女がびくっとなるのがわかった。
男Aが激しくバックから突くので、彼女は男Bのチンポを離しそうになるが、なんと彼女自身が男Bの腰をつかまえ、チンポをくわえ込んでいた。
男Aは突きながら彼女のアナルをいじっているのが見え、俺もまだやったことのないアナルセックスを心配(ちょっと期待)したが、まず男Bが射精し、チンポをくわえたままの彼女の口の端から、精液が流れ落ちた。
そのすぐ後に男Aもいったようで、中出ししやがった。
俺、その後すぐに二発目発射。

男共はポジション変えてもう一回やろうとしていたみたいだったが、サークルのメンバーが探しているようだったので、彼女に水着を着せて、ちょっと後から来るように言って、奴らは立ち去った。
彼女は水着を着て海に入り、うつむいてしばらく何かしてから戻っていった。
たぶん、股間を洗い流していたんだと思う。

それを見て、俺、三発目充填完了。

なんとか冷ましてから、俺もみんなのところへ、見つからないように一旦違う方向へ行ってから戻った。
方違えってやつだ。
ま、そんなことはどうでもい。

これ書いてたら思い出して我慢できなくなってきたので抜くことにする。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 海でサークルメンバーにヤラれる彼女を覗き見

性欲に塗れた淫靡な学園
画像はイメージです

ここは保育園から大学園まで一貫教育の学校である。
卒業生たちはビジネス、研究分野、大企業就職、芸能界、などなどありとあらゆる世界で活躍しているという、今注目のすごい学校である。
マスコミには少し変わった授業のやり方や、やる気を出させる方策を教えたりした。
みんなやる気があり、目標があり、趣味があり、体を鍛え、本や新聞を読み、などなど。

親の評価は「この学校で子供が変わった」「いじめもない」「素晴らしい」と。

世間の評価は「革新的な教育で生徒たちが・・・」「卒業生は立派な活躍を・・・」など。


しかしそんなのはカモフラージュである。

実態は催眠術を使って生徒を支配しているのだ。
社会に出て勝てる人間へと変えている。
運動、勉強、特技、趣味、など、あらゆることを極限まで鍛えさせている。
美男美女は自然発生するものではなく作られるものだ。

この学校にはそれが多く、肉体的にも精神的にも健全なので、よい学園生たちだ。

そして私は学園長。
この学園内ならば何をやってもOKという立場である。
まずは朝練中の水泳部にでも行くか。
水泳部には、金メダル保持者から、まだ◯学生だが水泳に才能がありそうなもの、また美人にするために運動させているものまでいる。

私は女子更衣室に入る。
みんな着替え中である。

「あっ、学園長先生だ!」

「おはようございまーす」

「はい、おはよう」

ところがみんな下着姿を隠そうともしない。
そう、私がやることは絶対なのだ。
問題が起こることもない。
若々しい肉体と着替えを見ているとムラムラして大きくなってしまった。
そしてみんな着替え終えて出て行った。
そこに遅刻の生徒がひとり来た。

「すみません、遅れましたー。って学園長先生、おはようございます」

「おはよう、でも遅刻かい?」

「はい、すみません。最近、体調があまり・・・」

とりあえずこの娘に小さくしてもらうか。


「わかった。じゃあ先生がボディチェックしてあげよう。服も脱がせてあげる」

「はい、学園長先生、お願いします!」

私はまず全身をくまなく触る。
手入れされたきれいな髪の毛、運動しているから中くらいだが形がきれいなおっぱい。
くびれた腰。
ちょっと出たお尻。
走ってきたのかスカートの中の汗とボディソープのにおい。
それを確認すると、私は脱がしにかかる。
下着の上から胸を揉んだり、あそこを触ったり、色々いじわるしながら脱がせた。

「うむ、体調には問題ないみたいだな。でも調べていない場所が一か所ある」

「あの、あそこの中でしょうか?調べていただいてもいいですよ?」

「ふふ、そうか。じゃあ調べよう」

私はさっきの着替えや、この娘の体を調べてギンギンになったものを取りだした。

もう彼女は濡れていたので、一気に挿入することにした。
ぬぷぬぷぬぷっ!

「ふあ、あぁん!・・・はぁ、はぁ、先生、どうですか?」

「ん?今の所は異常はないようだ。だが、もう少し調べさせてくれ」

「はい、おねがいしまっ、あん、はあん、あん、あん、ああん」

「おぉぅ、お薬を出して、上げよう。出す、出すぞ。出す~~~」

ピュッピュッピュッ・・・。

「はぁ・・・はぁ・・・、ありがとう、ございましたぁ。はぁ、はぁ・・・」

「じゃあ、落ち着いたら部活に参加するように。遅刻扱いにしないように言っておこう」

「はぁい・・・」

私はそのままプールサイドに出る。

男女の水泳部が泳いだり、筋トレしたりしている。
男女と学園別の部長を全員呼んだ。

そしてさきほどの生徒を遅刻扱いにしないように、そして水泳部でカップルになっているものを集めさせた。
とはいえカップルになっているものなどは全部学校で決めているのであった。
精神分析を行い、合う人合わない人など、色々経験させている。

そして社会に出るときには性的な技術の部分も上手な男女を輩出し、資産家のお嬢様を狙って落としたり、社会の中枢になりそうな男性を落としたり、そうやって社会への支配を増やしているのであった。

もちろん生徒たちが処女や童貞で悩んだり負担になったりしないようにだ。
処女は学園長である私が全ていただいている。
◯◯歳から◯◯歳の間の6年間に1/6ずつ処女を貰い、その後、男子学園生とつきあわせ経験を増やしたあとに、またエッチしたりしている。

「じゃあカップルで水中セックスしてくれるかな?その他のものは水中でオナニーだ」

「「はい、学園長先生!」」

「あ、生理で休みの娘がいるね。彼氏と一緒に、こっちに来なさい」

「はい」


「私のを口でお願いできるかな?」

「はい」

彼女はフェラを始めると、舌を動かしながら吸いこみながら顔全体を前後させる、などすごい技術を見せてくれた。
成長を見守るのも楽しいものだ。
最初はおずおずだったのが、今はここまで出来るようになったのか、などなど。
出そうになったので止める。

「こ、ここまででいいですよ。やめなさい」

「えー、学園長先生の精子のみたいよー」

「それは彼氏のを飲んであげなさい。いいね?」

「はーい」

そして彼女は彼氏の水着を下してフェラを開始した。
それを見届けて別の娘へ移動した。

彼氏に水着を脱がさせて全裸にさせる。
胸を触ると、前より大きくなっていたようだ。

「ん、君はおっぱい成長したのか?」

「ひあ、はいぃ。BカップからCカップにぃぃ。あん」

「彼氏くん、彼女の成長はどうだい?」

「はい、はぁはぁ、中でイケるようになりました。クリは敏感なほうだと」

「ふふ、そうか」

私がクリを触ってやる。

「あぁ、あああぁ、クリぃ、いいいぃぃぃ」

ビクッビクッと動いてイってしまったようだ。
さて、朝練の時間ももう終わりのようだ。
私は女生徒に体をふかせるとプールを後にした。


今度は新入生の恒例行事、身長体重測定だ。
身長体重胸囲そして、男子は珍長診断、女子だけ学園長診断だ。
◯学園に入ったとき、◯年生になったとき、◯学園生になったとき、◯学園生になったときなどだ。
全員チェックしている。

