私が通っていた女子校テニス部の異常な風習・・・・・・・

投稿者:ゆか さん(女性・20代) 体験談タイトル:女子校テニス部の変な風習で・・・ 私は女性です。 今は二十歳を超えた女性なんですが、昔のお話をさせてください。 私は女子校に通っていました。 家も学校も厳しくて楽しいこ […]

The post 私が通っていた女子校テニス部の異常な風習・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 私が通っていた女子校テニス部の異常な風習・・・・・・・

「オッパイには結構自信あるんだよねぇ」って35歳が乳肉ゆっさゆっさ
今俺が付き合ってるセフレは自称ぽっちゃりのおデブちゃん美幸35歳独身。俺は別にデブ専じゃないが、美幸は色白美肌だし痩せたらちょっとした芸能人レベルの美人になりそ
[紹介元] 熟女・おばさんの性体験談 「オッパイには結構自信あるんだよねぇ」って35歳が乳肉ゆっさゆっさ

ほんとは中に出してもいい
画像はイメージです

こんな話で萌えるかどうかわかんないけど、まあ、暇潰しに読んでみてよ。
そんで、萌えたらちんぽ握ってくれればいいし、萌えなかったら文句のひとつでも言ってくれればいいし。

昔は結構遊んだほうで、ナンパ、合コン、出会い系と女とやりたいっつーだけで色々やったよ。
でも、もう年も年だし、会って口説いて女とやるなんてことなかなかできないし、風俗行って金払うのは勿体無いしで最近の俺は円こー希望の女とメールしてそのシチュエーションだけで萌えるってゆーかなり妄想ヲタだったわけ。

そうやって色んな女とメールしてると、(もちろん内容とか諭吉さんの交渉なんだけど)たまにかなり萌える内容の時があるわけ。
写メ送らせれば顔もわかるしね。
で、前置きが長くなったけど久しぶりに大興奮したからそれを書いてみようかなと・・。

どうゆうことかっつーと、たくさんある書き込みの中で興味を惹かれたのがあったのよ。
なんてことない普通の書き込みなんだけど、マンバなんでよろしくーなんて書いてあるわけ。
俺の人生でマンバとHしたことなかったし、あの化け物メイクは、なんかこう萎える要素であることには違いないんだけど、それでもなんか興味を惹かれたのよ。

もちろん写メ送らせてどの程度のバカか確認したいっつーのもあったしね。
そんで早速メール送ってみたらすぐに返事があって写メもすぐに送ってくるわけ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


見たらもうすんごいのよ。

マジで真っ黒!目の周りは真っ白。
写メだから画質はあんまよくなくて、はっきり写ってるわけじゃないけど、こりゃもうすんごいなと。
渋谷歩いててもめったに見れないんじゃねーかと。
まあ、顔の作り自体は結構いい感じなんだけど、メイクがすごすぎてもう何がなんだかわかんなくなってるわけ。
でも、その人間離れした外見になんかみょーに萌えたわけよ。
チューとか正常位を想像するとダメなんだけど、バックから犯す獣じみたセックスを想像すると普通の女とのセックスよりなんか興奮したわけ。

そんでそんな妄想しながらメールしてたら、TEL番メールしてきて、電話してってゆーわけ。
もちろん非通知でそっこー電話したのよ。
そんで電話でエロい話しながらオナニーでもしちゃおっかなーと。
で、内容とか条件によっては会うよみたいな感じで色々と詳しく聞いてみたわけ。
そしたら、生フェラ、キス、生挿入まで有りらしいのよ。
で、ほんとは中に出してもいいんだけど夜は彼氏に会うから中だしだとばれるかもってゆうわけ。
やっぱマンバは怖いね。
安全日なの?って聞いたら、できたことないからできにくい体質なんだってさ。
ほんとのバカな女に初めて会っちゃいました。

まあ、かなーりちんぽ勃起させてどんな声出すの?とか中に出されると気持ちいい?
とかアホな質問ばっかりしながらシコシコしてたのよ。
もともと会う気なんかないから相手が怒って電話切っても全然平気だし。
そんで、3Pしたことある?って聞いたらあるってゆうのよ。
彼氏と女友達と。

バカ?バカなの?バカだろ?バカって言ってよ!バカー!
で、よくよく聞いたら二人とも彼氏に中に出されたんだって。
マンバってどっかの部族の人ってゆうのはほんとのことなの?
宗教的にそうゆう部族なの?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まあ、俺からすればそのくらいバカのほうがなんか萌えるんだけどさ。

そんでひょっとして3Pでもいい?って聞いたらいいよってゆうわけ。
友達も中に出していい?って聞いたらそれは聞いてみるって。
で、ついでにビデオとか撮ってもいい?って聞いたらそれも聞いとくって。
アナルは?って聞いたらまだ彼氏ともしたことないからダメなんだって。
でも指ならいいんだって。
あーそうかバカなんじゃなくてやっぱどっかの部族の人なんだ。
そうだよなー。
そうじゃなきゃおかしいよな。
違う神様を信仰してる人に俺の常識が通用すると思っちゃいけないよな。
怒られちゃうよ。
国際問題だよ。

で、そんな話してたらもうすっごい興奮しちゃって、人生で一回あるかないかの経験なんじゃないかと。
病気とかなんだとかもう関係ないと。
なんなら俺もその神様祈っちゃえと。
そう思って本気で会ってみることにしたわけ。

で、友達の都合もあるからってんで3日後に会う約束して、すぐに某電気屋に行って、勃起させながらデジタルビデオ買ったよ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

説明書読みまくりましたよ。
勃起しながら。
もうデジタルビデオ見ただけで勃起するんじゃないかってゆうくらい妄想は膨らんでたね。
ある意味デジタルビデオに興奮してんじゃないの?って感じ。

そんで約束の日に待ち合わせ場所に行ったわけ。
昼くらいに電話で話したからまあ大丈夫だろうと思って待ってたわけ。
そんで約束の時間になっても来ないから電話してみたんだけど出ないわけ。
こりゃーまいったぞと思って何度も電話したらやっと電話にでたのよ。
そんで、まだー?って聞いたらもうちょっと待っててってゆうわけ。
なんで?って聞いたら急に彼氏に呼び出されたんだと。
で、もちろん中に出されたんだと。
一応、俺に悪いから口に出してもらおうと思ったらしいんだけど、今日の彼氏は中に出したい系だったんだと。
そんで彼氏帰ったから、今向かってるとこなんだと。
シャワーも浴びずに。
友達は?って聞いたら、さっきから電話かかってきてたんだけど、出られなかったからわかんないんだって。
で、遅れたし、友達もくるかどうかわかんないし、彼氏のあとだし、悪いから安くするってゆうわけ。
いくら?って聞いたら3でいいよーだって。
友達と二人で5って言ってたのに・・・。
どーゆう計算したらそーなるわけ?
ひょっとして友達はもともと無料オプションなの?
彼氏に中に出されたまんこに入れるのが追加オプション?
わけわかんね。
もちろん帰りましたよ。
バンバンメールが来て、バックレ?とか、サイアクー!とか言われたけど、お前が最悪なんじゃ!!ぼけっ!と。

しょうがないから家帰ってビデオの説明書読みながら新品のまだ使用されたことのないデジタルビデオ見て抜きました。
俺のビデオの初体験は俺のオナニーシーンです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! ほんとは中に出してもいい

母の黒いワンピースに付けられた白い付着物
画像はイメージです

家の隣には両親が所有している借家があります。

結構古くて、住んでいる住人は、土方系のおじさんばかりです。
おじさんたちも皆同じ会社で働いてる人っぽいです。

今時家賃は大家である両親が毎月徴収しに行きます。
先日、父が不在だったため母(45)がたまたま徴収に行く事になりました。

母は年相応の中年の女性の体系です。
見た目は悪くないと思います。

この時期なので黒のワンピースで徴収に行ったのですが、夏はよくノーブラで過ごしているので、ついついその日もノーブラで徴収に行ったようです。
僕は外で遊んでいて母が借家に入っていくのが見えました。
汗をかくのでワンピースは体にまとわりつき、乳首も浮き出ていました。
でも、10何年も住んでいるおじさんたちなので母も油断していたのでしょう。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

何分かして僕が家に戻っても母の姿は見当たりません。
2階に行っても姿はありません。

ふと窓の外を見ると、隣にある借家の窓が開いていました。
窓の中を除いてみると母がおっぱいを揉まれながら、おじさんのものを咥えていました。
2人に犯されているみたいでした。
僕は怖くなりましたが、初めて生のエッチを見たので少し興奮もしていました。

その後、母は咥えながら四つん這いにされ後ろからおじさんに犯されていました。
汗だくになったワンピースが体にへばり付いているのが遠めにも分かりました。
母はその後何も無かったかのように帰ってきましたが、ワンピースには白い付着物がついてました。
借家のおじさんたちに犯されていた母は、やはりその後も何度も迫られているみたいでした。

夏の夕方に僕が家に帰ると、よく母は庭木に水をあげていました。
ある日、いつものように帰ると家の手前で母親の声が聞こえてきました。
でも、何やら困ったような感じの話し方でした。
覗いてみると、先日母を犯していた土方のおじさんが水を撒いている母の横に立ち、母の胸を触っていました。

僕が知らぬ顔をして近づくと、おじさんは「おぉ、おかえり・・」と言いながらニヤニヤして僕を見ていました。

よく見るとおじさんのズボンのチャックは開いていて、その中も丸見えでした。

おじさんはその場を立ち去りましたが、母を見ると胸元のボタンは外されスカートも後ろのほうが捲れていました。
どうやら外でも触られていたらしいです。

母は「お帰り・・・」とだけ言って、またいつものように水を撒きだしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 母の黒いワンピースに付けられた白い付着物

バイト仲間のイケメンイギリス人と
画像はイメージです

大学生の時、バイト仲間のいっこ下のイケメンイギリス人と。

バイト先はショットバーで、大学生のイケメン揃い。
ホストクラブみたいな雰囲気を抑えるための女性バイトが二人という環境。

名前も忘れたけど、3ヶ月だけ一緒に働いて、終わりの頃に告白された。
彼氏も居たし、はぐらかしてたんだけど、向こうが国に帰る日が近づいたある日、二人で飲んで送ってもらって、部屋に入れちゃった。

合気道だか柔道を長いことやってるとかで、「護身術を少し教えてあげる」とかで、簡単に組み敷かれた状況に。
(私が春休みに2ヶ月程ヨーロッパ旅行する予定が決まっていた話の流れで。)

しらばっくれて誤魔化せば流せる状況だったけど、つい出来心でw
見つめ返して、キスを受けてしまった。

体臭があるんだなとか、唇が柔らかくて気持ちいいなと思いながらキスをして、隣の部屋のベッドにお姫様抱っこで運ばれましたw
体温が高いのか汗かきなのか、彼の体や舌が妙に熱いように感じました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

アソコを舐められているときも舌が柔らかいのと、温かいので、凄く感じました。
多分凄く濡れていたと思います。

早く入れて欲しくなって、彼のアレを手で探しました。
触ると、思ってたより太くて大きく、正直少しひるみましたw
ただ、硬さはそれ程硬くはなかったです。

私はもう入れて欲しくてたまらなかったけど、まだコレ硬くないし、少し口で・・・と思ったんだけど、かわされてキスされて、そのまま正常位で・・・。

さすがに大きくて、なかなか入りませんでした。
ただ硬くないせいか、思うより痛くなくて、ゆっくり入ってきてるその時からすでに気持ち良くて、私は彼のペニスを迎えるように腰を動かしていました。
膣全体を温かく刺激して彼はゆっくり動き始め、私はその気持ち良さが少し怖くなりました。
それまでクリいきしかしたことがなく、初めての感覚だったから。

「いや、怖い」と言うと、彼はディープキスをしてくれました。

キスもアソコもうっとりするくらい気持ち良くて、怖さは吹き飛び、私は気持ち良さに身を委ねました。
膣も腰も勝手にすごく動いて、彼のペニスを貪っていました。
頭が真っ白になって意識が飛び飛びです。

ずっといきっぱなしだったのか、何度もいったのか自分でもわかりません。
意識がある時に彼がどんな表情をしてるのか見たくて目を開けて見たら、ばっちり目が合いました。
苦しそうな顔で少し笑顔を作って、何か喋りましたが、聞き取れませんでした。
それからまた彼の動きが激しくなり、私は目を開けていられず、また快楽に身を任せていきまくりました。
彼がいったのもはっきり覚えてない位です。
気が付くと腕枕でしたから。

それから朝まで眠って、起きてからまたして、学校さぼって昼過ぎまでしてました。
その後、何度か手紙のやりとりをして、春休みにも会いました。
一緒にフランスを旅行したり、楽しかった。

でも遠距離過ぎて付き合うとか考えられなかったし、不毛なのでそのうち手紙も書かなくなって終わり。
外国人とエッチしたのは後にも先にもそれきりだから、彼が良かったのか、白人が全般的に良いのかもわからない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! バイト仲間のイケメンイギリス人と

ムラムラしてエッチを誘ってきた親戚の明美姉さん
画像はイメージです

去年の夏休みに、父と母と3泊4日で親戚の家に行った。

僕は中学3年で、名前は純。
親戚の家には明美という年上のお姉さん(大学1年)がいる。

親戚の家も、ウチと同じで明美と両親の3人家族だった。

事件は2日目に起きた。
父達は釣りに行き、母達はショッピングに出かけて行った。
家には僕と明美の2人だけだった。

本を読んでいると明美が「何してるん?」と言って僕の近くにきた。

僕は「漫画読んでる」と言うと、明美は「ちょっと話あるから2階に来て」と言う。

言われた通り2階に上がり、明美の部屋に入った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

入った瞬間突然明美に抱きつかれ、照れくさそうに「しよ?」と言ってきた。

僕は何か分からず「何を・・・?」と聞くと、明美は顔を赤くさせて「エッチ・・・」と言った。

僕はビックリした。
明美はムラムラして我慢出来なくなり、自分で慰めるより誰かとしたくなり、家に残っている僕を誘う事にしたらしく、声を掛けてきたらしい。
僕も一応経験しているから初めてではなく、明美は年齢的にとっくに経験済みであるはず。

明美にキスをされ、ズボンの上から触られていたら息子も半分勃起し始め、僕も明美の胸を服の上から触ったが、明美はなんとノーブラだった。
揉んでいると直接触りたくなり、服を捲ると胸が露わになった。
胸はあまり大きすぎず、丁度よい大きさ。
乳首も大きくなく、薄茶色だった。

