同じ職場の年上OLに抱いて欲しいとお願いされたら・・・
入社してもうすぐ1年、 私は池袋から大手町の商社へ丸の内線で通勤してる。 その通勤で営業部の美奈子と知り合う。 彼女は私より2歳年上の24歳。 大学時代に演劇部にいたので私と話が合い、 たまに一緒に食事をした。 私は学生 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 同じ職場の年上OLに抱いて欲しいとお願いされたら・・・

てっきり別れたんだと思ってて
画像はイメージです
私の中学の同級生の友人愛ちゃん(仮名)が高校時代から6年付き合ってる彼氏高志君(仮名)と結婚することになりました。
私はさっそくまた中学の同級生恵子(仮名)に連絡をしました。

所がおめでたいことなのに恵子はなんだか歯切れが悪いんですよ。
ちょっと突っ込んで聞いたところ、愛ちゃんから連絡が来たすぐ後にこれまた中学の同級生敏子(仮名)から連絡が入り、「そういえば中学のとき同級生だった愛ちゃんさあ、高志君と結婚するんだって。あんた高校で愛ちゃんと一緒だったんでしょ?」と言ったところ、敏子ははじめ「ウソ・・・」と絶句したそうです。


そしてパニック状態で叫びました。

「あたしそんな事聞いてないよお!何で何で何で!!何で高志と愛が!?
高校出てすぐ別れたじゃん!あたし高志と結婚の約束して、先月の10日に式場まで見に行ったんだよ!?ドレスだって選んだんだよ!?
高志がこのドレスいいんじゃない?って言うからあたしあのドレス選んだんだよ!?」

そこで電話が切れて、恵子はすぐ電話をかけましたが電源を切ったようで連絡が取れなかったそうです。
心配で敏子の家にかけつけたら、泣きはらした敏子が。
なんとか慰めて「馬鹿なことしちゃだめだよ?あたしは味方だから」と言い含めて帰ってきたのだそうです。


その時恵子は彼女から、プロポーズは遊園地に行った時観覧車の中で、とかその時に車での帰り道に聞いた歌を耳にするたびその時の感情が戻ってきて今でも胸がギュッとなる、とか親に挨拶に行った時、彼が敏子の親にいった言葉で初めて実感がわいてきて「一生この人とやってくんだ」と涙ながらに決意した、とか高志君が帰った後、普段は厳しい父が部屋に来て、涙を流しながら絞り出すような声で「幸せに・・幸せに・・」と言われ、涙ながらに頷くしかなかったという話を聞いたそうです。

私は愛ちゃんとは中学を出た後も付き合いがあったし、高志君とも何度も会ってます。
二人ともとてもおおらかで優しくて穏やかな人達。

私は「あの優しそうな高志君が・・・」と驚いてしまい、二人でそんな男なのであれば辛くても籍を入れる前に別れた方が愛ちゃんの為になる、という結論に達しました。
敏子は何と言うかお嬢様系でぱっと見、高田真由子(字忘れた。東大卒の人)のような雰囲気の控えめで料理上手な家庭的美人。

だからこそ「高志君が二股をかけた」と思い込んでしまいました。

「話があるの」と愛ちゃんに切り出したところ幸せいっぱいの愛ちゃんは驚いたような顔でしたが、「何?」と座りなおして聞いてくれました。
恵子が聞いた限りの事を話すと愛ちゃんは青くなり突然トイレに駆け込み吐きました。

多少落ち着いた後、放心状態の愛ちゃんが呟くように言ったことを要約すると、敏子と高志君が会ったのは自分が知る限り高校の時彼と付き合い始めのころ一度だけ。
愛ちゃんの友達3人(内一人が敏子)と、高志君の友達3人で合コンをしたときのみ。
その後敏子と名前は忘れたが高志君の友達が付き合い始めた。
彼らは半年後に別れたがそれ以来何だか話しづらくて付き合いがなくなった。

卒業してからの4年間は一度も会っていないし連絡もしていない。
その話で私達はキレました。
女の敵ですよね?

さっそく高志君を呼び出し、話をしました。
ですが高志君は誰のことを言われているのか分からないって言うんですよ。
その時はこういうスレがあるって事も知らなかったのでそんなイタい人(つまりサイコさん)なんて知りませんでした。

「男ってひどい・・んじゃ敏子呼んでもいい??」となかばキレ気味に言ったら「本当に敏子って誰だか分かんないんだよ。
呼んでもらっていい?」と高志君が言いました。

彼もかなりパニックです。
彼にとっては私達がかなり痛い人だったでしょうが、敏子にあそこまで具体的な話されて彼女のこと信じ込んでましたから・・。
敏子に電話をして、今こういう状態だって伝えたら声を殺して嗚咽を漏らし「私は高志を愛してるし、信じたいし、愛ちゃんがいる所で話をして、もし目の前で彼が私に嘘を付くのを聞いたら今度こそ私は死んでしまうかもしれない」と泣きました。
恵子はそれを聞きながらもらい泣き。

ですが話をしないことには進まないし、愛ちゃんにとっても敏子にとっても良くない、と説得し来てもらえることになりました。

待ち合わせの駐車場で気まずい雰囲気の中待っていると敏子がやってきました。
車を私達から離れたところに停めた後、降りてこないので私と恵子が行くとハンドルに顔をうずめて行けない・・と泣いていました。
駐車場に車を入れたとき手を繋いでいた愛ちゃんと高志君が目に入りめまいがして訳が分からなくなったとか。
実は高志君は敏子が来る前に「俺を信じてくれ!」と愛ちゃんを説得し愛ちゃんも彼を信じると言っていたんです。

高志君は愛ちゃんの手を握ったまま敏子の車の方にズンズンと歩いてきて「君は何者なんだ!高校生ん時あったらしいな!覚えてねえよ!何か俺らに恨みでもあるのか!?」と叫んだんです。

そしたら敏子は愕然とした表情。
それから10秒間くらい呆然としてました。
半開きになった口からよだれがつつー、と。

そして号泣。
そしてたががはずれたように


「◯日に遊園地言ったじゃないプロポーズしてくれたじゃない10日に△△(地元で有名な結婚式場)行ったじゃない12日に××(雑貨屋)いって新居で使おうって緑色のゴミ箱かったじゃん◯日にダイエーで安い扇風機あったから買おうかって言ったらアパートで使ってるのあるしいらないんじゃないって言ったじゃない◯日にナントカカントカ・・・」

とすごい早口で泣き叫びました。

私はそれを聞いて「もし自分が・・・」と思うとつい貰い泣き。
恵子も泣いてます。
しばしの沈黙のあと黙って聞いていた愛ちゃんがちょっと高志君と目を合わせ、敏子に言いました。

愛ちゃん「敏子・・10日と12日に彼と一緒にいたの?」

敏子「ごめんね、愛・・あたしてっきり別れたんだと思ってて・・。
ほんとに知らなかったの!傷つけるつもりなんてなかった!
でもでも・・・あたしは彼と別れるとかそんな事・・突然すぎて・・。
信じてたから・・わかんない・・今ほんと分かんない・・」

愛ちゃん「・・・敏子。
10日は私のお母さんの法事があった日なの。
二人で仏前で私達の結婚をお母さんに報告したの。
12日は朝から結婚後の新居に決めたアパートの契約しに二人で不動産屋に行ったの。

その足で新幹線乗って福島のおばあちゃんちに行ったの。
何十人も証人がいるし、見たければ契約書もあるよ?
切符の半券もとっておいてある。
記念だから。
今持ってるよ、これ」

そう言うと財布から半券を取り出しました。

敏子は

「もうやめてよ・・愛ちゃんがそんなこと言うなんてあたしも信じられないよ・・。聞いてられないよ・・」

このやり取りを着ていた私達はただただ呆然とするしかありませんでした。
高志君の方を見ると軽く頷き目で愛ちゃんが言ってることが正しいと伝えてきました。
敏子の言い分は「実際に起きたことが信じてもらえない、巧妙に周到に偽の証拠品までが用意してある、陥れられた」というもの。

パラノイアっていうんですか?
ドラマか小説にあるような状態になっているとか。
必死に「信じて欲しい!」って言われました。
無理です。

その後はもうバタバタしてていまいちよく覚えてないですが、私達は必死で高志君と愛ちゃんにあやまり、泣きじゃくりながら「信じられない・・」と呟く敏子に「あんたがね・・」と言い捨て放置して帰りました。

その後私達に何度か電話が来てましたが取りませんでした。
次にメールが来ましたが返してません。
内容はというと予想通り「私がおかしいと思ってるかもしれませんが信じてください」という感じです。

証拠があると言うので何かと思ったら一緒に買ったという緑のゴミ箱。
あとは式場をキャンセルしなくてはいけないがそうしたら彼との絆が切れるような気がするから出来ないとか。
予約したのかよ・・・。

高志君と愛ちゃんのご両親が敏子の家に抗議をした所、敏子のご両親はため息を付いて涙をながし床に頭を擦りつけて謝ってきたそうです。
こういうことは初めてではないそうです。

なんというか親が一番可哀想ですよね。

[紹介元] エロ地下 てっきり別れたんだと思ってて

海で同僚の奥さんとセックスしたったwwwwwww
夏休み、同僚と海に行った時のお話です。 私は着替えが遅くなり、 同期の奥さんの二人だけで 海の家の更衣室で水着に着替えることになったのです。 更衣室は2個しかなく、とても混んでいました。 ふと見ると板張りの個室ほどの大き […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 海で同僚の奥さんとセックスしたったwwwwwww

俺の妹のパンモロを堪能した友人の言葉
画像はイメージです
今から10年くらい前の話。
当時、俺は中3で妹は中1だった。

7月のある平日で、普通に学校もあったんだけど、とても風の強い日だった。

その日、先に妹が家を出て、ちょっと後から俺が家を出たんだ。
しばらく歩いていると、遠くの方に妹が歩いているのが見えて(背負ってる鞄で分かった)、よく見ると妹のすぐ後ろを同じクラスの友達らしき人物が歩いていた。
(野球部で坊主にしていたのと、肩から掛けていたスポーツバックがそいつのっぽかった)

この友達はよく俺とエロトークをしていた間柄で、かなりスケベな奴だった(俺もスケベだがww)。

当時クラスでは、親から子供のネットの使用を厳しく制限されていて(何か教師と保護者同士の話し合いで足並み揃えていたっぽい)、エロ本なんか買いに行けなかったし、仲間内ではみんな欲求不満気味だった。
でもそのエロ友達には社会人の兄貴がいて、そいつは兄貴から親に内緒でエロ本やAVを見せて貰っていた。
だから俺らの仲間内では最も性に関する知識が豊富だったし、同時に一番のスケベだった。
なんせ、女子を見る目がいつもいやらしく、下手に知識があるぶん、将来は官能小説家にでもなった方が良いんじゃないのか?って言いたくなるくらい妄想力が凄い奴だった。

で、話を戻すと、ある風の強い日の登校時間に通学路を歩いていると、だいぶ前の方にエロ友達、そのちょっと前にうちの妹が居たと。
俺のずっと後ろに男子生徒が2名いるだけで、偶々それ以外に人は居なかった。
そして友達が妹を追いこそうとちょうど並んだくらいに見えた時、突然物凄く大きな風がゴォッ!!と吹き上げた。
その瞬間、妹の制服の膝下よりも長いスカートが、バサァァッ!!と捲れ上がった。
ちょっと捲れたとかじゃない。

風は友達の側から強烈に吹いていたから、友達側のスカートがまるで強風で裏返った傘みたく盛大に、妹の顔の下半分を覆う程捲れ上がり、白いパンツが全開していた。

案の定、そのエロ友達はすぐ隣の妹のパンツをガン見していた。
あまりに突然の事で戸惑ったのか、小さい妹の体がよろめく程の風で目が開けられないのか、妹は片腕で顔を隠しながら少しの間フリーズしてしまっていた。
しかも風は少々長く、強烈に吹き続けていた為、その間エロ友達は剥き出しになった妹のパンツや下半身全体を、小腰を屈めながら舐める様にじっくり見ていた。
道幅はそんなに広くなかったし、妹のすぐ横を通過しようとしていた時だったから、友達はかなり近くから妹のパンツをじっくりと観察できたみたいだった。
(今日は風が強いって分かってたのに、妹は油断していたんだと思う。実際うちのクラスの女子達はスカートの下にジャージを折りたたみ、パンツ状にして履いていた)

ようやく風が弱まり、妹はスカートを手で押さえたが、時すでに遅く、妹は俺のエロ友達にパンモロを「ごちそうさま」された後だった。

妹はすぐ横にいた男に見られた事に気付くと、恥ずかしくなったのか、走っていってしまった。
妹がずっと向こうの民家の曲がり角を曲がり、見えなくなってから、俺も走って友達に追いつき、何も知らないふりをした。

友達は俺を見ると、嬉しそうな顔をしながら・・・。

「さっき、超ラッキーだったぜ。たぶん1年の女子だと思うけど、風でスカートが捲れてパンティがっつり見えてた。朝から良いモン見れてマジでラッキー」

友達はその子がまさか俺の妹だとは思ってもいない様だ。
(妹も男が俺の友達だとは知らない)

「お前ももう少し早く来れば見れたのに。残念だったな、マジで全部丸見え。凄かったぜ。顔真っ赤にして走って行って可愛かったなぁ・・・」

大体こんな事を言っていた。
しかもコイツ、股間を手で押さえていた。


「ヤベ、勃っちまった」

友達は妹のパンツを見て勃起していた。

実はこの時、俺も興奮していたが、俺は妹のパンツを見たから興奮していたのではなかった。
妹のパンツをクラスで一番エロい友達に見られた事に興奮していたのであり、この事は後日気付いた。
いくら兄貴からエロ本やAVを見せて貰っているとはいえ、所詮は画像や映像。
その友達はその時はまだ童貞だったし、『本物』は見た事はなかった(俺もだが)。
そいつには女兄弟は居なく、クラスの女子もガードが固く、リアルではパンチラ一つ期待できる環境ではなかった。
だからこそ、俺の妹のパンツを目と鼻の先の近さでじっくりと見れた事は、アイツにとってかなりの衝撃だったのだろう。

友達は妹の事がすっかり気に入ってしまったらしく、この日以降、俺とのエロトークでは妹の事を頻繁に口にするようになった。
友達は妹の下半身を、尻の大きさや形、パンツの皺に至るまでしっかり目に焼き付け、記憶していた。

「木綿地の純白パンティだったぜ。前の方に薄いピンクのリボンが付いていた」

俺はエロ友達が俺の妹の事を性欲の対象にしている事に激しく興奮していた。

この一件まで、俺は妹を異性として見た事なんかなかった。

小さい頃から一緒にいて、生意気で気も強く、髪もショートヘアだったし(中学の時はもうちょい長めのボブ)、どちらかと言えば男の子みたいだった。
当時は胸もペタンコで、色気なんか皆無だったし。

その妹が、俺の友達に、それもクラスで一番スケベでエロの塊みたいな奴に『女』として見られている事に激しく興奮していた。
同時に、うちの妹も『女』なんだと、男の性欲の対象に成り得る存在なんだと、このとき気付かされた。

「毎日、あの時の事で抜いてるよ」
「もう何回抜いたかわからない。精子が空っぽになるまであの子の事を考えながら抜いてるよ」
「あの小さくて丸い尻を両手でグニャグニャに揉んでやりたい」
「普通にまだ処女っぽかったし、嗚呼あの子と付き合いたいなぁ。初マンしてやって、AVでやってたあらゆるエロい事をあの子の体で試してみたい」

友達がそういった言葉を発する度に俺は興奮していた。

アイツの頭の中で、俺の妹はアイツにどんなエッチな事をされているんだろう?
アイツは頭の中で、一体何度俺の妹を犯したんだろう?

結局、その友達は、その子が俺の妹だと知る事もなく中学を卒業し、高校も別々になった。

実は俺は今頃になって、妹がJCやJKの時にもっと色々と悪戯しとけば良かったなぁ、と少し後悔している。
さらに、もしあの時友達に、“実はその子は俺の妹なんだ”って教えていたらどうなっていただろうか?
友達は定期的に、一年のクラスがある階を普通に通り抜ける振りをしながら、妹を探していた。

見つけた場合は、「今日あの子を見たよ。パンティは見れなかったけど」なんて言って喜んでいた。

教えてたら「頼む、紹介してくれ」みたいな流れになっていただろうか?
一緒に妹に悪戯とかしていたのかなぁ?
それともやっぱり何も無いだけだっただろうか?

この一件以来、俺は妹を異性として見る様になって、妹の女の顔(想像つかない!)を見たいと思うようになったが、近親相姦なんてする勇気はとてもないし、友達が妹と付き合える様に支援してやって、その見返りに友達が妹とエッチしてるところを覗き見させて貰うのも良かったかもなぁ、なんて考えています。
みなさんがこの友達の立場や、俺の立場だったらどうしますか?