測定する保険の先生なども学園の卒業生で催眠術で他人に漏らすことはない。
胸を触ったり、あそこの中をクスコでのぞいたり、ということをしている。

「次の人~」

「はい、よろしくお願いします」

「礼儀正しいね。そこに座って見せて」

はい。
というと、分娩台に似ているベッドに腰掛けてパンツを脱ぐ。
ちょっと恥ずかしそうにするが検査なので仕方ないと思っているようだ。

「かなりの巨乳だね。ふふふ」

「あ、今度女優へのステップとしてグラビアデビューすることになりました」

そういえばそう書いてあったなあ。
でもこの娘の処女は貰っているから・・・ふふふ。
胸を揉んでみたりする。
そして腰を触ってそのままあそこを広げてまじまじと見る。
うん、なかなかいいものを見せてもらった。

「はい、正常です」

「ありがとうございました」

彼女は満足して帰っていった。
アイドルや女優として、うまくやっていくだろう。

[紹介元] エロばな!! 性欲に塗れた淫靡な学園

【SM】秘められた欲望:銀座の調教と絶頂

久しぶりに智美と再会することになった。

約二ヶ月ぶりの再会。最後に会ってから連絡も途絶え、この関係も自然消滅かと思っていた。しかし、先週突然届いたメールに胸が高鳴った。

「ご無沙汰しています。またお会いしたいです。」

その一言に心が踊った。断る理由もないので、約束をし、今日の昼間に銀座で待ち合わせをした。

智美は40代の主婦で、調教プレイや羞恥プレイを楽しむ間柄だ。子供たちも高校生になり手がかからなくなったため、以前は頻繁に会っていた。彼女は清楚で上品なセレブ風の佇まいが特徴的で、その落ち着いた美しさは一層魅力的だった。

待ち合わせ場所に現れた智美は、上品なワンピースに身を包み、その姿はまさに洗練された美しさそのものだった。40代という年齢がもたらす落ち着きと色気が、彼女を一層魅力的にしていた。年齢や容姿に関係なく、女性の欲望や願望を解放させるのは実に魅力的だ。

「可愛い」という言葉は、年齢に関係なく使う。久しぶりに会った智美も相変わらず可愛い印象だ。彼女の接し方も変わらず、満たされたいという願望も同じだった。

「久しぶりにアレを使っていただけますか?」

年上である彼女は、私に敬語を使う。「アレ」とはリモコンバイブのことだ。智美は露出癖のあるドMな女性で、これを使うと一層興奮する。

私がトイレに行くよう促すと、智美は恥ずかしそうにリモコンバイブの入ったポーチを持って歩いていった。ほどなくして戻って来ると、

「前のようにちゃんと下着は脱いでパンストだけにしました。」

「淫乱でいやらしい奥さんだね。」

私の使うリモコンバイブはしっかりと中に納まるタイプなので落ちる心配はない。パンストで抑えられた変態な気分だけが助長される感じだ。

銀座の街を歩き始めた。お茶をしたり、デパートを回ったりする間も、智美は恥ずかしそうに歩いていた。歩きながらも彼女は濡れていたのだろう。スカートを捲り上げる彼女の姿に、こちらの欲望も刺激された。

「相変わらず可愛いね、智美。欲しくなったんじゃないの?」

「はい…欲しいです。」

私はリモコンのスイッチを入れ、彼女の反応を楽しんだ。智美の体は微かに震え、彼女の息遣いが変わったのが分かった。銀座の華やかな街並みの中、彼女の体は徐々に快楽に反応し始めた。

歩道を歩くたびに、彼女の体がビクビクと反応する。彼女は目を閉じ、恥ずかしさと快感が混じり合った表情を浮かべていた。周囲の人々は気づかずに歩き続けているが、智美の内側では欲望が高まっていた。

「もっと感じて」と囁くと、彼女は声を抑えきれずに「ああ、もう…だめ…」と言いながら体を震わせた。彼女の顔は赤く染まり、汗が額に浮かび上がっていた。

智美の呼吸はますます荒くなり、彼女の体はさらに敏感に反応していった。私はさらにリモコンの強さを上げ、彼女の体全体に電流のような快感が走るのを楽しんだ。

やがて、彼女の体全体が一つの快楽の波に飲み込まれていくのが分かった。彼女の体は弓なりに反り返り、声を押し殺すようにしてその場で絶頂を迎えた。智美の目は一瞬大きく見開かれ、体全体が震えながら快感に飲み込まれていった。

「う…っ…あぁ…」彼女の口元から漏れ出る声は必死に押し殺されていたが、その震えは止まらなかった。彼女の体は微細に震え続け、銀座の歩道の一角でそのまま絶頂に達した。

周囲の人々が気づくことなく、彼女はその瞬間に完全に溺れていた。彼女の体はしばらくの間、震え続け、やがて静かになった。彼女は息を整えながら、満足そうに微笑んだ。

「ありがとう、最高でした」と智美は微笑みながら囁いた。その姿は清楚でありながらも、その奥に秘められた欲望が完全に解放された瞬間を物語っていた。

智美は再び会いたいと伝え、帰っていった。銀座の街中でプレイを楽しむ彼女のような女性はやはり可愛い。彼女の欲望と恥ずかしさが交じり合う姿は、本当に魅力的だ。

智美が銀座の歩道で声を押し殺しながら絶頂を迎えた後、私たちはそのままホテルへと向かった。彼女の頬はまだ赤く、息が少し荒いままだった。

ホテルの部屋に入ると、智美は少し緊張した様子で私を見つめた。その視線に私は微笑んで応え、彼女を優しくベッドに座らせた。

「さあ、次はもう少し楽しもうか」

私はリモコンバイブを取り出し、彼女のスカートの下に手を入れて、パンストの上からバイブを外した。次に取り出したのは、智美が密かに興奮していた「吸うやつ」だ。

「これを使って、もっと感じてもらうよ」

智美の体を優しく押し倒し、手足をベッドの四隅に縛り付けた。彼女は少し不安げな表情を浮かべたが、その中には明らかな期待と興奮が見え隠れしていた。

「まずはこれから始めようか」

私はバイブを再び彼女の中に挿入し、リモコンのスイッチを入れた。智美の体は即座に反応し、微かに震え始めた。次に、吸うやつを彼女の胸に当て、その刺激を楽しんだ。吸引のリズムが彼女の乳首を優しく吸い上げるたびに、彼女の体はビクンと跳ねた。

「どう感じる?」

「とても…気持ちいいです…」

智美の声は震え、息が荒くなっていた。私はリモコンの強さを徐々に上げながら、吸うやつのリズムも合わせて調整した。彼女の体は次第に快感に溺れていき、声を抑えようとする努力が見える。