乳首を触り舐めたりすると、明美は「アァ~」と声を漏らした。

明美にズボンとパンツを脱がされシゴかれ息子は勃起してきている。

ミニスカートを捲ってパンティの上から触ると「アッアァダメ~」と言いながら、「直接触って」と言いだした。

僕は明美のパンティを脱がせると明美のアソコが見えたが、ヘアーは処理しているらしく、少しだけ生えていた。
アソコは少し茶色がかっていて濡れており、クリを舐めていると明美が腰をクネクネと動かして「もっと舐めて」と言う。
アソコを舐めると明美は「アァ~ダメイイ気持ちいぃ~」と喘ぎ始めた。
指を2本入れ掻き回してやると「アァ~気持ちいぃ気持ちいぃよぅ・・・ダメダメちょうだいっ!純の、純のちょうだい」と言い始めた。

僕はゴムを持っておらず「ゴムないよ」と言うと、明美は「生でいいから」と言う。

僕はビンビンに勃起した息子を明美のアソコに挿入した。
生まれて初めての生。
明美のアソコは温かく、ヌルヌルしていて物凄く気持ちよかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

息子を挿入すると明美も「アァ~気持ちいぃ・・・入ってる、入ってるよ、純のが中に入ってるよ~」と言い、僕はゆっくり動き始めた。

動かす度に明美は身体をピクピクさせ声を漏らしていた。

動く度に明美は「もっもっともっと~」と言うので僕は力いっぱい腰を動かした。

明美は「気持ちいぃよ~純の気持ちいぃよ~アァ~ダメイクイクイッちゃうイッちゃうよ~」と喘いでいる。

僕も限界に近づき、明美に「イク、出るよ?出すよ」と言うと、明美は「ちょうだい、中に・・明美の中にいっぱいちょうだい」と言った。

僕は「出る・・・!」と言って明美の中にぶちまけた。

明美も「イクイクイク~」と一緒に昇天した。

夜になり、寝ようとしたら明美に声を掛けられ、明美の部屋で2回目のセックスをして眠った。

次の日の朝、明美に声を掛けられ一緒に出掛けた。
明美と一緒に行ったのはラブホテルだった。

ホテルに入ると明美は下着姿になり、僕もパンツなってそこから3時間の間に休暇を入れ、最初に2回休暇後に3回セックスした全て生で中に出した。
2日間の間に僕は明美と7回セックスして両親と自宅に帰った。

帰り際に、明美から手紙と小さな袋を手渡され、家で手紙を読んだら「生理前でエッチしたかったからゴメンね。また遊びにきたらエッチしようね」と書いてあった。

小さな袋には染みの付いたピンクのパンティが入っていた。
明美とはあれからまだ会ってないけど、どうやら妊娠はしていないみたいだ。

また明美とエッチできる日を楽しみにして、今は明美との事を思い出し、明美が手渡してくれたピンクのパンティで慰めています。

以上で話は終わります。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! ムラムラしてエッチを誘ってきた親戚の明美姉さん

小6の時に17歳の女子高生3人のおっぱいを揉む機会が巡ってきた
画像はイメージです

小6の夏休み。



少年野球の市の選抜に選ばれた。



アメリカやって来たチームと歓迎会と試合をして交流を深めた後、1泊2日で合同で旅行に行くというイベントがあった。



歓迎会からボランティアの通訳で参加してた17歳の女子高生3人と仲良くなり、旅行にももちろん付いてきていた。



こっちはエッチに興味津々な12歳。



そこで、まず他のチームの顔見知りな奴3人と仲良くなり、そのお姉さん達とも仲良くなった。



年上の女性ってので4人で興奮していた。



女子のスペックとしては…、ノリコ:17歳スレンダー体型Cカップ。美人顔。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

あさみ:17歳普通体型Bカップ。3人の中では一番可愛くない。



アサコ:17歳グラマー体型Fカップ。可愛い系眼鏡女子。



福利厚生施設みたいな所に泊まり、消灯時間も過ぎるとアメリカ人達は時差ボケもあり早々に就寝。



そんな時、オレら4人は別々の部屋から顔を出し、皆でトイレに行った。

すると通訳の女子の部屋からアサミが出てきた。



仲良くなっていたので他愛のない話をしながら部屋に遊びに行っていいか聞くと歓迎してくれた。



部屋に行くと皆、風呂上がりで良い匂いがした。



試合の話をしたり下らない会話をしてたら、色々エッチに興味があると4人がそれぞれ女子達に伝えた。



そしたら女子達も旅行に来てて解放感からか"教えてあげるー"って流れになった。



そこの部屋のベッドは2段ベッドが4つあって、カーテンが掛けてあった。



しかし、男が4人の女が3人。



人数的には男があぶれる。



そこで、女子達にベッドの上でバラバラに別れてもらい、そこに男が入っていくという事に。



1つは男が2人入る事になるのだが。



まずオレが入ったのはアサミ。



まだ経験も無いオレは、何を話して良いかも分からずに何となく会話だけして終了。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


次にアサコ。



アサコとの会話は向こうがリードしてくれたのもあって盛り上がって終了。



次のノリコ。



顔だけで言ったらメッチャ好みだったけど、そこは12歳。



照れてしまい、話をしただけ。



皆がそんな感じだったらしく、女子達が気を利かせて全員が同じベッドに行く事に。



全員が入るとなかなか狭くて自然と距離が近付く。



そこで「おっぱい触りたい」



と皆で言うと、女子達は快く触らせてくれた。



服の上から触り、手を取られて服の中に手を導かれて触った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


もうここから心臓バクバクで、マイサンも上を向いてた。



そんな感じで1時間くらいしてると、「また別々のベッドに行ってしてみる?」



と女子の方から提案が。



ここは行くしかないと思い、賛成した。



また流れでさっきと同じ順番で回った。



アサミはおっぱいが小さくてあんまり揉みごたえがなかったけど、乳首を触るとピクッとしていた。



堪能した後に、アサコ。



薄暗い中でアサコのベッドに行くとツレの1人がFカップを堪能していた。



オレが行くとそそくさと出ていき、ここで1対1。



するとアサコが眼鏡を外した。


その姿に見とれてしまい、すっかり虜に。



そしてお約束の如くFカップをモミモミ。



するとアサコが「キスした事ある?」



って聞いてきた。



そんな事考えた事はあっても同級生の女子となんか出来るわけ無かったオレは、「無い!」



と答えた。



すると、アサコはゆっくり唇を近づけてきた。



ソフトなキスだろうと思っていたら、舌が入ってきて濃厚なディープキスをしてくれた。



もうこの時点でフル勃起。



するとアサコの手がそこへ伸びてきて触り始める。


あっ!って声が出そうだったけど、口はアサコに塞がれている。



それから上下運動が始まり、気づいたらパクっとされていた。



あまりの気持ち良さに3分も持たずに発射!アサコは全て飲んでくれた。



まだオナニーもした事の無かったオレの初めての精子を飲んでくれたんだ。



時間が来て、他の2人のおっぱいを触るがやっぱりアサコには勝てない。



次にアサコの所に行った時にはもうビンビン。



オマンコを触らせてくれてアサコも感じてくれていた。



「入れさせて」



って言ったけど、周りもいたので今日は口だけって言われてその後3回も抜いてくれた。



そんな事をしていたら朝方4時くらいになってしまい、泣く泣く解散した。



翌日帰りがけにアサコとアサミとは電話番号と住所を教えてもらった。



その夏はもうアサコの事しか考えられなかった。



そんな話の続きはまた気が向いたら。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 小6の時に17歳の女子高生3人のおっぱいを揉む機会が巡ってきた

私のツボを知り尽くした痴漢さん
画像はイメージです

今日は朝から通勤途中に痴漢に遭ってしまいました。
ランは痴漢によく遭いますが、怖くて絶対に何も言えません。
大きな声で「痴漢です!」って言える女性が羨ましいです。

いつも痴漢に遭わない為にパンツスーツを着たり、ストッキングを穿いたりして工夫しているんですけど、今日は急いでいたのでスカートにナマ足で電車に乗ってしまいました。
電車に乗ると、反対側の入口の扉に密着する位置に入れたので、ラッキー!と思って本を読み始めました。

電車が走り出してすぐにお尻に手が当たりました。
ランは痴漢に敏感なので、その時点で本に集中出来なくなってしまいました。
そしてやっぱりスカートの中に手が入ってきました。
凄く行動が早いので、ひょっとしたらランの性格を知っている常連の痴漢さんなんでしょうか?
とにかく心臓がドキドキしてきて、怖くなってきました。

最初はパンツの上から割れ目をなぞっていました。
その時は何も感じていなくて、気持ち悪かったので違う事を考えようと必死でした。
そしたらなぜか、友達が痴漢で感じてしまった話を思い出してしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

友達はかなり遊んでいる女の子で、痴漢をされたのにビショビショになって、痴漢を見たら若い人だったから、その後トイレでやっちゃったという話で、聞いてて興奮したのを覚えています。
そんな事を考えていたら、その時の興奮と混ざって、段々エッチな気分になってしまいました。

パンツの上から触っていた指が、パンツの脇からお尻の穴を触り始めた時に、濡れてくるのが分かりました。
ランは必死で声を抑えました。
今度はお尻の穴から割れ目をなぞって、クリの方に来ました。
もう痴漢さんには濡れているのがバレちゃったので、結構大胆に動いてきます。
痴漢さんが一生懸命クリの皮を剥こうとしているのが分かります。
そして剥き出しのクリに指が当たった時に「うっ」っと声を出してしまいました。
体もビクッと動いたと思います。

それからはどんどん感じてしまい、アソコの奥からどんどん愛液が出てきました。
もうすぐイキそうになったので、少し足を広げてしまいました。
痴漢さんも激しくクリを擦っていました。

でも、次の駅に到着するアナウンスが流れてしまい、内心では(早くイカせて、お願い!)と思ったんですが、間に合わなくて、乗り換える為にランは電車を降りました。
たぶん痴漢さんもついて来たと思いますけど、乗り換えた電車は満員ではなかったので何もありませんでした。

ランは会社に着いた後も興奮が収まらなくなって、イキたくてしょうがありませんでした。
どうしても我慢出来なくなって、10時半の休憩の時に幹部フロアの女性用トイレに入ってオナニーをしてしまいました。
パンツを下ろすと、凄い糸を引いて濡れていました。
トイレットペーパーでちょっとパンツを拭いて、便座を抱える様に四つん這いになって、クリを弄りました。
すぐにクチュクチュと音がして、気持ち良くなって、「うはぁぁぁ」と声が漏れました。
時間がなかったので携帯のバイブモードにして、クリに当てました。
気持ち良すぎて「あああ、はぁぁぁ、くうう」と声が出て、ブルブル体が震えて来て簡単にイッてしまいました。
気が付くと意外に時間が経っていて、ビックリして、急いでパンツにオリモノシートを付けて席に戻りました。
ドキドキした一日でした!

今日、以前にお話した痴漢さんがまた現れました。
ハッキリと同じ人だという証拠はありませんけど、ランはそう感じました・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

今日も急いでいたのでスカートにパンストを穿かないで電車に乗ってしまいました。
そしてまた、入口のドアに体を付けた位置に立って本を開きました。

今日は電車が動き出すとすぐに手が伸びてきました。
いきなりスカートの中に手が滑り込んで、お尻を触っています。
ランは何となく、(この前の人?)と感じました。
手の感じと、触り方がそれっぽいので、(じゃあランが何も言えないのバレてるかも・・・)と最初から諦めムードになってしまいました。

今回は進行が早いってゆーか、すぐにパンツの中に手が入ってきました。
やっぱりお尻の穴を最初に触りました。
怖いんですけど、この前の人と思い込んでいるので、変な安心感じゃないですけど、この前よりは怖いドキドキが少なかった気がします。

痴漢さんはお尻の穴を触りながらアソコにも指を伸ばしました。
もう濡れているのは分かっていました。
正直興奮していました。

痴漢さんは指をアソコの周りで動かすと、一旦戻って、お尻の穴にヌルヌルにした指を入れました。
ランはお尻の穴も凄く感じてしまうので、「うぐっ」っと気持ちイイ声を出してしまいました。
一瞬痴漢さんの動きが止まりましたが、すぐに動き出しました。
お尻の穴に指を入れて、鍵状に指を曲げてグリグリされるとメチャクチャ感じてしまいます。
どんどんアソコからエッチな液が出てきます。

そして今度は、お尻の穴に違う指が入ってきたと思ったら、同時にクリを擦られました。
たぶん親指をお尻に入れて、中指とかでクリを触っていたんだと思います。
痴漢さんの動きが凄い上手くて、2カ所同時に攻められて、こんなに人がいるのに感じている事が相乗効果になって、すぐにイキそうになってしまいました。
ランの体は明らかにブルブル震えていました。
そして、(もうイクううう)というところで寸止めされてしまいました。
痴漢さんの意地悪と、ランのイキ方が激しそうなのとで止めたんだと思います。
確かにあのままイッていたら声が漏れて、体は痙攣していたと思います。

それからも痴漢さんはイキそうになる手前でアソコをグチャグチャに弄ってきました。
はっきり言ってテクニックがムチャクチャ上手いです!
指だけだったら今までで一番かもしれない位です。

そうこうしていると、そろそろ乗り換えの駅が近づいてきました。
ランは(また会社オナニーしないとヤバい!)と思っていると、駅に着く直前にいきなり指が激しく動き出しました。
電車のアナウンスや人の動きも大きくなってきたのに、ムチャクチャにクリを攻めてくるので、あっという間にイキそうになって、必死で声を我慢して、到着とほとんど同時にイカされてしまいました。
信じられないくらい気持ちよくて、ドアが開いた時に、前に倒れそうになってしまいましたが、誰かが腕を掴んでくれて、そのまま壁際まで運んでくれました。

ランは意識がフワフワしていたので、その人の顔は全然覚えていませんが、たぶんその人は痴漢さんだったと思います。
ランは痴漢されたくせに、その優しさと凄いテクニック少し惚れてしまったのかもしれないです。
その時は、次もまた会いたいと思ってしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 私のツボを知り尽くした痴漢さん