ここまで読んでくれてどうもありがとう。

[紹介元] エロ地下 俺の妹のパンモロを堪能した友人の言葉

彼氏とハメ撮りしたエロ動画が流出しちゃった・・・・・・・・・・
処女喪失、初体験はアルバイト先の先輩でした 先輩に告白されて付き合うようになり 当時私は高2でした 初Hは、初めて男性にオマンコを見られ、 とても恥ずかしかったけれど、 「絵理子ちゃん、綺麗だよ・・・」 と言われて、恥ず […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 彼氏とハメ撮りしたエロ動画が流出しちゃった・・・・・・・・・・

歌も歌わずにズボンを下ろす俺
画像はイメージです
俺は毎朝通勤ラッシュの電車に乗ってるんだよね。
今朝の話なんだけど、いつも降りる大手町って駅は乗り換えの人も多いから乗客の半分くらいが一斉に降りるんだ。

俺の前に小柄なお姉さんが乗ってたんだけど、この人はまだ降りるつもりじゃなかったみたい。
でも人の流れでバックを持っていかれそうになっていた。
お姉さんはバックを持って行かれてなるものかとギュ~っと引っ張ると、スポって感じで抜けた・・・次の瞬間勢い余ったお姉さんの肘が、すぐ背後にいた俺の股間に直撃した!


俺は降りる駅だしちょうど一歩踏み出した瞬間カウンターで無防備な股間に鋭角的な一撃を喰らい、一瞬目の前に星が光った!
男ならこの痛みわかるだろ!?
言葉は出せないし、すぐに脂汗が出てくるのを感じた。

お姉さんも瞬間的に何があったのか理解したと思う、おそらく肘に生々しい感触もあったことだろう!

「ああ~大丈夫ですか!?」

慌てて声を掛けてくれるが、正直俺は声も出せない(>_<)

イヤ正確には「ヴぁい・・・」とかワケのわからない言葉は発してたかもしれないが、息は吐けても吸い込むことが出来ない!
俺はフラフラとホームに降りるとお姉さんも付いてくる。

「すいません、大丈夫ですか!?」

そう慌てた様子で聞いてくるお姉さんだが、正直静かにしててもらいたい。
多くの人に見られてるし、俺は飛び跳ねたり腰をトントンしたいんだ!
男ならわかるよな!?

なんなんだろうね?
お姉さんを無視して勝手に飛び跳ねたり腰をトントンすれば良かったんだけど、なぜかその時はそれをお姉さんに見られるのが恥ずかしい気がした・・・お姉さんに悪気が無いのはわかっていたし、心配させたく無い気持ちが働いたのかもしれない!?
腹部をグ~っと押さえ脂汗を流しながら痛みに耐えていた(>_<)

ようやく20%くらい回復してきたところで「もう大丈夫ですからどうぞ行って下さい」とゼ~ゼ~言いながらも伝えた。

正直とっとと消えて欲しかったんだが、お姉さんはその場を離れようとせず介抱しようとしている。
が場所が場所だけにどうしていいものかとオロオロしているだけだ。

俺は「会社に遅刻したら大変だからどうぞもう行って下さい」と強めの口調で伝えた。

するとお姉さんは「心配なのでせめて連絡先を教えてください」と言う。

俺が何度「大丈夫だから」と伝えてもその場を離れようとしないので面倒くさくなり俺の名刺を渡して消えてもらった。

やっとの思いで会社に着くが、どうしてもダメージが抜け切れず午前中は仕事が手に付かなかった。
昼休みになるちょっと前、俺の机の電話が鳴り受話器を取ると朝のお姉さんからだった!
「ぜひお詫びをしたいので仕事の後に時間を取れませんか?」と言うが、俺は別にそんなに気にしていなかったので丁重にお断りした。

すると今度は15時頃、再びお姉さんから電話があり「やっぱりせめてあってもう一度お詫びをさせてください」と言う。
これも断ったが再び17時頃にまた電話があったので、メンドクセ~と思いながらも渋々会う約束をした。

駅の地下街の喫茶店で待ち合わせをしていると、菓子折りを手にしたお姉さんがやってきた。

「そんな気にしなくていいよ」と言っても「せめて食事くらいご馳走させてください」と言う。
もうここまでくるとトコトン気の済むまで付き合ってやるかという心境になり、食事をご馳走になった。

ちょっとお酒も入ったし、お互いの仕事のことなんかも話したりした。
真面目そうな感じであまりルックスは良くない方・・・ブス一歩手前といった感じだな。
ただまあ若い女性と二人っきりでお酒を飲むというのは別にイヤな感じじゃない(^_^;)
年は俺の2コ下で彼氏はいないと言うことまで聞かされた。
しばらく下らない話もしていたが、そのうち俺の股間は大丈夫かという話になった。

「ちょっと腫れてるかもしれないけど、使い物にならないまでは行ってないと思うよw」

ちょっと冗談交じりに俺が言うと「じゃあ見せてもらえませんか?」と言い出した(・_・)エッ・・・?

俺はドキドキしながら「見せるだけじゃ終わらなくなっちゃうかもよw」と冗談っぽく言うとコクっと頷くお姉さん!

俺は一瞬のうちに頭の中を色んなことが飛び交った!
どこで見せるんだ?ホテルか?この辺にラブホなんて無いよな?
トイレか?ってどこのトイレだよ?レストランや地下街のトイレじゃ人の出入りが多すぎる!
物陰ってわけにもいかないよな?そもそもこの辺に人通りの少ないとこなんか無いし!

結局思いついたのがカラオケボックス!
さっそく二人で入って注文した飲み物が届くと、歌も歌わずにズボンを下ろす俺!
なんか異常に興奮していてモノは90%までおっきしていたw
彼女は一瞬だけタマを見たがすぐにサオの方を掴んできた!
ゆっくりとシゴかれるとすぐに100%までおっきした・・・がそうなるとタマの方に鈍痛が走る!

ダメだ!これ今日は使い物にならんわ!
明日になれば回復してると思われるが・・・。

[紹介元] エロ地下 歌も歌わずにズボンを下ろす俺

女装娘さんと雌イキさせる為にハッテン場にいったんですが・・・
ハッテン場として有名な映画館に行き 土曜の夜なので賑わっていると思ったけど中を覗くと 男の娘が一人だけ しかたなく その一人の方に近づいてお触りを始めようとすると、 私についてくるおっちゃんがいました。 気にせずに女装娘 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 女装娘さんと雌イキさせる為にハッテン場にいったんですが・・・

・・・せっかく勇気出して主人にも自分からしたことないキスをしたのに
画像はイメージです
もう5年ぐらい前の話ですが・・・。



嫁のA子は、大学時代のサークル仲間で、小柄で鈴木あみに似た顔立ちだった為、サークルのアイドル的な感じでした。



大学卒業前の飲み会で距離が近くなり、付き合いだして、そのままプロポーズして、就職してすぐに結婚。



当初はうまくいってたのですが、結婚してすぐぐらいから夜のほうを拒否されはじめて、セックスレスになりました。



まあ、付き合ってた頃から、A子はセックスがあまり好きではないと言ってましたし(処女ではなかったですが)、それもあってもともと回数もあまり多くなかったのもあったので俺もそれほど気にしてはいませんでした。



まだ二人とも若かったので子供もまだ先でいいと思ってました。



セックスレスになって2年過ぎたあたりの頃でした。



会社を出たら、30前後ぐらいのスーツ姿の女性が立っており、こっちを見て会釈しながら近づいてきました。



背も高く美人と言える顔立ちでスタイルも良かったんで、ちょっとどきどきしつつなんだろうと思っていると「Bの妻のC美と言います。俺さんにお話があって来ました」と言いました。



Bという名前に聞き覚えが無く、はぁと返事して、促されるままに近くの喫茶店に入りました。



「単刀直入に言いますと私の夫のBとあなたの奥様のA子さんは、不倫関係にあります」



「はぁ?」

最初は何を言われてるかさっぱりわかりませんでした、意味がわからないんですが・・と言おうとした瞬間にC美は、かばんからてきぱきと書類を出して机の上に広げました。



「やっぱりご存知なかったようですね。とりあえず、これを見てください」



俺は震える手で書類をつかみ、ざっと見ていきました。



どうも浮気調査の結果のようで何月何日何時に会って、とか細かい内容が書いてありました。



写真が貼り付けられてるのもあり、見知らぬ男と腕を組んでホテルへ入るところと出るところを撮影されてるのは、間違いなくA子でした。



C美は、知らなかったのなら驚かれるのも無理はありませんね、と告げて淡々と説明してくれました。



Bは、A子と高校時代の家庭教師だったこと。



二人の関係は、再会した2年前からということ。



週2回定期的に会ってること。



写真を見ていくとなんとウチにA子がBを迎え入れてるのもあり、土曜日には、毎週ウチへ来ていたようです。(俺は土曜は出社日)「私は離婚するつもりですのでA子さんには慰謝料を請求させていただきます。俺さんはどうされるか任せますが、A子さんと離婚されるおつもりでしたら資料をお貸しします。」



離婚するにあたって有利になると思います。とC美は淡々と話しました。



「えっと・・ちょっとだけ時間をもらってもいいですが、あまりに突然のことにちょっと混乱してしまって」


「無理もないです。いずれにしてもすでに弁護士には相談済で一ヶ月以内には、お宅へ主人と伺うつもりですのでそれまでにどうされるか考えてください。」



C美はそういうと手際よく資料を片付けて俺の分も喫茶店代の払いを済ませて出ていきました。



俺はその後1時間、喫茶店で悩んだ末に帰らないわけにはいかなったので家に帰りました。



A子はいつもどおりの顔でおかえりを言ってくれましたが、俺はとても顔をまともに見ることが出来ずに、今日は疲れたのですぐ寝るとだけ言って部屋に篭りました。



A子を見てると今日の喫茶店での話は、悪い夢だったんじゃないかと思えてきます。



けど、セックスレスはそれほど気にしてなかったとはいえ、別の男とやっていたとなると話は別です。もやもやしたなにかが胸を離れません。



そんな気分で迎えた休日、俺はA子にたまには買い物とか出かけたらと告げ、外に出しました。



A子は、そんなことを言う俺に最初は訝しがってましたが、そういうのなら、と出かけていきました。



そんな姿を見てるととても浮気しているようには思えず、決心が鈍りそうでしたが考えていたとおり、寝室と居間にカメラとマイクを仕掛けました。



インターネットはやっていたものの、AV機器には疎く、いろいろネットで調べた末に購入してきたものです。


無事、カメラも仕掛け終わり、俺にとって今までで一番長い一週間が過ぎました。



変などきどきがとまらないまま、イヤホンをつけて、部屋の明かりもつけずに土曜日の画像を確認しました。



「センセおかえりーーーー」



A子の明るい声が入ってました。



・・・おかえりってどういうことだ?知らない男の声でただいまとも入っていましたが、こちらはあまり元気のある声ではありませんでした。



「じゃーん、今日はこんなのを出してみました。実家から送ってもらったの。高校のときの制服ー。まだ私も捨てたものじゃないでしょ?センセこういうの好きだしw」



なんとA子はブレザー姿でした、というかこんなA子は見たこともない・・・。



男は写真で見たBの姿でした。



「あのさ、今日は話に来たんだけど・・・」



「えーー、さきにえっちしないの?せっかく着て待ってたのにー」


「いや、なんかさ、妻に気づかれてるような気がするんだ。だから、しばらく来ないほうが・・・」



ガシャン!という音がいきなり響きました。



俺も心臓が止まるかと思うほどびっくりしました。



「なんで?!どうせ離婚するんでしょ!いいじゃない!」



「いや、前にも言ったとおりまだ離婚はできないよ、いろいろあるし、それに君だって俺君が居るじゃないか」



「それはセンセが早く離婚してくれないからでしょ!センセが離婚してくれたら、私のほうはすぐ俺君と離婚するわよ!もともと好きで結婚したんじゃないんだし!」



がつんと頭を何かで殴られたかのような衝撃を受けました。



どういうことだ・・・?「それはちょっと俺君にかわいそうじゃないか?彼は君のことが好きなんだろ?」



「俺君の気持ちなんてどうでもいいんじゃない!私が好きなのはセンセだけ」



そういいながらA子はBの腰のあたりでもぞもぞしはじめました。


「センセ以外とこういうことしようとすると吐きそうになるんだもの。センセが私を高校の頃にこんな身体にしたんじゃない」



Bはうう、とうめきました。



・・・フェラしてやがる。



俺は頼むことすら出来なかったのに。



「ふぉら?きもひいいでひょ?ほんなにおおひくなってるひ」



しゃぶりながら喋るA子はとても俺が普段知ってるA子とは思えません。



口を離すと手だけBの股間にあるまま、Bに顔を近づけて言いました。



「センセだって奥さんにこんなことしてもらったことないって言ってたじゃないの。私だったらなんでもしてあげるよ。毎日でも」



「で、でもさすがに離婚は、いろいろ私にも立場があって・・・」



A子は、また咥えはじめました。


Bはぶつぶつとまだ小声で何か言ってましたが聞き取れず、そのままうめきをあげてました。どうやらイったようです。



Bは開き直ったのか、そのままA子のスカートをまくりあげて前戯もせずに後ろから突き入れました。



キモチイイとか、好きとか愛してるとか、A子は獣じみた叫びをあげながら受け入れてました。



俺はさすがに耐え切れず、ヘッドホンをはずして動画だけ早送りしました。



A子が騎乗位で腰を振ってたり、Bの全身に舌を這わせて喜んでいたりというシーンが矢継ぎ早に流れていきました。



見終わった後、俺は脱力でした。



苛立ちや怒りはどこかへいってしまうほどのショックでただ脱力するのみでした。



俺の心は決まり、C美へ電話をしました。



「例の件ですが、私もA子と離婚することにしました」



そうですか、と感情も見せずに淡々と言うC美に少し腹が立ってきました。


「例の資料、もらうだけでは申し訳ないので私も証拠を取りました。それをお渡ししたいのですが」



証拠はもう充分あるので・・というC美にそう言わずに是非ということで会う約束をしました。



DVDにして持っていき、お互いに手持ちの証拠を渡して別れました。



冷静になって動画の内容を思い返して見ると、A子のほうがBに惚れてるのは間違い無さそうです。



高校時代というからには、家庭教師のころになにかあったんでしょう。



私の知ってるのセックスに対する潔癖なA子とは別人のように淫乱でBに奉仕してました。



まあ、実は潔癖でもなんでもなくBに操を立てていただけというのが本当だったのですが・・・。



いずれにしろ、話の中にあったようにC美がBをしっかりと捕まえていれば、こんなことにはならなかったんじゃないかと・・・。



明らかに逆恨みなのは当時でもわかっていたのですが、そういう気持ちになってたのも確かでした。



そこから先の展開は早かったです。


BとC美はウチへ訪れ、A子への慰謝料請求の話と弁護士に任せた旨を伝えてきました。



俺もその場でA子に離婚したい旨を申し入れ、慰謝料請求をさせてもらうと話をしました。



A子は、夫と浮気相手の妻から同時に慰謝料を請求され、窮地に立たされているはずなのに、満面の笑みを浮かべて頷くだけでした。



Bはただ、喜んでいるA子とは対照的に赤い目をしたまま、ただうなだれていました。



俺はすでにこういう結果になることを覚悟していたので、そのときはあまり感慨はありませんでした。



そのときは、俺はなぜかC美が気になり、C美の顔をじっと見てましたが、俺へ浮気の話を告げたときと変わらない表情で淡々としてました。



ずっと押し黙っていたBが帰り間際に口を開き、俺に向かって「謝って済むことじゃないけど、君には済まないことをした」とだけ言いました。



俺は「いえ・・・」としか言えませんでした。



正直、この状況で喜んでみせるA子の気味悪さ、嫌悪感と対照的にBに対する怒りは失せていくのがわかりました。



その日のうちにA子は実家へ帰し、実家のA子の親からは、言葉だけの謝罪を電話越しで受けました。


C美と俺への慰謝料は相場から考えるとかなり高額でしたが、A子の親は裕福でしたし、一人娘だったのでどちらへの慰謝料も一括で払い込まれました。



離婚届もA子から送られてきたものに捺印し、俺が提出して終わりを告げました。



あぶく銭だけが残り、どっちの夫婦にも子供が居なかったのは幸いだったなという変な感慨だけが残りました。



それから半年後、C美から電話がありました。



「話をしたいので時間取れますか?」と・・・。



俺はなんとなく気になっていたのもあって、会いにいきました。



「あの二人、籍を入れたみたいですね」



俺の顔を見るなり、C美はそう言いました。



「はぁ、そうですか」



「あまり驚かれないですね」


「まー、A子はそのつもりだったみたいですし、そうなるだろうなとは」



Bからの慰謝料も分割の予定が一括で払われてきたのでそうじゃないかなとは思ってました。



「あれから連絡は取ってないのですか?」



「取るわけないでしょ。DVD見たんでしょ?2年以上夫婦やっていながら気持ち悪いとしか思われてなかったんですよ。夜も拒否されてましたし。そんな女に連絡取りたいなんて思うはずもない」