「もっと…もっと感じていいんだよ」

私の囁きに応えるように、智美は声を押し殺しながらも、体全体を震わせ始めた。彼女の呼吸は荒くなり、乳首への吸引とバイブの刺激が彼女を完全に快感の渦に巻き込んでいく。

「う…あぁ…もう…だめ…」

智美の体は限界に達し、最後の一線を超えると、体全体が激しく震えながら絶頂に達した。彼女の声は必死に押し殺されていたが、その声の断片が甘く響いた。

「素晴らしいよ、智美。もっと感じて」

私は彼女の快感が収まらないように、リモコンバイブと吸うやつの刺激を続けた。彼女の体は再び波打ち、絶頂の余韻に浸りながらも、新たな快感に飲み込まれていった。

「お願い…もう…」

智美の声には切実さが滲んでいた。彼女の体が再び震え始め、絶頂を迎える瞬間が迫っているのが分かった。私はその瞬間を見逃さず、リモコンの強さを最大にし、吸うやつのリズムも激しくした。

「う…っ…あぁ…」

智美の体は再び弓なりに反り返り、声を押し殺しながら二度目の絶頂を迎えた。彼女の目は涙で潤み、その顔には満足と快楽の表情が浮かんでいた。

彼女の体はしばらくの間、微細に震え続け、やがて静かになった。智美は息を整えながら、ベッドに縛られたまま、完全に満足した表情で微笑んだ。

「ありがとう、本当に…最高でした」

その一言が、智美の満足と感謝の全てを物語っていた。彼女の清楚で上品な姿が、秘められた欲望と共に解放された瞬間だった。彼女は再び会いたいと伝え、帰っていった。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

ご好評につき第二弾!!巷で話題の吸うやつ!!ウーマナ○ザーでプレジャー体験!!素人の女の子に3分間耐えたら10万円??セレブご愛用の玩具で悦びと至福の時間を堪能!下手なセックスより満足できる初体験の刺激で秒イキ!時価おまん娘に未知との遭遇マン汁を垂らして敏感オマンコ失禁!すっTara即イキ!SNSで拡散されてる革命的な技術!魔法のような膣吸引で乱れる!悶絶する!耐え忍ぶ?女の子たちの反応をお楽しみください!! ※本編顔出し

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【SM】秘められた欲望:銀座の調教と絶頂

笑顔がなんだかすごく可愛かった
画像はイメージです

昨夜、路上にベロベロに酔っ払って座ってた女のコを家に連れ込んだ。
DVDを借りに行く途中の駐車場でぐったりしてて、はじめは無視したんだけど、1時間後くらいの帰り道にもそこにいたから、さすがに可哀そうになって声をかけた。
深夜だし寒いし、タクシーを呼んでやろうくらいにしか思ってなかった。

「大丈夫?よければタクシー呼んでくるよ?」って声をかけたら、めっちゃ眠そうに「大丈夫ですよ~」と酔っ払った声で答えた。


明らかに大丈夫じゃなかった。

「寒い・・・」

弱々しく、女のコがつぶいたので、あったかいお茶を買ってきた。

彼女の隣に座って、お茶飲んだらタクシー捕まえてやるつもりでいたら、「ありがとう」って、お茶飲みながらコテッとよっかかってきた。

こん時、ちょっとドキッとした。

やせ型だし、顔もかなり好み(秋山莉奈似)。
正直、やりたくなった。

ドキドキしながら「つらいんだったら家へくる?」と、聞くと目を瞑ったまま頷いた。

ヤッタ!と、彼女に肩を貸して、ゆっくり俺のアパートへ。
とりあえず、彼女をベッドに寝かせてシャワーの準備でもっ!と、意気込んだところで、ふと冷静になった。

これって最低じゃん。
正直、やりたい。
でもやったら彼女可哀想。

しばしの葛藤の後、彼女に温かいお茶を入れた。
抱きかかえるように起こしてやり、お茶を飲ませて寝かせた。
俺は借りてきたAVも観れないまま、悶々と床でダウンジャケット着て寝た。
それから何時間後か、朝10時くらいに「えっ!?」って声で目が覚めた。
彼女が起きたんだ。

「おはよう、大丈夫?」と起き上がりながら声をかける。

「え?え?」と絶賛混乱中の彼女。

そら知らんベッドに寝てたらビビるよな。
とりあえず、彼女を安心させようとお茶をいれながら、昨夜の経緯を話した。

話しながら安心してくれたのか、何度も「すみません!」と、謝られた。

彼女はHさんと言い、なんでも女友達と数人で飲んでいて白ワインにやられたらしい。
終電間際に解散したが、家に着く前に撃沈してしまったようだ。

「大変だったね~」なんて、笑って答えた。

向こうも「反省してます」とちょっと笑った。

緊張と申し訳なさが和らいだのか、彼女の笑顔がなんだかすごく可愛かった。
それから駅前のリトルマーメイドってパン屋で、朝飯を一緒に食べた。
マイケルの映画が良かったとかアバター見たいとか話して、なんだかちょっとデート気分なのが嬉しい。

何とな~く帰るのも名残惜しいが「そろそろ帰りますか」と切り出すと、彼女の方から「連絡先、教えてもらえっても良いですか?」と聞いてきた。

良くないわけない。
さっそく赤外線で連絡先交換。
交換したところでお互い帰った。
それから、彼女になんてメールしようか思案していたら彼女からメールが着た。
お礼と、リトルマーメイドでの会話がすごく楽しかったことが書いてあった。
なんだか、すごく気持ちがほっこりした。
もしかしたら惚れたかもしれない。
なんだか、誰かにこの事を伝えたくなり、勢いで書き込ませていただきました。
長文にお付き合いいただきありがとうございます!

[紹介元] エロばな!! 笑顔がなんだかすごく可愛かった

【背徳】秘められた欲望:主婦の禁断の快楽

私は31歳、子供のいない専業主婦で、在宅で経理事務のお手伝いをしてお小遣いを稼いでいます。日々の生活は安定しているものの、主人は朝はゆっくりと出掛け、帰宅は毎晩9時過ぎ。セックスも淡白で、しても30分で終わります。心の奥底では、満たされない欲求と孤独感が渦巻いていました。

そんな中、私の親友である独身の塾講師がいます。彼女は高校生で気に入った生徒には自分の体を与えることで成績を伸ばし、彼らを志望大学に合格させることで塾内でも高い地位を築いていました。彼女の充実感と生き生きとした姿は、私の心に揺さぶりをかけました。

ある日、その友人から驚きの相談をされました。優秀な生徒二人の相手をしてほしいというのです。もちろんバイト料は払うとのことでした。志望大学に合格させたら親から成功報酬があるという話も聞きました。

私は迷いました。心の中では、道徳的な葛藤と若い男に対する興味が交錯していました。家庭では満たされない欲求を、この機会に満たすことができるかもしれない。そう思うと、胸が高鳴りました。そして、お金よりも若い男を味わってみたくて、秘密厳守を条件にこの依頼を受けることに決めました。