小5の夏休みに恵子とお姉さんに・・・
画像はイメージです

小5の夏休みでしたが、学校のプールから恵子と一緒に帰りました。

恵子は幼馴染のクラスメイトで家族ぐるみの付き合いをしていました。
話をすることは少なくなっていましたが、それでも仲は悪いほうではなかった。

その日はたまたま一緒になって久しぶりに二人で帰ることになったのだ。
恵子の家の前を通りかかると恵子の高校1年生のお姉さんがいて、誘われたので寄っていくことにしました。
お姉さんは成績優秀でしっかりしてる人で、大人っぽい人でした。
恵子は、プールから帰るといつもシャワーを浴びているらしく、一緒に浴びるよう誘われました。
昔はよく一緒にお風呂に入ったりしたのですが、恥ずかしさがあった反面恵子の裸も見たい気もあり、一緒に入ることにしたのだ。
幼馴染ということもあり、遠慮も他の女の子と比べてなかったのでそういう気持ちになったのだと思う。
昔と比べると、無邪気さはなく、お互いにある種のいやらしさを感じていた。

「ここで脱いでいいよ」と言われたので、恵子の部屋で服を脱ぎお風呂場へ向かったのだ。

僕は周りよりも早熟で小4の秋ごろから毛が生えたので、その頃はもう毛もボーボーだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

もう周りに知れ渡っていて、恵子も「噂どおりだね」と僕のおちんちんを興味深げに見ていた。
恵子もオッパイがかすかながら膨らみ始めていて、毛も薄く生えていた。
背も伸び昔よりも成長したといった感じだった。
僕は恵子の裸を見て興奮してしまい、勃起してしまった。
勃起したおちんちんを見て恵子はうれしそうな顔で見ていた。

二人全裸で廊下を移動しお風呂場でシャワーを浴びていた。
昔のようにお互い体の洗い合いをしていたのだが、昔と比べエッチな雰囲気だった。
僕も恵子も明らかに興奮していたのだった。
すると、恵子のお姉さんがシャワー室を覗いてきた。
いやらしい顔をして「私も入っていい?」と聞いてきた。
恵子とお姉さんは仲がいいので、お姉さんも入ることになった。
お姉さんは毛も生えそろいオッパイもそれなりに膨らんでいたのだ。
お姉さんは僕の裸が目的らしく、いやらしい顔をしながら入ってきた。

「ゆう君(僕のこと)のおちんちんもすっかり大人だね」としげしげと僕のおちんちんを見てきた。

お互いに体の洗い合いをして、僕もお姉さんの体を触らせてもらったのだった。
お姉さんは慣れているような感じで、触らせてくれたし、僕もおちんちんも触ったのだ。
僕は全裸の女の子二人に囲まれてずっと勃起していたのだ。
お姉さんは「ゆう君のおちんちん完全に大人にしてあげるからね」といい皮を剥いてくれた。
意外にもすんなり剥けたのだが、恵子の方は真剣に見ていたのだ。

シャワーも浴び終わり、恵子の部屋に戻るとしばらくまったりとしていた。
恵子も僕も完全に興奮していて、オナニーしたい気持ちを抑えていた。
するとお姉さんが入ってきた。

「じゃ、楽しいことしようか」と言ってきて、恵子はすこし緊張したような表情だった。

僕は何が始まるのか分からなく、「お姉さんに任せてね」と言われ、お姉さん主導ですることになった。
そしたら、恵子に「おちんちん舐めてごらん」といい恵子がおちんちんを舐めてきた。
エロ本でフェラは知っていたが、同級生にされると興奮してしまいビンビンになってしまった。
そのうち口にくわえ始めて、お姉さんの指示に従っていた。
初めて剥けたおちんちんには刺激が強すぎすぐに果ててしまった。
はじめてみる精子に恵子は戸惑っているようだったが、お姉さんが舐めてくれたので恵子も舐めた。

「まずい」といって厭な顔をした。

しかし、僕はすぐに回復したので、今度はお姉さんが僕のおちんちんにコンドームをしてくれて恵子に挿入することになった。
恵子も初めてらしく、お姉さんに手伝ってもらって挿入することが出来た。
お姉さんが「もっと恵子を撫でて」とか「キスをして」とかいいながら手伝ってくれた。
当然恵子の中はきつくすぐに果ててしまったが、なんとか処女を奪うことができたのだ。

恵子は泣きそうな顔をしていたが、お姉さんに「おめでとう」と言われると、僕にいきなり抱きつき、僕の胸で泣き始めてしまった。
そんな恵子をいとおしくなって僕も強く抱きしめた。
しばらくそのままでいた。

その日はまたシャワーを浴びて帰ったのだが、その後は定期的に関係を持つようになっていた。
特にお姉さんとも定期的に関係を持ち、いろいろと教えてくれたのだった。
テクニックや性教育をしてくれたのだ。

恵子とお姉さんとは幼馴染のまま恋人関係にはならなかったが、大人になった今まで恋愛などいろいろなことを相談できる友達として大切な存在だ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 小5の夏休みに恵子とお姉さんに・・・

妻にだけ頭を下げて挨拶するA君
画像はイメージです

今から、1年程前の話です。

私の実家は街外れの小さな集落で、22歳の時に結婚しました。
妻は19歳、結婚後、実家に入り息子を授かった。
子供は小学1年生になり、部落の子供会に参加するようになっていた。

私は当時28歳、妻は25歳で、子供会の中では一番若い夫婦だったと思います。
子供の数も少なかったが、30人位は在籍しており、家族数も20家族位だった。

そんな中、6年生になるA君が居た。
A君は、とても優しそうで、小さい子供の面倒もよく見てくれる“お兄ちゃん”みたいな存在だった。

大人にも凄く愛想が良く、車で道を走っていても必ず頭を下げて来る・・・そうだ?

これは妻の言葉で、実際私は頭を下げられた事も無く、下げている彼を見た事も無かったのだ。
でも、妻は大きくなったA君にも、相変わらず頭を下げて来たり、挨拶されるらしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


妻は「本当にいい子だよね」って、いつも言っていた。

確かに妻と一緒の時は、ニコニコと笑顔で頭を下げるA君だったが、何だか女性を見る目にも見えていた。

子供の成長は早いもので、我が家の息子も中学1年になっていた。
A君は、もう高校生、確か某高校(まぁ偏差値も低い学校)の3年生。
バイクですれ違う時も、妻には頭を下げて来る様だった。

そんな中、彼の良くない噂を耳にした。
友達が悪いのか、暴走族風のバイクが最近彼の家に集まり、夜中だろうが構わず花火をしたりと近所迷惑をかけていると言うのです。

そんな頃も、妻は「今日もA君と会ったけど、相変わらずいい子だよ」とメチャ褒めだった。

夏も真っ盛りの頃だろうか?
私は妻の異変に気づいたんです。

「夜に寄り合いだ」と言い、家を空ける事が多くなったんです。

確かに、子供の学校役員もしていた妻でしたので、初めは気にする事は無かったのですが、あまりに頻繁に集まると言うので、怪しく感じたんです。

ある暑い夜、妻が風呂に入っている時に携帯にメールが来ていました。
何とも言えなく気になり、こっそり中身を確認すると、『今から離れの部屋に来い』と書かれていました。

宛先は、A君。
履歴を調べると、2ヶ月前位から頻繁に来ている様でした。

6月3日・・・。
『今日の事は、旦那には言うな!写真をバラすぞ!ネットに書き込めばお前は、ここにはいられなくなる。』

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

6月7日・・・。
『前から気に入っていた。必ず俺の女にしてやろうと思っていた。良い体だったよ』

6月9日・・・。
『今度は、外で会おう!映画は何を見る?』

6月13日・・・。
『今晩は、下着付けずに来いよ!可愛がってやる。』

6月20日・・・。
『もう、旦那とは別れろ!俺が結婚してやる。もうクソ旦那とはSEXするな!』

6月26日・・・。
『今度プール行こう!白いビキニ買っておけ!透けるのがいいなぁ!』

7月2日・・・。
『プール最高だったな!お前のマンコ数人の男性に見られたか?俺興奮したよ。』

7月4日・・・。
『明日もプール行こうか!断る事は出来ないぞ!』

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


7月10日・・・。
『お前が悪いんだからなぁ!俺の言う事聞かないから・・・まぁ友人達も楽しんで良かったそうだよ。これからは、みんなの玩具だな。』

7月15日・・・。
『どうだ!毛が無くなって淋しいか?旦那には見せられないな!一生俺の性処理奴隷だ!』

7月21日・・・。
『ようやく夏休みだ!毎日何する?毎日犯してやるから楽しみにしていな。』

俺は、愕然とした。

(一体・・何があったんだ?)

翌日、子供が夏休み中という事で実家に預けた。
夜、妻と2人で夕食を食べると、携帯が鳴った。
妻は慌てる様に、携帯を握りキッチンへ向かった。

戻るなり、「ちょっと出掛けるね」と言うので、俺はスカートを捲り上げパンティを下げた。

「ちょっと、貴方・・何!?」

慌てる様にパンティを握り、必死に隠す妻だった。

「お前!誰に会いに行くんだ?毛も剃られてるじゃないか!」

その言葉に、妻は泣きだし、俺に抱きつき謝罪した。

1時間くらい泣きじゃくっただろうか?

俺が、A君へ返信を送った。
暫くすると、A君がバイクでやって来た。
家の外で、A君を殴り倒し、妻のデーター全てを回収した。

俺も若い時はヤンチャで、拳には自信があったし、友人も多くA君も堪忍した様子だった。
A君を中に入れ、リビングのソファに座らせると、彼の口から「妻へ何をしたか?」全てを語らせた。
彼は、渋々と語り始めた。

6月3日、俺は、以前から計画を立てていた奥さんを犯す計画を実行する事にした。
平日の昼間は、奥さんしかいない事を知っていたから、自宅に電話を掛けました。

神社には倉庫が有るし、人気も無く少々声を出されても聞こえない事を知っていたから、そこで犯そうと思いました。

予定通り、奥さんは1人で来たので、倉庫に連れ込み、一気に抱きつき、服を脱がせチンポを入れました。
濡れていなかったので、ちょっと痛かったけど・・・。
全裸で寝ている奥さんを携帯で撮影し、保存!
証拠としながら携帯のアドレスと電話番号を交換しました。

その夜、メールで写真を送りつけ、俺の言う事を聞く様に命令しました。
奥さんは、黙って言う事を聞いてくれたので、調子に乗って色々とさせました。

「色々って何だよ!ハッキリ全て言え」
「すいません」

犯した翌日には俺の部屋に呼び出し、奥さんとまたSEXをしました。
奥さんも堪忍したのか、黙って服を脱ぐと、全裸で布団に横になりました。

俺のチンポを受け入れると、「写真返して!お願い・・・もういいでしょ」と言うから、「まだだ!」と言い、帰しました。

そんな姿にイライラして来て、2日後には外で恥ずかし事させてやると思い、映画に連れて行きました。
映画館の一番後ろの席で、スカートを捲り、マンコをいっぱい弄ると奥さんも喘ぎ声を出し、必死に我慢するから面白くなって、胸も露出させていっぱい揉みました。

我慢出来なくなってトイレでマンコに挿入し、出しました。

何だか支配している感じが堪らなく快感になり、その後は下着を付けさせない様になりました。
本当に好きで、小さい頃から憧れていたので、いつか結婚したいと思っていた・・・。
でも旦那さんが居るんでは出来ないので、「別れろ!」って何度も言いました。
奥さんは「絶対別れない」と言うから、もっと恥ずかしい思いさせてやると思い、プールに連れて行きました。

ただ、泳いでも面白くなかったから、サポーターを取り、透ける様にしました。
辺りの男達は目をギョロギョロさせて見るから、見せつけてやると思い、マンコに指入れて見せたり、サウナーで胸を揉んだりしました。

奥さん何も言わず、ただ我慢するからギャフンと言わせる為、胸を露出させました。
数人の男性は、ジッと見ていました。
奥さん胸大きいから当然です。
数日して、またプールに出掛けました。
たぶん期待してきた大人だと思いますが、前と同じ男の人が数人いました。

奥さんには、黄色いマイクロ水着を着て貰いました。
俺がネットで買った物です。
正直、かなり小さかったので、胸は大部分が露出してましたし、マンコも少し毛がはみ出していました。

男達はずっと奥さんの後ろを付いてきました。
お尻は食い込み、とてもエロく見えていました。
更衣室で一発抜いて、マンコに精液を入れたままプールに戻りました。
俺の精液をダラダラ垂らしながら、歩いていると監視員に怒られていました。

しばらくして、奥さんを彼女として友人に紹介したら、「人妻です」ってバラすから、友人3人にも犯させました。
俺の部屋で、全裸にして手足を縛った状態で、何度も中に出してやりました。
本当に彼女だったらいいのにって思っていたから悔しくて・・・。

その後、公園と駅のトイレで一回ずつ犯し、帰ってからも1回ヤリました。
また、プールに行こうと誘ったんですが、毛がはみ出るから、剃りました。
凄く嫌がったんですが、手足を友人に押えて貰って、すっかり綺麗にしました。
そして、昨日神社の倉庫で友人5人と犯しました。

友人が色々な道具買って来たから、片っ端から試しました。
初めて、巨大浣腸を入れました。
境内に大量の糞をばら撒きました。
奥さんきっと罰当たります。

何度も浣腸して、バイブを突っ込むとすんなりと入りました。

段々大きいの入れてみたんですが、次々飲み込んで、俺のチンポも試しました。
締りが凄く腸内に出しました。
電気も試していたら、奥さん大量の潮を噴き上げて逝っちゃったんです。
友人も「初めて見る」って感動してました。

みんなで、3回も抜いたから疲れて横になっていたら、部落の小学生(男)数人が来ちゃったから、奥さんのマンコで遊ばせました。
小さい子供のグーが入るんですね。
もう、子供達もチンチンビンビンにしていたから、口で抜かせましたよ。
小学生でも出るんですね。
みんなで、夕方まで楽しんで、今日からもっと楽しむ筈だったんです。

「お前!もし知られてなかったら・・・どうする気だった」
「お年寄りの介護ですかね!部落には年寄り多いから・・・みんな喜んだと思います」

妻は、ただ黙って俯いていた。

「お前!俺が分からなかったら・・・年寄りとしていたか?」
「・・・たぶん・・・断れなかったと思う」

A君はニヤケていた。

(何でだろう・・?)

苛立ちが興奮に変り、股間がムズムズしていた。
私も34歳、妻31歳、確かに最近マンネリなSEXが多く、回数も減った。
妻にこんなに興奮したのも初めてだろうか?