C美は目を伏せて思ったより割り切れているんですね、と言いました。



「そういうC美さんは、思ったより割り切れてないみたいですね。そんな顔してるなんて思いもしませんでしたよ」



「・・・・」



自分であれだけ仕切って、進めておいて何をいまさらという感じでした。



そんなことを言うためだけに俺を呼び出したのか、とも。



そう思ったら、また少し意地悪をしたくなりました。


「C美さんはBさんに実は未練あったんじゃないですか?そんなんだったら離婚しなきゃよかったのに」



「・・・Bの浮気は許せませんし、Bは私じゃ満足してなかったってことですし、A子さんのほうが良いようでしたから」



「はぁ?浮気は許せないのはわかりますけど、Bさんは明らかにあなたのほうへ未練あるみたいでしたけどね。それに満足って・・あなたのところもレスだったんでしょ?」



C美はきっと俺を睨んできました。



「レスだったのなら満足も何もないでしょ。そりゃ若い女に誘惑されりゃそっち行きますよ」



なんで俺は嫁の浮気相手だったBを擁護してんだと思わなくもなかったですが、なんとなく自然にそんな言葉が出てしまいました。



「どうせ、妻の座に胡坐かいて旦那に優しくもしなかったんでしょ?」



そこまでいいかけたところで思いっきりひっぱたかれました。



「ぁんたに何がわかるのよ・・・」



C美は涙目になってそう言いました。


がちゃがちゃとバッグから財布を出し、その店の勘定を済ませると店を出ていきました。



ま、思ったよりわかりやすい人だなと思いつつ、店を出ようとすると店の外にC美が居ました。



そのまま無言で俺の服の袖を握ると俺を引っ張って歩いていきました。



「ちょっ・・・言い過ぎたのは謝りますよ」



「あなた悪いと思ってないでしょ!」



そして、そのままC美が引っ張っていったのはラブホテルでした。



「・・・マジっすか?」



「・・・イヤならいいわよ」



「いや、気が変わらないうちに行きましょう」



俺もなんだかんだいってレスが長く、欲求不満だったのは事実です。


それにこんな美人とヤレるなら、願ったり適ったりです。



実際、呼び出されたときに何も期待してなかったというと嘘ですし。



ラブホで部屋に入ったと同時にC美のタイトスカートを捲り上げて股間に顔を突っ込み。



「ちょっ・・・ちょっと!シャワーを・・・」



「そんなんいいですよ、おれこういう匂い好きなんで」



「こっこの変態・・・」



もうどうせ会うこともないだろうし、どうせなら好き勝手やってやれって腹でした。



A子には気を使って出来なかったこととかも。



嫌がるC美のストッキングを破り、パンティをずらして直接アソコを嘗め回します。



汚いからやめなさい、とか叫んでますが気にせずナメナメ。



「あれ、もしかしてC美さんアソコなめられたことない?」



「あ、あるわけないでしょ・・・」



あーこれは、確かにこういうのが嫁だったりしたら引くな。



実際俺もA子は潔癖だと思って、変わったこと何も出来なかったし。



「C美さんのココ、いいにおいだし、味も美味しい」



もう変態全開です。遠慮しなくていい相手なので。



そのとき、C美がぶるっと震えて次の瞬間、どばっというかんじでアソコから愛液が拭き出してきました。



もう濡れるというより、流れるといったほうが正しいぐらいに。



C美は、顔を抑えながらうーっと唸り、そのままがくがくと震えつづけました。



いい反応してるじゃないかwwwということでさらに遠慮なく舌を突っ込みます。



C美は腰に力が入らないようでぐったりしたままです。



「んじゃ、お風呂はいりましょうかww」



ぐったりしたままのC美を脱がして風呂場へ連行。



さすがに照れているのかこっちを見ようとしないままです。



「洗ってあげますよ」


「いや、いい。いい。自分で洗う。」



「そう遠慮せずに」



俺はボディシャンプーを手に取るとそのままC美の体にぶっかけました。



「ちょ・・今度は何をする気?」



「洗うだけですって、何かしてほしいんですか?」



C美はまた顔を背けました。



けっこうかわいいかもしれないwww俺はアソコを中心にC美の体をまんべんなく石鹸でぬるぬるしていきました。



C美はぶるぶる震えながらもなすがままになってましたが、アナルのほうも念入りに洗ってやると暴れだしました。



俺は気にせずに洗い続け流した後にもがくC美をよつんばいにさせて、アナルに舌突っ込み。



「ちょっううういやいやいや、おしりに何か入ってきてるっ」



「俺の舌ですんで、痛くはないでしょ?」とだけ言ってまたねじこみ。



「いやっ汚いからやめてやめて」



気にせずに舐め。この人やっぱこういうのに弱いな・・・。



ぐったりしたC美をベッドにつれていき、いよいよ挿入。



まあ、さすがにコンドーム付です。あとあと面倒なことになっても困りますし。



後ろからがしがし突くけど、声を押し殺してるC美。



なんとなくつまらなかったんで、一回抜いて備品のローターを購入。



C美は顔をベッドに伏せたままだったけど、仰向けにさせ正常位で挿入。



相変わらず声を抑えていましたが、ここで秘密兵器導入。



ちょうどC美のクリにあたるところにローターセットして俺とC美ではさむような状態でスイッチオン。



突然の異物感と振動にC美はびっくりして逃げようとしましたが、動けないようにロック。



俺も腰動かせませんが、挿入ったまま、ローターの振動とダブル攻撃。



C美は、一瞬だけ獣じみた声を上げてイってしまいました。



ぐったりしたところで、俺もイこうと思いっきり突きました。



俺も無事イクことが出来て、満足したところでコンドームの処理をしてると後ろでぐったりしてたC美が話しかけてきました。



「・・・気持ちよかった?」



「ん?最高でしたよ。」



「・・・こんなふうにA子さんともしてたの?」



「いや、させてもらえなかったんで普通にしかしてないですよ。それも数える程度です。2年も結婚しててね。C美さんはどうなんです?Bさんはテクニックあったんでしょ?A子があれだけメロメロになってたぐらいだし」



「ううん、こんなことあの人にされたことない。普通だった。」



「C美さんが拒否してただけじゃないです?」



「・・・うーん、かもしれない。」



まあ、やりにくいってのはあっただろーな。



なまじきりっとした美人でスタイルもいいだけに。あの男、いかにもな優男だったし。



俺は後先考えてないからここまで出来たってだけの話で。


「ねね」



「なんです?」



「・・・こういうことさせてあげたり、私からも誘ってればあの人もA子さんと浮気しなくて離婚しなくて済んだのかな」



「・・・かもしれませんね」



なんか、ここで急に自分が情けなくなってきました。



少なくともBはC美からもA子からも好かれていたのは間違いない。



A子は操を立てるような真似をして、俺との性的なことをあれだけ嫌悪してたし、C美だって素直になれなかっただけでBのことは好きだったのは明白。



そんな中、俺はいったいなんだったんだ?結局、誰からも必要とされることはなかった。



一回、そのことに気づいたら涙が出てきた。



「・・・どうしたの?」



「・・・なんでもないっすよ。なんか、急に自分が情けなくなっただけです。BさんはA子にもあなたにもそれだけ愛されてたのに俺はいったいなんだったのかってね」



鼻をずるずるさせながら、涙声でそんなことをこの人に言う俺はほんと情けないと言ってる最中にもすでに思えて、よけいに泣けてきた。



いきなり背中にやわらかな感触がきた。



「・・・ごめんね」



後ろから俺に抱きつきながらC美はそう言った。



「・・・なんでC美さんが謝ってるんですか、なんかよけいにみじめなんすけど、俺」



「・・・ごめん」



C美は俺の顔をぐいっと後ろに向けてキスをしてきた。



「・・・なんか中学生レベルのキスっすね」



「えっ、キスってこういうのじゃないの?」



ぷいっとC美がふてくされた顔をしました。



「・・・せっかく勇気出して主人にも自分からしたことないキスをしたのに」



「なんか、俺、いま唐突にBさんがかわいそうになって来ました」



そういうとよけいにふくれるC美。



「・・・あのね、気持ちよかったよ。」



「えっ?」



「・・・さっきのセックス。主人・・ううん、Bとのセックスより君がいましてくれたセックスのが気持ちよかった。これは本当」



なんかさっきまでの惨めな気分が嘘のように晴れてニヤけ笑いがこみ上げてきました。



俺の顔を見てC美も笑いました。



「俺君、もう一回する?」



「します」



「・・・じゃあ、今度は私もシてあげるからいろいろ教えて」



その後、C美とはちょくちょく連絡を取るようになり、半年後ぐらいには俺から申し込んで付き合いはじめて、今では結婚1年目です。



Bとは、一回だけ仕事中に偶然会って少しだけ話をしました。



Bは俺に「君に迷惑をかけて傷つけた分、A子は幸せにする。謝って済むことじゃないが本当にあの時は申し訳なかった」と言いました。


俺はC美とのこともあり、もうA子には未練もなにもなかったので「A子が望んだことだと思いますし、もういいですよ」とだけ言いました。



A子との間に子供も出来たみたいでしたが、Bはえらく老け込んでいてあまり幸せそうには見えませんでした。



「C美も再婚したみたいだし、君も幸せになってほしい」



あれ、知らなかったのか。と思いちょっと意地悪をしたくなりました。



「C美さんと結婚したのは俺ですよ。あれがきっかけで付き合いはじめました。」



「えっ・・そ、そうか。そ、それはよかった。どっちのことも僕はし、心配してたから・・・」



明らかに動揺してました。



「・・・姉さん女房だからか、C美さんはいろいろ世話を焼いてくれて幸せです。夜のほうも凄いし。」



それを言った瞬間のBの顔は完全に凍りついてました。



では、と言って俺はBから離れました。



・・・ま、ちょっと悪趣味な一言だったかな。



けど、人の嫁に手を出したのは事実だから、これぐらいの意趣返しはいいだろ。



C美を絶対に幸せにしよう・・・そう思いました。

[紹介元] エロ地下 ・・・せっかく勇気出して主人にも自分からしたことないキスをしたのに

精神的に病んでか性欲が一気にました俺がハッテン場に行ってみたwww
最近、バイトを辞めたせいか 精神的に病んでいるのかはわからないが、 性欲が一気に増し、やたらと自慰行為に励むようになった。 多いときは一週間のうち、 オナニーで17回、女性とのセックスで3回射精した時もある。 最近は動画 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 精神的に病んでか性欲が一気にました俺がハッテン場に行ってみたwww

場末のラブホで強姦プレイに没頭する人妻・美紀
画像はイメージです
「美紀の体をよく見せてもらうからな!」

Tシャツをたくし上げて、ブラもついでに押し上げる。
白いきれいなおっぱいが飛び出してくる。
ピンクの乳首にしゃぶりつくと・・・

「ああ・・ん」

美紀は声上げる。
舌をまわしながらしゃぶりあげる。

「ああ・・いい・・感じちゃう・・」

おっぱいを触りながら、ミニのファスナーを下ろして、スカートを下げる。
ピンクのレースパンティーが見える。
クロッチに指を這わせて、中指でクリのあたりを刺激してやる。


「ああ・・そこ・・だめ・・」

少しきつめに擦る。

「ああ・・やだ・・よごれちゃう・・」
「それじゃ、脱がしてやるよ」

パンティーに手をかけて、お尻のほうからずり下げる。

「もう濡れてる!美紀はほんとに感じやすいな。こんなにクリがとがってるぞ」

クリトリスをつまむようにして刺激すると、体がのけぞる。

「いや~~ん!だめ・・そこ弱いの・・・」

俺は急いでズボンを下ろすと、パンツも脱ぎ捨て、ペニスをつまみ出した。

「ほら!美紀舐めろ!」

ムァ~~と少し臭うペニスに躊躇いながらも、口を寄せる美紀。

「夕べ風呂入ってないぜ!舐めてきれいにしてくれるな!」

美紀は悲しい顔で頷くと、舌を伸ばして、裏筋から舐めてくる。
俺が教え込んだ舐め方だ。
亀頭を口でくわえて、カリのあたりを唇で刺激してくる。
唾液をいっぱい溢れさせて、たれ落ちるようにして舐めてくる。

「上手くなったな!」

「ああ・・美味しいです・・」

美味しいはずなどないのだが、そう言うように躾けてきた。

「美紀のオマンコも舐めてください・・・」

か細い声で懇願してくる。

「ソファーでいつもの格好をしろ!」

命令に、美紀は足を大きく開き、両手で足を抱えて、腰を突き出す。

「お願いします・・・」

上目遣いに見上げてくる。
オマンコはすでに濡れそぼり、ヒクヒクと口をあけている。

「いやらしいオマンコだな!」

口を近づけて、舌を下から上にペロ~~ンとしてやる。


「わ・・ああ・・・いい・・」

チュパチュパと音を立てて舐めてやる。
オマンコからはドクドクと会い液が溢れてくる。

美紀37歳。
子供はいない。
旦那は海外出張で家を空けることが多かった。
水道の止まり悪く、修理会社に連絡したのが、始まりだった。

俺は修理が終わり、お茶をご馳走になっているときにあろうことか、美紀を強姦した。
彼女と別れてむしゃくしゃしてたこともあったが、なんと言っても、美紀の第一印象に悩殺されていた。
清楚な顔立ちにも関わらず、その肉体はフェロモンムンムンだった。
あとで聞いてみると、生理間近で、主人も長期で留守のため、我慢できずに俺が来る前にオナニーをしていたらしい。
ソファーに押し倒して、口をふさいで、手を縛り上げた。
かなり抵抗はしたが、華奢な肉体は俺の鍛えた筋肉の前にはむなしい抵抗だった。
パンティーを無理やり脱がして、怒張したペニスをぶち込んでやった。
オナニーの名残か、挿入は割りとスムーズにできた。

「なんだ・・抵抗する割にはオマンコはぬれぬれだな!」

指摘してやると、美紀は顔を背けて恥ずかしがった。

俺は激しく、時にゆっくり、体位を変えながら、美紀を蹂躙してやった。
ワンワンスタイルではめるころには、美紀も我慢できずに、声を漏らし始めた。
体が俺のペニスになじんで、快感を覚えるようになっていた。

「ああ・・ああ・・」

声を漏らすまいとしながらも、一突き一突きに体は反応してしまっていた。
オマンコがキュンキュンと締まるのがわかった。

「うう・・もうだめだ・・中に出すぞ!」
「ああ・・だめ・・中は・・だめ・・・」
「どこならいい?」
「ああ・・いや・・お口に・・・」

俺は笑いながら、ペニスを抜くと美紀の口の中に精液をぶちまけた。
ドクドクと大量の精子が美紀の口の中に注がれる。


「飲め!」

俺が命じると、美紀は頷いて、「ゴクン」と苦しそうに飲んだ。

「口を開けてみろ」
「あ~~~」

美紀の口の中を覗き込むと確かに精子はなくなっていた。

「美味しいだろ!」

「そんな・・」
「美味しいと、言え」

「ああ・・美味しいです・・・」

美紀はいやいやながらいった。

「見ろよ。まだこんなに固いぞ」


俺はペニスをしごきたてて言った。

「四つん這いになれ!」

「もうゆるして・・・」
「だめだ、早く四つん這いになれ」

美紀はもう抵抗できないのか、それともまた新たな快感をもとめてなのか、四つん這いになった。

「ズボッ」

また一気に埋め込んでやった。
両手が支えきれずに、胸を床に押し付けた格好になった。
俺は腰を持ち上げて、ペニスを抜き差ししてやった。
ズチャズチャズチャと卑猥な音が出るのには時間はかからなかった。

「ああ・・いく・・・いっちゃう・・・」

美紀はもう半狂乱だった。

かまわずつきすすんで、2度目の射精は中に出してやった・・。

「いや~~ああ・あ・あ・・・」

美紀は声を漏らすと、ぐったり横たわった。
オマンコからは白濁した精子が溢れてきた。
俺は携帯の写真を撮り続けた。
美紀のオマンコから流れ出す精子の画像は垂涎ものだった。
いろんなポーズもさせて、写真をとった。
ソファーでのM字開脚写真にははっきり顔も写しこんだ。

「この写真はネットでいつでも公開できるからな」

定番の脅しだが、美紀には効き目は抜群だった。

「やめて・・そんなことはしないで」
「奥さん、最後はえらく感じてましたね。これからもお相手してもらいますからね」

とどめの一言で美紀は屈服した。

「さて、時間はまだあるんで、ベッドルームへいきますか?」

「そんな・・」

少し抵抗しながらも、ベッドルームにはいると、

「さぁ、俺のペニスをしゃぶるんだ。さっきのお礼をこめて、丁寧にだぞ」

美紀はいやいやながらも口を近づけて、口で咥え込んできた。

「もっと唾液を出して、音を立てて舐めるんだ!」

あまり慣れていないのか、時々歯があたった。

「痛ッ!歯を立てるな!」
「すみません・・・」

従順な女に成り下がった美紀をこのとき確信した。

「旦那のは舐めてないのか?」

「主人は潔癖症なんで・・こんなことしろなんて・・・」

「そうか、それじゃ・・オマンコ舐められたこともないのか?」

頷く美紀。
俺は美紀を仰向けにすると、持ちうるテクのすべてを駆使してオマンコを舐めてやった。
クリを甘くかんだり、オマンコに舌を入れたり、アナル付近まで舐めてやった。
美紀は半狂乱なほど悶えた。