半年間、私の生活は一変しました。生徒たちに体を与えるのは、試験や模試で成績が上がったとき。学校帰りに一人ずつ私のマンションに招き、夕方から報酬が始まります。

初めての夜、彼は緊張していました。その不器用さがかえって私を興奮させました。彼の若い肌に触れ、その熱を感じると、私の欲望が溢れ出しました。彼の手が私の体を探るとき、私は優しく誘導しました。彼の唇が私の胸に触れ、舌が乳首に触れると、私の体はビリビリとした快感に包まれました。

ベッドの上で、彼の未熟な動きを感じながらも、その純粋な欲求に応えるように私の体は反応しました。彼の手が私の太ももを撫で上げ、私の秘部に触れると、自然に体が開きました。彼の指が私の中に入ると、その不器用さに少し笑いながらも、欲望がさらに高まりました。私の中は既に濡れており、彼の指が滑り込みやすくなっていました。

彼が初めて私の中に入ってくるとき、その硬さと熱さに驚きました。彼の動きはぎこちなかったものの、その一生懸命さが私の心を打ちました。彼が私の中で動くたびに、私の体は快感に震えました。彼の汗が私の肌に落ち、その熱さが私の欲望をさらに煽りました。

「ああっ…もっと…強く…」私は思わず声を漏らしました。彼が私の中で動くたびに、その動きがどんどん激しくなり、私の体は彼のリズムに合わせて反応しました。彼の動きが速くなると、私の喘ぎ声もそれに比例して大きくなっていきました。

「うっ…うぅん…」彼の名前を呼びながら、私は彼の背中に爪を立てました。その瞬間、彼が私の中でさらに深く突き刺さり、私は声をあげました。「ああっ…もう…ダメ…」

彼の動きが最高潮に達したとき、私の体は快感の波に飲み込まれました。全身が痺れるような感覚に包まれ、私は大きな声を上げながら絶頂に達しました。「ああっ…あぁぁ…」

彼が私の中で達するのを感じながら、私の体はその余韻に浸りました。彼が私の中で動きを止め、私たちはしばらくの間、そのままの状態で呼吸を整えました。彼の息遣いと汗の匂いが、私の欲望をさらに煽るようでした。

彼が達した後も、すぐに回復し、再び私を求めてきました。その若さと回復力に驚きながらも、私の体は彼の欲求に応えるように動きました。何度も求められることで、体は次第に熱くなり、欲望の渦に飲み込まれていきました。私の秘部は再び濡れ始め、彼の動きを滑らかに受け入れていました。

彼とのセッションの後、夕飯を共にし、何度かセックスをした後、彼を自宅の近くまで送りました。彼も報酬を重ねるたびに、少しずつ女の扱い方を学んでいきました。その成長を見守るのも、私にとって新たな喜びでした。

私自身も、彼らと過ごす時間を通じて新たな自分を発見しました。心の奥底に秘めていた欲望と、母性と、教育者としての喜び。彼らが私にとっての新たな家族のように感じられる瞬間もありました。彼らは周囲には経理の勉強をしていると言って嘘をついていましたが、今年の春に二人は見事志望大学に合格しました。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

遊びにきていた友達・健二と喧嘩になり勝った智也は健二を手錠で身動きできない状況にしてどこかに遊びに行ってしまった。しばらくして帰ってきた智也の母親は手錠を外そうとカギを探すがカギは健二のチンポに括りつけられていた。【早く塾にいかないと】と焦る健二に急かされて仕方なくカギを取ろうとするが手の刺激で勃起したチンポから滴り落ちるガマン汁を間近でみているうちに母親はおかしな気持ちになってしまい…。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【背徳】秘められた欲望:主婦の禁断の快楽

盗撮してたでしょ?
画像はイメージです

中学生の頃、僕は変態として学校では通っていた。
そんなある日僕は決心した。

「盗撮するぞ」と。

僕が通っていた学校ではプール用の更衣室があって、そこで着替えるのが普通だった。
私学だったためカーテンで仕切られ個室になっていてシャワーが付いていた。
そして都合のいいことに出席番号順に個室は決められていた。
友達と協力してお年玉を下ろして小型のビデオカメラを買って、目的のMさんが入る更衣室に休日のうちに忍び込み、股間が映る形で壁にカメラを埋め込んだ。
(タイルを剥がすのには苦労した)

そして女子の水泳の授業の前、僕はエスケープして更衣室に向かった。
部室と近い位置に更衣室があったので部室にパソコンを構え、後は映像が送られてくるのを待つだけ・・・。
それをビデオ学習用のビデオデッキに繋ぎ、録画の準備も万全だった。
間もなく外から女子の話し声が聞こえてきた。
勃起は最高潮となった。


そしてMちゃんが入ってきてカーテンを閉めた。
まず、シャツを脱ぐとそこには可愛いスポーツブラを着ているMちゃんがいた。
そしてブラを脱ぐとピンク色で突起の少ない乳首が現れた。
さすがに身長150cmに似合う乳首だったが、スカートとブルマを脱ぐと白のパンティが見えた。
はっきりと食い込んでいた。
そしてMちゃんはその食い込みをほぐしてパンティを脱いだ・・・。

画面にはワレメの上の部分だけ少し毛が生えたアソコが映った。
あのロリな顔から、毛が生えているなんて想像できただろうか?少し黒ずんだアソコは成長期の女の子特有だ。
僕は画面に噛り付くように見ていた。
するとMちゃんは自分のパンティを手にとってナプキンを剥がした。
パンティの食い込みはその為だったのだ。
そういえばナプキンの羽根のようなモノが出ていたな。
と気付いた。
しかし、生理中にプールにどうやって入るのか僕は気になった・・・。
Mちゃんの太ももから赤い筋がツーと流れた。

そしてMちゃんは何やら棒状のモノをカバンから持ち出した。
ん?これは・・・タンポンだ!
僕はイきそうなくらい興奮した。
Mちゃんがタンポンを入れる。
Mちゃんは片足を蛇口の上に乗せてタンポンを入れようとした。
カメラの位置とバッチリ合っていた。
右手でタンポンを持って左手でアソコを大きく開いた・・・。

そこにはピンク色の性器があった。
全体的に小さく、小陰口や尿道も全てが綺麗な形と色だった。
そしてクリトリスがチョコンと露出していて、僕は今までにない興奮を覚えた。
そしてタンポンはMちゃんの中にゆっくり入っていった。

僕はこの時、初めて「タンポンになりたい」と思った(笑)
そしてMちゃんは水着を着て更衣室から出て行った。

僕は授業が終るまで部室で待つことにした。

僕は冷め切らぬ興奮を抑えながら時間を過ごした。
学校ではノルマ分泳ぎきった人から帰れる授業方法だった。
Mちゃんはスイミングスクールに行っていたので一番速いと聞いたことがある。
前評判とおり、Mちゃんは授業の3分の1を残して更衣室に帰ってきた。
しかし様子がおかしかった。
顔を赤らめて下半身をおさえている。
Mちゃんは尿意を我慢していたのだった・・・。