A君を連れて外に出ると「もう、何も言わない」そう言って彼の肩を叩いた。

バイクに跨り、俺に頭を下げると彼は帰って行った。
妻も安心したのか、俺にキスをすると、久々に燃え上がった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 妻にだけ頭を下げて挨拶するA君

彼との駅弁が忘れられなくて
画像はイメージです

27歳の子育て中のママです。
私には主人とは別に、体の関係を持っている8歳年上の男性がいます。
私と彼、河村さんとの出会いは、私がまだ子どもを産む前のことでした。

知人もいない街で新婚生活を始めて5ヶ月後、知り合い作りも兼ねて始めたパート先ででした。
そこの社員だった河村さんは既婚者で、いつもは外回りをしているのですが、事務所に戻ってきた時には、「子どもが駆けっこで1等になった」とか、「この前、家族で映画を観に行った」とか、家庭のことを本当に楽しそうに話す、いわゆるマイホームパパって感じの男性でした。
私もそういう河村さんの話を横で聞きながら、(素敵な人だなー、こんな人が旦那さんなんて、奥さん幸せなんだろうな・・・)って思っていました。

私の方はというと、約3年間付き合って結婚した主人とは、傍から見れば“いつも仲のよいラブラブ夫婦”だと思います。
事実、主人は浮気もしませんし、優しくて私のわがままにも付き合ってくれる、私には勿体無いくらいの理想の旦那さまです・・・。

そう、あっちの方を除けば・・・。

主人とのエッチは、付き合っている頃から微妙に相性が合いませんでした。
主人は女性経験があまり豊富ではないらしく、一方、私は性に対しては結構オープンな方で、学生時代からイロイロと経験があり、それなりに男性を知っていました。
そういう点からいっても私は主人のエッチに物足りなさをいつも感じていましたが、結婚生活におけるエッチの比率なんてそんなに大したことではないと割り切っていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


河村さんと体の関係になったのは、パートを始めて1ヶ月半のことでした。

ある日、仕事のやり取りで、ふっと彼との会話が終わった時、「今度飲みに行かない?」と誘われたのがきっかけでした。
もともと河村さんには好印象だった私ですから、お断りする理由もなく即OK。
お互い家庭のある身だし、相手はあのマイホームパパの河村さん。
何か起こるなんて、思ってもみませんでした。
しかし飲みに行って、彼の本当の顔を知ってしまったのです。

実は彼は無類の女好き・・・。
今までもパートの女の子や、その他にも色んなとこで女性に手を出していたのです。
私を誘ったのも、初めからそれが目的だったことも彼の口ぶりから窺えました。
それを知ってかなりのショックはありましたが、もともと私もエッチは好きな方だし、お酒の勢いもあって、あっさりと彼の手に落ちてしまいました。
その後、約8ヶ月にわたり彼との関係は続きましたが、私の妊娠が発覚して(もちろん主人との子です)パートも辞め、彼との関係も終わりました。

10ヶ月後、無事に赤ちゃんを産み、慣れない育児に毎日悪戦苦闘でした。
私も主人も実家が遠く離れているため、子どもを親に預けて二人だけで外食・・・なんてことも出来ません。
とりわけ私は育児のため自由になる時間もほとんどなく、唯一お風呂に入っている時だけがほっと一息つける時間でした。
そんな生活をしているわけですから、ストレス溜りますよね。
そういう時に思い出すのは、やはり河村さんのことでした。

(彼ともう一度エッチがしたい・・・)と。

そして今年の7月。
彼と再び関係を持ちました。
我慢しきれなくなった私は、仕事中の彼をあれこれ適当な理由をつけて家に呼び出したのです・・・。

“ピンポーン”

ドアを開けると笑顔の彼がいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「忙しいのにわざわざごめんね・・・」

彼を中へ入れます。
彼が玄関に入ったとこで、私はドアの鍵をかけました。
賃貸マンションの玄関って狭いですよね。
人が一人立ったらいっぱいいっぱい・・・。
私はあたかも、“狭い玄関”を口実にしたかのように、わざと彼に少しだけ触れるような格好で鍵をかけたのです。
彼はそんな私の策略を知ってか知らずか、私を抱き締めようとしました。
でもそれにすぐ応じてしまうのは、私の気持ちを見透かされているようで嫌だったので、私は彼からすり抜け、「で、さっき言った用件なんだけど・・・」と彼をリビングへ導きました。

彼とのやり取りは15~20分くらいだったでしょうか・・・。
その間、また彼から何らかのアクションがあるかと期待していましたが、彼は何もせず用件が済んだところで「じゃ・・・」と玄関へ向かいました。
先ほど拒んだだけに、私から彼に抱きつくことも恥ずかしくて出来ず・・・。

(どうしよう・・・河村さん帰ってしまう・・・せっかく呼び出したのに意味ないじゃん・・・)

そう思いながら彼の背中をただ眺めながら後ろをトボトボついて行きました。
と、玄関まで来た次の瞬間、彼が突然振り返って、私は抱きすくめられたのです・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「子どもが泣いたら、すぐに行っていいから・・・」

そう言いながら、彼は服の上から私の乳房を揉みました。
そしてゆっくりと、唇と唇が静かに重なり合うくらいの軽いキス・・・。
それがだんだん激しくなって彼の舌がじわじわと私の中へ入っていき、舌と舌がねっとりと絡み合うディープキスへ・・・。

「んっっ」

小さな声が私の口から漏れました。
でも玄関でこんなこと続けたら、声が外の廊下に聞こえちゃいますよね。

「あっちの部屋に行かない?」

別室へ彼を連れて行きました。

「ちょっと痩せたよね・・・?」

彼が私の体を触りながら聞いてきます。

「うん、実は出産後、体重がイマイチ元に戻らなくて、ダイエットしたんだ・・・そしたら妊娠前よりも痩せちゃった・・・」


「前より綺麗になったね」

そう言いながら彼は私の背中に手を入れてブラの留め具を外し、服をたくし上げ、両手で乳房を鷲掴みにしました。

「痩せてもおっぱいは大きいね」

じっとおっぱいを見つめ、そして乳首を口に含み、舌で転がすように舐め回します。

「あっ、ん、あっ、駄目・・・」

もうそれだけで私のおまんこはしっとりと濡れているのが分かります。
わたしのおっぱいを舐めながら彼は、ベルトを緩めズボンを下ろします。

「パンツの上から触って」

彼のを手で触ると、パンツを履いてても既に硬く勃起しているのが分かりました。
彼のモノは、今まで私が経験した他の誰よりも一番大きく、以前に関係を持っていた時も、激しくした時には私は出血してしまうくらいでした。
私はそんな彼のモノに手を当て、(これから、ずっと欲しかった河村さんのおちんちんに貫かれるんだ・・・)と嬉しくてたまりませんでした。
パンツ越しに一通り彼のモノを触ったところで、彼はパンツを下ろしました。


(やっぱり大きい・・・)

約1年7ヶ月ぶりに見た彼のおちんちんは前と変らず立派でした。

「舐めて・・・」

彼が言います。
でも私はそれを頑なに拒みました。
彼は部類の女好き。
私と一度終わった後も、他の女と必ず遊んでいるはず。
絶対奥さんだけで満足なわけがない。
この人には今、女がいる・・・。
それはもう女の直感です。
もともと独占欲が強くプライドの高い私は、彼の(奥さんは別として)その他大勢の女の中の一人だなんて嫌なんです。

「他に女いるでしょ?その人に舐めてもらったら?」

わざと冷たく彼を突き放しました。
以前の経験から、彼が私にフェラチオされるのが一番好きだと知っていたので、敢えてそれをしませんでした。


彼が私にまたフェラチオされたいなら、今度は彼から連絡が来るはず。
他の女とは切ってくれるはず。

そう信じたかったのかもしれません。

フェラチオされるのを諦めた彼は、私の茂みに手をやり、秘部を丁寧に指でなぞり始めました。
そして彼の指はねっとりと湿った私のおまんこにゆっくりと入っていきます。
グチョグチョっと自分でも思ってもみない程のいやらしい音が部屋に響きました。

「わぁ、すごい音、聞こえる?」

「うん・・・」

「あぁ、んん、はぁん・・・」

「こんなに濡れて、もう欲しいの?」

「うん」

「じゃ、入れるよ・・・」

彼はゆっくりと指を抜いたと同時に、私のおまんこに彼のモノをあてがいます。
そして一瞬彼が力を入れ、次の瞬間、正常位で私は彼に貫かれました。

「あっあっあっあっ・・・あん・・・あ、んん・・・」

彼の熱いモノがぐいぐい私の中へ入ってきます。
彼は狂ったように激しく腰を振り、私はただ彼に身を任せています。
彼の体と私の体がぶつかり合う音、いやらしい愛液の音、そして私の喘ぎ声・・・。
もう私の頭の中は真っ白です。
夢中で彼にしがみつきました。
彼は次に私を四つん這いにさせ、今度はバックから挿入・・・。

「あん、あん、あん、いい、すごくいいよぅ・・・あん、あっ、あっ・・・」

「俺もすごくいい・・・ああ・・・」

「うん・・・気持ちいい・・・あぅ・・・」

私たちはお互い吐息交じりの声で話しました。
そして一旦体を離し、今度は騎乗位で・・・。
彼の上に跨った私は腰を激しくグラインドします。
彼も下から私を突き上げます。

「あん、あん、あん・・・」

喘ぐ私の顔と上下に揺れる乳房を、彼はじっと見つめています。
時折視線が絡み合うと、不敵な笑みを浮かべる彼・・・。

「あぁ、気持ちいい・・・。河村さんのおちんちん・・・大好きだよぉ・・・」

彼の上で、私は乱れました。
彼は体を起こし、私の乳房を鷲掴みにして何度も舐め回します。
私は彼にぎゅっとしがみつきました。
するとそれに応えるかのように私を抱く彼の腕にも力が入り、繋がったまま一瞬の静寂・・・。

「ねぇ、駅弁して・・・」

前に一度だけ彼にしてもらったことがあるのですが、体格のいい彼がいとも簡単に私を持ち上げてくれて、それが初めての経験だった私はすごくびっくりしたのと、そしてとても気持ちよかったことを鮮明に覚えていました。

それ以降も、私は内心は駅弁をして欲しかったのですが、(やっぱ、重たいよね・・・)とか思ったりして、恥ずかしくて一度もおねだりが出来ずにいたのです。

でも今回は、少し痩せたこともあってか、なぜだか不思議と彼に素直におねだりすることができたのです。
私が上になって彼の太腿に跨っている状態から、彼は手を私の膝裏に回し、やはりいとも簡単に私を持ち上げてくれました。
彼はとても優しい目をして静かに笑って私を見ていました。
私も、恥ずかしかったけど彼を見つめ、手を彼の首に回してぎゅっとしがみつきました。
彼が腰を振る度に、私の体も揺れ動きます。

「あっあっあっあっ、あん・・・あぁん、はぁん・・・」

「気持ちいいの?」

「・・・うん、ありがと・・・」

そして最後は再び正常位に戻ってのエッチ・・・。

「お前の顔見ながらセックスするの大好き」

そう言いながら彼は自分の唾液を垂らし、私はそれを飲み込みます。

(彼の唾液飲むのも、久しぶりだなー)

そんなことを考えていました。

「イっていい?」

「うん・・・」

再び彼は腰を振り始め、程なくして「はぁ・・・」と私の胸に顔を埋めました・・・。
彼は私に優しくキスをして、体を離しました。

「何か仕事中に長居をしてしまった(笑)」

「あはは・・・」

「また来ていい・・・?」

「・・・うん」

「じゃ、また連絡するよ」

そう言って彼は私の家を後にしました。

あれから5ヶ月。
以前関係を持っていた時ほど逢えないけど、今も彼とは続いています。
彼と再び始まって2ヶ月後くらいかな、どうしても私にフェラチオをされたかったのか、いつも自分からは決して他の女の話などしない彼が「女とは切った」と言ってきました・・・。
私にとって彼とのエッチは、子育て中のため色んなことを我慢している今の生活や、夜の夫婦生活がうまくいっていない主人との関係におけるストレスのはけ口であり、精神安定剤です。
しかし、今の家庭を壊す気はないけど、河村さんのことを好きという感情も、ちょっぴりあるのも事実です。
でもその気持ちは、私のことをただのセフレとしか見ていない彼には決して言うことが出来ません。
気持ちを伝えれば、重たいことが嫌いな彼は、もうこうやって私に逢いに来てくれないのは分かっているから・・・。
そして子どもも、もう少しすれば分別がつくようになってくるから、彼との関係も、そう長くは続かないことも分かっています。
いつか終わってしまうのは明らかな関係。

その時、私は平静を保てるだろうか・・・。

そんなことを考えると、胸がきゅっと締めつけられる思いがして苦しいです。
でも今はまだ、彼を失いたくはないのです・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 彼との駅弁が忘れられなくて

一方的な彼女の別れ話に頭にきて何発も中出し
画像はイメージです

しばらく前の話、遠距離恋愛の彼女とつまらないことで喧嘩をした。
今まではそれでも会って話をして愛し合ってしまえばそれで収まっていたのに、今回は「別れる」と言い出した。


じゃ、最後に会ってそれでさよならをしようという事になり、一人暮らしの彼女のアパートへ。
元々彼女とはいずれ結婚をするつもりでいたため、その矢先に一方的な話では納得が出来ないのは当然だ。
何を言っても別れるの一点張り。
ラチがあかない。
面倒だから、「最後に一回抱かせろ」という事になり、しぶしぶ彼女も承諾した。

ベッドで服を脱がせると、まるでマグロ。
自分が手を出すことだけで何もしない。
しかし長年付き合っているので、彼女のポイントは承知済み。
一気に攻めあげた。
イカないようにこらえてはいるが、そうはさせない。
難なくイッてしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


次は本番。
いつもはここであらかじめ“殺精子剤(ネオサンプーン錠)”を入れるのだが、今日は最後。
入れるフリして実は入れてない。
ましてや今日は思い切り危険日。
そうとは知らない彼女は、いつも通り生身の自分を受け入れる。
一回じゃつまらないからと思い、一度、わからないように中で射精。
加減をしたせいか、まだ硬さは維持してる。
何も知らない彼女は、まだイッていないと思い、早くイカせようと膣を締める。
また射精感がこみ上げてきた。
今度は思い切り奥で大量に発射。

そこでようやく彼女が異変に気づいた。
いつもなら薬が入っていると、途中から中が熱く感じ始める。
こちらももちろんそれは感じる。
それがないと言い出し、「薬は?」と気づかれてしまった。
でも、すでに彼女の中は新鮮な子種が満タンだ。

すぐに、「シャワーに行く」と言い出したが、それは阻止。
繋がったまま彼女を押さえつける。
しばらくすると泣きながら諦めたようだ。
こちらもまた復活の兆しがあったので、さらにもう一回・・・。
またもう一回と合計四回分の子種を彼女のお腹に充填させた。

さすがにここで一度離れたが、もうシーツはおねしょでもしたかのように大きな水溜りができていて、俺の精液と彼女の愛液の混合物が溜まっていた。
彼女が体を動かすたびに、膣からドロドロと溢れ出てくる。

「もし出来ていたら絶対産むから認知して」と言ってきたが、別れを切り出したのは彼女の方。
悔しいからその後、もう二回中に搾り出してやった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

それから一ヶ月後・・・。
金輪際連絡をしないと言った彼女から突然の電話。
案の定、月の使者が来ない・・・と。

「別れた後で他の男に抱かれていても判らないから責任は取れない」と言うと彼女は泣き始めた。

認知されなきゃ完全に私生児。
彼女の家系は非常に厳しい家柄。
そんなことは絶対許されない。
しかも彼女の家は宗教上の問題で中絶は認められないらしい。

またそれから数日後・・・、彼女が家に来た。
別れる話はなかったことにして結婚して欲しいと・・・。
色仕掛けで、ここでも二回ほど抜き取られたが、こっちも勝手に別れを突きつけられた手前、もう少し様子を見ることにした。
そしてまた翌月・・・、やはり彼女は色仕掛けで二回分を抜き取り、結婚の交渉に。

(さて、どうしようか?)