「ああ・・そんな・・・いい・・・いっちゃう・・・」

逝きそうになると中断しながら、指を使ってGスポットも刺激したやった。
最後には潮まで吹くようになっていた。

ぐったりした美紀を見ながら・・・

「こんなに逝ったのは初めてだろ!」
「はい・・・」

「今後もして欲しいよな!」
「ああ・・はい・・」

「いい奥さんだ・・」
「俺が連絡したら相手体を洗って準備しておけよ。水道は直してやったんだから。あはは・・」

「わかりました・・・」

それから3日に一度は連絡を取っている。
約束どおり、電話をすると体を洗って待っているところが可愛い。
頻繁に訪問するのもはばかれるので、場末のラブホで抱くこともある。
きれいな場所より、美紀はそうゆう場所の方が興奮するようで、いつも最初のように強姦っぽいSEXで責めてやっている。
別な場所の快感も教え込んでやった。
そのためにも場末のラブホは最適だった。

[紹介元] エロ地下 場末のラブホで強姦プレイに没頭する人妻・美紀

彼女が知り合う直前に2週間で経験人数が5人も増えてた件www
彼女と付き合った時彼女は中学三年生でした。 俺は年上でしたがまだ十代。 はじめて会ったのはメールをはじめてから一か月後くらいです。 しかしはじめて会った日から エライ事になっていたとは知るよしもなかった。 俺と彼女は同じ […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 彼女が知り合う直前に2週間で経験人数が5人も増えてた件www

隣の部屋の黒人ジョーイとセフレ関係
画像はイメージです
同じマンションの隣の部屋の黒人さんとセフレの関係です。

最初は挨拶を交わすぐらいだったけど、だんだん話をするようになり、英会話を教えてもらったりもした。
ジョーイ(黒人の名前)に何回も告白されたけど、外人は恋愛対象外だったので、いつも断っていた。

ある日、二人でご飯を食べに出掛けた帰りの車の中で、ジョーイがいつもとは違い、積極的に迫ってきた。
最初は手を繋ぐだけって言ってきたのに、「キスしていい?」って聞いてきて、キス以上はしない約束でキスをした。
その時スカートの中に手を入れてきて、パンツの上から触ってきた。
私はずっと「無理無理!」って言ってたらジョーイは諦めてくれて、そのままマンションまで送ってくれて部屋の前で別れた。

部屋に戻り、さっきの事を思い出し考えていると、だんだん体がムラムラしてきて欲求が押さえられなくなり、ジョーイの部屋に行き「抱いて!」ってお願いした。
そのまま玄関で激しいキスをされ、服を脱がされ、お互い全身を舐めあい、立ちバックで入れられ、駅弁をされ、ソファーに行き正常位で一発目が終わった。
ゴムをしてなくてお腹の上に出されたけど、大量に出ててビックリした。

ジョーイは二回目を要求して来たけど、あまりの大きさと激しさに、私の体力は無くなった。
二人で裸のままベッドに横になって話をして、ジョーイが「付き合えなくても良いから、セフレになりたい」って言ったので、私はOKをしました。

それから当分は毎日ジョーイとHをしていました。
だんだんマンネリ化してくると、いろんな玩具を試されたり、コスプレで色々な格好をさせられたり、変な下着ばっかり付けさせられたりした。

この前は二人でアメリカに行き、人が少なくて結構穴場な海岸に連れていかれ、ジョーイに渡された水着を着た。
下はTバックで、上は超極小ビキニだった。
乳首がギリギリ隠れる位の布しかなく、Eカップの私の胸だと少し動いただけでポロリしちゃいそうでした。
人前でヤラシイ格好をした事がなかったのでメチャクチャ恥ずかしかったけど、海外と言うこともあって次第に大胆になれた。
そのまま海岸の隅の方でHをしていると、地元の少年達にジロジロ見られていたけど、それもまた快感になっていた。
今じゃあもぅ、恋人以上の関係かもしれません!

[紹介元] エロ地下 隣の部屋の黒人ジョーイとセフレ関係

競馬で勝ってソープ行ったら妹登場ワロタwwwwwwwww
先日の話、俺は競馬で稼いだ小銭(10万程)を持ってソープ街へと足を運んだ。 そこでとある店に入店・・・ 初めて入った店だが料金がお手頃で 結構タイプの娘がいたので迷わず使命・・・ 部屋で待っていると 「お客様、申し訳御座 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 競馬で勝ってソープ行ったら妹登場ワロタwwwwwwwww

部活ユニフォーム同窓会
画像はイメージです
高校を卒業して2年経つけど仲が良かった6人で飲み会をすることにした。

飲み会といっても俺の家に集まって飲み食いするだけなんだけど、それじゃ面白くないから当時の部活のユニフォームをジャージの下に着て来るという条件を出したんだ。

メンバーは男が俺(陸上部)、A(サッカー)、B(野球)の3人で、女が幸恵(バレーボール)、薫(テニス)、裕子(テニス)の3人なんだけど、Bの野郎が仕事で出張ということで来れなくなっちまった。
まあ、こいつは太ったから野球部のユニフォームは着れないだろうな。
Aは俺の一番の友達で高校の時は真面目だったけど卒業してから遊ぶようになっちまった。
女の子は幸恵はバレーボール部だけあって背が高くキリッとした顔立ち。
薫は背が低いけどなかなか可愛い子で、裕子はテニス部のキャプテンで背が高くスタイルも良さそうだ。

この飲み会を計画したのはAの野郎で、どうせくだらん事でも考えているんだろう。
俺の家に続々とメンバーが集まってきて飲み会の開始だ。

まあ普通の女の子ならユニフォームを着て来いなんていう条件を飲むはずがないんだけど、全て俺たちの奢りということと変な事はしないという条件で了解してもらった。
飲んでいると当然、高校の頃の思い出話しになるよね?
俺が高校の時にクラスの男連中に聞いたアンケートで「学年で一番ヤリたい女」の3位が幸恵だったんだよね。

けっこうみんな惚れてた。
その事を話すと「キャー照れちゃう」などと冗談っぽく言ってたな。
裕子も結構上位だと記憶しているがボーイッシュで少し男嫌いなところがある。
薫はクラスが違うので(他は全員同じクラス)アンケートに入ってなかった。

適度に酒も入ってきたところでAが
「そろそろユニフォーム姿になっていただきましょう」と言い出した。
俺とAは最初からユニフォームだったから妙に間抜けである。

幸恵がジャージを脱ぐと試合用のシャツに下はハーフパンツだった。
「おいおい~、試合のユニフォームを着て来いと言っただろう?」
幸恵の格好は練習の時の格好である。
試合の時は下はブルマーなのだ。
よく考えてみりゃブルマなんて履いてくるわけがない・・・ガッカリ。

薫と裕子のテニス部コンビも下はアンスコじゃなくてブルマだという試合用の格好で来いと言ったのに、こいつらは・・・(怒)
Aがブチブチ文句を言っていたが三人が部活の格好になるとカッコイイ!
「おお~高校の時と変わらないじゃん。似合うなあ」とお世辞抜きで褒めた。
特にテニス部の二人はアンスコじゃなくてもスカートから見える生足だけで十分に萌えた。

そのまま飲み会は続き、
Aが「この中で処女、童貞じゃない奴は正直に挙手」と言うと薫以外の全員が手を挙げた。
Aが「なに?薫ってサラ?(処女)」などと言うので俺がAを制した。
どうも酔いが回ってきているらしい・・この男は・・・。
でも俺は他の二人が処女ではなかったことに少々がっかりしたが、まあ、二人とも美人だし彼氏の一人や二人いても不思議じゃない。

飲んでいくと真っ先にAが酔いつぶれた・・・こいつは何時もこうである。
そして裕子もグーグーと寝てしまった。
うるさいAが寝たので俺は薫に「さっきは悪かったね」と処女をバカにするような発言をしたAの代わりに謝った。

「でもさ、そういうのって大事だから好きな奴のために取っておきな」と言うと
「うん、そうだね」と笑ってくれた。

かなり飲んだと思う・・・。
見ると薫も幸恵も寝てしまったようで裕子と薫を見るとスコートから綺麗な足が見えている。
そんな光景を見たら普通の男ならイタズラしたくなるに決まっている。
酔っているから起きないだろうと思いスコートをめくると濃い青に白い2本線のブルマが見えた。

そっと触ってみる・・・。

起きる気配がないのを確認して大腿部をさすると二人ともスベスベの肌をしている。
たまらない。
胸も触りたがったが二人とも横向きで寝ているので無理だった。

幸恵もよく寝ているようだ。
実は俺はこの3人の中で幸恵が一番好みのタイプなのである。
身長は170cm近くあり胸も大きくスタイルが最高に良さそう。
告白したかったのだが、当時バスケ部の男と付き合っていたので断念した過去がある。
幸恵は仰向けで寝ていたので胸を触ってみた・・・。

思った通り大きい。

授業中に幸恵の斜め前からブラチラを観察してオカズにしたものだったが、この胸を自分の物にした男がいる・・・そう思うと気が変になりそうだった。
思い切ってシャツの下に手を入れてブラの上から胸を触るブラのレース模様の感触と幸恵の体温が伝わってきた・・・とその時、幸恵が起きた。

(マズイ!)と思った・・・が、

幸恵は「うーん、ダメだよう」と言った。
そうか、酔っているんだ。
これはもしかしたら行けるかもと思いダメもとで

「ねえ、エッチしよ?ね?ね?」と言うと
「そんなのダメなんだからぁ~、も~」

でも強く否定はしてこない。
こうなりゃ作戦変更だ。

「ねえ寝るなら2階のベッドで寝なよ。その方がいいよ」と幸恵を起こし、肩を貸すようにして2階へ連れていった。

幸恵の許可を取るよりも気持ち良くさせてしまった方が早いと思い、ベッドに寝かせシャツを脱がし、続いて背中に手を回しブラを外すが緊張してしまった。

そっとブラを取ると大きな胸がぷるんとこぼれるように現れた。
手のひらで包み込めないほど大きな胸・・・。
乳首は薄いピンク色で色白の肌によく似合うんだ。
乳輪は500円玉くらいで乳首は節分の大豆くらいか・・・本当にバランスのいい胸だね。
仰向けで寝ているのに垂れることもなく上を向いていた。

右手で乳首をクリクリと触り左手で片方の胸を揉みながら乳首に吸い付いたら
「んん~っ・・・んっ・・・」とすぐに幸恵の声が聞こえてきて、乳首はすぐに勃ち、固くなるのが分かった。

幸恵は左の乳首の方が感じるようで左を舐めた時の方が声がよく出た気がする。
続いて幸恵のハーフパンツに手をかけ彼女の腰を浮かせてスルリと脱がした。
大人っぽくはないが幸恵らしい清楚な白い下着だった。
下着の上からクリトリスを刺激してみる。

「あぁ~、んんっ・・・んっ」幸恵の声のトーンが高くなった。

幸恵の下着の股の部分をずらす。
夢にまで見た、まだあまり使い込まれていない幸恵のアソコが目の前にある。
ジュルジュルッと音を立てて吸い付いた。

「はあんっ!・・・」という幸恵の大きな声で俺は我に返った。

1階には3人がいるのだ。
もしかしたら起きたかもしれないと思い、
「ちょっと待ってて」と幸恵を残して下へ降りたら3人とも寝てたので一安心・・・。

俺はAを起こして
「おい、薫は経験無いんだから薫だけは手を出すな」といい聞かせた。

Aは「そのくらい承知してるわ」と言い、また寝てしまった。

幸恵のところへ戻ろうとした俺は彼女が持ってきた巾着袋を見つけた。
何気なく中を見ると試合用のバレーボールブルマだった。

「なんだよ、ブルマー持ってきてるじゃん」

身体の力が抜けた。
俺はブルマーを片手に2階に上がり「持ってきてるじゃん」というと「うん、一応持ってきたんよ」と幸恵。
最初からそう言え・・・(怒)
俺はさっそく幸恵にブルマを履かせて身体を隅々まで味わっていよいよ挿入するだけとなった。

ブルマと下着を一緒に下ろし幸恵の左足に引っ掛けておく。

ブルマは全部脱がさない方が萌えるのである。

ギンギンになった息子を当てがい少しずつ幸恵の中に静めていく・・・。
グニュ~と亀頭の方から包み込まれるような感触。
たまらず幸恵も「はぐうっ・・んっ・・・はあんっ」と声が出る。
そして「は・・・ああんっ」という幸恵の振り絞るような声は俺の息子が完全に彼女の中に入った合図だった。

高校の頃に好きだった幸恵とセックスしている、俺の下で幸恵がよがっている。
そう思うだけで爆発しそうだった。

俺は腰を振りながら「俺が誰だか分かる?」と聞くと俺の名を言った。
どうやら酔いは醒めているようだ。

俺は「高校の時のバスケ部の奴しヤッたの?」と聞くと、「んっ・・・してない・・」と答えた。

「じゃあ初体験は?」
「こっ・・・んっ・・大学の・・人と」
「今まで何人の男としたの?」

「その人・・ああんっ・・・一人だけ・・・」

けっこうモテそうな幸恵なのだが身持ちは固い方なのだろうか・・・。
それから俺達は正常位の他にバック、騎乗位などでも交わった。
幸恵とヤれているという感情が俺の絶頂を早めたのだろうか、身体の奥からこみ上げてくるものがあった。

俺は意地悪で「ねえ?中で・・いい?」と聞いた。

幸恵はハッと目を見開いて「ちょ、嘘でしょ?絶対ダメだからね」と言った。
その時に幸恵の身体が強張り、アソコの締まりがギュッと強くなるのが分かった。

「ごめんね、そんなことしないよ」と幸恵とキスをし腰の動きを速めていく・・・

「ねえ、イッてもいい?」
「んっ・・いいよ・・はあんっ・・イッて・・・」
「ああ、イキそう・・幸恵、何か言ってよ」
「うん・・来て・・はんっ・・◯君・・来て」
「だめだ、イキそう・・イクよ幸恵、行くよ・・幸恵もイキそう?」
「・・・・あんっ、んっ・イクっ・・」

俺は幸恵のアソコから抜くと左足にかけてあったブルマーに出した。
いつもよりたくさん出た気がした・・・。

「ハァハァ・・・」と荒い息遣いで俺と幸恵はベッドの上にいた。

呼吸を整えながら幸恵が
「◯君とエッチしちゃうなんてね」とほほ笑むので
「俺もまさか幸恵に入れる事ができるなんて夢みたいだ」と言った。
「ハメ撮りしよう」「そんなのダーメだよ~」などと話ていると1階の3人のことを思い出した。

俺がAを起こしてから随分時間が経っている。
ちょっと見てくるわとパンツだけ履いて下に降りていくとAの荒い息遣いが聞こえてきた。
そっと覗いてみる。他人のセックスを見るのは初めてだ。
Aがこっちに背を向けて正常位で腰を振っている。

「なんだ~裕子とヤッてるのか」と思ったが、違う!

裕子じゃない!
俺は顔が青ざめた。
Aに貫かれていたのは処女のはずの薫だった。


(もしも薫が後で警察とかに行ったら俺も逮捕されるのか?)