Mちゃんは股の部分を横にずらした・・・。
すぐにタンポンがハミ出しているワレメから黄金色の水が勢いよく出た。
Mちゃんは恥ずかしそうに自分の性器を見つめていた。
Mちゃんはそれをシャワーで流すとタンポンを抜いた。
タンポンは赤く染まっていた。
そしてMちゃんはシャワーの取っ手を持ち、アソコを洗い始めた。

しばらく見ていたが、シャワーの音の中に徐々に喘ぎ声が加わった。
そう。Mちゃんはオナニーし始めたのだ。
夢にも思わなかった。
あのクラスのロリアイドルのMちゃんがスク水をずらしてオナニーする姿など誰が想像したものか。
そして誰が見たことがあるか。
しばらくしてMちゃんは他の女子が帰ってきた為かオナニーを止めたが、最後にティッシュでアソコを拭っていた。
やはり股の部分をずらして。
僕はその時、「何故、シャワーで流さなかったのだろう?」と思ったが、今思えば、シャワーの勢いで洗っても洗っても液が出るほど感じていたのであろう。

そしてMちゃんは汚物入れに最初に外したナプキン、タンポン、そして今さっき液を拭いたティッシュを捨てた。
そして制服に着替えて更衣室を出ていったがMちゃんはパンティを履かなかった。
僕は教室に帰る前、彼女をすれ違ったが「あいつノーパンなんだ・・・」と思うと不意に勃起してしまい同級生にからかわれた。

その日、授業中、僕は斜め前の席のMちゃんを観察していた。
生理中の彼女がノーパンで授業を受けているのだ・・・僕は一日中そんな思いに下半身の鼓動を高めていた。
そして授業は終了して時間がたち、下校時間の6時になった。
学校は郊外にあるため、6時15分頃の電車に乗り遅れると指導が入る仕組みだった。
僕は一人、更衣室に向かった。
理由はMちゃんが汚物入れに捨てたモノを手にいれるためだった。

僕はそれを手に入れ、その場で匂いを嗅いでいた。
ナプキンからは生々しい匂いが、そして液を拭いたティッシュからは男性を虜にするようなフェロモンとも言える香りがした。
タンポンを見て、僕は勿論、「これがMちゃんの中に・・・」と思い、その場で自慰と言う行為に手を伸ばしかけたが自制心でブツをポケットに押し込み、Mちゃんの特等席から腰をあげてカーテンを開けた。
すると、そこに立っていたのはMちゃんだった・・・。

Mちゃんはこう言った「何・・・してるの?O君(僕)・・・」僕は自制心を失った。
それは彼女に出会った混乱のような感じ。
僕はMちゃんを引き寄せ抱いてこう言った。

「何しに来たの?」

彼女は慌てて「鍵を探しに来ただけだよぉ・・・放して・・・」と言った。
僕はすかさず囁いた。

「Mちゃん・・・今・・・ノーパンだよね・・・」

Mちゃんは真っ赤になった。
僕はMちゃんの体を正面の鏡の方に向けてスカートをめくった。
やはり現れたのはパンツを履いていない秘部であったが、タンポンが突き刺さっていた。
僕は「何でノーパンなの?」と囁いた。

後ろから抱きつき、手で制服の上から果てしなくないに近い乳房を揉みながらMちゃんは僕の耳元でこう言った。

「だってね・・・O君に・・・見てもらいたかったから・・・こうやって・・・ね・・・後をつけてたら・・・ここに入って行ったから・・・」

僕はMちゃんに「着替えようか?」と言った。
Mちゃんは「何に?」と聞き返したが僕はすかさず「汚れてもいいようにスクール水着に」と言った。
勿論、僕の趣味だったが。
Mちゃんが服を脱ぐのを手伝ってスクール水着に着替えさせた。

Mちゃんは「O君・・・私ばっかり、こんな格好にして・・・O君も裸になってよ」と言った。
彼女は僕の制服の上から威きり立った股間を触って、「もうこんなに・・・」と恥ずかしそうに言った。
僕は「Mちゃんがこうさせたんだよ。責任とってよ。」と優しく言った。
Mちゃんは「責任って・・・こうやって取るの・・・?」と僕の股間を舐めてきた。
クラスのロリアイドルに舐められて僕の股間も大喜びして、すぐに出してしまった。
それも口の中に・・・。
Mちゃんはそれを飲み込みこう言った。

「中には入れないで・・・」

僕はそれに従った。

それからしばらくMちゃんと話をしていたが、Mちゃんはこう切り出した。

「O君・・・盗撮してたでしょ?」

僕は「なんで?え?してないよ」と言ったが彼女は「この穴から盗ってたでしょ」とタイルの穴を指差した。
僕は「うん」と認めた。
Mちゃんは僕の協力者から話を聞いていたらしい。

僕は「F(協力者)の奴・・・」と思ったがその後の彼女の言葉に唖然とした。

「知ってたけど、ワザとしたんだ」

彼女は淫乱だ。
僕が確信したのはこの時だった。

僕は深く問い詰めなかったが「なんで?」とだけ聞いた。
彼女は「内緒♪」と言って教えてくれなかったが、こう言った。

「代わりにね。私が他の子を盗撮してあげようか?」と言ってきた。

僕はどうやって?と言ったが彼女は「いい方法がある」と言った。
僕は彼女とグルになって盗撮を始めることになった。

彼女はプールの女子トイレの汚物入れの中に盗撮器を仕掛けてくれた。
そのトイレはクラスの可愛い子御用達で井戸端会議の場でもあったためかブスは入っても冷たい視線で見られるため使わないらしい。
彼女から「電源付けたよ」とメールが来た。
僕は受信機を起動させ、画面に噛り付いて見た。
しばらくするとHちゃんが入って来た。
Hちゃんは水着だった。
やはり股の部分をずらすとまだ毛が生えていないアソコが見えた。

毛の無いアソコから黄金の水がほとばしった。
僕は「飲みたい!」と思った。
Hちゃんの聖水を直接、僕のアソコにかけて欲しいと思った。
Hちゃんはアソコを丁寧に拭くと水着を戻した。
このように僕は毎日、鑑賞していた。
エスケープで見るため、担任に見つかる危険性があったが保健室に行くという手で逃れた。

僕の盗撮は夏が終るまで続いた。
その中でも印象に残ったことと言えばタンポンをつけてプールに入る女子が多いこと。

そのタンポンは回収して今でも僕のオカズになっている。
あとNちゃんがトイレに入ったときを思い出す・・・。

Nちゃんはスクール水着を脱いだ。
「何をするのかな?」と思って見ていたら、なんと大便をするようだ。
NちゃんはMちゃんに負けず劣らずロリで(まあ中学生だから皆ロリだけど)、小さな肛門は綺麗なピンク色だった。
小さな肛門から、ここぞとばかりに太い大便が出たとき、彼女は「ふあ、あっ」と喘いでいた。

Kちゃんはトイレでオナニーをした。
授業はとっくに始まっている時間なのにも関わらず、Kちゃんはトイレに入った。
Kちゃんがスク水の上から丁寧に擦るとジワーっと液が染み出してきた。
Kちゃんはその液を口に運んでいた。
持ってきていたカバンをKちゃんは開けた。
僕は生理用品でも入っているかと思ったら、Kちゃんが取り出したモノはアナルビーズだった。
Kちゃんは四つん這いになった。
カメラの方向に尻を向けてくれたので僕のアソコはは程知れないモノになった。
彼女はまず水着を脱いだ。