当然、互いの両親は何も知るわけも無く・・・。
どうせバレるならと、ダメ元で彼女に交渉。
彼女の父親の会社で、それなりのポストと収入を約束してくれるなら考えてもいいと言ってやった。

またまた数日後、今度は彼女は両親と一緒に家に来た。
両親は、要求は何でも飲むから一緒になってやって欲しいと。
先に両親を帰し、彼女と話をすると、またいきなり服を脱がされて彼女の方から襲い掛かってきた。
そこでまた二回・・・三回・・・四回。
空になるまで生で抜き続ける彼女。

結局、彼女とはそのまま結婚し、会社では部長級の肩書きがついた。
給料も人並み以上。
さらに彼女の父親は、マンションまで買ってくれたのだ。
なんという神対応だろう。
さらに数ヶ月後、なんと今度はベンツのEクラスまで買ってくれた。
絵に描いたような逆玉だった。

そして今、二人目の子作りに専念しております。
彼女、別れた後の中出しが相当気持ちよかったのか、避妊はなし。
彼女曰く、子宮に直接精液がかかるのが最高に気持ちよかったらしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 一方的な彼女の別れ話に頭にきて何発も中出し

泥酔したGカップの後輩と外階段の踊場で
画像はイメージです

あ、ネタって言うか実話です、ちなみに5年ほど前です。

暑い夏の夜でした。
友人Aと飲みに行こうという事になり、近所のバーへ。



時間的にはAM1時頃。
いい感じで飲んでいるとお店のドアが開き女2人が入ってきました。
一人は身長160cmくらいのちょいポチャなカワイイ系の子。
もう一人に目をやるとどこかで見た事あるような・・・。

(あ!!!)

その子は高校時代の後輩でM美、あだ名は『不二子ちゃん』w
身長165cm程でスタイル抜群の巨乳チャン。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

カワイイというよりも綺麗系。
学生時代に1度M美に告白されたのですが、その時自分には彼女が居たので丁重にお断りしたのです。
その不二子ちゃんが目をトロンとさせ、泥酔まであと5分みたいな表情でこちらに近づいてきました。

M美「あ、T先輩じゃないっすかー、久しぶりですぅ」

俺「あ、M美!いや久しぶりだなー」

久しぶりの再会なのでハグしました。
巨乳を確認。

(やべー、すごいデカイw)

友人のCちゃんと友人Aとで4人で飲むことになったのですが、女二人とも居酒屋でかなり飲んでいたようで、あんまり呂律回ってません。

Aとアイコンタクト。
二人は心の中で親指立ててました。

昔以上に綺麗になって色気倍増したM美を見ていたら、かなりムラムラきてしまい、理性のリミッターも外れかかっています。
ブラウスの胸のあたりがパンパンで、黒っぽいブラのレース部分がチラチラ見えてしまい、もう限界まで来たところ。

M美「トイレいってくるよー」

5分近く経ったのですがM美戻ってきません。
友人AとCちゃんを見てみると、すでに手なんか握り合っていい感じになってます。

A「T、見に行ってこいよ(こっちは任せておけ)」

俺「わかった、ちょっと様子見てくる(Aよ、ありがとう)」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

友情って大事ですねw

トイレに行ってみると洗面台の所でM美がうなだれていました。

俺「M美、大丈夫か?」

M美「酔っ払ったよ~、ねーT先輩・・・」

俺「ん?どうした?」

M美「ちょっと来て」

手を引っ張られてトイレの中へ・・・。
洋式便器のところへ手を引かれ、ドアを閉めると、いきなりM美が舌を絡ませてきて・・・。

M美「相変わらずいい男だな~、T先輩・・・しようよ」

俺「・・・マジっすか?」

・・・と言いつつも胸揉んでる俺w

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

M美すでに目がイッっちゃってます。
俺もリミッターを超えてピリオドの向こうを見たくなってきましたw
ピタっとフィットしているTシャツを捲り上げ、黒レースのブラの上から乳首をコリコリ・・・。

(ビンビンだよぉぉぉ!!)

M美「はうぅぅぅ・・・」

口から首筋、耳と舌を這わせて巨乳ゾーンへ向かうと・・・。

M美「あぁぁん・・・熱いし狭い~、どこか移動しようよぉ」

俺「そうだな、出ようか」

トイレを出るとすでに友人AとCちゃんは消えてました。
友人Aに電話したら・・・。

A「あー今ラブホ着いたところ、そっちも頑張れよw」

ありがとうA、あんた輝いてるよ。


タクシー頼んだのですが一杯で、来るのは30分以上かかると言われ、とりあえず勘定を済ませ、俺とM美は外へ出ました。
店を出た二人、時間はAM2時近くを回ってます。
・・・タクシー捕まりません。
M美にキスしながらこりゃまいったなぁと考えていると。

M美「Tせんぱ~~い、我慢できないよ」

俺「俺も限界、はやくエッチしたいよ・・・」

あたりを眺め・・・俺決めましたよ。
バーが入ってるビルの横、外階段に広めの踊り場・・・。
だって夏なんだもんw

M美の手を引き階段を登ります。
6Fほど登った所の踊り場に到着し、M美を抱き寄せます。

俺「M美、ここでいい?」

M美「Tせんぱ・・・ここです・・・あぁぁ~」


Tシャツを捲り上げ、ブラのホックも外しました。

(おお!で、でかい!!)

俺「おっきいなぁ、M美のおっぱい」

M美「はぁぁ・・・Gカップだよぉ~」

ありがとう神様、俺は今奇跡を目の当りにしてるよ。
大きいオッパイなのに乳輪はさほど大きくなく乳首も小さめ。
片方の乳首を舌先でペロペロ舐めて、もう片方の乳首をコリコリ。

M美「あぁ!うぅ~ん、気持ちいぃぃ」

指をオッパイから脇、背中と回し、お尻へと移動させミニスカの中へ・・・。
Tバックの脇が大洪水でした。

俺「M美すごい感じてる?もうビチョビチョじゃん」

M美「もう・・・恥ずかしいよぉ」

パンツの上から中指でアソコをなぞってましたがあまりにグッショリしてきたので、Tバックを脱がしクリ周辺を人差し指と中指で擦って上げます。

M美「あぅ~なんかもうイキそうなんだけどぉ」

俺「イッていいよ」

M美に踊り場の手すりを持たせ、後ろからアソコを2本の指で掻き回したり出し入れしたり、時折クリを舌で刺激。

M美「T先輩、熱い!熱いよお~、あああ!!!!」

ダム決壊しちゃったよーw
踊り場におしっこしちゃったような水溜りが・・・。

俺「すごいよM美、気持ちよかったんだねえ」

M美「こんな場所で恥ずかしい・・・T先輩もすごいよ~」

恥ずかしがってる割にはこのシチュエーションに萌えてるみたい。


M美「T先輩のも舐めたい・・・」

すでにM美の手は我が相棒を単パンの上から弄っております。

俺「好きにしていいよ」

単パン、トランクスを一気に脱がし、M美は俺の相棒を頬張ったり、カリを舌先でチロチロと舐めたり、キンタマをペロペロと好き放題やらかしますw

俺「ヤヴァイ・・・気持ちよすぎるよ」

M美「入れて、T先輩の早く入れたい」

神様ありがとう、俺幸せだよ。
俺が仰向けになり騎乗位で合体。
中はヌルヌルキツキツ。
温もりを感じ、ヌッチャヌッチャといやらしい音とM美の喘ぎ声がビルの谷間にこだまします。

俺「すげー気持ちいいよ、ヌルヌルだよ~」

M美「あぁぁぁん!あぁぁぁ!!」

(M美・・・声でかいよ、ここ外・・・w)

ひざ立て騎乗位の物凄いピストン攻撃は止まることを知りません。
ちょっとイきそうになった俺は体勢を変えるべくM美に手すりを握らせ、立ちバックで突きまくります。
出し入れする度に糸引きまくり。

M美「ああああああ!!!イクゥゥゥゥ!!」

俺「もう俺もイキそうだよハァハァ」

M美「奥、奥がぁぁ、いいのぉぉぉぉ!!」

高い所から雄叫び状態ですよ。
我慢できず、お尻にぶっ掛けました。
結局このあとヤり足りなくなって、タクシー待ってラブホで2回しました。

タクシーで移動中、二人ともノーパン。
若気の至りですw

俺のお持ち帰り話(?)は以上です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 泥酔したGカップの後輩と外階段の踊場で

友人のエッチを覗いた2年後、その彼女とエッチした
画像はイメージです

大学時代の話なんだけど・・・。
一人暮らししてる友人(男)に、「今から行っていい?」って電話したら、「悪い、彼女来るから無理だわ」って言われて、しばらくしてから(ってことは!)と気付いた。


友人(22歳)と彼女(19歳)とは、俺の彼女も入れてみんなで遊んだりする仲だった。
で、友人のアパートは一階の角部屋。
ヤッてる時の声くらいは聞けるだろう、と行ってみた。

行ってみて部屋の雰囲気を窺うと、ちょうど晩御飯を食べてるところ。
季節は秋口で、台所の小窓が開いていて焼きそばの匂いがしてた。
部屋の方にまわると、窓は網戸にレースカーテンで丸見え。
逆に物音で見つからないか不安になったので、しばし退散。
離れた場所から様子を探ってた。
アパートは少し古いタイプで、開いていれば、台所の小窓、風呂の小窓、ドアポスト、部屋の二ヶ所の窓から覗けそうだった。

一時間ちょっとしてから、給湯器の音がして風呂の準備が始まった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

残念ながら風呂の小窓は閉まってたけど、ポストからは脱ぐところが見えそうだった。

「◯◯くん、先入る?」「入るわ」みたいな会話のあと、友人がポストの前に来た。

彼女は背中合わせで食器を洗ってる。
友人、服を脱ぐ。
俺より小さい包茎ちんぽ登場。
でもやつの彼女は俺の彼女より可愛い・・・。

しばらくして友人が風呂の中から、「入る?」と聞いたけど、彼女は「後でいい」と答えて部屋の片付けとかしてた。

部屋の方へ静かに移動して、ぼんやり彼女の様子とか見てたら、友人が全裸で出てきた。

「もう!パンツくらい穿いてよ(笑)」とか言いながら、彼女も入浴の準備。

ドアの方へ行くと、風呂の小窓が開いてる!
でも、とりあえずポストから。

小柄な彼女の下着はシンプルなピンク。
シャツの上からも透けないブラ。
胸は想像よりかなり小さかったけど、陰毛は範囲も広く濃い目。
ギャップに興奮した。
残念ながら小窓はすぐに閉められたけど、風呂上がりはじっくり観察できた。
特にお尻をドアに向けて体を拭いた時には、一瞬アソコも尻の穴も見えた。
裸に白いパンツとTシャツだけで部屋に戻ってからは、スキンケアしたり髪を乾かしたりで小一時間。
ここまでで約三時間。

部屋の方に潜んでいたら、彼女がいきなり窓際へ。
ちょっとビビったけど、カーテンレールに洗濯物を干しだしただけだった。
それから窓を閉めてベッドへ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

もう一方の窓はカーテンがかかっているし、ポストからベッドは死角。
台所の小窓からはベッドの半分(頭側)が見えるので、そちらに移動。

見ると、キスをしてるとこだった。
距離はあるけど、舌を絡めて濃厚なキスをしてるのがわかる。

友人が彼女の耳や首筋に舌を這わせると、「んっ」「はっ」って声が聞こえた。

ただ、台所からは上半身しか見えない。
服を脱いでもギリギリ胸が見えるくらい。
そこで一か八か、元いた窓に行き、少しずつ開けることに。
洗濯物がかかっているので、うまくやれば大丈夫と判断した。
・・・というか、我慢できなかった(笑)

開けている間も、部屋からは喘ぎ声が聞こえてくる。
友人の舐める音に混じって、「あぁっ」「んんっ」「や!ダメッ」みたいな。
2センチほど窓を開けて覗くと、友人はクンニの真っ最中。
彼女は顔をこちらに向けて真っ赤になってた。
それから、フェラ。
咥えてゆっくり上下するだけだったけど、友人は何回も彼女の名前を囁いて、髪を撫でてた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ものの1~2分でフェラは終了。
俺はフェラ好きで、当時付き合っていた彼女は30分くらいしてくれたから若干物足りなかったけど、いよいよ挿入。

はじめは正常位。
がっしり抱き合って、すごい勢いでガンガン突いてる。
彼女は鼻から抜けるような小さめの声で、「んっ、んふっ、ふぅん」と喘ぐ。
友人たちのセックスを見るのはもちろん初めてだったから、膝は震えるし、心臓は痛いくらいだし、触ればすぐに発射しそうなくらいだった。

ベッドでは対面座位。
友人が下から突き上げながらキスを繰り返す。
ほっぺたを赤くした彼女は、目を閉じて感じてる。
すぐに正常位に戻ると友人が、「◯◯っ、気持ちいい?イクよ、イクよ、あっ」とフィニッシュ。
全体でも30分ないくらいの短いセックス。