と思い足が震えた・・。

でも薫は泣いている様子などなく、喘いでいるわけでもない・・・。
俺の場所からは薫が見えないので確認できなかった。
そのうちAがズルズルと身体の向きを変えた。
俺に対して横向きになったので薫の様子が見える。

薫は感じるわけでもなく嫌がるわけでもなく貫かれていた・・・。

多分二人とも酔っているのだろう・・・。
俺が身を乗り出すようにて近づいてもAは全然気付かない。
人のセックスを見ていると妙に興奮し、薫のことよりも彼女の身体をジッ見てしまった。
胸は大きくなく、ピストン運動でもあまり揺れない。
薫は背が低いのでタッパのあるAに組み敷かれているとまるで少女のようだった。

しばらく見ているとAが絶頂を迎えようとしているのが分かったが、今のAの状態だとマジで中に出しかねないと思い、「おい、やめんか」とAと薫を引き離した。

「何すんの!?」と怒るA。
「お前、薫は処女だから手ぇ出さんって約束したじゃねえか」と問い詰めると、
「裕子よりも薫の方が好きだし初めてってタマランのよ」と、言い出した。
「じゃあ裕子とする」とAは裕子を起こそうとするので、
「今のお前は誰とヤッてもコントロール出来んだろ?責任取れるんか?」と一喝。

Aは「じゃあ」と荒い息遣いの薫の横にひざまずき自分の息子をしごき始めた。
薫は目を閉じたままだ。

「ああ~イク」の声と共にAの精子が薫の胸に飛んだ。

それを胸全体に塗りたくるA、その指が薫の乳首に当たるたびに

薫の口から「んっ・・」という声が漏れた。

とにかく薫をどうにかしないとと思い、薫を起こそうとする・・・が、ついつい薫の股間に目が行ってしまう。
そっと薫の両足を広げてみると純潔が奪われた証が確かにあった・・・。
俺はイヤだったがティッシュで薫のアソコを拭き、胸に飛んだAの精子も拭いた。

「ああ、こんな気立てのいい子がこんな形で処女を失うなんて」と思うとやりきれなかった。

[紹介元] エロ地下 部活ユニフォーム同窓会

クリスマス暇だったから合コンに参加した結果⇒マジで可愛い女の子ゲットォォォwwwwwww
クリスマス目前の23日に連れからメールが来た。 「クリスマス暇な奴は返信よろしく。合コンやるぞ」 まぁ当然返事するよなw 俺は彼女と同棲してんだけど、 その日は会社の忘年会でいないことが確定済み。 夕方には出発してるから […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ クリスマス暇だったから合コンに参加した結果⇒マジで可愛い女の子ゲットォォォwwwwwww

妹とエッチなDVD観てたら・・・
画像はイメージです
この間、妹が家に遊びに来たんだよ。
まあ土曜日だったし俺が相手するわけだけど、1時くらいに駅に着いたからまあ迎えに行くよね。
んで、お昼は普通に遊びました。

お腹はあんまり空いてないって言うから、ご飯は食べずに、ここらでちょっと有名なケーキ屋で奢ってやったら「おいしー」って喜んでくれた。
可愛いやつめ。
それから近場の観光名所的な所を一通り回った後は、繁華街でゲーセン行ったり買い物したりと、まあここまでは何事もなくきたわけですよ。

ひとしきり遊んで夕方になったし、「ご飯どうする?」って聞いたら、「お兄ん家で食べたい、なんか作ってよ」って言うもんだから、スーパー寄ってついでにビデオ借りて帰りました。

家に着いたのが7時くらいだったんで、ご飯食べて帰ったら実家に着くのは11時。
さすがにそんな時間に帰すのも不安だったし、家に電話して今日は泊りってことになった。
つか妹もそのつもりだったみたいで着替え持ってきてた。
だがそれがいけなかった。

最初のうちはまあ普通でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺がご飯作ってて、普通に妹とだべってる感じ。

妹「一人暮らしの家でこうやってご飯作ってると、何か恋人みたいだねー」

俺「じゃあお前作る立場じゃね?」

妹「男女平等です」

俺「うぜぇ」

・・・みたいな感じに仲睦まじい兄妹してました。

でもよく考えたらこの辺からフラグはビンビン立ってたよね。
兄妹だからまったく意識してなかった。

さて今日の献立はチンジャオロースーと中華スープ、ホウレンソウのおひたしです。
我ながらいい出来。
自炊してるし、料理は結構出来るんだぜ?
んでご飯も出来たし、妹と一緒に食べました。
実家にいた時は料理なんてしたことなかったから、妹もびっくりしてたけど、お褒めの言葉もいただき俺も満足です。

それからお腹もいっぱいになってまったりしてきたんで、さっき借りた映画を観ようということになったの。
正直、俺はあんまり興味がなかったから、適当に相槌打ちながら携帯弄ってた。
恋愛モノの映画だったのかな?
しばらくしたら割と濃厚なキスシーンに入ったんだけど、俺も妹もそこまで気にするような年でもないと思ったし、俺華麗にスルー。
したら妹が俺の股の間に座ってもたれてきた。
ちょ・・・携帯いじれない。

仕方ないから妹を後ろから抱っこするような体勢になって、一緒に映画観ながら話してたら、妹がいきなり「好きな人がいる」とか言い出したんだよ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そんなこと俺に言われても言うほど経験ねえよって思ったけど、俺もそこは兄として真剣に答えてやろうと頑張ったよ。
まずはどうやって仲良くなるかだとか、相手に自分のこと意識させろとか、自分でもよく分かんない事言ってたと思う。

次第に話は妹のことから俺の話に移っていって、「彼女はいるの?」だ、「キスしたことはある?」だ、「どんな感じなの?」だと質問攻め。
俺はこの後起こる事も知らずに、のんきに可愛いやつめとか思ってんの。
もちろんちょっと恥ずかしかったけど、俺は妹のことを思って真摯に答えた。

そうこうしているうちに「妹がキスしたい」って言い出したの。

冗談っぽく「兄妹はそんなことしねーよ」って言ったら、「彼氏出来た時にちゃんとできなかったら嫌だし、こんなことお兄くらいしか頼めない」って真剣に言うもんだから、ちょっとだけってことで俺も了承した。

最初は軽く触れる感じ。

「もう一回」って言うから今度は少し長く唇を合わせてみた。

部屋は異様な雰囲気に包まれていて、映画ではちょうどベッドシーンが流れてた。

妹「えっちぃシーンだね」

俺「うん」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


妹はとろんとした目になってるし、この異様な空気に流されて俺も頭がポーっとしてきた。
俺は妹が近づけてくる唇をもう拒めなくなっていた。
キスの間隔がどんどん長くなっていく。
俺はまるで恋人にするかの様に妹の唇を貪った。
ベッドシーンはとっくに終わっていたけどそんなことはもうどうでもよくて、俺は妹と舌を絡め合わせた。

「ンッ、ンッ」という吃音交じりのあえぎ声を妹は発していた。

30分くらいキスをしていたと思う。

妹「唇ふやけちゃう」

妹が冗談っぽく言ったところで俺も我に返る。
罪悪感でいっぱいになったけど、下半身はもうギンギンで、それを悟られないように俺は平静を装った。

妹「気持ちよかったよ」

俺は心を落ち着けて、「キスは終わり」と妹に言った。
ほとんど自分に言い聞かせてるみたいなもんだったけどな。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そしていきり勃った息子を抑えるためにしばらくトイレに篭ってた。
妹がゲームがしたいと言うから場所を教えて、まだしばらくトイレに居たんだけど、これが最大の過ちになる。
エロコンテンツは全部PCの中だし、電源切ってるから大丈夫だと思っていたんだけど、昔に友人に焼いてもらった無修正のDVDがゲームと一緒に置いたままだったのだ。
そんなことはすっかり忘れていて、トイレから出てきて俺が見たものはまさかの無修正DVDを観る妹だった。
幸いまだインタビューシーンで、何とかして止めようとするが、妹は興味津々で当然拒んでくる。

妹「これえっちぃDVDだよね?」

俺「これは見ちゃだめ!」

妹「なんでー、いいじゃんかよー、ケチー」

俺「駄目なもんは駄目なの!」

妹「お兄が私にえっちぃチュウしたことママに言うよ?」

俺は絶句した。
そのとき俺はもう妹には逆らえないことを悟ったね。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妹はまた俺の股の間に座ってもたれてきた。
が、もはやそんなことはどうでもよくて、俺はこれ以上何も起こらないように必死だった。
前戯のシーンが始まって、妹が無修正であることに気が付いて、「うわーすげー、丸見えだー」とか言ってるけど、関係ない。
あくまで冷静を装いながらも俺は煩悩を抑えるために、頭の中で必死に般若心経を唱えていた。

しかし、二十歳の男の性欲の前に般若心経など役に立つはずも無く、キスシーンを見た瞬間、先ほどの妹とのキスがフラッシュバックして、俺のちんこは再び隆起し始めた。
悟られてはいけないという思いも虚しく、ズボン越しに勃起するちんこが妹の背中に当たったのか、妹が聞いてきた。

妹「お兄、もしかして勃ってる?」

俺は再び絶句した。

妹「ねえ、お兄のおちんちん見せてよ」

俺「無理」

妹「無理とか意味分かんない、日本語で」

俺「日本語だバカやろう、無理」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妹「さっき私にチュウしたよね?」

俺「くぁ・・・」

逆らえないことは分かってたさ。
なし崩し的に俺はズボンを脱がされて、妹の前にいきりたった一物を晒す羽目になった。
あらゆる感情が渦巻く中であっても勃起が治まることは無く、妹は俺のちんこを見て「うわー、おっきいー」とか感心してやがる。
もうどうでもいいや、という気持ちになってきた。
まさに無我の境地だ。
ちんこは勃起してるんだけどな・・・。

妹は俺のちんこを指でつついたり擦ってみたり、先っぽから出てきた我慢汁を指先でネバネバしてみたりと遊んでいた。

(もうどうにでもしてください・・)

そんな感じで天を仰いでなすがままにされていたら、いきなり俺の体に電流のような快感が走った。
ふと妹に目をやると妹が俺のちんこの先っぽを舌でちろちろと舐めていた。
さらに我慢汁を舌先で転がし、竿まで舌を這わせてくる。

妹「何かネバネバでちょっとしょっぱいけど嫌いじゃない」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


妹はキスした時と同じとろんとした表情になっていた。
俺の理性は吹き飛んだね。

俺「なあ妹、フェラって分かるか?」

妹「・・・うん」

俺「もっと舐めて」

妹は何も言わずに頷いて、再びちんこに舌を這わせ始めた。
ぎこちない舌使いだけど、丁寧に竿を裏スジから亀頭に向かって舐め回して来る。
さらに小さな口に亀頭を含んで口の中で舌を使って舐める。
妹は喉の奥まで俺のちんこを含んでおいしそうにしゃぶっていた。
俺が「おいしい?」と聞くと頷いてくれた。

そして背徳感も相まって、あまりの快感にすぐにイきそうになってしまったので、俺は妹の口からちんこを引き抜いて、妹にさっきよりも激しいキスをした。
もはや俺も何がなんだか分からなくなっていて、そのまま妹をベッドに寝かして服を脱がせた。
妹は一切抵抗しないで生まれたままの姿になった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

キスをして胸の小さな膨らみを愛撫し、そのまま手を下まで這わして、妹のまんこに手をやると既にぐしゅぐしゅに濡れていた。
優しくクリトリスを刺激すると、妹はまたキスのときと同じ吃音交じりの声で喘いでくれた。
しばらくキスをしながらお互いの性器を弄りあっていると、妹がテレビのほうを見て目で俺に訴えてきた。
DVDはまさにセックスシーンの最中だった。

そのとき俺はなぜだか分からないけど、ここまでやっておきながらなお“セックスまではしてはいけない”という思いを持っていた。
というか、“挿入さえしなければまだ大丈夫”というワケの分からない思考回路だった。

妹の訴えに俺は首を横に振り、「セックスは駄目だから真似っこしよう」と妹に言った。

そして亀頭を妹の膣の入り口からクリトリスにかけて擦りつけた。
妹はさっきまでより少し激しく喘いでいるように思った。

続いて俺は妹の体を持ち上げて騎乗位の体勢になり、再びちんこを妹のまんこに擦りつけた。
妹も恍惚の表情で激しく喘ぎながら腰を前後に振って擦りつけてきた。
妹の体の圧迫感とドロドロのまんこの摩擦で、すぐにイキそうになってしまったので、俺は体位を変えて今度は正常位の体勢になった。
すると妹は足を絡ませ俺を抱き寄せてきたので、俺は一心不乱に腰を振りながらまた激しいキスをした。

そしてしばらく動いているといきなり妹が少し腰を引いてきて、その瞬間ちんこの軌道がずれてドロドロの膣の中に、にゅるんと入ってしまったのだ。
妹が今までに無いほど激しい「アァーッ」という喘ぎ声を上げた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

いけない!と思って抜こうとしたが、妹ががっしりしがみついて抜くことが出来ないうえに、妹が自ら腰を振ってきた。
締まりのよい膣の刺激は今までと比べようもなく、すぐに果てそうになってしまう。

俺「そんな、動いたら、中で、出ちゃうよ」

妹「いいの、出して、中でいっぱい出して」

もう何も止まらなくなった。
一度箍が外れるとそれまで押し殺してきた感情が溢れ出てきて、俺は激しく妹を突いた。
激しい快感が身を襲い、あっという間に俺は果てた。
妹も何度か身をびくんびくんと痙攣させてイッていたと思う。

不思議なことに、俺はことの済んだ後、罪悪感に襲われはしたが、なぜかそれ以上に満足感が大きかった。
妹も一緒だったように思う。
そして二人ベッドに横になって余韻に浸った後、色々と話した。

まずは妹が初めてではなかったという話。
まあフェラのあたりから薄々気付いちゃいたけど、初体験は中2のときらしいです。
俺が家を離れてる間になんてこった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

経験は2人で、初めての相手はちゃんとした恋人でもう別れてて、二人目は結構最近で、なんか行きずり関係。
押しが強かったのと、その場の雰囲気に流されてやってしまって、かなり後悔してるとの事。
エッチは気持ちいいから好きだとよ。

次に俺との最初のキスの話。
今好きな人がいるのは本当だけど、そんなことどうでもよくて、映画のキスシーンを見てたら何となくしたくなって俺にはっぱかけたとの事。

「お兄とならいいと思った」とか、よくねーだろ。

でもちょっと嬉しかった。

エロDVDも本当は俺がご飯作ってる間に物色して見つけてたんだと。
パッケージは無かったけど何となくそんな気がしてたって。
キスでかなりエッチくなってたから見たかったって言ってた。
セックスも俺とならしていいと思ったとか、よくねーよ。
まったくいつの間にこんなになってしまったんだか。

その後はまあ、ベッドでいちゃいちゃしながら弄り合ったり舐め合ったりして、勃起してきたらまたセックスみたいな感じで明け方まで中出しセックスしてた。
俺は4回イッて妹はもう何かイッたか分かんない。
さすがにもう体力無くなって二人でハグしながら寝ましたとさ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そのまま昼まで寝てしまって、実家から鬼電あって、夕飯までには帰らすって連絡して、二人でお風呂入って、お昼ご飯ハンバーガー食べて、妹を駅まで送って終わり。
あ、家出る前にまたチュウした。

妹は帰る前に「また来ていい?」って聞いてきたんだけど、俺はそれが何となく、『また遊びに来ていい?』ってことじゃなくて、『エッチしに来ていい?』って事だと分かりながら拒めずに、「いつでも来いよ」って言ってしまった。

そんでなんとなく俺はもう妹を女としてしか見れなくなってしまうんだろうなって思った。
まあ恋愛感情は一切湧かないんだけどね。
妹もたぶん一緒なんだろうと思う。

これが先週の土日にあった話です。
そして今、俺はまた妹が遊びに来ないかなって思ってるのです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 妹とエッチなDVD観てたら・・・

妻のオナニー告白
画像はイメージです
妻が自分から過去の男性の事を話してくれたのは、結婚して子供も大学に進学し、二人きりの生活になってからでした。

ある夏の初めの日曜日、俺が一人でビデオを見ていると妻が部屋に入って来て、「エッチビデオ、一緒に観よう」と言いました。

私がそれを持っていることは知っていました。
一度誘ったことがあるんですが、「そんなもの観たくない」の一言でした。

観始めて30分位したころ、俺の股間に手を置いて「しようよ」と誘って来ました。

俺は意地悪して「なにを?」と聞くと、「これを入れて・・・」と言う。

「なら、ここで、全裸になってくれよ」

そう言うと、意外にも素直に立ちあがり、スカートを下し、シャツを脱ぎ、ブラとパンティーだけになりました。

「全部脱いで、祐子(妻)のあそこを見せてくれよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「だったら貴方も全部脱いで」

俺は全裸になるともうすでに勃起していました。

妻は俺に仰向けになるように言って、俺の上に乗り、勃起したペニスを握るとそれを妻のあそこにあてがうとゆっくり腰を下しました。
ずぶりと入れると、初めて妻は自分から腰を動かし始めました。

「初めてのわりには上手いじゃないか」と俺が言うと、俺の目を見て「結婚前付き合っていた男性としたことあるから」と。

それから色々聞いていると「私にとって初めての男性で、2年間近く付き合っている間に、コレを口に含むことや、四つん這いになってのセックスや、男性がオナニーをする行為も見せてくれた」とのことでした。

俺はチャンスだと思い・・・。

「その他に何人の男性とセックスしたの?」と聞くと、
「他に2人だけだよ」と。

都合、俺以外の男性とは3人経験があるわけだと初めて知った。

「どの男性が一番よかった?」
「よく判らないけど、一人の男性は挿入だけでなく、私の身体中を愛撫してくれたの。すごく恥ずかしかったけど、愛してくれているんだと思うとすごく嬉しかった」

「結婚してからもオナニーはしているの?」
「あまりしないよ。だってコレがあるから・・・」と、俺のペニスを握って来た。

「でもすることはあるんだろう?」
「月に2~3度」

「どこでしているの?」
「居間のソファーに座って・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「昼間にか?」
「なんだかむずむずしてきて、貴方が帰って来るまではまだしばらく時間があるし、待ち遠しかったから、少し触ったの」

「女性のオナニーってどうしてするの?一度見せてよ」
「じゃあ、貴方がしているのも見せてくれる?」

以来、布団を二つ並べて寝ているけど、俺は自分でしたくなったら隣で妻が寝ていようと目が覚めていようとしている。
妻も2度ばかり俺が寝入っていると思ったかどうかわからないけど、布団に入る前にパジャマのズボンとパンティーを脱ぎ、仰向けになって手を股間に這わし、想像でエッチしているのを薄眼を開けてみたことがある。
最後は枕元に置いてあるティッシュで拭いていた。

朝、目を合わせても知らん顔だった。
その後、妻の整理タンスからパンティーを出して、妻が布団に入る前に顔に被ってオナニーをして、その後、布団の下に隠しておいた。
翌晩見ると、そこにはパンティーはなかった。

後日、代わりのパンティーが置いてあった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 妻のオナニー告白