彼女は自分の液をアナルに塗ると、まず自分の指を入れた。
スピーカーから「ハアハア」という声が聞こえてくる。
彼女は自分の指をピストンさせて感じていた。
しばらくするとアナルビーズを入れ一気に抜いた。
彼女は「ああ!ああっ!」と悲鳴をあげていた。

やはり僕の印象に一番残ったのはAちゃんだった。
Aちゃんは水着を脱ぎ四つん這いになった。
僕はKちゃんみたいにオナニーするのかと思ったらAちゃんの手には浣腸があった。
Aちゃんは自分の手でアナルに浣腸を入れた。
しばらくすると浣腸を抜いた。
彼女のアナルは呼吸をしているようにヒクヒクしていた。
すると彼女は四つん這いのまま大便をした。
彼女の顔を見る限り、すぐに便意が来てしてしまったのだろう。
彼女のアナルは黒ずんでいて、やはり大便は太いモノだった。
Hちゃんのときより大便が出てくる所はハッキリ見えた。
穴が広がり徐々に大便が出てくる姿に僕は興奮を覚えた。

その後、僕とMちゃんは付き合っていたがMちゃんは夏休みに交通事故で帰らぬ人となった。
彼女は夏の天使だったのかも知れない。

まだ、あの更衣室の穴の中にカメラはあるだろうか?

[紹介元] エロばな!! 盗撮してたでしょ?

秘められた北陸の誘惑: ある夏の背徳的な旅

大学生だった21歳の頃、僕には2歳年下の恋人、恭子がいました。恭子のことが大好きで、卒業して仕事に就いたら結婚も考えていました。その夏休み、北陸への旅行を計画し、観光ツアーに参加することにしました。3泊4日の旅で、添乗員の奈津子さんが案内してくれるプランでした。奈津子さんは33歳の人妻で、清楚でスレンダーな美乳を持つ女性でした。

旅行中、奈津子さんの視線がやたらと気になりました。僕らカップルが若かったせいかもしれませんが、目が合うたびに心が揺れました。移動中のトイレ休憩でも、奈津子さんは笑顔で「気をつけてください^^」と声をかけてくれ、照れてしまうほどでした。

3日目の夜、タバコを吸いに部屋を出た僕は、浴衣姿でうずくまる奈津子さんを見つけました。酔って足がふらついたとのことだったので、彼女を部屋まで連れて行くことにしました。彼女の浴衣が緩んでいて、揺れるたびに見える胸に目を奪われました。

部屋に着いた奈津子さんを布団に寝かせようとすると、浴衣がはだけて右胸が露わになりました。僕は思わず手を伸ばし、乳首に触れてしまいました。奈津子さんは目を閉じたまま「乳首は敏感だからあまり弄らないで・・」と言いました。僕は興奮し、自然に手が動いてしまいました。

奈津子さんの乳房を弄り、乳首を口に含みました。彼女の喘ぎ声が漏れ始め、浴衣を解いて身体を露わにしました。黒のパンティだけが残っていましたが、それも外し、彼女の身体を舐め回しました。ついに我慢できなくなり、彼女に覆いかぶさり「入れてもいいですか・・?」と尋ねると、「外で出してね」と言われました。

僕は奈津子さんの中で動き始め、ついに射精してしまいました。彼女の腹に精液が飛び散り、その後、僕は彼女の身体を拭きました。「早く戻らないと彼女さん心配するよ」と言われ、部屋に戻りました。恭子は寝ていたので、バレてはいないようです。

最終日、駅に着いて解散になるとき、奈津子さんが僕の肩を叩き、「元気でね^^また来てね~」と声をかけてくれました。僕も笑顔で「添乗員さん、いろいろありがとー。お元気でー」と返しました。後々考えると、あれは僕を誘っていたんだなと思いました。もちろん恭子には申し訳ないと思っていますが、あの夏の思い出は忘れられないままでした。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

羞恥心と背徳感…葛藤する人妻は夫の寝取られ願望を叶えられるのか。妻とハメ撮りして、その全てを見せて欲しい…。スワッピング愛好サークル主催者に持ちかけられた「寝取られ」の依頼。今回の相手はM紗(33歳)、結婚3年目、夫が寝取られ現場に同行するスペシャル版。夫の目の前で初対面の男に身体を弄られ困惑しながらも感じてしまい愛液の水たまりができるほど溢れさせる細身妻。「見たいんだよね?」と夫に再確認し男根を受け入れると謝りながらも悶絶。夫も交じり、縄で縛られ、背徳感の中で人妻は何度も絶頂を迎えた。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 秘められた北陸の誘惑: ある夏の背徳的な旅

女子だけで王様ゲームしたらレズ乱交になっちゃった
画像はイメージです

だいぶ前の話ですが、大学の友達6人で里美の部屋で飲み会をやったんですけど、最後にすっごい事になってしまったんです。
最初はみんな、学校の事とか、カレシの話とかの話題でそれ相応に盛り上がっていたんです。

そのうち真理が「なんか最近つまんないんだよね~。なんでみんな大人しく飲んでるんだよ~。さー今日は飲むぞ~」と言い出すや、日本酒、焼酎をグイグイ飲むわ飲むわ。
真理、なんかストレスが溜まっていたみたい。
みんな真理につられて、かなりのピッチで飲み始めちゃいました。

そしてかなり酔いが回ってきた頃、誰かが、「王様ゲームをやろう」と言い出しました。

私は、「女だけでやるのって変じゃない?」と言ったんですけど、すでにノリノリの真理に、「有美、つまんないこと言ってんじゃないよ!」と言われ、ゲームが開始されました。

最初は普通に・・・。
『1番と2番が30秒間キス』
『3番が6番の胸を揉む』
『2番が4番に口移しでビールを飲ます』
など、比較的おとなしめ(?)な命令だったんですけど、真理が続けて王様になってから、どんどん過激になっていきました。


真理「王様と2番が3分間ディープ!」

真理の目付きが凄くヤバくなっていました。

2番だった里美は、「げーっ、3分って長いよ~」とイヤイヤしていたんですけど、他の子たちはみんな面白がって、「王様の命令は絶対、服従!」の大合唱です。

真理は嫌がる里美の顔を両手で抑えて、いきなりブチュ~と口づけ。
で、口を動かし始めました。
真理のベロがどんどん里美の口の中に入っていくのがわかります。

里美「ウグッツ、ウグッツ・・・」

里美が声を上げます。
真理のベロは里美の口をこじ開けるように動きまわり、だんだん里美の口が大きく開いてきて、ついに里美も自分のベロを出し始めました。
ベロとベロが絡むのって凄くやらしいんです。
他の子もみんな食い入るような目で2人を見ています。
でも、3分間って意外に長いんですね。
そのうち里美が崩れるように横になり、真理はその上に乗っかって、ずっとディープ。
里美の方も結構感じているらしく、上になっている真理の背中に手を回しだす始末。