ゴムを外して、おざなりなキスをして、友人はシャワー。
彼女はベッドに座ってアソコをティッシュで拭く。
この時、窓に向かってM字開脚した形になったから、濃い目の陰毛に縁取りされた鮮やかな色の濡れたアソコをじっくり見られた。
彼女はシャワーを浴びずに、そのまま電気を消して・・・覗きも終了。

それからは半年くらい、彼女が来てると聞いたら雪の日も覗きに出掛けた。
半年も経つと、友人の単調なエッチに、覗いてるこちらが飽きてきた(笑)

実はそれから2年くらい経って、友人の彼女とセックスする機会に恵まれた。

「胸が小さいから恥ずかしい」とか言ってたけど、すでに知ってた(笑)

ヘアもきちんと処理していて、アレ?って思ったりもした。
その時の彼女は、まだ経験人数が二人で、開発途上。
友人とは違うことをしようと、入念なクンニとフェラの指導。
まったり長いセックスをしてみた。

「初めてイッたみたいな感じになった。いつもこんなに長いことするの?」って聞かれた。

ちなみに、実際に彼女としたセックスよりも、初めて覗いた時のほうが興奮したかも。

以上、山陰の某田舎大学時代の話。
猫系の小柄な女の子でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 友人のエッチを覗いた2年後、その彼女とエッチした

待っていた痛み
画像はイメージです

数ヶ月前・・・。

「これで、乳首いじめて・・・」

枕元のポーチの中にある細い鎖の付いた洗濯バサミを初めて彼に見せる。
私も彼も心臓のドキドキがわかる。

嫌われるかもと思って、なかなか言えずにいた。

『エッチな所に痛くて酷い拷問をされる』

SMという言葉すら知らない中学時代からそんなことを考えながら自分を癒していた日々。
小学校時代の養父からの暴力体験がそうさせるのか・・・自分自身でも判らない。

でも・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

『酷いことをされたい』

抑えようもない感情が行き先のない泉のように湧き出てくる。

高校の頃に女友達と見た雑誌。
女性が全裸で、しかも胸が絞られるように根元から縛られて鬱血している。
心の中に稲妻が走る。

「SM・・・」

(いつか自分も・・・。)

この数ヶ月は、いつ、言いだそうか迷っていた。

「痛いのに、いいの・・・」

「私の大事なところ、ねじって、引っ張って・・・滅茶苦茶にして」

彼に思いの丈を話した。
知らず知らずのうちに私は泣いていた。
そして、彼の眼にも涙・・・。
乳首がいやらしく伸びる。

“パチン!”

初めて彼にしてもらった洗濯ばさみが音を立てて外れる。
乳首の薄皮が剥けて、軽く出血する。
でも、構わない。
思いが一つ叶った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そして、今、ポーチの洗濯バサミ達は私の股間にあることが多い。
異常に興奮すると自分から「踏んで、蹴って」と自分でせがんでしまう。
足を開いてバンザイの恰好で床に仰向けに寝かせられる。
両手首は一緒にひもで縛り、近くにあるベッドの脚に括りつけられている。
両足はフリーの状態で固定はされない。
そして、股間全体を靴を履いた彼の大きな足で嬲られる。

最初は、軽く踏み付ける程度。
徐々に力が入って、踏み付けられ、踵で煙草を消すように滅茶苦茶に嬲られる。
求めていた酷いこと。
30分も続けられると陰唇が腫れてくるのが分かる。

最後につま先で蹴りが入る。
堪らず両足を閉じてしまう。
けど、すぐに自分自身で開く。
再び蹴りが入る。
10数回繰り返す。

「もっと、もっと、強くして欲しい。もっと蹴って・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

酷いことをされているのに、一生懸命それに耐えている自分に興奮する。

彼が言うには、「眼は美しいほどに潤み、唇は何か物欲しそうに憂いをためている」らしい。

机の椅子の背もたれが体の前に来る様に脚を開いて座らされる。
座面と背もたれの間の隙間から、細い鎖の付いた洗濯バサミを、腫れあがった大陰唇の左右に2個ずつ付けられる。
腫れて少しブヨブヨになり、はみ出し気味の小陰唇にも左右1個ずつ。
腫れてフードが捲れなくなったクリトリスにも1個。
あまりの苦痛に、呻きながら必死に耐える。
脚は椅子の背もたれを両端で支えている2本の支柱に邪魔されて閉じることができない。

彼が、ゆっくりと、一つ一つの鎖を引いていく。
大陰唇の洗濯バサミは皮膚を伸ばし、やがて、弾けて外れる。
外れた後の皮膚が更に無残に腫れあがる。
腫れてブヨブヨになっている小陰唇は、無残に引き伸ばされる。
やがて限界がきて、私のくぐもった悲鳴と共に弾けとれる。

「クリトリスの洗濯バサミは、意外にも簡単に弾けとれる・・・」

後から彼に聞いた。

この頃には意識が飛んでいて、あまり記憶に残らない。
ただ、後から鏡で視るとフードは赤黒く内出血している。

小休止の後、椅子に全裸で座らされる。
両腕は体の後ろで背もたれと共に縛られ、両足も開いている。

彼に『Wクリップ』と、『プライヤー』なるペンチのようなものを見せられる。

「どうして欲しい?」

彼が聞く。

「それで、おっぱい、いじめて。乳首摘んでねじって引っ張って。壊れてもいいの・・・」

口に、丸めた自分の下着が押し込まれる。

「望み通りしてやるよ」

彼は呟くと、Wクリップを右の乳首の中ほどに挟む。
苦痛に口が歪む。

彼はそのクリップを軽く引っ張って、乳首を芯にして右に左に捻る。
そう言うと彼は、Wクリップに単一乾電池3個を紐で結いてぶら下げた。
彼は、私の前に姿見を持ってきた。
乳首が無残にだらしなく下に伸びているのが判る。

「右の乳首、伸ばそうね。左の乳首を虐め終わるまでこのままでいてね」

彼が一言いう。
私は歯を食いしばりながら、頷くしかなかった。

今度はプライヤーで私の左の乳首を挟む。
左右の乳首の余りの痛さに目に涙が浮ぶ。
でも、必死に耐える。
そして、必死に自分の無残な胸を見る。
待っていたこの痛み。
この耐える感覚。

これがいいの・・・。

彼は、乳首を挟んだままプライヤーをゆっくり回す。
乳首から乳輪、乳房に向って肉の皺ができる。
挟んだ乳首と乳房は1回転と1/4で限界になる。
そこから、ゆっくりと引っ張られる。
ねじられたまま伸びる乳首、乳輪、そして乳房。
もう、痛みのため、正視できない。
歯を食いしばり声にならない声をあげることしかできない。

「ぇぐーーー」

股間が熱くなるとともに、意識が遠のいていく。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 待っていた痛み

よしえ先生の緊急家庭訪問
画像はイメージです

中学の時、家が貧乏だったので、朝と夕方の新聞配達してました。

中学生は朝刊と夕刊のアルバイトは禁止らしく、別々の販売店でバイトしてたんですが、当然授業中は眠い日もあり、ある日国語の時間に寝てしまいました。
国語の先生は、赴任して2年目の川村よしえ先生で、僕らの担任も受け持ち、若く綺麗で長い黒髪のおかげもあったようで生徒の間では大人気でした。

寝てしまった国語の時間は5時間目ということもあり、放課後職員室に来るよう言われ、下校前によしえ先生の所に行きお説教されてしまいました。
説教のあと、先生の授業の進め方に問題があるのか?と落ち込んでしまったので、バイトの事を正直に言ってしまって、一応家庭の事情と言うことで学校には内緒にしていてもらえることになりました。

その週の土曜日、共働きで誰もいない自分の家で、昼ご飯を食べて先輩からもらったアコースティックギターで練習してると、呼び鈴が鳴り、玄関に行くとよしえ先生が立っていました。
俺のバイトの事もあり、緊急の家庭訪問することにしたそうですが、なにぶん両親とも仕事してて夜にならないと帰ってきません。
すぐ帰ると思ったんですが、俺の普段の生活も見たいと言うことで、俺の部屋に案内しました。

部屋でバイトの事や成績の事について話して、俺のバイト代の使い道を訪ねられ、1月3万ほどのバイト代はすべて親に渡して自分の小遣いは月3千円ほどで、トランペットが欲しかった俺はそのうちの2000円を貯金してるって、自慢げに先生に話したのを覚えてます。
その時に、先生にお茶も出してない!と思い、慌てて麦茶を用意して自分の部屋に持って行き、ふすまを開けようとしたときに自分の股間にこぼしてしまいました。
よしえ先生は、慌てて俺の机に母親が乗せていた洗濯したタオルを見つけると、俺の股間を拭いてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

自分の股間を、こぼしたお茶を拭いてるって言っても刺激はあるわけで・・・だんだんと大きくなって行くのを感じて戸惑っていると、先生も気がついたのか慌てて手を離し、ごめんねと言いながらタオルを俺に渡して俯いていました。

俺はどきどきしながら、とりあえずお茶を先生に渡そうとお盆に手を伸ばしたときに、先生もお茶を飲もうと伸ばした手とふれ合ってしまい、ちょっと恥ずかしくなってしまい二人とも無言になってしまいました。
美人で人気の先生ですが、当然俺もそのファンの一人で、幾分緊張しながら二人でいたんですけど、このとき父親からもらったばかりのカメラが目に入りどうしても先生の写真が欲しくなり、先生に一緒に写って欲しいとお願いして、ふすまの前で二人で立って写るようにセルフタイマーをセットし、先生の隣に立ちました。
その時にまた、俺の左手と先生の右手が触れあって、びっくりしたのは先生が俺の手を握ってきた事です。

びっくりした顔で先生の方を向いた時にシャッターが切れてしまい、「ちゃんとカメラの方見てないとね^^」と言いながらもう一枚撮る準備をしてくれました。

写真を撮り終わって、でもずっと先生は手を握っていてくれて、俺はなんでか泣いてしまいました。

「なんで泣いてるの?」

俺は先生が好きな事を思わず告白してしまって、よけい辛くなってしまいました。
先生は、俺の顔をのぞいて見て、ティッシュで目のあたりを拭いてくれて突然唇にキスしてきました。
そのまま方に手を乗せて俺を畳の上に座らせると、「内緒にできる?誰かに知られると先生やめなきゃいけなくなるからね」そう言いながら俺のズボンに手をかけ、パンツと一緒に脱がされてしまいました。
呆然としていると、ちらっと俺の目をみて、俺のチンポを口に含みました。
一応、エロ本など友達で回し読みしたりしてたんで、知識はあったものの、突然の出来事になにが起こってるのか分からなかったんですが、先生の口の気持ちよさにあっという間に射精してしまいました。

チンポから口を離すと、麦茶に手を伸ばして一口飲み、自分のスカートからパンツを脱ぎ俺の上にまたがって来ました。
後ろから手を伸ばし、チンポを押さえると、だんだんとチンポが熱い感触に包まれて行きました。
俺は無言でその光景を見ていると、よしえ先生が俺の頭を抱くようにして「ホントに内緒だよ」と言いながら体を上下に動かして行きます。
部屋に先生の匂いが充満してくるころに、俺は先生の中で射精してしまいました。

よしえ先生はそのまましばらく動かないでいたんですが、俺がまた元気になってくるとまた動かして来ます。
今度は体をおこして、腰を前後左右に動かし、いつもの声とは違う声で軽くあえいでいました。
俺は不思議な光景を見ているようで、じっと先生の顔や腰の動きを見ているとまた射精感がおそってきて、「また出ます!」と先生に言うと、よしえ先生は俺にしがみついてきてキスしてきました。
その瞬間に、先生の中に2度目の射精をしてしまいました。

しばらくそのまま、二人ともじっと動かずにいましたが、5時の時計の音で先生はゆっくり起きあがり、ティッシュを何枚か取ると自分の股間を押さえていました。
俺は下半身をだしたままぼーっとしていると、先生がティッシュでチンポを拭いてくれてズボンを履きました。

5分くらい無言でいましたが、「トイレかりるね」と先生が立ち上がり、ふたたび俺の部屋に戻ると、「学生の頃付き合ってた彼氏がこの間他の人と結婚するといって別れてしまって、あなたとどことなく似ていたのよ」と言いました。
まだ子供だった俺は、そいつの代わりだったんだとも思わずに「先生を振るなんて!」と息巻いていました。
麦茶を一口飲み、よしえ先生は帰るねと立ち上がり、「今日の事は絶対内緒だよ」と、少し後悔でもしてるような声で言うと玄関に向かいました。

先生が帰る間際に、「写真できたら渡します」って言うと、「楽しみにしてるね!」と言いながら手を振ってくれました。

その後は月に1度か2度ずつ、卒業してからも何度か先生のアパートで関係を持ちました。
ある時に、「先生結婚するからこれで最後ね」と言われ、先生のアパートで朝まで犯されて終わりになりました。

それから数日後に、そのアパートは引き払われて、どこへ行ったのかも分かりません。

へたくそな文章ですいませんー

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! よしえ先生の緊急家庭訪問

酔っ払って俺のアパートに転がり込んできた姉
画像はイメージです

去年のクリスマスに、姉が僕が一人暮らししているアパートに来た。
三十路の独身女子会をわざわざクリスマスにして、終電無くなって帰れなかったので家に転がり込んできたのだ。
まあ、三十路すぎでクリスマスに予定のない僕も僕だけど。


部屋に来た時には結構酔っ払ってた姉が、「酒出せ!」と騒ぎ始めたので仕方なく冷蔵庫にあったビールを出すが、足りなそうだったのでコンビニに走り、酒と摘みを買って帰ると僕の部屋着に着替えてテレビを見ながら飲んでいました。

「あんたこういうのが趣味なの?趣味悪いわね~だから彼女出来ないのよ!」

と、レコーダーに入ってたSM系エロDVDを勝手に再生していた。

「なに見てんだよ!」と言い、慌てて停止ボタンを連打して止めた。

「いいじゃん、これぐらい」と言われたけど、いいわけない!恥ずかしいし。

姉「今度さ~、お姉ちゃんの友達紹介してあげようか?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


僕「遠慮しておきます」

姉「姉ちゃんの友達可愛いよ~」

僕「今、誰かと付き合おうって考えてないから」

なんて会話をしながら、そこそこの時間になったので寝ることになった。

僕「僕、床で寝るからベッド使っていいよ」

姉「寒いじゃん、いいよ姉弟なんだし一緒に寝ればいいじゃん、ベッド大きいし」

僕「え~いやだよ」

姉「何照れてるの?変なの」

そう言われたので、多少の下心を持ちつつ、一緒のベッドで寝ることにした。
先に僕がベッドに入り、後から姉がトイレに行ってから入ってきた。

姉「うわー寒い!」

そう言いながらベッドに入ってくると僕の腕にしがみついてきた。
ちょっとぽっちゃり気味の姉のオッパイを腕に押し付けられ、不覚にも僕の下半身は反応してしまったのだが、それに気がつかれてはまずいと腕を振り払い姉に背を向けると・・・。