個人面談室で先生が俺の彼女に後ろから抱きついている所を目撃
画像はイメージです
俺は高校3年で、同じ部活だったSと付き合っていました。



Sは俺との行為が初めてだったらしいですがかなりエッチな性格で、童貞だった俺ではあまり楽しませる事は出来なかったと思っています。



そのため、もっと上手い人に惹かれたんだと思います。



俺はある日、男の先生(これからはTとします)に授業の質問に行きました。



職員室で聞いたところ大学の資料室にいると聞き、その部屋まで行きました。



資料室には大抵人は居ません。



キャンパスの雑誌は各教室にあるし、個人面談室に繋がっているため、生徒は近づきにくい場所でした。



ついてみると、面談室には「面談中」の表示が。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

時間がかかるとして有名な先生なので諦めようとしましたが、スリッパ置き場にSの名がありました。



興味がありましたし、「悪い事をする」



という楽しさもあり、俺は中を覗きました。



すると、TがSの後ろから抱きついています。



意味が分からず固まってしまいました。



T「いつもKとやってるのか?」

S「最近はしてない、部活の大会で忙しいから」



Tの手は確実に胸を揉んでいます。



T「なら欲求不満じゃないか?」



S「してもしなくても、Kじゃイった事ない」



手はスカートの中です。



T「でも、俺だって妻がいるんだ。呼び出されても困る」



S「告白してきたのはそっちでしょ。それに、この部屋に入ったらいきなり抱きついてきたじゃない」



息が荒くなってきました。



S「声を出すなよ。人は来なくても、お前の声じゃ外からでも聞こえる」



全て服を脱がせ、激しく愛撫し始めました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


S「わかっ…てっ…っ…んっ」



もうSの足はガクガクです。



俺は怒りと悲しみで、どうしたらいいか分からなくなってしまいました。



S「…っもう…無理っっ声出るっ…っっ」



T「なら、やめるからフェラしろ」



S「しなきゃダメ?」



俺の時は全て断られていました。



T「しなきゃダメだ。しないと気分が乗らないんだよ。さぁ、ほらっ」



無理やり自分のモノに口を付けさせてます。



S「ん~…んっ…ぐ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


T「やっぱり下手だなぁお前、あんなに教えたのに」



S「…っぱ、学校は初めてだから…少し恥ずかしい」



T「なら入れるか」



S「ここで?イヤだよ…」



T「良いじゃないか」



S「え…だって」



T「ほら早く、前屈みになれ」



俺「良いわけないだろ!!」



気づいたらTを殴っていました。



当たり前ですが、その後先生は辞職。



Sとは口も聞いていません。



しかし、俺の地区では皆が知っているのでSは友達が居なくなりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 個人面談室で先生が俺の彼女に後ろから抱きついている所を目撃

洗濯バサミとハプニング
画像はイメージです
昔会社にいた同僚の女性(Iさん)とは、彼女が会社を辞めて5年経った今でもみんなで交流がある。
Iさんは23歳。顔は辺見エミリ似で巨乳、さらに性格も姉御肌でサバサバしていて入社当時会社でも結構人気があった。
現在はすでに結婚していて一児(男の子Y)の母になっている。

その日俺は同じ会社の友人(F)と彼女の家に遊びに行った。
着いたのは昼過ぎで、日中はIさんの1歳の息子Yと遊んでいた。
夜は旦那さんの帰りを待ってIさんの手料理を御馳走になる予定だったのだが、夕方Fが家庭の事情で急遽帰らなければならなくなってしまった。
俺も一緒に帰るべきか迷っていると・・・

「Aさん(俺)、ゆっくりしてきなよ。もう食事の準備も始めちゃってるし。」

と、Iさんが言ってくれた。
というわけで俺はその言葉に甘えることにした。
しかし数時間後、彼女はその自分の言葉を後悔することになる・・・。

19時過ぎ、Yがぐずりだした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あぁもう眠くなっちゃたね。今日はお兄ちゃん達とたくさん遊んだから疲れたんだねぇ。」

Iさんがあやす。

「じゃあ寝かしてあげた方がいいんじゃない。」と俺。

「でも昨日この子お風呂入れてないから、今日は入れないとまずいんだよね。」

参ったね。
俺、赤ちゃん風呂入れてあげること出来ないしなぁ。
旦那さんの帰宅は21時頃。
さすがにそれまで待つわけにもいかないようだ。

「ごめん!悪いんだけど私入れてきちゃうわ。なるべく早く出てくるからさぁ。」

「ああ、全然いいよ。料理の方は?何かやることあれば、俺やっとくけど。」

「とりあえず、もうあとは暖めるだけだから大丈夫。じゃあホント悪いんだけど、ちょっとTVでも見て待っててね。」

かくして彼女は息子を連れ風呂に入った。
始めのうちはTVを見ていた俺だったが、聞こえてくるシャワー音にだんだんムラムラしてきてしまった。
今あのIさんがシャワー浴びてんのかぁ~。
“覗いちゃおうかなぁ”と思った時には、もうすでに二人が風呂に入ってからだいぶ時間が経っていたので、出てくる恐れがあるため、そのスケベ心もあっさり姿を消した。

数分後、風呂場のドアが開く音がした。
そして・・・

「こぉらーY!ちゃんと拭かなきゃダメだってぇ!あぁちょっとぉー・・・ねぇAさぁーん!Yつかまえて。」
「えつ!なになに!?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


慌てて俺は居間を出た。
居間の向かいが廊下を隔てて風呂場だ。
廊下ではYが濡れた体で走り回っている。
すると、風呂場のカーテンから濡れた髪の毛のIさんが顔だけを出して、

「そこの洗濯機の横にバスタオルあるから、それでY拭いてくんない?」

「うん分かった。」

まさにその時、Yが洗濯バサミの入っているカゴにつまずいた・・・。

「あっ!」

異口同音に叫んだIさんと俺。
幸いYはすぐに立ち上がったが、洗濯バサミが床いっぱいに散らかってしまった。
俺が拾おうとすると、Iさんが「ごめんねぇー。」と言いながら、なんとバスタオルを巻いた状態で廊下に出て来た!
「いや大丈夫だよ。」などと言いながらも、俺はこっちに歩いてくるIさんのその姿に釘付けになっていた。

まだ濡れて乾いていない茶色い髪、細い肩と腕、歩くたびにグリーンのバスタオルの下で揺れる胸、思っていたより全然細くて白い脚。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まさか、あのタオルの下は素っ裸?んなわけないよなぁー。
なんとかパンチラ見れねぇかなぁー。
しゃがんで洗濯バサミを集めていた俺の前に、Iさんもしゃがんで来た。
シャンプーの甘い香りがする・・・

洗濯バサミを拾う度に動く胸の谷間もかなりたまらないものがあったが、俺はパンチラを期待して、気付かれないようにしゃがんだIさんの下半身を凝視した。
しかしさすがにバスタオルが短いのは本人も分かっているので、脚はしっかり閉じられている。
ただIさんは慌ててしゃがんだせいか、ふくらはぎとお尻でしっかりバスタオルを挟めていない。
そのためバスタオルの奥に少しお尻が覗いてる。
でも(恐らくかなりギリギリなのだろうが)残念ながらパンティーは見えない。
バスタオルで隠し切れていないお尻から太腿、膝へのラインもかなり色っぽい。
どうやらIさんは急なハプニングで焦ってしまい、今自分がかなり際どい格好を友人にさらしているのを認識出来ていないようだ。

俺は一生懸命洗濯バサミを集める振りをしながら、やはりどうしても諦め切れずにパンチラを狙っていた。
なんとか見えねぇかぁ・・・

とその時、Iさんが少し離れた所にある洗濯バサミを取ろうとして、今までぴったりくっついていたその左右の膝が離れていく・・・。
「見える!」と思ったが、Iさんはそのまま体ごと少し横を向いてしまった。
横を向く時に脚が開いたということは、正面に向きなおす時も開くかもしれない。
あの洗濯バサミをとって体を戻す時がチャンスだ!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

Iさんはその洗濯バサミをとり、こっちにあるカゴに入れようと向き直る。

「来たぁーっ、今だ!」

体を動かしてるうちに意識がゆるんだのか、Iさんの脚がさっきより明らかに大きく開かれた。
そして・・・次の瞬間、俺は固まった。

エッ!!!!!!!!!!!!!

はいてない!パンツはいてない!
Iさんパンツはいてな~い!

な、なんとついに開かれた太腿の間には、そこにあるはずのもの、パンティーがなかった。
Iさんはバスタオルを巻いただけで出て来てたのだ。
そしてもちろんそこにあったのは・・・Iさんのオマンコぉーーー!

初めて見た(当たり前か!)Iさんのヘアーは直毛で、体勢が体勢なだけに形状は分からなかったが、けっこう濃かった。
まだ濡れていてしずくが今にもこぼれそうだ。

その茂みの奥には・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


いつも仲良くしてるIさんのアソコを目の前にして俺の興奮は極限状態に。
茂みの奥に見えるIさんのオマンコは、とても一人子供を産んでるとは思えない程きれいだ。
風呂で体が暖まったせいかピンク色に染まったビラビラは、かなり大きく、やや開き気味になっていた。
しゃぶりつきたい気持ちを抑えるのが大変だ。

本人は全く見えていることに気付いていないらしく、洗濯バサミを拾い終えるまで、そのままの状態を崩すことなく、結局数十秒拝ませてもらった。
そして、Iさんは再び服を着るためにYを連れてカーテンの向こうに戻っていった。
俺も居間に戻った。
すると、あっ!風呂場のほうから何かに驚いたようなIさんの声が聞こえた。

「ねぇ、Aさぁーん!」

「なに?」居間のドアを開けて顔を出し返事をする俺。

Iさんはまたカーテンから顔だけ出していた。

「もしかしてさぁ・・・」切り出したIさん。

「なに?」と、とぼける俺。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


どうやらIさんは見られたかもと不安になったようだ。
いつもは何でもズバズバ言うIさんが、言葉に詰まっている。
しかしすぐに苦笑いで「見えた?」と開き直ったように口を開いた。

「何が?」

「さっき、私しゃがんだ時見えてたでしょ?」

「見えた。」

「マジでぇー?もう最悪ぅー!やっぱ・・・見たよね?」

「ばっちし見させて頂きました。当分オカズには困んないね。」

「あ゛ぁーもぉー。すぐ言ってよぉ!やらしいなぁー。」

その後は・・・
すぐにでもトイレで抜きたかったが、さすがにそれは露骨かと思いやめた。
彼女がふるまってくれた夕食は餃子だった。
旦那さんと一緒においしく頂いたあと、俺はすぐおいとまし、家路を急いだ。
彼女がもうひとつふるまってくれたオカズを早くいただくために・・・。

そう、冷めないうちに。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 洗濯バサミとハプニング

息子ほど年の離れた若い医師との一夜
画像はイメージです
50代の女です。
最近、孫もできました。

5年前の話です。
私は病院の売店に勤めておりました。

そんなに大きくもない病院の売店でしたので、1人で切り盛りしていました。

あれは、3月14日のホワイトディの日です。
その日は雪が降っていました。
リハビリの横田先生が来ました。

横田「あの、これ!」

私「なあに?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

横田「この前のバレンタインのお返し!」

私「えっ!?」

横田先生はいつもサンドウィッチと春雨ヌードルを買いに来てくれて、時間の許す限り色々な話をする間柄でした。
自分の息子のようにも感じていて、なんでも話していました。
先月のバレンタインのチョコは、たまたま午前中にお菓子の営業の人が私に「逆チョコ」とくれた物でした。
変わったチョコレートだったので横田先生にあげたのですが、貰い物とは言えず・・・。

私「お返しだなんて、貰えないよ」

横田「いいんです!それより、開けてみて!」

私「えぇ~・・・じゃ・・・」

開けると、それは私が大好きなハートのネックレスでした。
大感激した私は、「うわー!ありがとう!」とレジのカウンターを飛び出して、横田先生のそばまで駆け寄っていました。
私は感激で言葉も出ず、先生と2人リアクションに困っていたところに、「すいませーん」とお客さんの声。
“助かった”とばかりにお互い微笑しました。
本気の時は言葉も出ないものです。

家に戻り、胸の開いた服に着替え、ネックレスを着けてみました。

(素敵!)

夜、旦那が帰って来ました。
当然ネックレスには気づかず、チョコのお返しもなく、お酒を飲んで寝てしまいました。

その夜、私は久しぶりに女を思い出してしまい、お風呂でオナニーをしていました。
横田先生のプレゼントのネックレスを握りしめ、絶頂感を感じていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


あれから1ヶ月。
春は満開となりました。
先生は相変わらず、サンドウィッチと春雨ヌードルを買っています。
その日も暇な午後でした。

横田「桜、見に行きませんか?」

相変わらず唐突!

私「えっ?」

横田「夜桜!最近有名な◯◯市の△△坂の桜!」

私はキョトンとなりながら、自分を指差して・・・。

私「私と?」

横田「はい!是非!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私「ちょっとちょっと、こんなおばさん誘ってどうするの?もっと若い人誘ったら?」

横田「中嶋さん(私です)と行きたいんです」

その真面目な顔に惹きつけられました。

私「明日まで待って。旦那に聞いてみないと」

別に聞かなくても大丈夫なのは分かっています。
ただ、ポーズと言うか・・・。

翌日、OKの返事をしました。
凄く喜んでたカレ。

1週間後、当日を迎えました。
近くの銀行の駐車場に迎えに来てもらいました。
生憎、午後から雨。
冷たい雨。

途中、催してしまい、コンビニに寄ってもらいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

トイレは満員で、外で待ってると、「あれ!中嶋さん!」と聞き慣れた声。
例のお菓子の営業の人でした。
私はこの人を好きではありません。

営業「どちらに?」

私「夜桜見物よ」

営業「へー、どなたと?」

私「・・・」

私は悟られまいと、「旦那よ!」と言っていました。
凄く不自然な私!

営業の人は、「雨、寒いっすよ。風邪に気をつけて下さいね!」と行ってしまいました。
かなり、焦りました。

車に乗りこむと・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

横田「誰?」

私「営業の人」

横田「ふーん」

ほどなく、△△坂の夜桜に着きました。
雨に濡れた桜も、ものすごい綺麗でした。
私は気にもせず、カレに寄っかかり、腕を組み、どさくさに紛れて抱きつき、幸せでした。
いっぱい写真も撮ってもらいました。
そのあと、近くの個室居酒屋で食事をしました。

その時です。

女性「あ、倫クン!」

振り向くカレ。

横田「おー、百合子!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

2人は近づき抱擁!

百合子「久しぶり!」

百合子さんて人は私に軽く会釈し、横田先生に口パクで「ダレ?」。

「あ、同僚だよ」と素っ気ないカレ。

横田先生は席を立ち、彼女の元へ。
戻ってくる数分が何時間にも感じました。
私はさっきまでの年甲斐もない行動を思い浮かべ、顔を真っ赤にしていました。

(なんて、はしたない)

私「私、帰る!」

カレが戻ってきて、そう言ってしまいました。
カレは困った顔をしていました。

私「彼女のトコ行った方が楽しいよ。じゃ、さよなら!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私は店を出ました。
カレは追いかけて来ました。
無視してタクシーに乗り、ホテルへ。
自分が恥ずかしくて泣きました。

それから、カレは買い物にも来なくなりました。
病院ですれ違っても・・・。

数日後、桜の日に待ち合わせした銀行の駐車場を通りました。
その時、カレの車が駐車場に滑り込みました。

「あ!」

お互いです。

横田「中嶋さん、僕、アメリカに行くんです、研修で。もしかしたら、ずっと一生」

私「例の論文!?おめでとう!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

前に聞いてた話でしたので、素直に喜びました。

私「あなたの◯◯の母親として誇らしいわ!」

横田「母親・・・やっぱりそんな風にしか僕のこと考えてなかったんだ」

私「そうよ」

カレは黙って、ATMへ入りました。
私は頭が真っ白になっていくのがわかりました。

(違う、違う、違う、違う、違う、違う、違う、違う・・・)

私はキャッシュコーナーのドアを開け、横田先生に後ろから抱きつきました。

私「ごめんなさい。あれから、ずっとあなたの事考えてた。好き、好き、大好き!」

横田先生はこちらに向き直って大胆なキスをかわしました。
雨のキャッシュコーナー。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

◯◯市の小高い丘の上にラブホテルがあり、桜の木が1本ありました。
桜の木の下には処女がその町のために埋まっているとか、その桜は異様なピンクで毎年咲き誇っていました。

カレは部屋に入るなり、窓を開けました。
桜は七分咲きです。
私を裸にすると、桜の前で乳房を揉みしだきました。

私「あぁぁぁ・・・先生気持ち良いよ・・・もっと!もっと!愛してる!愛してる!愛してるゥゥ」

先生の手が下の方へ下がってきました。
立ったまま茂みの中を弄られ、私の人差し指を指フェラしています。

私「アァァ~立ってらんない」

ベッドに倒れこみます。
顔から足の指までしゃぶられ、焦らされて、焦らされて、私のあそこはぐしょぐしょです。

私「ガマンできないィ~!あそこ、私のあそこ弄ってェ」

横田「あそこじゃ、わかんないよ。ちゃんと言わないと、先生診察できないよ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私「いじわるゥゥ!クリよ、クリトリスと乳首ィィ弄ってェェ~」

先生は顔を埋め、ベロベロ舐めてくれます。
指で乳首を軽く、激しく摘んでいます。
波が押し寄せてきました。

私「アァァァ~!イク、イク、イク、イクゥゥゥゥ~!お胸でイッちゃうゥゥゥゥゥゥ~」

50年生きてきて、オマンコ以外でイッたのは初めてです。
ヒクヒク身体が痙攣しています。
私はお返しとばかり、先生を仰向けにして、おチンポにしゃぶりつきました。
あまり得意ではありませんが、愛おしく、愛おしく、舐め回しました。
私の口の中でますます大きくなる、先生のおチンポ!
嬉しくて、嬉しくて!