やっと3分経ちました。
里美、目がトローンとしています。
ノリノリの真理は次も王様。

真理「じゃー、次は4番が5番の全身を舐め回す!」

綾ちゃんとケイちゃんでした。

「えーっ、いきなりかよ~」と困ってる2人。


さすがにみんなが見ている前では無理とのことで、奥の部屋のベッドの中でならということで、2人ともベッドに入り、掛布団を頭からすっぽり掛けてしまいました。
綾ちゃんが、「じゃぁ、いくよ」と言っているのが聞こえ、布団がもぞもぞと動き始めました。

「キャー、やめて~、くすぐったいよ~」
「ちょっと待って」
「クーッ、そこは無理、無理!」

布団の中からケイちゃんの声が聞こえてきます。
みんなでしばらく見ていましたが、ケイちゃんが「キャー、キャー」とうるさいのもあって、後は2人だけの世界にしておこうということになり、4人だけで王様ゲームを再開することにしました。

今度は私が王様でした。
私は、「じゃあ、2番が3番のパンティの中に手を突っ込む」と命令を出しました。
里美が2番、あゆみが3番でした。

里美「ごめんね、あゆ」

そう言いながらスカートの中に手を入れて行った里美でしたが、「うっそー、あゆ、チョー濡れてるじゃん」とビックリした声を出しました。

「ビショビショだよ~、あゆ」と言いながら、里美はスカートの中で手をだんだん大きく動かし始めています。


あゆみは目を閉じて、里美の胸に顔を埋めています。
そして里美の手の動きにあわせるように、「ウン、ウン、ウン」と声が出ています。

ベッドの中の綾ちゃんとケイちゃんはどうしたか思って見てみると、あれほど「キャー、キャー」とうるさかったケイちゃんは静かになっていて、チュッ、チュッ、チュッという音と、「ウ~ン、ウ~ン」「アー、アー」という2人のうなり声が布団の中から聞こえてきます。
すると真理が私に目配せをして、いきなり布団をガバッと勢いよく剥がしてしまいました。
中から出てきたのは、上半身裸でスカートが腰まで捲りあげられたケイちゃんと、Tシャツを上まで捲りあげて大きなおっぱいを出し、同じくスカートを腰まで捲りあげた綾ちゃんが抱き合っている姿でした。
さっきまでとは逆で、ケイちゃんが綾ちゃんのおっぱいをチューチュー音を立てながら吸っていました。
そして2人とも、パンティは穿いていませんでした。
お互いのあそこを指で弄りまくっていたようでした。
ベッドのシーツは、2人のラブジュースが飛び散った跡がいっぱい付いていました。

ふと見ると、ベッドの横では里美があゆみに、さっきより激しく手マンをしています。
ピチャピチャやらしい音がしています。
残っているのは真理と私だけ・・・。
真理が鼻息を荒くしながら私に近寄ってきました。

真理「有美、ウチらもしよう。セックスしよう。ウチ、もう我慢できない」

そう言うなり私を壁に押し付け、立ったままディープをしてきました。
ベロを絡ませながら私のズボンのジッパーを開け、手を入れてきました。
私のあそこは真理の手で揉まれていきます。
真理は、もう片方の手で、私の手を引き寄せ、自分のズボンの中に誘導していきます。
すでに真理のあそこからもトロトロしたのが出ていました。
もう私は、真理とセックスするしかないなと思いました。

お互いズボンとパンティを脱ぎ、下半身だけすっぽんぽんの姿になりました。
仰向けになって足を大きく広げた私の上に真理が覆いかぶさってきました。
激しいキスをしながら真理が私の上でお尻を大きく振ってきます。
男と女がやるような感じでしたが、真理が私の上でお尻を上下左右に振るたびに、真理のあそこと私のあそこが擦れあい、凄くいい感じでした。

その日は、みんな疲れ果てて乱れた姿のまま寝てしまいましたが、次の日の朝、起きた時の照れ臭さといったらありませんでした。

「やっちゃったね・・・」

誰かがポツリと言いました。
部屋は6人の女子が出したラブジュースと汗の臭いが残り、シャワーも浴びずに寝てしまったため、みんなのマン毛はゴワゴワなっていました。
特に真理と綾ちゃんのマン毛が逆立っていたのには、みんな大ウケでした。

[紹介元] エロばな!! 女子だけで王様ゲームしたらレズ乱交になっちゃった

台風の誘惑:職場の先輩の人妻との密室の一夜

仕事が終わり、俺はいつものように独りで帰宅していた。その夜、偶然にも駅で会社の先輩である香織さん(29歳)と出会った。香織さんは美人で、俺の職場で働く200人の女性の中でもトップ3に入るほどの美しさだった。俺は普段、外食やコンビニ弁当ばかりの生活だったから、思い切って彼女を食事に誘ってみた。運良く、彼女もOKしてくれた。

その日は台風が直撃していて、ちょうど食事の時間がピークに重なっていた。俺たちは2時間ほどお好み焼きを食べ、駅に向かったが、香織さんの乗るはずの電車は止まっていた。外は肌寒かったので、俺はファミレスで時間を潰そうと提案したが、香織さんはネットで運行情報を確認したいと言って、満喫に行こうと提案してきた。

満喫では個室のペアシートに入った。飲み物を準備して2人で運行情報を確認しつつ、俺は密室に香織さんと2人きりでいることに少しムラムラしていた。彼女のそばにいると良い匂いが漂ってくるし、なんだかドキドキしていた。

俺は普段大して体つきも良くないが、ネクタイを取り、ボタンをいつもより多めに外してセクシーさをアピールしていた。彼女は上着を脱いでカーディガンとキャミソール、膝丈のスカートという服装だった。ふとした流れで、俺は彼女の胸が小さいことを軽く言ってみた。すると、香織さんは「そんなことない!」と胸を突き出してきた。

カーディガンの前をはだけさせながら見せてきたので、俺は全部カーディガンを取ってもらった。香織さんはBカップだった。俺は下心を隠すためにブラジャーの話に持っていった。

「黒いブラですかー!お洒落ですね」

「でしょー。このブラ、最近のお気に入りなの」

「どんなんですかぁ?」

「こんなの(チラッ)」

「全然見えねーーー」

俺は強引にキャミを掴んで引っ張ったが、すぐに香織さんの手がそれをブロックした。

「ちょっとだけ!ちょっとだけ!5秒でいいから!!」

必死な俺に負けて、香織さんは見せてくれた。可愛い小振りなおっぱいだった。ブラは黒に紫っぽい花柄だった。

俺はブラはどうでもよく、その小振りのおっぱいを指でツンと突いた。香織さんはちょっと怒っていたが、「形と柔らかさは最高ですよー」と言うと、彼女は少し笑顔を見せた。

俺達は小声で話していたが、ふと俺は「香織さん、マジで可愛いっすね」と言った。けど声が小さすぎたみたいで、香織さんは聞こえたのか聞こえなかったのか分からなかった。しかし、彼女は髪を耳にかけて耳をこちらに近づけてきた。