姉「なに恥ずかしがってるのよ!姉弟なんだし姉をもっと敬いなさいよ!」

・・・と、訳のわからないことをほざいて背中に抱きついてきた。

姉のオッパイが背中に当たる、背中に神経が集中してしまう・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そんな状況でなかなか眠れなかったのだが、姉の寝息が聞こえてきたので姉を仰向けし改めて寝に入るが、姉が時折あげる「う、う~ん」という呻き声が気になってなかなか寝付けない。

姉の方に向き、ちょっと姉にいたずらをしてみることに。
だって、姉貴だって女には変わりない!それにもう1年近く日照ってるし、ムラムラする気持ちが抑えられなかった。
と言ってもやっぱり姉なのでソフトに服の上からノーブラのおっぱいを触ってみる。
ぽっちゃり気味だし、姉のおっぱいは大きい!
ソフトにまさぐるとすぐに乳首の場所がわかり、服の上から爪を立ててカリカリと触ってみるとまた「う、う~ん」と。
ちょっと焦って触るのをやめ・・・なんて事を繰り返していたが、いよいよ我慢ができなくなり、僕はスウェットとパンツをおろし、姉の手を取りペニスを握らせる。
が、すぐ離れてしまうのだが、乳首を触り始めると自分からペニスを握ってきた。
勢い余ってキスをするが反応はない。

調子に乗ってパンツの中に手を入れると、「そこはダメだよ、姉弟なんだから」と窘められるが、お構いなしに手を滑り込ませ、陰部に達するとそこは濡れていた。
が、姉が腕を持ち、パンツから僕の腕を引き抜いた。

姉「なにやってんのあんた!姉弟でそんなことしないよ!」

かなり強い口調で怒られたけど、姉の手は僕のペニスを握ったまま、「もう、我慢できないんだったらお姉ちゃんが手で出してあげるから」と言いながら僕のペニスをしごき始めた。
さすがにここまで来てしまうと勃起はしているものの射精できる気がしなかったので、「ごめん、もう何もしないから寝よ」と言って姉の手を除け自分のズボンを上げた。

実は、(この後、姉の方から・・・)と期待したのですが、全くその気配もなく姉は高いびきでした。

なのでまた、今度は起きないようにそっとパンツを下ろし、姉を仰向けに。
まだ濡れているのを確認して、起きないうちに挿入。
すぐに目を覚まして暴れたけど、今度はがっちりホールドしていて外れない。
すぐにいき、全部中に出してしまい、(やべっ)と思ったけど、ずっと腰を振り続けたのが良かったのか、姉も酔っ払ってた為かイッたことに気付かず、ペニスも勃起したままだったのでそのまま二回戦に。
その頃には姉も大人しくなっていたので拘束も解いて普通にしていた。

射精しそうになり腰を速めると、「中だけはダメ」と言って再び暴れてペニスは外れ、陰部に射精した。

ゴメンと謝って陰部の精子を拭こうとすると、ドクドクと一発目が出てきたので、拭き取らずに姉のパンツを穿かせた。
中出しの件はバレなかったけど、当然めっちゃ怒られた。

それから程なくして、「新年会があるからまた泊まるから」と電話が。

次も!と期待したものの、泊まる前日に荷物が届いた。
何かと思ったら寝袋・・・。

(これに僕が寝ろと?)と思ったら、ベッドの上で姉がそれに入って寝るということ。

理由は僕に悪戯されないようにだそうです・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 酔っ払って俺のアパートに転がり込んできた姉

超イケメンの外国人俳優に抱かれた夢のような時間
私は女子大生の時に短期留学したんですが、その時に通っていた語学学校にすごく格好いい白人男性がいました。 芸能人で言うと生田斗真似です。 その人は俳優やモデルをやっていてる海外の芸能人。 爽やかで学校でも人気で、私にとって […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 超イケメンの外国人俳優に抱かれた夢のような時間

彼氏持ちの女の子とオールからのラブホでエッチ
バイト先の新年会で飲みに行った帰りのこと。 俺とタメで22歳のAが、酔っちゃって酔っちゃって・・・。 比較的酔ってなかった俺が車で送ることになったんだけど、その途中でAが、「もう1軒行こうよ。今日はオールってことで」なん […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 彼氏持ちの女の子とオールからのラブホでエッチ

一回り以上も年下の新卒の部下に中出し
彼女は大学を卒業し、研修を終了して私の部門へ配属されてきました。 ロングヘアーが似合う美人な今時の女性です。 何事もなく2、3ヶ月が経った頃でしょうか、彼女が担当する業務で小さなトラブルがあり、終業時刻も過ぎていましたが […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 一回り以上も年下の新卒の部下に中出し

専門学生の妹がセフレになった日のこと
俺:25歳、会社員、実家から通勤している。 妹:22歳、専門学生、同じく実家暮らしで通学している。 まだ暑さが残るとある週末のこと、俺は風呂でサッパリとし、浴室のドアを開けて脱衣所兼洗面所に出た時だった。 ちょうど同じタ […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 専門学生の妹がセフレになった日のこと

2回とも早かったけどまぁまぁ満足できました
相手:男、23歳、学生、独身、彼女なし。 写メはジャニーズ系の可愛らしい顔だった。 1日1回くらいのペースでメール。 写メがなかなか格好良かったので私も写りのいい写メを送っておく。 でも変な人が来た時のことを想像して、シ […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 2回とも早かったけどまぁまぁ満足できました

兄嫁の美しい横顔
GWに実家に帰った時に兄嫁とセックスしちゃいました。 今日はその馴れ初めを投稿しようと思います。 親父の3回忌になるので家族全員で帰省しようと思ったのですが、子供達は部活動で忙しいので、家には嫁と子供達を残し、1人で帰省 […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 兄嫁の美しい横顔

妻と浮気相手のセックスを見ながら5回も射精した
昨日の夜、極寒の中、ベランダとクローゼットから妻と浮気相手のセックスを見た。 あまりの興奮に今日は仕事にならない。 先月の12日、28歳の妻の携帯から妻の浮気が発覚。 少し前からおかしいとは感じていたが、携帯ロックナンバ […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 妻と浮気相手のセックスを見ながら5回も射精した

妻とセフレが寝ている部屋を行ったり来たり
画像はイメージです

金曜日に会社の有志と遅くまで飲み、終電がなくなってしまった同僚の真美を家に泊めることにしました。
真美には、私たち夫婦の寝室の隣の部屋に寝てもらうことにし、床の準備をしている間、妻は風呂に入っていました。


以前から真美とはセフレの関係で、何度も体の関係を持っています。
この日も私は真美と一発やる気で満々でした。

私は真美に「なあ、今のうちにセックスしようぜ」と誘いました。

真美「ダメよ奥さんがいるのに。バレちゃうじゃない」

私「あいつ、風呂はかなり長いんだ。大丈夫だよ」

真美を布団の上に押し倒すと、ニットを捲り上げ、おっぱいを丸出しにしてしゃぶりつきました。

真美「いやっ。感じちゃうじゃない。最近セックスしてないから、すぐにイッちゃいそう」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私「いいよ。いっぱい感じさせてやる」

真美のおっぱいを思う存分吸い舐めすると、パンティを脱がし、おまんこを舐めました。

真美「ああんっ。気持ちいいっ」

私「びしょびしょだな。今すぐ入れてやる」

私は硬くなったちんぽを速攻で真美のおまんこの奥深くへ突き刺しました。

真美「ああっ」

私「気持ちいいか?」

真美「うん最高っ。もうイキそうになっちゃった」

私「いいぞ。いくらでもイカせてやる」

私は少し速めのピストンでズコズゴとおまんこを突いてやりました。

真美「ああっ!」

真美は、あっという間に昇天しました。
ちんぽを抜くと真美のおまんこから精子が出てきました。
それを見て、もう一発したくなりましたが、そろそろ妻が風呂から出る頃だと思い我慢しました。
セックス疲れか、真美はスースーと寝息を立てて寝てしまいました。

その後、寝室へ行き横になっていると妻がベッドに入ってきました。
私はちんぽが疼き、妻のパジャマを捲りあげて乳首に吸い付きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


妻「もうっ。だめよ。隣に真美さんがいるのよ」

私「いいじゃないか、もう寝てるよ」

妻「だめっ。恥ずかしいじゃない」

私「いいだろう。セックスしようよ」

妻「だめだってばー」

抵抗しつつも好き者の妻のおまんこはびしょびしょで、私たちはシックスナインを楽しみました。
妻は、「もうだめっ」と言うと私の上に馬乗りになり、腰を落としてちんぽをハメてきました。

妻「ああっいいっ。奥までおちんちん当たる」

私「おまんこ、気持ちいいか?」

妻「いいっ、すごくいいっ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そう言って妻は腰を振り始めました。

私「いいぞっ。締まってきた。そろそろイキそうだ」

その時、ふと気配を感じてドアの方を見ると、薄っすら開いたドアから、真美が私たちのセックスを覗き込んでいたのです。
私はますます興奮し、「いいぞっ。おまんこがちんぽ締め付けてくる」と、わざと卑猥なことを口にしました。
何も知らない妻は、「いやっ、恥ずかしい。イキそうなの。イク時は正常位がいいっ!」と言ったので、私は妻を下にし、片足を持ち上げ思い切り深く挿入し、真美にも見えるようにしてやりました。

妻「あああああんっ」

私「いやらしいおまんこが丸見えだ」

妻「やめて、もうだめっ、イクっ」

妻は足を震わせ、イッてしまいました。

私「先にイッたな。俺もイクぞ。どこに出して欲しい?」

妻「下のお口」

私「下のお口っていうのは、まんこか?」

妻「そうよ。おまんこよ。おまんこの奥の方にたくさんたくさんザーメンをかけて欲しいの」

私「お前は本当に中出しが好きだな」

妻「だって気持ちいいんだもの。子宮口に白いの、うんとうんとかけて」

私「よし。おまんこに精子をたくさんかけてやろう、イクぞっ。うっ」

私は2回目というのにたくさんのザーメンを膣内に放出しました。
中出しした後、妻のおまんこを広げてみると、おまんこから精子が流れ落ちてきます。

私「おい、おまんこからザーメンが出てきてるぞ。いやらしいな。もう一発やらせろよ」

私は、硬さをまだ保っているちんぽを妻のおまんこに突っ込みました。

妻「ああんっ。気持ちいいっ」

私「いいだろう。これはすぐ出るな。もう出していいか?」


私は妻のおっぱいを吸いながら本日3回目の射精を妻の膣内でしました。

妻「ああっ。熱いザーメンがおまんこに入ってる・・・」

妻は放心状態で呟くとイッてしまいました。
その後、妻はセックス疲れで寝てしまい、私は隣の真美の部屋に行きました。
真美は案の定、眠れないようで悶々としているようでした。

私「真美、俺たちのセックス覗いてただろ?」

真美「だって、いやらしいアノ時の声がすごく聞こえてくるんだもの。私が寝ている隣の部屋でエッチするなんてひどい」

私「ごめん。ごめん。さっき真美を抱いたあと不完全燃焼でさ、もう一発ヤリたくなったんだよ」

真美「二発でしょ。二発も奥さんとおまんこしたんでしょ」

私「まあね」

真美「私ともしてよ。私だってさっき一回おまんこして、まだ満足してないんだから」


私「そうだったな。可愛がってやるよ」

私は真美を丸裸にすると、おっぱいを吸い舐めしクリを弄り、クンニをしてフェラチオもさせたあと、真美の好きなバックで突っ込みました。

真美「ああんっ、ポルチオに当たるっ」

私「ダンナとは最近おまんこしてるのか?」

真美「2週間前に」

私「2週間もしてないのか。じゃあしたくて仕方なかっただろ?」

真美「そうよ。ちんこ入れて欲しくてたまらなかったの」

私「気持ちいいか?」

真美「気持ちいい。おまんこがすごく気持ちいいの。ああっああっ。おまんこもっといじめて」

私「こうかっ。イカせまくってやる」


真美「ああっ」

私「真美は名器だな」

真美「ああっ。おまんこ気持ちいいっ」

私「出るぞっ。子宮口にかけてやるっ」

私はザーメンを真美の膣内にたっぷりと注ぎ込みました。
そのあと真美のアソコを拭いてやると、真美は眠そうだったので、そのまま寝かせ、私は妻の寝ている寝室に戻りました。

翌日、タクシーを呼び、真美をタクシーに乗せたあと、私は少し疲れが出たのでベッドで横になっていました。
ウトウトしていると突然、下半身裸の妻が私の顔に乗ってきました。
仕方がないので舐め回してやると妻は腰を動かし・・・。