横田「オレ、ガマンできないよ!ミチヨさん!入れていい?」

私「私も、もう、もうアァァァ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は正常位で貫かれました。
大きなおチンポで串刺しにされた気分です。

私「愛してる!愛してる!」

私は頭が真っ白になりながら絶叫していました。
それから四つん這いになり、お尻を叩きながらバックで、オッパイを揉みしだきながら側位、私が上になり、女性上位。

私「好き!好き!好き!すきぃぃぃぃ~!イク!イク!イクゥゥゥゥ~」

入れられながらクリトリスを弄られ、私は自分でオッパイを揉みしだき、髪を振り乱し・・・。

私「またァァァ!イクゥゥゥゥ~」

絶叫し、そのままカレの胸に倒れ込みました。
カレは優しく抱き締め、キス。
また正常位になって耳元で・・・。

横田「オレもイキたい!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私「イッて!私の中でいっぱいイッて!」

カレは頷くと、また激しいピストンを繰り返し、私もまた波が押し寄せてきました。

横田「イクイクイクゥゥ~、オレ、イッちゃう!」

私「私もまたイキそう!お願い、お願い、一緒に一緒にィィィ!」

横田「あァァァ!イク!」

私「私もォォォ~」

2人で果て、私は失神してしまったようですが、カレは優しく介抱してくれました。
その後、お風呂場、洗面台の鏡の前で、チェックアウトの後も物足りず、桜の木の下で立ちバックでやりまくりました。
何度イッたか記憶がありません。
2、3日、放心状態でした。

先生はその後は相変わらず売店に顔を出し、サンドウィッチと春雨ヌードルを買い、時間の許す限り話をしていきました。

先生がアメリカに行く前日、私からお願いして抱いてもらいました。
夜景がキレイなスィートルームで。
私は泣きながら、悶え、イキまくりました。
翌日、先生はアメリカに旅立ちました。

それから私も孫ができて若いおばあちゃんになってしまい、孫の世話で売店も辞めてしまいました。
桜を見ると、思い出します。
更年期で生理不順ですが、この時期はまだまだ女です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 息子ほど年の離れた若い医師との一夜

連れ子同士の恋愛SEXでラブラブ中出し
私はX7才、K2年生で、母と養父の3人暮らし 養父には26才のYさんという娘さん 私にとっては義理の姉がいますが、すでに結婚していて2回ほど会っただけでした。 ところが先日、Yさんが離婚し、仕事が見つかるまでの間、うちで […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 連れ子同士の恋愛SEXでラブラブ中出し

やっぱり彼女は処女だったんだと思う
画像はイメージです
俺は何度か経験済みなんだけど、処女は相手にしたことがなかった。
別にだからといって気にするわけでもなかったし、友達の話を聞いてる限り大変そうだったからまぁいいかなって思ってた。

そんな俺に年下の彼女ができた。
目がくりってしてて可愛くて「妹」ってカンジの子。

一見オドオドしててオクテそうなんだけど俺よりしっかりしている。
エロい話にも冗談交じりで答えてくれる理想的な子だった。
だから当たり前のように経験ありだと思ったし、彼女から「まだしたことない」と俯いて言われたときには「だまされてる」って思った。

付き合い始めて何ヶ月かしたとき。
親がいないからというありがちな理由で彼女を家に呼んだ。
俺はもちろんするつもりで呼んだし、彼女もその覚悟はしてるだろうと予想してた。
昼間は喋ったりゲームしたりはしゃいでたけど、夜になるにつれ彼女の口数が減った。


if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

2人でテレビを見てたときに、不意に目が合ったから彼女を寄せてキスした。
彼女は驚いたようで目をまんまるくさせてたけど、何回かするうち、目を閉じて舌をいれる俺に応えるようになった。
彼女のぎこちない舌の動きに興奮して、我を忘れてキスし続けた。
彼女がため息をつきながら下を向いたので「どうした?」と顔をのぞくと「・・はじめてなんだもん、キスするの」と小声で言った。

「え・・でも彼氏いたんでしょ?」

「いたけど・・こういうことしてない。2人きりになることなかったから」

じゃぁなんであんなエロい話についていけるのと聞きたかったけどやめといた。
俺は「そっか」とだけいってキスを続けた。

俺の部屋はいつもバスケの雰囲気が漂ってるがそのときだけは違った。
明らかにお互いが先を意識してる、無言な空気が漂っていた。
俺はキスをやめ彼女の腕を掴み、ベッドに座らせようとした。
彼女は抵抗する様子もなく素直に従った。

正座を崩した形で座った彼女はしばらく俯いていた。
人差し指であごを上げると目があい、彼女の目がきれいだと改めて気づいた。
キスをしながらゆっくり押し倒して、頬や目、耳もキスしていった。
耳が弱いのは前に聞いていた。
性的な意味ではなくただたんに人に触られるのが苦手らしい。
耳を中心に舐めていると、彼女からエロい吐息が漏れた。

それに気をよくした俺は右手を服のなかに滑らせようとすると、彼女が初めて抵抗を見せた。

「なに?」

「・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「どうした?」

「電気・・」

そういえば付けっぱなしだった電気。
豆電球の明かりだけを残して、暗くしベッドに戻る。
そのおかげでますます彼女が色っぽく見える。
年下の、まだ制服を着ている彼女が。

キスをするだけで腰をくねらせる彼女。
耳を舐めると声を漏らし、恥ずかしそうに口を押さえる彼女。
彼女のすべての行動がいとしく見えた。

経験者じゃこうはいかないだろうと思う。
当たり前のようにキスし、明るくても脱ぎ、声を出すことに抵抗は無いだろう。
比べると、確かに彼女は未体験だ。

胸を触ると、キス以上に腰をくねらせて逃げようとしている。
大きいとは言えないけど、でもちっちゃすぎるわけでもない。
しばらく手のひらで撫でた後、先をつねってみた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その瞬間に腕を握られた。
ただビックリしただけで、感じてるわけではないようだった。
最初は感じなくても、長くしていれば感じるようになるのかと思って他の何するわけでもなく、彼女の顔を見ながらひたすら乳首の開発。
つねってみたり服の上から触るか触らないかの微妙な強さで擦ったり。

どのくらいたったか分からないけれど、彼女が首を振った。

「痛い?」と聞くと首を振った。

「気持ちいい?」と聞くと、小さく頷いた。
さっきのようにまた続けていると、手を止められた。

「気持ちいいんでしょ?」と聞くと、「だからだよ」と言われた。

意味がわからずぼーっとしている俺を見て彼女は恥ずかしそうに「気持ちよすぎて・・頭・・変になってくるから・・・」といった。

可愛かった。
サッと服をたくしあげ、彼女がぁっというまに乳首を口に含んだ。
すでにたって硬くなってる乳首はなんとも言えなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

舌の感触とか温度が心地いいのかどうなのか、彼女は声を出し始めた。

俺は夢中で舐めてた。
少し自分にも余裕が出てきたころ、手を太ももから滑らせ、とうとうあそこに触った。
ぐっと押すと、湿り気が感じられた。
クリがあるだろう場所と中心に押したり擦ったりしていると彼女はまた首をふり始めた。
たぶん感じているんだろう。

俺は一度体を起こし、服を脱がせた。
制服は難なく脱がせられたのだが、下着は拒まれた。
せめてキャミは来たままがいいという彼女。
どうせ暗いから見えないよという俺の説得も虚しく、ブラだけを器用に外し、すぐ制服の下に隠していた。
俺はそこで押し倒して、パンツを脱がそうとした。
彼女は拒んだが、パンツはじろじろ見ないからというと腰を浮かせ、とりやすいようにしてくれた。

まぁばっちり見たけどね。
彼女の足の間に自分の体を入れ、足を閉じさせないようにした。
それすらも恥ずかしいようで顔を覆っていた。
すでに湿ってたあそこに指を滑らすと、湿ってるどころかビチョビチョ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

すぐに舐めた。
汚いよと焦る彼女の言葉をかちむしでひたすら舐めまくる。
顔をのぞかせたクリをすうと、彼女から今日一番色っぽい声がでた。
彼女も自分の出したこえが信じられないような顔をして口を押さえた。
腰をがっちり抑えて逃げられないようにして舐める。
すると彼女の声が絶え間なく聞こえ、首をやたら多く振ったのでイキそうなのかなと思って手を伸ばして乳首も攻める。
何も考えずしばらくしていると、あっ/と声が途切れ彼女の力が抜けた。

「いっちゃった?」

「・・聞かないで」

「いっちゃったんだ」

「もぉ!」

いつもしっかりしている彼女とのギャップ。
頭を撫でると嬉しそうに笑った。

俺が「してくれる?」とだけ言うと、何のことが分かったのか、俺の股間に目を落とした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は彼女の手を掴んで触らせた。
女の手ってなんであんな柔らかいんだろ。
握られるだけですごくきもちよかった。

無理と覚悟してたけど「舐めてみて?」と聞いてみた。
彼女は俺をじっと見た後、顔を近づけておずおずと舌をだした。
ぎこちなく舐めている彼女は時折俺を見るため上目遣い。
反則です。
パクっと咥えてしまうと、あとは自ら顔を上下させて舌をつかったりすってみたりとあらゆる技を使ってた。

「慣れてるね」と言うと「初めてだよ」と返してきた。

「今まで何人?」

「だから初めてなの」

「でも慣れてない?」

「下手でしょ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「いや、めっちゃうまい」

「ホント!?」

彼女は嬉しそうに笑い、続けた。
いきそうになったので彼女を止め、ゴムをつけつつ彼女を寝かせた。

一度ぎゅっと抱き締めて、俺のをあてがった。
ぐっと力を入れると眉間にしわを寄せ、痛いと口を動かした。
少しでも和らげようと少しずつ前後に動かしながら拡張してくように入れていった。
彼女は何も言わずひたすら耐えていたようだが、とうとう我慢できなくなったのかいた!と声を上げて、俺の体を止めようとしていた。

それでも続けた俺は今思うと最低だと後悔するが、彼女はちょっとぐらい強引じゃないと、痛いっていってやめてたら一生できなかったとおもうとほほえんだ。
根元まで入ったときには彼女は泣いていた。
ごめんと謝ると、彼女はただ「しあわせだよ」とだけいってくれた。

動かし始めるとまだ痛みは取れないのか彼女は深く呼吸をしていたが、しばらくすると喘ぎ声にも似た声を出し始めた。
奥までぐっと入れると、あぁ!と大きい声をだした。
口を押さえる彼女の手をほどいて押さえ、「声聞きたい」と言うと恥ずかしそうに俯いた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

どんどんスピードを早くすると、それと同時に彼女の声も断続的に聞こえた。
それを聞くだけで感じてしまい、すぐにいきそうになった。
彼女の、我慢しきれずに出た声を聞くたび俺のは脈を打ち、普段より何分も早く果てた。

もちろん彼女はそこでイクこともなく、肩で呼吸していた。
汚れた布団を見ると、やっぱり彼女は処女だったんだと思う。

「責任取らなきゃ」と思うのは俺がアホだからだと思うけど、彼女が目を瞑り、うずくまっているのをみると守りたいと思った。

帰るとき、彼女にごめんと謝ると、ごめんって言わないでと言われた。
なんか間違ったことしちゃったって感じがすると。
ありがとうというとにっこりと笑って俺に抱きつき、ヘヘと笑った。

年下っていいな。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか やっぱり彼女は処女だったんだと思う

ただの幼馴染だと思ってた女の子が・・・
小、中、高と同じクラスだったミキは凄かった。 小学校4年くらいから、 明らかに他の女子より膨らんでいるのがわかった。 俺は家が近かったのもあり、 ミキと仲が良く、マラソンの時は一緒に走った。 横を見ると、 この世の物とは […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 ただの幼馴染だと思ってた女の子が・・・

田んぼで毎日オナニーしてます
画像はイメージです
農家に嫁いだ私の淫らな私生活を投稿したいと思います。

結婚後、夫の母が亡くなって父親だけになった事もあり、私達夫婦は実家に入る事になったんです。
夫の実家は農家で、田んぼを十数枚と畑を少し持っており、夫の父が1人でやり繰りしていました。

夫(44歳)は公務員(県職)で忙しく、家の事を手伝う事が出来なかったので、私が代わりに炊事の合間を見て手伝う様になったんです。

子供(1人:男)も生まれ、今では中学生になります。

数年前には義父も70歳を超え、体調不良もあり農業は私がメインで行う様になっていました。

30歳後半には夫は仕事も忙しく、夫婦の営みも無くなっていました。
まだ30歳を過ぎたばかりの私の肉体は欲しくて堪らなかったのを覚えています(他の人より性欲が強かったかも知れません)。

ある日、押入れの中を片付けていると、若き日に夫が買って使っていたバイブとローター、ローションなどが入った箱を見つけたんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

思わずバイブを握り締めながら、昔を思い出しムラムラしていました。
そして私はズボンを脱ぎ、アソコにバイブを当てていたんです。

それからと言うもの、私は暇を見つけては、バイブやローターでオナニーをする日々を送っていました。
しかし、家の中には義父や子供もいたので、ビクビクしながら欲求を満足させていました。

ある日、私は道具を持ち出して外でオナニーをする事を決めたんです。

袋に入れた道具を持ち、軽トラで山中の田んぼに出掛け、誰も来ない所で車を止めバイブを手に取ったんです。
辺りを気にしながらズボンを脱ぎ、アソコにバイブを当てると既に濡れまくったマンコに吸い込まれていったんです。

初めての野外オナニーに、思わず大きな声を出してしまいました。
誰も居ない山中、私は1時間もの間バイブと戯れる事が出来たんです。

それからと言うもの、私はいつも外でオナニーをする様になっていました。

道具も山中の溜池のポンプ小屋に隠し、農作業の合間を見てオナニーを繰り返したんです。

毎日の様にオナニーをする日々を送っていると、刺激が欲しくなり私はローターを付けた状態で農作業を行う様になりました。

近所の男性が近くで草刈をしている中、私はマンコにローターを入れたまま彼と会話をするんです。
こんな事がバレたら大変な事になるに違いありません。

“ブ~ンブ~ン”と音が鳴る瞬間は心臓が飛び出しそうなんです。

相手にバレない事を祈りつつ、アソコは興奮で大洪水。

彼と別れ、アソコに思いっきりバイブを出し入れし逝きまくりながら、プチ反省を繰り返すんです。
こんな日々を送る私は、もう止められません。

いつかバレる日が来るかも・・・。

そう思いながらも、アソコを濡らし軽トラで山を目指す私です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 田んぼで毎日オナニーしてます

現場目撃して興奮してオナニーまでする人は変態か神かどっちかだ思う
俺は19歳の時大好きな彼女がいた。 名前は理奈にしとく。 理奈は背が小さく、 胸はちょっとしかなかったが可愛い子だった。 顔は料理番組で「星三つ」とか言ってるじじいの横に居た子に似てる。 確か「小林麻央」だと思う。 軽く […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 現場目撃して興奮してオナニーまでする人は変態か神かどっちかだ思う

やっとたえちゃんに会えて嬉しい
画像はイメージです
同い年の従兄のけんじ君と仲良しで土日はいつも遊んでいた。
けんじ君は本家の内孫で、私達家族が行くのをいつも毎週楽しみにしていた。
私達はいつもふたりでおじいちゃんの仏間で遊んだ。
私とけんじ君はいつも一緒だった。

小5の頃、ある日、私がリカちゃん人形で遊んでいるとけんじ君がガンダムのフィギアを持って部屋に入ってきた。
私は急に、自然に夫婦ごっこがしたくなった。

けんじ君に「けんじ君は旦那様だから上手に話してね!」と指示をした。
けんじ君は言うことを聞いた。


「あなたお帰りナサイ。お風呂にしますか?お食事にしますか?」

けんじ君が黙っていると私が「じゃあ、あなた。お風呂にしましょうね。私が服を脱がせてあげるわ」そう言って、着てもいないガンダムの服をリカちゃんの手を使って脱がせる真似をしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

けんじ君は「恥ずかしいよ」とモジモジしました。

「駄目よ。あなた。旦那さまなんだから、私が体を洗いますわ」

そう言ってリカちゃんの手を持ってガンダムの体を洗う真似をしました。
そして体を拭くフリをして「次は食事にしましょう」と言いました。
でも私は少し変なことを言いました。