俺は彼女の耳にキスをした。香織さんは驚いたような嬉しそうな表情で俺を見た。俺の唇は頬を滑り、口へ、そしてそのまま舌を絡ませた。舌を絡ませつつ、手は香織さんの髪を触り、首を触り、背中を触っていた。手は鎖骨を撫で胸へと進んだが、香織さんは口を塞ぐように俺の手を払った。

「・・・」

再チャレンジしたが、またキスを中断し、手を払われた。彼女のほんのり怒った顔が可愛らしい。俺は謝り、再びキスを始めた。今度は触るのは髪の毛だけにしておいた。

その後、香織さんはキスが大好きらしく、俺たちはしばらくディープキスを続けた。約3分ほどキスをしていると、俺の下半身が再び反応し始めた。俺の唇は彼女の首へと降りていき、手はスカート上から太ももを触り始めた。唇は彼女のキャミソールまで辿り着き、手は直に太ももを触っていた。

香織さんは俺を突き放し、「ダメでしょ」と囁いた。俺は口を塞ぐように強引にキスをし、そして力任せに胸を揉んだ。香織さんは最初は抵抗していたが、次第に感じ始めたのか、抵抗をやめた。俺はキャミソールの隙間から手を入れ、ブラの上から胸を触り、しばらくしてブラの中に手を入れて直接触った。香織さんの乳首は硬くなっていた。

俺はもう最後までできると確信し、香織さんのスカートの中に手を入れたが、彼女は頑なに両足を閉じて抵抗した。せめぎ合いが続いたが、少し間を置いた時だった。俺は完全に勃起したあそこをズボンの上から香織さんに見せた。

「ちょっと…やだー」

「触ってよ」

俺は彼女の手を取って、ティ○コに触らせた。香織さんは優しく撫でてくれた。ティ○コの位置が悪くて窮屈だった俺は、おもむろにベルトを緩め、ズボンを下げた。香織さんは目を逸らした。しかし、俺は彼女の手を取り、パンツの中に手を入れた。

「気持ちいい…」

憧れの香織先輩とエッチなことをしている状況と元々の早漏が手伝ってすぐに逝きそうになった。

「逝きそう・・・」

「おしまい(はぁと」

俺はおもむろに立ち上がり、座っている彼女の目の前に立った。香織さんの口の前にティ○コを突き出して咥えさせようとした。彼女は顔を背けて逃げていたが、顔を掴んで強引に咥えさせた。すると香織さんは積極的に俺のティ○コをしごきだした。

「逝くよ……このまま口に出すよ……」

彼女は上目遣いで頷くと、一層強く頭を振った。俺はそのまま香織さんの口の中に発射した。たくさん出た気がする。香織さんはしばらくティ○コを口に含み、全部出るのを待っててくれた。俺は「出していいよ」とコップを差し出したが、香織さんは顔を横に振り、そのまま飲んでくれた。

俺は別に飲んでくれてもあんまり嬉しくなかったりする。香織さんは飲み物を軽く飲み、軽く笑った。どんな顔していいか分からなかったんだろう。俺もなんて声かけていいか分からなかった。香織さんの頭を撫でて「ありがと」と言ったら、何を思ったのかディープキスしてきた。出してしまって賢者モードだった俺はムカついたね。でも、しょうがないと思ってキスに付き合った。さすがに長すぎてムカついた。

出しっぱなしのティ○コを見ると残り汁が出てたから掃除させた。嫌がると思ったら、そんな素振りもなく綺麗にしてくれた。だけど、俺は逝った後はくすぐったくて苦手だったからちょっと後悔。香織さんは俺が笑いを堪えているのを確認したのか、しばらくティ○コをいじりながら遊んでいた。俺はもう一度香織さんを誘った。

「香織さんも気持ちよくしてあげますよー。家に泊まっていきましょうよー、もしくは俺が泊まりに行きます」

しかし、香織さんは笑いながら首を振った。

「ダメよ、私には夫がいるの」

そう言われてしまっては、それ以上は何も言えなかった。彼女には家庭があり、この一夜だけの秘密として終わらせることが最善だと分かった。

時間は23時を回っていた。俺たちは再び電車の運行情報を確認し、電車が動いていることを知った。香織さんは身支度を整え、俺も同じように準備をした。駅までの道のりは無言だったが、心の中には奇妙な充実感と後悔が混ざり合っていた。

駅に着くと、香織さんは俺に微笑みながら「今日はありがとうね」と言った。その笑顔はいつもの仕事場で見せるものとは違う、特別な何かが感じられた。

「こちらこそ、今日は本当に楽しかったです。また機会があれば、ぜひ」

そう答えながら、俺は心の中でその機会がもう訪れないことを感じていた。香織さんは手を振り、電車に乗り込んだ。ドアが閉まる瞬間、彼女はもう一度振り返って微笑んだ。その姿が電車の奥へと消えていくのを見送り、俺は駅のホームでしばらく立ち尽くしていた。

その後、香織さんとの関係は元に戻った。職場では普通に接することができたが、心の中にはあの一夜の思い出がいつまでも残り続けていた。俺たちの秘密の関係は、誰にも知られることなく、静かに消えていった。

しかし、あの時感じた香織さんの温もりや香り、そして唇の感触は、忘れられないものとして俺の心に深く刻まれていた。それは、独り暮らしの俺にとって、かけがえのない一夜の記憶となった。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

上司の澤村と地方に出張に行く事になった部下の横山。当日朝からいつもの様に文句を言われながら地方での商談に向かう。商談後、2人は居酒屋に寄り、酔って終電に向かうが台風の接近で電車は運行停止状態。仕方なく2人は宿を探す事にする。しかし、当日ではホテルは満室に近く、一部屋しか空いてない事が発覚する。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 台風の誘惑:職場の先輩の人妻との密室の一夜

妹の下着でオナニーするのがやみつきです
画像はイメージです

夜寝る前に風呂に入ろうと脱衣所に行った。

洗濯機の中を何気にのぞくと妹(高一)と思われるのパンティが・・・。
水色のわりと大人っぽい下着だ・・・。

ふと周りをきょろきょろする、心臓がドキドキする、洗濯機の中に手を入れ取り出す。

もう家族のみんなは二階で寝てるはず。
パンティを手に取り広げる。

もうチンポはギンギンに勃起している。

股のあたりを舐めてみる、もうどうにも止まらない。
すぐ自分の服を脱ぎパンティを持って浴室に入る。
そこからはもうパンティを狂ったように舐めまわし、同時にギンギンのチンポをしごく。

すぐに絶頂に達して思い切り射精した。
もうなんとも言えぬ快感だ。

つぎの朝、妹と顔を合わせた。
やはり興奮した。

それからというもの風呂に入るときは妹の後に入るようにした。

母の下着も混じってる時もあるが、おばさん臭い下着なので間違うことはない。
時たまブラジャーで楽しむ事もある。

もうやみつきです。
たまりません。

ばれたら大変ですが・・・。

[紹介元] エロばな!! 妹の下着でオナニーするのがやみつきです