妻「ああん。昨日の罰よ。あなた昨日、真美さんとセックスしたでしょ!」

私「してないよ」

妻「嘘!」

私「嘘じゃないよ」

妻「じゃあ、あれは夢だったのかしら。隣の部屋であなたが真美さんをバックで犯しているのを見たのよ」

私「夢だな、きっと。欲求不満か?」

妻「あなた、真美さんにも中出ししたでしょ?」

私「俺はお前以外の女とセックスなんかしないよ」

真美「嘘つき。まあいいわ」

妻はTシャツを脱いでノーブラのFカップ乳を顔に押し付けてきたので、吸ってやりました。

妻「ああっ、気持ちいい。乳輪から強く吸って」

私は両手で乳房を鷲掴みしながら強く吸ってやりました。

妻「気持ちいい。あなたが真美さんを抱いてるかと思うと余計に興奮しちゃう」

妻はそう言いながら自分でおまんこを広げ、「ここも舐めて」と言いました。
私はクリトリスを中心にクンニをしてやりました。

妻「ああっイクっ、イクっ」

妻は前戯で軽くイッてしまいました。

妻「あなたのちんこも舐めたいわ」

そう言うと年季の入ったテクでフェラチオを始めました。

私「うっ。そんなにしゃぶられたら出ちゃうよ。おまんこに入れてもいいか?」

妻「いいわよ。後ろから挿れて!」

私は一気にちんぽを突っ込むと、妻のお尻を掴み、激しく腰を振りました。

妻「ああっ、ああっ、イクっイクわっ」


私「いいぞっ、一緒にいこう。久しぶりに顔面にかけてもいいか?」

妻「だめよ。イク時は中出しがいいの。おまんこに出して」

私はまたもやおまんこの奥の方にザーメンを放出しました。

妻「ねえ、もう一回できるでしょ?今度は正常位で」

妻はそう言ってちんこをしゃぶり始めました。

私「うおうっ。くすぐったいな」

妻「勃ったわよ。まあまあ硬いわ。挿れて」

私は正常位で挿入しました。

妻「ああっ、やっぱり気持ちいい。入っているところ見せて」

私「こうか?」

妻「あんっ。なんていやらしいの。赤黒いおまんこの中におちんちんがはち切れそうに入ってる」

私「相当お前もスケベだな」

妻「あなたがそういう体にしたのよ。私とセックスばっかりしたがるから」

私「そうだったな、ああ、いいよ、おまんこにちんこが入っているの見ると興奮するな。もう出そうだ、イクぞっ!」

私は妻の返事も待たずにおまんこにザーメンをかけました。
妻もイッたようでした。
さすがに昨日から何度もセックスをしたため、ちんぽが痛いです。
同時に、自分の性欲にも驚いています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 妻とセフレが寝ている部屋を行ったり来たり

人妻になった女友達が車の中でフェラ抜きしてくれた
大学時代の女友達のかおりに会う約束をした。 かおりは大学があったところが地元で、私は地方に住んでいたが、出張でその地に行くことになった。 互いに結婚しているので当たり前だが、互いの配偶者には内緒で会った。 久しぶりに会っ […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 人妻になった女友達が車の中でフェラ抜きしてくれた

気持ち良さそうな恍惚の表情
画像はイメージです

もう時効と思うので書きます。
高校の時、同じ学校に遠い親戚のバツイチ独身の40代半ばの女教師がいました。
妖怪人間ベラに似ていて、性格もきつく生徒からもあまり好かれていない先生でした。
ブサイクなのにいつもパンティーライン丸出しのピチピチのタイトスカートを穿いていて、ちょとエロいなあという感じでしたが、やはり顔は妖怪人間ベラでした。


2年の時運悪く、くじ引きでその女教師が担当する委員会の一部に配属されてしまいました。
学校の広報を編集する係りでした。
その為事あるごとに何か行事(総体等)があると取材みたいな感じでその女教師と一緒に行かなければならなくなり、その時は放課後その女教師の車に同乗して出かけていました。
総体等の開会式の時は授業を休んで行く時も有ったので、そのときはラッキーでしたが・・。

車の中では、最初は息の詰まる思いでキツかったでしたが、回を重ねる事に色々な話もする様になり、音楽の趣味も同じ(ハードロック好き)だったので、段々とリラックスして話をする様になりました。
するとそのうち女教師はスケベは話もするようになり、こっちはちょっと困ってました。
そのときはその女教師とはヤリたいなんて全く思っていませんでしたから!

「若いんだから、オナニーするんでしょ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「エッチな本見ながらしてるの?」

とか毎回そんな内容の事を聞いてきました。

そして3年になった時、各高校の広報部の親睦会みたいな集まりが有ったとき、会終了後、そのまま車で家の近くまで送ってくれるんだと思っていると、女教師は「ちょっと寄りたい所がある」と言い、家と反対の市営球場の駐車場に入り、またエッチな話をしてきました。

しばらくして女教師は、いきなりチンポを触り始めました。
自分は全然勃起していなかったのですが、すると女教師は、スカートを捲ってパンティーを見せ、僕の手をオッパイに持って行き揉むように強要しました!
流石にそのときは勃起してしまい、その後女教師に射精するまで手コキされました。
それからは事あるごとに、その場所で女教師にパンティーを見せながら手コキされました。
その後フェラまでする様になり、パンティー1枚になって僕の上に乗って素股したり、1度射精しても「アナタ若いんだからまだドピュッと出るでしょ?」と言われ2~3回射精させられていました。
でもその頃からは、こちらも楽しんでいましたが!

本番挿入までする様になり、結局はその女教師で童貞卒業しました。

当時まだ童貞だった身分にとって、本番挿入はなかなか勇気が入りましたと思います。
手コキされてるとき女教師のパンスト越しのパンティーの上からはアソコは触っていました。

女教師に「若いんだから毎日オナニーしてるんでしょ?」と聞かれてた時、女教師も「先生もするのよ」と言っていました。
枕に跨ってアソコを擦りつけ腰を振って気持ち良くなってると言ってました。

車の中である程度、僕のチンポを弄って楽しんだ後、パンストを脱いで上に跨りパンティーは穿いたまま生のチンポにアソコを擦り付けて腰を振っていました。
かなり気持ち良さそうな恍惚の表情でした。
それをされて自分もドピュッと逝ったことがあります。

女教師はそれをしている時「入れればもっと気持ちイイんじゃない?」と言ってましたが、当時入れた事等無い自分はその言葉に固まっていました。

初挿入は女教師が予告なくパンティーを脱いで素股した時、強制的に挿入まで持っていかれたのが最初だったと思います。
ちなみに初フェラは3回目でしてくれました。
それも予告なく手コキしてたら咥えてきた感じです。
フェラ中玉をよく触っていました。
射精が近いのが玉の状態で分かるようです。

当時は最初の頃は、こんな事してていいのか?と真剣に悩んだりしました。
バレれば終わりだし、何より恥ずかしいですしでも女教師にクドかれてそのままズルズルと・・・。
我に返ったときは、頭が真っ白になりました。

でも車の中でスカートを捲り上げてパンティーを見せられると、勃ってしまってました。
前記のとおり学校では、性行為はしていませんでしたが、委員会のときとかに女教師と目が合うと恥ずかしいと言うか気まずいというか、そんな感じでした。
意識しないようにしようとしても、動揺してしまいます。
で、女教師のヒップが学校内でやたら気になってしまい、ついつい目が行ってしまってました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 気持ち良さそうな恍惚の表情

水泳部の先輩とおうちで水着エッチ
これは俺が中学生2年の時。 俺は水泳部だった。 最初は下手くそでカナヅチだったけど、2年の頃はブロックで優勝して、ちょっとした有名人になってた。 それでC先輩と仲良くなった。 で、ある日、2人で練習することになった。 仲 […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 水泳部の先輩とおうちで水着エッチ

妹、バスタオルのままだったの?
画像はイメージです

中学の頃の夏の暑い日、俺は友人にノートをかりっぱなしだった事を思い出し家まで返しに行ったことがあった。
俺は自転車通学、やつは徒歩通学。
帰りがけにちょろっと返せばすむと思ったんだ。
で、家まで行って、ピンポンを押した。

ぴんぽーんそしたら奥から「はーい、おかえりー」という若い女の声がして、玄関の鍵をがちゃがちゃと開け始めた。
俺はびっくりした。
なぜなら、やつの家はすりガラスが全面にはまっている和風の引き戸で中が薄っすら見えるんだがどうみても鍵を開けている女はバスタオル一枚だったからだ。


鍵を開け終わった女はそのままパタパタと奥へひっこんで行った。
俺はどうしたらいいのかわからず、そのまま戸の前にたたずんでいた。
開けたらまずいと思ったんだ。
セミの鳴き声がする中、数十秒だろうか・・・そのまま立ち尽くしていると、「?あけたよー?」という声とともに女が戻ってきて・・・戸を開けた。
ガラガラ・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「!」

案の定、バスタオル一枚の少女だった。
シャワーを浴びていた最中だったんだろうか、ほんのり石鹸の香りが。
ビックリして目を見開いて固まっている。
かなり可愛い。
というか美少女だ。

俺もまさかとは思ったが本当にバスタオル一枚のしかも可愛い少女だったのでうっかり見つめたまま固まってしまった。
数秒そのままだったんだが、我にかえった俺はわずかに残った理性で横を向いて目を背けることに成功。
すると少女はハッとしたようにバタバタバタ・・・!と廊下の奥の見えないところまで走って行った。
俺はみゆきという漫画を読んだ時に「バスタオル一枚で玄関にでてくる女いるわけねえ」とつっこみを入れていた事を思い出していた。

本当にあるとは思わなかった。
そのまま数十秒・・・。
俺は置くから友人がでてきてくれるのを大人しく待った。
しかし廊下の奥からおびえたように顔だけ出して「・・・あの・・・?」と震える声で尋ねたのはさっきの少女。
・・・まだ友人は帰ってないのか。

この少女一人・・・?
学生服を着てたから玄関越しに友人と間違えてあけたのか。
なんて無防備な。
セミの鳴き声とむせるような夏の空気の中半裸の美少女と一つ屋根の下二人っきり(俺は玄関先で戸が開いたままだけど)という事実に改めて気がつきちょっと下半身がヤバイ状況に。

このままつったっていても仕方が無い、もうちょっとあの少女の濡れたおびえる顔を見ていたいとも思ったが「あ、あの、◯◯君にこのノートかえしといてください」と慌ててノートを鞄から出して置き、急いで戸を閉めた。
急いで鍵を閉めにくるかと思ったがそのまま奥で固まっているらしい。
俺の影がガラス越しにみえるからこないのかも。
そのまま自転車のところまで戻ると友人が帰ってきた。

「よお。どうした」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


何をのんきに。
お前いつもあんな状況でくらしてるのか。
すげー羨ましいぞ。
でもまだ中学生だった俺。
そういう事を口に出すのは冗談でもマズイとなぜか思い

「ノート返しにきた。玄関のとこにおいておいたから」

「妹まだ帰ってなかった?わざわざごめんな。さんきゅ」

「・・・いや、どういたしましてお兄さま!」

友人の肩をぐっと掴んでそれだけ言うと自転車をマッハでこいで家に帰り処理をした。
友人の妹が可愛いらしいという噂は聞いていたが、あれは可愛いと言うレベルじゃないだろ。
今でいうあややレベルだ。
翌日学校に行くと友人が声を掛けてきた。

「妹バスタオルのままだったの?悪かったね、変なもんみせて」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

こいつマジで羨ましい。

「・・・妹なんか言ってた?」

「なんかお兄様って言われたって妹に言ったら『ばっかじゃないの?!』って言ってたから頭はたいといた」

数日後、教室移動の時に奴の妹とすれ違った。
あれ?と思った。
名札がなかったら気づかないところだった。
妹は分厚い眼鏡をかけて髪を後ろでひっつめて校則通りにキチンと眉毛の上で前髪をそろえていた。
今時こんな校則まもってるやついない。
かなり真面目な性格なんだろう。

美少女台無し。
道理で「可愛いらしい」どまりの評価なわけだ。
目が相当悪いらしく瓶底眼鏡で、そのためか妹は俺には全く気づかなかった。
ちょっと安心した。
いや、残念かも。
その後、夏休みになってその友人の家に遊びに行くことになった。
俺は超期待した。

妹の私服がみられる。

きっとノースリーブとか短パンとかに違いない。
ワクワクしながら友人の家に遊びに行くと「おう、あがれ~」と友人が出迎えてくれた。
家の中はシーンとしている。
妹はいないのか・・・。
がっくり。
友人がいれてくれたジュースを飲みながらちょっと話をしてお互いに持ち寄った漫画を読み始めたのでしばし沈黙が続いた。
セミの声だけが暑苦しく響きわたる。

部屋のドアは暑いので開け放してあり、俺はそのドアに対して横向きに胡坐をかいて座っていた。
目は漫画に向けられていた。
そのうち、ぺたぺたぺたという足音が聞こえてきて目の端を肌色の塊がふっと横切った。
!?
なんか、いままるごと肌色のものが廊下を・・・。
動揺したが廊下に背をむけていた友人は何も気づかなかった様子。
ドアを通り過ぎた肌色の塊は、直後にバタバタバタ・・・と慌てたように隣の部屋にかけこみ、シーンとした。

そして「・・・お兄ちゃん、お兄ちゃん・・・」とひそひそ兄を呼ぶ声が聞こえてきた。
友人は気づかずに漫画を読んでいる。


「お兄ちゃん、お兄ちゃーん・・・;;;」

ひそひそしながらもせっぱつまったように友人を呼ぶ声。
妹だ。

「・・・おい、呼んでる」と友人に教えると「ん?」とわけがわからず隣の部屋に行った。

すると「何やってんだおま・・・」ヒソヒソヒソ・・・。

驚いたような兄の声がしてヒソヒソと何かを話している。
俺はきになってきになって漫画どころじゃなかった。
そのうち、友人が隣の部屋を出て自分の部屋の前を通りどこかへいったと思ったらバスタオルを持って戻ってきた。
そして隣の部屋に入り、この部屋に戻ってきてドアを閉めた。
そして何事も無かったように漫画を読み始めた。
すると、ドアが閉まったのを確認すると同時に部屋の前をバタバタバタと大慌てで通り過ぎる足音。

ちょ、まさか素っ裸で目の前通ったって事ですか?!
バスタオルも無しに?!マジで?
何故俺はあの時顔をあげて見なかったんだ。
バカバカバカバカ!
ていうかこいつ、あの妹の裸見慣れてるって事か?!
超羨ましいーーーーーーーその後何事も無く普通に帰宅して処理をした。
帰宅してからもかなり興奮してた。

それから友人の家に行く機会もなく、数年後風の噂で友人の妹がミスキャンパスになったと聞いた。
大学生になってからキチンとお洒落をするようになってコンタクトにしたらモテモテですごいらしい。

今の妹の姿は知らないが、俺の知ってる妹は夏の青くさい香りと石鹸の香り汗ばんだ肌に水の珠がこぼれる肌と濡れた前髪が額にはりついて目の前で濡れた長い睫に縁取られた目を見開いて俺を見つめるあの13歳の少女なのだ。
今でも彼女はたまに俺の夜の友になっている。
どんなAVよりも抜ける俺は変なんだろうか。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 妹、バスタオルのままだったの?

中が気持ちよすぎて締められただけで発射しました
今回は俺が初めて中出しをした時のことを書こうと思います。 俺が16歳の頃、バイト先にアキさんという先輩がいました。 アキさんは19歳で、高卒後、社員として働いている人でした。 ぱっと見は派手で、どちらかというと飲み屋のお […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 中が気持ちよすぎて締められただけで発射しました