「裸でご飯を食べましょう」

けんじ君は「うぅ・ん」とびっくりしながらもデレデレして言うことを聞きました。
私はリカちゃんを裸にしてダイニングに座らせました。
リカちゃんマニアだった私はダイニングセットもベッドルームもほとんど持っていました。

「あなた。ご飯の後は寝ましょう」

キッチンからベッドルームに来させるとベッドに寝ようと言いました。
今度はけんじ君も楽しそうです。

「あなた。好きよ」

私はリカちゃんをガンダムの上に乗せて

「あん。あん。あなたーーーーー」と体をクネクネさせました。

するとけんじ君が「たえちゃん。好きだよ。たえちゃん。好きだよ」と今度はガンダムを上にさせました。

私はガンダムの口にリカちゃんの唇を持っていき「あなたチューして」と言いました。

けんじ君が激しくガンダムの体をくねらせながら何度も「たえちゃん愛してるよ」と言いました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私はお兄ちゃんが友達と話していた言葉を盗み聞きしていてどうしてもそれを使いたくなりました。

「けんじ君。私とセックスしましょう」と悶えるように言いました。

けんじ君も「そうだね。たえちゃん。セックスしよう。セックスしよう」と興奮気味に言いました。

ふたりで「気持ちいいね」「気持ちいいよ」と言い合いました。

よく解からないまま、二人は興奮しながら裸のリカちゃんとガンダムフィギアの体をもつれ合わせました。

しばらくすると、おばあちゃんに呼ばれたので私達は慌ててこの遊びを止めました。
私は「これはふたりの秘密だから誰にも言っちゃ駄目!だからね」と言い、けんじ君も「うん。秘密な。でもまたやろうな」と言いました。

その後私が遠くへ引っ越してから私達は19歳になるまで会いませんでした。
再会した時、私達はお互い付き合ってる人がいて「私たち子供の頃イケナイ遊びをしてたよねw」と笑いながら語りました。
けんじ君は「俺ずっとたえちゃんの事好きだったんだからな」と言いました。

今の彼女もたえちゃんに似てるから好きになったんだぜ」と言って写真を見せられました。
確かに言われてみると何となく私に雰囲気が似ていまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女もいっしょに会うと「やっとたえちゃんに会えて嬉しい」と言われました。
ドラマみたいな話だけど、けんじ君は「子供の頃好きだった従兄妹」として私の話を繰り返し話していたそうです。

後から「俺はずっと、たえちゃんと付き合いたかった」と言われてびっくりしたけど私はそのことは遠い思い出だったので意外でした。

そして何より、あんな卑猥な遊びをしかけた私を好きになるなんて相当ど変態なのね・・・。
と思いました。
でもたぶん私達従兄妹はすごく相性がいいと思うので、今25歳だけどまだお互い独身だからいつかセックスしてみたいなと思います。:゜(。ノω\)゜・。

私、相当エロいかなー。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか やっとたえちゃんに会えて嬉しい

結婚初めての大晦日から新年にかけて姫始めwww
結婚して初めての大晦日は、 睦巳の実家で迎えた。 紅白歌合戦を聞き終えて 睦巳より一足先に居間の寝床に横たわっていると、 まもなくして睦巳も布団に潜り込んできた。 布団に潜り込睦巳の動作で 女の柔肌が少し触れただけで男は […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 結婚初めての大晦日から新年にかけて姫始めwww

田舎の自動車教習所で、まさかの展開?
画像はイメージです
あれは今から7年ほど前の事。
俺は某所に合宿で免許を取りに行ったんだ。

高校を卒業してすぐ、大学に入る前に免許を取りたくて、合宿にした。

田舎の教習所で、周りには特に何も無かった。
コンビニくらいかな・・・あったのは。

そんな環境だから、毎日車の勉強ばかりしてた。

ある程度、教習も進んでくると教官と一緒に車に乗る様になるじゃない。

まぁ想像つくと思うんだけど、年はまだ20代中盤~後半くらいの女の教官がいた訳ですよ。
そいつがどうも教習中にそわそわしてる。

ある時、俺は思い切って聞いてみたんだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「先生、どうしたんですか?」

「えっ?!」

不意をつかれてビックリした様に答えた。

「あのね、◯◯君・・・」
「はい?」

「先生ね、今日、夜暇なんだ」
「え??・・・あ、はい」

当時女とデートした事すらなかった俺は、若干動揺した。

「ゴハンでも食べに行こうか?」

旅の恥は掻き捨てと言うが、俺はまさにそんな心境で、「どうにでもなれっ!」とご飯を食べに行く約束をした。

親からも地元からも離れ、大胆になっていた事は間違いないと思う。

で、その夜メシを食べに行った。

むこうでは派手な部類に入るのかもしれないイタメシ屋で、パスタやピザなどを二人で分けながら食べた。
なんかデートっぽいじゃねーか。

そこまで仲はよくなかったが、ここでかなり打ち解ける事ができた。

ぶっちゃけこの時点で結構罪悪感があった。
こんな事していいのかな・・・という気持ちはずっと腹の中で重い石の様に消化されずに残っていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そして食事が終わり、デザートとコーヒーで締めくくり、店を出た。

正直俺はここまででもかなり嬉しかったし(罪悪感もあったが)、それ以上の事はまさかないだろうと思っていた。

しかし、こんな一言で俺の心臓は一気にバクバクいいだした。

「あのね、あたしさ。◯◯君を見てると我慢出来なくなっちゃうの」
「え・・・」

俺は言葉に詰まった。

正直、「お、俺もです!!」とクマー!!並に釣られてみたいのはやまやまだったんだが、何故かこういう所で一歩引いてしまうのが俺。
だって、何に我慢できないのか、よく分からないし・・・。
この辺が童貞の考えww

「えっと・・・どういう事ですか?」
「だからぁ・・・分からない?」

「え・・・?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「・・・ホテルいこ?」

俺は、黙ってしまった。

何て答えりゃいいんだよ。
わかんねーよ。童貞だしww

たぶん顔は真っ赤だったと思う。
自分で何を考えてるのかすらよく分からなかった。

しかし、それまでと違うのは、ここはノット地元。

(知り合いもいないし少しくらいハメを外したっていいや!)

そんな考えが頭をよぎり、俺は「あの・・・、先生がいいんなら・・・」と答えた。

お前等なら分かるだろう。
この時点で既に我慢汁出しまくりw

俺はこれから始まるであろう未知の体験に、なんだかいつもの暮らしから抜け出して別世界に入ろうとしている様な感覚だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


郊外の一角にあるちょい古めのホテルに入った。
部屋に入ったとたん、アンアンアンアン声が聞こえてきてビックリした。

おいおい、何で部屋に人がいいんだよ!?と思ったら、テレビがついていて有線か何かのエロビデオが流れていただけだった。

エロい雰囲気を作り出すための初心者向けの配慮なのか?w

俺が画面をなんとなく眺めていると、

「ねぇ、こっちきて?」

ベッドの前で先生が手を伸ばしている。

ちょっと戸惑いながらも側に寄ると、ぐっと引き寄せられて抱きしめられた。

髪の毛からいい匂いがする・・・。
しかも結構強く抱きしめられていたので硬くなったモノが当たっていた。
当たっているだけでも若干気持ちよかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

先生がふと顔を上げる。
こ、この姿勢は、キスなのでは?

無言で顔を上げられても困るんだが・・・。
ここはキスだろ。
うん。間違いない。

でもさっきご飯食べたばかりだし、自分のニオイも気になる・・・w

ちょっと顔を仰け反る。
普通風呂入って歯磨きしてからじゃないのか?(汗)

でも、しない訳にはいかん。
いきなりぶちゅっ!とかは出来ないので、ちゅっ・・と軽めに「ちゅっ」くらいのキスをした。

「もっと!」

全然不満だったらしいw

でも、そのおねだりの仕方が可愛くて、自分が失敗した、という感じにはならなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

このあたりは年上の配慮なんだろうか。

今度は少し長めに深く、少し唇が噛み合うくらいまでキスをした。

「んっ・・・」

先生が声にもならない様な声を出した。
そんな声出されたらこっちも興奮しますがな!!
テンションの上がった俺は、舌を入れてみた。

ちゅっ・・・ぴちゃ・・・。

何ともエロい音がする。

「んんっ」

おおっ!これは感じているのか?

自分が上手くできているのか心配だったが、どうやら感じてくれているらしく、嬉しくなった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 田舎の自動車教習所で、まさかの展開?

クリスマスを一緒に過ごせなかった彼女のおっぱいにキスマークが・・・
俺が19の頃付き合っていた女だけど・・・。 クリスマスに会おうと言うと 「レゲエのパーティに誘われたからそれに行く」 と言われた。 なぁんか嫌な予感がしたんで 「誰と・・・?」と聞くと、 「いつも髪の毛切って貰ってる美容 […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 クリスマスを一緒に過ごせなかった彼女のおっぱいにキスマークが・・・

つわりの酷い嫁を手伝いに来てくれた義妹と・・・
画像はイメージです
弾みで義妹とやっちゃった。

深夜に帰宅し風呂に入り、台所に行くとパジャマ姿の嫁が洗い物をしてる。
いつも通り、「ただいま」って後ろから抱きついたら義妹だった。

遊びに来ていて、嫁のパジャマを着ていたらしい。

「いつもそんなことしてるんですかぁ」なんて白い目で見られつつ・・・。

遊びに来てると言うか、嫁のつわりが酷くて手伝いに来てたわけで、おっぱいを揉んじゃって動転してる俺にビール出してくれて雑談するはめに。

大学生なので学校の話やバイトの話などなど・・・。
っても、こっちは上の空なわけでして、それに気が付いた義妹は、「大丈夫だよ。姉さんには黙っとくから」って笑いながら、「そんなに姉さんに似てる?」って聞いてきた。
二人で缶ビール飲みながら話してて、「んー似てるかなぁ」なんて言うと、「そっかぁー、似てるか」って。

義妹「で、ところで、いつも姉さんにあんなことしてるの?溜ってるの?浮気したり変な店行っちゃダメだよっ・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「店行くわけないし、浮気するわけないじゃん」

反論しつつ、ヤバいと言うか、冷や汗と言うか・・・。

「もう、寝よう」と席を立とうとしてたら、義妹が近付いて来て・・・。

義妹「姉さんの代わり、してあげよっか?」

さっきの件でからかわれてると思ってるから、「さっきのは事故だよ、そんな事出来ないだろ?寝よう」って言ったんだが、俺の股間を擦りながら、「火ついちゃったよ。責任とって」と言いつつ、キスしてきた。

(ヤバい!なりゆきだ!)と思いつつ、溜ってるし。

何より嫁と違い美人系、触った感触では胸も大きい。
頭の中を色んな思いが駆け巡るなか、義妹は跪き、俺のパジャマを下ろし、「ほらー」って上目遣いで微笑むと根元に舌を這わせてきた。
嫁と較べると・・・巧い。
音を立てながらしごいてくれて、玉も綺麗に転がしてくれる。
マジヤバ・・・たまにこちらを見る上目遣いがエロ過ぎ。

椅子に腰掛けると、義妹のパジャマのボタンを外し、乳首を弄りながらおっぱいを愛撫始めた。
とうとう我慢出来なくなり彼女を引き寄せ、舌を絡ませながらパジャマとパンツをずらしていく。
やはり綺麗な大きなおっぱい。

「お姉ちゃんとどっちが大きい?」

そう聞いてきたがスルーし、乳首に舌を這わせながら割れ目に指を這わせた。
勃った乳首を舌で転がしながらアソコを指で掻き回すと、くちゅくちゅといやらしい音と愛液が垂れ始めた。
声を出さないように我慢してるせいか頬が紅色に染まり表情が歪んでる。
エロ過ぎ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

腰に手を沿え、濡れ濡れのアソコを舐め始める。
じゅるじゅると音を立てる。
喘ぎ声が漏れ始め、腰が震えてきた。
ビラビラを開き、舌でクリを突付きだすと、「ダメ」って頭を押さえてくる。
構わずクリを舌で集中的に刺激していく。

俺「ゆり(嫁)より、いやらしい味だよ」

・・・などと責める余裕が出始めたかも。

椅子に片足をあげさせて時間をかけ舌で愛撫していく。
実は嫁とこういうセックスってしたことがないんで、久しぶりのエロエッチ。
ちょっと過激にやりすぎたかも。

俺の肩に手を沿え、なんとか堪えてたが、「いや」って呟き、一瞬止まる。
そして寄りかかるように倒れこんできた。

義妹「ゆりちゃんに怒られるぞっ」

目も虚ろな感じで、俺の胸に顔を埋めて荒い息遣い。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

少しだけ長い時間、彼女を抱き締めてた。
しばらくした後、うなじから首筋、そして唇にキスをしていく。
呼吸が落ち着き始めた彼女が、優しく勃起したチンポを握ってきた。
正直、(これで終わるもよしかも?でも残念!)なんて思ってると、萎えかけたチンポをゆっくりとしごきながら、「したい?」って聞いてきた。

こういうシチュって嫁とでは絶対に有り得ない。
妖艶な目で見つめられたら、引き返せなかった。

俺「さり(義妹)は?」

耳元で囁きながら耳たぶを甘噛みしていく。
嫁とやるときの癖だが・・・、義妹にはウィークポイントでは無かったようで・・・。

義妹「もう、くすぐったい・・・姉さんはそこが弱いんだ」

首に手を回して微笑みながらそう言いつつ、唇を重ね、俺をフローリングに倒していった。
騎乗位でゆっくりと腰を沈めていく義妹。
奥まで入った瞬間、吐息が漏れ、歪んだ表情を見せる。

義妹「私がしてあげる」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


義妹はそう言って上下に腰を動かし始めた。
暖かくヌレヌレのアソコの感触・・・久しぶりだし、気持ちいい。
揺れるおっぱいを下から支えるように揉みあげる。
腰の動きが小刻になり、前後の動きが加わってきた。
目を瞑り腰を振る義妹。
声が出ないように指を噛んだり手で塞いだり。
突然、床に手をつき、ハアハアと呼吸をする。
ごろりと彼女を下にして正常位の体勢に持ち込む。
俺の癖というか、正常位でフィニッシュって、恋人つうか今は嫁とやるときで、昔から遊びの場合は騎乗位かバックなんだが、正常位になだれ込んでしまった。

彼女の口をキスで塞ぎ、腰を打ち付ける。
舌を絡ませ、互いの唾液が交じり口いっぱいに。
彼女の手が背中に回り俺にしがみつく。
勃起した乳首が揺れながら体に擦れてヤバい感じに。
こういう濃厚なセックスって久しぶり。
腰を突き上げ、奥へ奥へ。

(マジでヤバい。中出しは絶対避けたい、避けなきゃ)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

義妹「いい・・・イク」

彼女が呟いた。
俺も彼女もヤバい。

(胸に?顔に?)

一瞬、頭をよぎるがまずは中出しは避けたい。
チンポを抜いた。
チンポを抜いて膝立ちをした瞬間、厳密には、恍惚とした彼女の表情を見て、射精してしまった。
ちょうど胸の辺り。

義妹の横に寝そべり、彼女の顔を見る。
腕枕をしつつ片方の手で精液を塗るように胸を愛撫してく。
義妹は、「いっぱい出た?」って、にこって聞いてくる。
指で精液をすくい、彼女に見せる。
指を舐めて・・・。

「おいしい・・・。気持ちよかった・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

義妹は俺の肩に顔を埋め呟いた。
ひと呼吸整え、キスをし、彼女を抱きかかえバスルームへ。
胸の精液を見て・・・。

義妹「すごい、いっぱい溜まってた?」

笑いながら言う。

俺「さりだって・・・」

秘部に指を入れ、愛液を掬い、見せながら舐める。

俺「エッチな味でおいしいよ」

シャワー浴びながら互いの体を愛撫するように洗いながら、舌を絡ませてく。
もっとたくさん乱れた義妹を見たい。
乱れさせたい。
そんな気持ちが膨らんできた。
でも、ダルさと眠気も膨らんできた。
彼女がシャワーを止める。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

互いの体を拭きバスルームを出る。
パジャマの着せあいをし、時計を見ると3時過ぎ。

離れ難い・・・。

その感情がヤバいと知りつつ義妹を抱き締める。
上目遣いで見る彼女。
さすがに言うべき言葉が見つからず、「寝ようか」って言うのが精一杯。

義妹「だね」

うるうるした目で見ながら答える義妹。

義妹「すっきりした?」

笑いながら聞いてきた。

俺「あ、うん」

答える俺。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


義妹「お休みのちゅうして」

そう言われ、軽めのキスを交し、互いの部屋へ戻りました。
嫁はぐっすり寝ていたが、顔をまともに見れなかった。

翌朝、何事もない朝を向かえ、姉妹二人で玄関まで見送りに来てくれた。

「いってらっしゃい」と言う嫁。

そして義妹が一言。

義妹「浮気しちゃ駄目よ」

笑いながら言う。
昼過ぎに義妹からメールが入る。

タイトル:『ゆってね』
本文:『なし』
添付画像:『コンドーム1箱』

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか つわりの酷い嫁を手伝いに来てくれた義妹と・・・